Tagged with " 芍薬甘草湯"

勤務先での買い物は当たり前?

 やや高齢のお客様から、風邪が長引いているという相談を受けた。
 しかし、詳しくお話を聞くと、現在の主訴は喉の痛みで、発熱などは無いという。
 風邪薬を希望されていたため、一応は『コルゲンIB錠』と『パブロンEX錠』を案内しつつ、『駆風解毒湯』を紹介したところ、『駆風解毒湯』をお買い上げとなった。
 一ヶ月ほどの短期間で体重が増えたというお客様から、ダイエットの相談。
 医師からも減量を勧められたそうで、『防風通聖散』に興味を示されたけど、肌の色がくすんでいて血行不良のように思えるから、私としてはまず『当帰芍薬散』を勧めたのだけれど、ご本人の希望で『防風通聖散』を購入となった。
 しかし、やはり心配なので、漢方内科のある医院を紹介した。
 若いお客様から、鼻炎の鼻水の相談を受け、眠くならない物を希望されたため『小青龍湯』を案内した。
 そして鼻水は、内蔵が冷えていると考えられるので、意識的に温かい物を飲んだり、40度以下のお湯で風呂に入り半身浴をするよう勧めた。
 胃もたれと胃痛の相談を受け、詳しくお話を聞くと、外食で肉類を食べると夜に痛むそう。
 『太田胃散』は効かなくて、温かい物を飲むと少し楽になる様子。
 胃炎かと思ったら、温かい物を飲んで楽になるというから、何か胃が冷える原因が別にあるのか。
 『安中散』に、痛み止めの『芍薬甘草湯』が入っている『大正漢方胃腸薬』を試して頂く事に。
 上司から休憩時の食事などは、うちのお店での買い物をするようにとお願いされた、というか釘を刺された。
 以前に、他店のレジ袋を持ってきたのを別な人から咎められたのもあって、それは止めるようにしたんだけどね。
 個人的には、愛社精神というのは理解の外側なんたけど、客観的には理解できる。
 だから、半年に一度程度で、五千円以上の買い物をして欲しいと要請されるのには、応じないと上司が困るだろうからと協力したんだけど、飲食物は完全に好みの問題でプライベートだから、あまりあからさまにお願いされるのも困る。
 むしろ、契約に含むか、業務命令の方が、いっそスッキリする。
 私は、人に頼まれ事をされるのは嫌いだけど、命令や義務に従うのは好きだし。
 もちろん、従うに足る理念や信条が伴っていればだけど。
 契約や命令で来ないって事は、労働基準法違反になるのを分かってるからなんだろうし。
 それに、従業員が自店の商品を頻繁に購入するというのは、販売データ的に良いのかね。
 特定の従業員が特定の商品を購入してたりするから、販売データに僅かながら狂いが生じてしまうと思うんだけど。
 まぁ、それは経営者が考える事か。
 いずれにしろ、この件については以前に別な人から咎められた時点で、私の心のシャッターは閉じてる。
 だって、言うに事欠いて「うちの会社からお金が出てるんだよ!?」って言い方されたから。
 ちげーよ、お金はお客様から頂いてるんだよ!!
 会社からの「賃金」に対しては、ちゃんと対価として「労働」を提供してるだろーが!!!
 ………と瞬間湯沸器になってしまったものの、幸いにしてその時は疲れてたから言い返さずに済んだ。
 済んだけど、気持ちとしてはシャッターを閉じてしまった件なので、それを蒸し返されて気分悪い。
 仕事を転々としてきた私の経験じゃ、従業員に「自店で買って」とかいうのは、衰退する兆候なんだけどなー。
 奥さんが以前に勤めてたリサイクルショップも、従業員にそんな事を言ってて潰れたし。
 以前にテレビ番組で、買い物の極意として、「従業員が買い物をしている店」を選ぶと良いなんて放送してたけど、そんな訳あるかと呆れたもんだ。
 言われると反発したくなる天邪鬼なので、実は休憩時の飲食物以外の生活用品なんかは買ってたんたけど、それも止めようかね。
 生活用品の方が高額なはずなんだけど、そっちは買って家に持って帰っちゃうから人目につかない。
 要は、休憩時の方が目につくから言われた訳で、普段買ってる物については把握せず(されたらされたで嫌だけど)、目につくから言われたというのも気分悪い。
 あんまり繰り返されるようなら、転職を考えないといけないかもしれない(;´д`)=3

 

薬の価格と効き目とは必ずしも一致しない

  『大正漢方胃腸薬』をレジに持って来られたお客様に、服用経験があるか尋ねたところ初めてとのこと。
 『安中散』に痛み止めの『芍薬甘草湯』が入った処方なので、もしストレスが思い当たるようであれば他に『安中散加茯苓』『四逆散』が加わった『爽和』がある事を案内した。
 整腸剤の相談を受け、乳酸菌がメインの『新ビオフェルミン』と、乳酸菌を育てる納豆菌の入った『ザ・ガード』を比較して案内し、『ザ・ガード』に近い処方で価格の安い『アペテート整腸薬』をお買い上げ。
 花粉症による目の痒みで来店したお客様から、『ロートアルガード』と『アイリスAGガード』を比較しての質問を受けた。
 価格と効き目とは必ずしも一致しない事と、成分との相性がある事を説明して、今回は『アクアマリンAG』を試していただく事になった。
 価格と効き目が一致しないのは、例えば古い処方の場合、開発費を回収済みで価格を下げた製品もあるから。
 もちろん、新しい処方の製品の方が効果的という場合もあるのだけれど、古い処方は長年の使用において大きな事故が無かったという信頼性の証でもあるので、新しい製品を選ぶか、長年の信頼性を選ぶかというのは、お客様自身の判断に拠るところもある。
 私の方針は、新規な物より信頼性。
 それゆえに、効果の面では劣る可能性も。
 高齢の患者さんの代理でいらしたお客様から、痰が切れにくい症状の相談。
 患者さん本人は、何故か『新ルルA』しか服用しないという。
 その根拠が不明なのだけれど、痰が切れにくいのが体内の乾燥が原因だとすれば適応しない事を説明して、『ストナ去たんカプセル』と『麦門冬湯』を案内した。
 お客様は『麦門冬湯』に興味を示されたものの、患者さん本人が錠剤を希望していて、うちには錠剤の取り扱いが無いため『ストナ去たんカプセル』を購入された。

 

風邪を治すのは一筋縄じゃいきません

 胃痛を訴えるお客様から、『キャベジン』が効かなかったからという理由で、『スクラート胃腸薬』と同製品の『S』との違いを尋ねられた。
 主な違いは、『S』の方には生薬が入ってる点。
 胃痛の方は普段は痛みが無く夜だけだそうなので、『安中散』『芍薬甘草湯』を合わせた『大正漢方胃腸薬』をお勧めして、お買い上げ。
 『葛根湯』をレジに持って来られたお客様に症状を尋ねると、「風邪のひき始め」と言うのだけれど、すでに微熱が有るそうなので、熱を発散する『麻黄湯』か、体の抵抗力を高める『柴胡桂枝湯』の方を勧めたのだけれど、今回はそのままお買い上げ。
 これから暑くなる季節、上半身を温める『葛根湯』は気持ち悪くなったりして、ますます使いにくくなるのに、「風邪の初期には葛根湯」のイメージが定着してて困る。
 やや高齢のお客様から、咳の相談を受けた。
 微熱の風邪をひいた後に咳だけ残ってしまったというので、体内の乾燥と考え『麦門冬湯』を案内して、お買い上げ頂いた。
 しかし、これから観劇に行くというお話もされていたので、会場内はエアコンが効いているか、人が多くて暑い可能性があり、演目からするとスモークが焚かれる可能性が考えられるから、『五虎湯』『駆風解毒湯』の方を勧めるべきだったのではと、後から思った。
 情報の活用が、まだまだ未熟だ(;´・ω・)
 『ヨードチンキ』を求めて来店したお客様に用途を尋ねたら、犬が他の犬と喧嘩して(?)目の周りに傷を作るのに使いたいという。
 目の周りといっても、目に近い訳ではないようなので、化膿止の『クロマイ-N』を案内した。
 もっと目の近くなら、いっそ抗菌目薬を塗布する方法もあるけど。
 いずれにしても、動物への使用は目的外使用ですが。
 お客様が、『パブロンSゴールド』と『ゼナジンジャー』に、『冷えピタ』と体温計を購入。
 これは間違い無く、風邪のためだろうと思い、念の為に症状を尋ねたところ、成人の彼女が患者だとのこと。
 風邪のひき始めという事だったので、『冷えピタ』は貼って気持ち良いだけなため、寒気がしている段階で発熱している時に使用して、寒気がせず発熱のみになったら水枕を使用するよう説明した。
 寒気がするというのは、風邪の原因となっているウイルスを倒すために発熱の準備をしようとジャンプの前に体を縮めている段階で、そこで解熱をしてしまうと、ジャンプする前に転ばせてしまうようなものだから、タイミングを余ると風邪を長引かせてしまう。
 『ゼナジンジャー』は、寒気がしている間は血行を良くするので有効ですが、寒気がせず発熱だけの段階になったら胃に負担がかかるので、その点にご注意下さいとも説明。
 いずれにしても、寒気は本人にしか分からないので、小まめに本人に確認するようお話したけど、ちょっとアレコレ言い過ぎたかもしれない(;´・ω・)
 だってねぇ、体温計まで買うって事は、普段から備えていない証拠で、そういう人は安易に薬に頼ろうとするから、つい心配になって……。
 風邪を早く治したいと思うのが人情。
 私だって、仕事のシフトがメチャクチャ隙が無いから、早く治したいと思うもの。
 でもって、風邪というのは表面的な症状はともかく、体の中ではクルクルと変化している。
 体の中では、戦争状態で、刻々と戦況が変化しているのだ。
 武器の準備をしている時には邪魔しちゃ駄目だし(寒気がしている時の解熱)、戦闘開始してから武器弾薬の補給は余計(栄養ドリンクの使用)な事となる。
 薬を飲ませて寝かせておけば良いだろうと、風邪で付きっきりの看病なんてのは、マンガやドラマなんかでのフィクションと思ってる人がいるかもしれないけど、患者本人は正常の判断ができない(冷たい物を飲みたがるとか)状況においては、付き添う人の小まめな対応が必要となるのだ。
 という訳で、消化の良い食事に切り替えるのは、世間的には「寝込んでから」と思われがちですが、最初期の段階でしておくと、普通の食事で消化に使うエネルギー風邪を治す方に振り向ける事ができますから、もう今日から対応して下さいと追加した。

 

「人体実験」への協力のお願い

 鼻汁には色がついていて、喉に落ちてくるという話から『チクナイン』(辛夷清肺湯)を案内したら、病院から処方されていて服用をやめていたという。
 それって医師も、風邪ではなく鼻炎と診断していたんじゃ……。
 でもって、その漢方薬を風邪薬だと思っていたため、風邪は治ったからと服用していなかった模様。
 あうっ、それは服用を続けて下さいな。
 うーんうーん、診察した医師も、薬を出した薬剤師も説明しなかったのか、それとも患者さんが人の話を聞いていなかったのか。
 この、「自己判断で服用をやめる」というのは全方向に良い事が皆無なので、それこそやめてもらいたいところ。
 保険が適応されてるから医療費が無駄、患者さんも無料な訳じゃなくて負担割合があるんだから家計の無駄、そしてなにより「服用後の経過が不明」になるから、医師にも患者さんにも、もちろん調剤した薬剤師さんにも「経験として残らない」ので、本当になんにもならない。
 服用をやめるならやめるで、調剤した薬局か担当医師には、相談や報告くらいはしないと、薬が効いたか効かなかったかも分からないし、アドバイスもできない。
 意外なところから、副作用や他の効能が発見されるかもしれないのだ。
 一般的には、副作用=悪い作用って思われてるけど、字義通りに解釈すれば悪い作用の事ではなく、実際に偶然発見された副作用を主作用として当初の目的から転用された薬は多い。
 例えば、育毛剤の『リアップ』は血圧降下剤として開発された物だし、勃起不全の治療薬『バイアグラ』は血流改善のために開発された。
 自分も患者側になるから言うけど、医療の発展とか薬害を防ぐには、専門分野の人たちの研究だけじゃなくて患者さんからのフィードバッグも重要な訳で、実のところ薬は流通後も広範的かつ継続的な「人体実験」が行われてるようなもんなんである。
 薬害情報を故意に隠蔽したりした医療従事者や役人なんかは当然責められるべきだけど、単なる消費者のように薬を受け取って一切フィードバックしないのはサボタージュしているのと同様だと思う。
 少なくとも、薬害事件に過度に入れ込む人は、ちゃんと「自分が服用した薬が効いた時」にも、その声を適切な相手に伝えているのか、という疑問を私は持ってるんだけど、どうなんだろうね。
 という訳で、店頭で購入した薬でも、それが効いた効かなかったという事を後で教えてもらえると、他の患者さんの役にも立つし、巡り巡って自分にも還ってくる事だったりするので、是非お願いします。
 まぁ、効かなかったと言われたら普通に凹むんですけどね(;´・ω・)
 胃もたれに『キャベジンコーワ』の錠剤を買ったものの、飲みにくいとの事で他の胃薬を求めてお客様がいらした。
 と言っても、単純に同じ薬の細粒を買うのは躊躇われたので(気持ちは分かる(^_^;)、『第一三共胃腸薬』と『大正漢方胃腸薬』を案内して後者をお買い上げ。
 『子供用ストッパ』を買いにいらしたお客様から、自身の胃腸の相談を受けた。
 胃痛があり、腸内にガスが溜まるらしい。
 『大正漢方胃腸薬』の方が痛み止めの『芍薬甘草湯』が入っているから胃痛に向いてるかなと思ったけど、お話の中でストレスが思い当たるようだったため『四逆散』が入っている『爽和』の方を勧めた。
 『甘草湯』をレジに持ってきたお客様に、喉の痛み以外の症状があるか尋ねたところ、熱感があるというので風邪の兆候である可能性をお話して、『麻黄湯』『駆風解毒湯』の組み合わせを案内した。
 麻黄が重なるので、胃腸の弱い人には勧められないけど、今回は丈夫そうなお客様だったので。
 念のため、服用時間はズラすように説明した。

 

いつも新鮮な気持ちで説明を

 『ベンザブロックS』に関心を持たれている様子のお客様に声をかけたら、症状は鼻づまりと痰が絡む事だそう。
 しかし、他に熱感や頭重などの風邪の症状は無く、鼻汁が喉に落ちてくる感じがするというので、『辛夷清肺湯』の『チクナイン』を紹介したところ、蓄膿症は思い当たるとのことでお買い上げ。
 一週間前くらいから喉が痛み、鼻づまりがあるというお客様。
 鼻汁が喉に落ちてくるというので『チクナイン』を案内したが、現代薬をと要望されたため、『ベンザブロックLプラス』を紹介してお買い上げ頂いた。
 実のところ、喉の痛みと鼻炎のどちらに比重を置くか迷った。
 それに、喉の痛みと鼻づまりの原因が上半身の乾燥にあるとしたら、現代薬には体内の乾燥を防ぐ物は無いから、結局また症状がぶり返してしまう可能性がある。
 理想は、現代薬と漢方薬の併用だと思うんだけど、客様の予算の都合と好みがあるし、なにより併用を勧めるだけの知識が私にあるかという問題が(;´・ω・)
 胃もたれと胃痛の相談で、お客様が来店。
 普段はならないそうなので、単純に食べ過ぎか、はたまた一昨日は急に冷えて、また暖かくなった気温の変化による不調か。
 制酸剤と違って、空腹時の胃痛にも飲食時の胃痛にも使える『大正漢方胃腸薬』をお勧めした。
 『安中散』『芍薬甘草湯』の二つが入っているからと、自分でも、ちょっと便利に使い過ぎてる気がしないでもない。
 選択肢となる自分の引き出しは広げなきゃらないとは思っていても、一人体制では品出しだ期限チェックだ売出準備だとやってるうちに勤務時間が終わって勉強する時間が取れないんである。
 他のドラッグストアの人に訊いたら、週一で研修をやってる所もあるらしいんだけど。
 旦那さんから、「ボーコーの名前の入ってる薬」を頼まれたというお客様に、おそらく『ボーコレン』(五淋散)でしょうと案内したら、漢方薬だと分かると「効くのに時間がかかるでしょ」と少し困惑された。
 もう今まで、何度同じ事を言われてきたか。
 しかし、役者さんは同じ台詞を何度でも新鮮な気持ちで演じてみせるという。
 急性の症状に対しては早く効く漢方薬がある例として、「風邪の初期には葛根湯と言われているように……」と説明してお買い上げ頂けた。

 

市販薬の名前はブランド名だから名前の一部が違えば成分も効能も違う

 お客様から、肌荒れの治療に使う『PAIR A錠』と『PAIR漢方エキス』の違いについて尋ねられた。
 メーカーとしてはブランド名を浸透させたいんだろうけど、ほとんどのお客様にとっては惑わせるだけにしか思えない。
 痛み止めの『バファリン』とか、風邪薬の『パブロン』だとか、市販薬の名前は多くがブランド名だから、一見して同じ名前のようでも内容は大きく違う。
 どのくらい違うかというと、成分の一部のみならず、全く成分が違って効能効果が適さないなんていうのも珍しくない。
 今回の場合、『PAIR A錠』の方は皮膚の材料になるヨクイニンとビタミンB6・B2と、新陳代謝を促すL-システインやグルクロノラクトンが入っていて、どちらかというと栄養剤に近い。(あくまで私見)
 一方、『PAIR漢方エキス』の方は名前の通り漢方薬で、というか『桂枝茯苓丸』そのもので、なんでその名前を全面に出さないのかと不思議に思うんだけど、漢方薬に年寄り臭いとか効くのに時間がかかりそうというような負のイメージを持っている人向けなのかもしれない。
 一般的に『桂枝茯苓丸』は、生理不順や更年期障害といった婦人疾患に用いる物と思われているから、それを皮膚疾患にターゲットを絞って販売するというのは、ドラッグストアでは漢方薬が症状とは関係無く棚の一角に集められて孤立してたりするので、皮膚疾患の棚に置いてもらえるというのは、販売機会を増やす戦略としては良いと思う。
 けど、同時にそれがかえって、分かりにくくしているんだから、物を売るというのは難しい。
 いずれにせよ、皮膚疾患での『桂枝茯苓丸』は血流を良くする事で、体の一部に停滞する悪いモノを体外に排除し、皮膚の再生に必要な栄養を行き渡らせるのが目的となる。
 なので、こと肌荒れの治療としては、『PAIR A錠』と『PAIR漢方エキス』の併用がオススメ。
 オススメだけど、なんだか悪質なセット販売のようであるな(;´∀`)
 そうそう、詳しくお話を聞いている中で、鼻づまりで病院から『荊芥連翹湯』が処方されていて、医師からは肌荒れにも聞くと説明されたそうなんだけど、お客様自身は鼻づまりは軽減したものの、肌荒れについての効果は感じられないと言っていた。
 確かに『荊芥連翹湯』の効能下記にニキビとあるから、効能書きだけで考えるとそう間違いではないものの、生薬構成から見ると冷やし過ぎて、血流を悪くして皮膚の再生を遅らせるとも考えられる。
 同じニキビでも、熱感のある赤いニキビには向いていても、今回のお客様のようにニキビに色が無いタイプでは効果は期待できない。
 思うに鼻づまりも、血流が悪くて上半身の局所に熱がこもってしまう事で体液が水分不足になっているのが原因なのではなかろうか。
 ちょっとその病院に通院するのも心配になったので、漢方薬に詳しい病院を紹介して、『PAIR A錠』と『PAIR漢方エキス』の両方をお買い上げ頂けた。
 胃痛の相談で、お客様がみえた。
 空腹時でも食べても痛むそうで、仕事の関係で朝・昼を食べずに16時頃に軽食、22時以降に普通の食事というサイクルらしい。
 それは無茶ですね( ̄▽ ̄|||
 『安中散』に痛み止めの『芍薬甘草湯』が入っている『大正漢方胃腸薬』を案内したけど、痛みが治まらないようでしたら病院に行ってみて下さいな。
 一方、仕事でのストレスも思い当たるそうなので、痛みが治まって胃の不快感が残るようでしたら『安中散加茯苓』に切り替えましょうとお話した。
 あっ、あと果物やヨーグルトは好きだそうなので、それでしたら朝になんとか食べて下さいとも付け加えた。

 

薬のパッケージに書いてあるのは効能の一部です

 中学生の息子さんが、鼻炎と咳とのことで相談を受ける。
 鼻汁が喉に落ちてくるというので、咳はそれが原因かなと思い『辛夷清肺湯』を案内したのだけれど、パッケージに大きく「蓄膿症」と書いてあるため適応しないと思われたらしく、これまたパッケージに大きく「鼻炎、咳」と書いてある『小青龍湯』を購入された。
 ううん、鼻汁が喉に落ちるのは胃が弱っていて押し返す力が不足していると考えられるから、麻黄が胃に負担をかける『小青龍湯』は避けて欲しいんだけどなぁ……。
 漢方薬を分かりやすく売るために、効能の一部をパッケージに大書きするようになったんだろう。
 それはそれで必要な事とはいえ、勘違いしたまま買われてしまうのは、どう防げば良いのか(;´・ω・)
 以前に『ホームパスE』でかぶれたというお客様から、外用消炎剤の相談を受ける。
 いつもは、病院で処方された『モーラステープ』を使っており、そちらではかぶれた事はないという。
 『アンメルツヨコヨコ』でもかぶれたらしいので、サリチル酸メチルが原因かもしれないものの、店頭では断定のしようが無い。
 サリチル酸グレゴールが主成分の『GSリフェンダ』を試してもらう事にしたけど、思い切って他の薬剤の物にした方が良かったかな……。
 明け方に頻繁に足が攣るというお客様に、『芍薬甘草湯』を案内した。
 急激な筋肉の痛みや痙攣に使う物で、腹痛に用いる事もある。
 ただ、脹脛(ふくらはぎ)は「第二の心臓」と言われてるくらいで、足が攣りやすいのは心臓疾患が関係している可能性もあるため、内科で診察してみるように勧めた。
 実は、うちのお母んも足が攣りやすくて、病院に行ったら心臓の周囲の動脈の一部が詰まっており、結果としてその先の動脈が消失していたので心臓手術する事になった。
 担当医からは、消失した動脈の代わりに迂回路が形成されていたから、辛うじて心臓が動いていたそうで、「詰まってから二年、三年の話じゃないでしょうねぇ」と言われた。
 と言うか、消失した動脈の代わりに迂回路が形成されるとは、なんたる人体の神秘。
 でも、その迂回路が変な所に動脈を伸ばしていたから手術する事になったんだけど。
 なんたる人体の不完全。
 肩こりに温湿布を希望されたけど、今まで使った事が無いそうなので、トウガラシエキスの物は避けた方が良いかなと思い『フェイタス3.5α』を案内した。
 一緒に、上半身を温めて血流を改善する『独活葛根湯』を勧めてみたが、購入には至らず。
 とにかく、今のお店は漢方薬が弱すぎる。
 「外用消炎剤」という棚の括りは仕方が無いとしても、肩こりや腰痛の症状には、『独活葛根湯』の他にも『疎経活血湯』とか『桂枝加朮附湯』なんかも揃えた方が良いと思うのに、その手の物を置いていない。
 それらが、まとまって棚に置いてあれば、服用薬にも注目してれるようになるんじゃないかなぁ。

 

毎日快便なんて話は気にしない気にしない

 3歳の男児の便秘の相談で、お客様が来店。
 浣腸を繰り返し使う事が心配とのことだったので、そもそも幼児は内臓が未発達なため便秘をしがちであるものの、それが健康を害する事は少ないと説明した。
 使う目安としては、食欲が落ちて、横になってゴロゴロとダルそうにしている頃合いだろう。
 そうお話したら、実際に3日くらい間が空くと、そういう状態になるという。
 うちの次郎も、確かにそんな感じだった。
 あと、もし兎のようなコロコロ便をするようだったら、ストレス性の便秘と考えられるので、『小建中湯』を服用すると良い。
 この場合の「ストレス」というのは、実は楽しい事も含まれるのがミソ。
 ようするに、神経が興奮したり異常な状態になり、その結果として腸の働きを悪くしてしまうのだ。
 旅行とかに行って便秘になるのは、コレだったりする。
 とにかく、吐き気や腹痛など、本人が苦しそうな時には医師の診察を受けるようにして、あまり心配しなくても大丈夫ですよん。
 育児書では、毎日快便でなければならないような事が書いてあり、それで不安になったようだ。
 友人にライターさんがいるし、大叔父も某有名雑誌の編集者をしていたから、こういう事を言うのもなんだけど、「読者が気になるように煽る」のが基本だからね。
 大叔父は、その雑誌の創刊時には、読者投稿欄を「一人で執筆」してたそうな。
 創刊号なのに読者投稿が集まってるのが、そもそも捏造……ゲフンゲフン=3
 ご夫婦で、胃腸薬のコーナーに訪れたお客様に声を掛けてみた。
 旦那さんの方の主訴は、胃もたれで、空腹時には問題無しとのこと。
 奥さんの方は、胃もたれの他に胃痛もあるという。
 一緒に飲める物をという要望だったので、『安中散』『芍薬甘草湯』を合わせた『大正漢方胃腸薬』を案内した。
 ただ、本来は性別も体質も仕事環境なども違ったりするのだから、同じ薬をという選択は避けるというか、前提条件にしない方が良いのだけれど。
 その辺のお話が通じそうに思えたので、一応そのように説明しておいた。
 そして旦那さんの方は、胃痛は無くて、仕事でのストレスは思い当たるそうなので『安中散』『四逆散』を合わせた、『爽和』を紹介しておいた。
 ホント、大正製薬が『爽和』を出してくれて助かる。
 やっぱり、二つを買ってもらって一緒に服用して下さいとは、予算的にも効能書き的にも売りにくいから。

 

癲癇(てんかん)はドラッグストアじゃ難しい

 高校生の息子さんのことで、母親が来店。
 咳が続いていて、体力を消耗気味とのこと。
 熱などの風邪の症状は無く、もともと胃腸が弱くて、お腹を壊しやすいそう。
 効能には胃腸に関することは書いてないけど、胃薬としても働く『麦門冬湯』を咳止めに案内したところ、栄養ドリンクも希望されたため『ゼナジンジャー』を勧めた。
 温めた方が良いだろうと思って。
 あと、お腹を下しやすい事については、『胃苓湯』と『半夏瀉心湯』を紹介しておいた。
 ついでに自身のダイエットについても相談され、肌色は良く小柄ながら体格はしっかりしているので、『防風通聖散』を紹介して、お買い上げいただいた。
 すると、帰り際に小学生の息子さんの癲癇(てんかん)についても相談された。
 うーむ、癲癇は難しい。
 病態が様々で、病院との連携も必要だから店頭で「コレを試してみて下さい」とは言えない。
 一応候補としては、神経面を鎮める『柴胡桂枝湯』『柴胡加竜骨牡蛎湯』といった柴胡剤と、痙攣を緩和する『芍薬甘草湯』が候補になるのだけれど。
 紙に書き出して、担当の医師に相談してみるようにお話した。
 よほど漢方薬嫌いという医師でなければ、文献を調べて対応してくれるはず。
 駄目なようなら、漢方内科の病院があるので紹介しますと付け加えた。
 老夫婦が、成人の娘さんの座骨神経痛のためにと湿布を求めて来店した。
 しかし娘さんの座骨神経痛は出産によるものだそうで、授乳もしているそうなので、通院している病院で処方してもらうように勧めた。
 座骨神経痛なら、『疎経活血湯』という漢方薬が使えそうではあるけれど、それとて授乳中となるとどうか。
 今回は、紹介せずじまい。
 せめて医師に相談してみるように、お話しておくべきだったか。

 

芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)
………急激に起こる筋肉の痙攣を伴う疼痛

適応症状  

 急激に起こる筋肉の痙攣を伴う疼痛

用方・容量(顆粒製品の場合)  

 1日3回、成人1回1包(2.5g)を食前にお湯または水で服用してください。
 ただし、15歳未満7歳以上は2/3包、7歳未満4歳以上は1/2包、4歳未満2歳以上は1/3包。

組成(顆粒製品の場合)  

 3包(7.5g)中、次の成分を含みます。
    カンゾウ(甘草)6.0g
     シャクヤク(芍薬)6.0g
 以上の割合に混合した生薬より得たエキス2.5g含有します。

類似処方鑑別  

桂枝加芍薬湯
 比較的体力の無い人が、腹部が張り、腹直筋が緊張し腹痛する場合に用いる。

小建中湯
 
桂枝加芍薬湯と似た症状で、より虚弱の傾向にある場合に用いる。

大建中湯
 体力が低下し、腸壁の緊張が弱い人で鼓腸を呈し、時に腸管の蠕動亢進が認められ、腹痛を訴える場合に用いる。

大柴胡湯
 比較的体力のある人で、季助部の圧迫感を訴え、肋骨弓下部に抵抗・圧痛(胸脇苦満)が強く、腹痛を訴え、便秘の傾向のある場合に用いる。

桂枝加朮附湯
 比較的体力が低下した人が、各所の筋肉・関節などの持続性疼痛を訴える場合に用いる。

使用上の注意  

1.次の場合には医師または薬剤師に相談してください
 (1)本剤を服用後、症状の改善が認められない場合は、他の漢方薬を考慮する事。
 (2)甘草を含有する漢方薬を長期服用する場合は、血清カリウム値や血圧の測定などを充分に行い、異常が認められた場合は、服用を中止する事。
 (3)複数の漢方薬を併用する場合は、含有生薬の重複に注意する事。(特に甘草を含有する漢方薬の併用には、より注意を必要とする。)
 (4)アルドステロン症の患者。ミオパチーのある患者。低カリウム血症のある患者。



2.服用に際して、次のことに注意してください
 (1)定められた用法、用量を厳守してください。
 (2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。
 (3)本剤は、2歳未満の乳幼児に服用させないでください。



3.服用中または服用後は、次のことに注意してください
 (1)本剤の服用により、発疹・発赤、かゆみ、悪心、食欲不振、胃部不快感等の症状があらわれた場合には、服用を中止し、医師または薬剤師に相談してください。 
 (2)本剤を服用することにより、尿量が減少する、顔や手足がむくむ、まぶたが重くなる、手がこわばる、血圧が高くなる、頭痛等の症状があらわれた場合には、服用を中止し、医師または薬剤師に相談してください。
 (3)1ヵ月位(感冒、鼻かぜ、頭痛に服用する場合には、数回)服用しても症状の改善がみられない場合には、服用を中止し、医師または薬剤師に相談してください。
 (4)長期連用する場合には、医師または薬剤師に相談してください。



4.保管及び取扱い上の注意
 (1)小児の手のとどかない所に保管してください。
 (2)直射日光をさけ、なるべく湿気の少ない涼しい所に保管してください。
 (3)1包を分割した残りを使用する場合には、袋の口を折り返して保管し、2日以内に使用してください。



5.その他
 本剤は生薬(薬用の草根木皮等)を用いた製品ですので、製品により多少色調等が異なることがありますが効能・効果には変わりありません。

 
ページ:«12345678910»