ダラ~と年越し

 『ヒアルロン酸』のドリンクを購入されたお客様の手が、見るからに蒼黒くなっていて、余計なお世話とは思いつつ、つい「よろしければご相談下さい」と言ってしまった。
 時間が無いようだったので、指先の血行改善のためにシャワーを意識的に浴びたり、お風呂に入る時には、しっかり指先を湯船に浸けるようにとだけ伝えた。
 塗り薬なら『ヒビエイド』を、内服薬なら『当帰四逆加呉茱萸生姜湯』を案内したかったんだけど、また来てくれるかしらん。

 成人の息子さんのために風邪薬をと来店されたお客様に、詳しく症状を尋ねると主訴は咳で、その咳は昼間に激しく出て、すでに数日が経過しているという。
 『エスエスブロン錠』をとも考えたけど、明日にはチケット販売のバイトがあるというお話だった。
 ありゃ、新年早々にイベント関係の仕事ですか、大変ですねぇ。
 屋外ではないらしいとはいえ、私の経験では会場の入口近くだったりするから、寒風が吹きさらすと予想。
 神経中枢に働きかける咳止めだと、疲労して免疫力が低下してしまうかもしれず、年末の医療機関が休みのタイミングで風邪が悪化してしまう可能性を考慮して、『五虎湯』を案内した。
 すると、咳だけではなく吐き気も訴えていると分かった。
 重要な情報を、後出しされると困る(^_^;)
 まぁ、本人じゃないからお客様も忘れていたんだろうし、聞き出しが遅かった私のミス。
 あまりやらない使い方だけど、『柴胡桂枝湯』との併用を提案して、両方をお買い上げ頂いた。

 温湿布を求めて来店したお客様、使っていた銘柄が棚に見当たらないというのだけれど、なんとなくデザインで記憶しているらしく、名前も主成分も不明。
 『サロンパス』と『パテックス』は、以前に使ってかぶれたというから、サリチル酸系が駄目なのか。
 フェルビナク製剤も提案してみたのだが、レジに生活用品を持った人が来てしまい、そちらの対応をしている間に立ち去られてしまった。
 うう……、医薬品以外のレジに誰か誘導して……(´。・ω・。`)

 やや高齢のお客様が『葛根湯』を購入され、用途を尋ねると常備薬にとのことだった。
 『葛根湯』は、未病の段階、すなわち「風邪かな?」という時から使えるから、確かに常備薬にはもってこい。
 ただ、家に置いておいては、飲み始めるタイミングを外してしまうこともあるので、ぜひ持ち歩いて下さいと説明した。
 すると、喉風邪になることが多いというお話。
 もし本当に喉風邪が多いのでしたら、『銀翹散』もお勧めですよと紹介したところ、『芍薬甘草湯』を探しているけど見当たらないと言われた。
 ああ、うちのお店では『芍薬甘草湯』という銘柄ではおいていないんですよ~。
 本部から大量に送り込まれてる、『コムレケア』があるので。
 中身は、『芍薬甘草湯』ですと案内すると、『葛根湯』と一緒に購入された。
 テニスをしていて、夜に疲労からか、こむら返りになるらしい。
 まぁ、運動してなら心配ありませんね。
 これが、運動していないのにこむら返りを繰り返すようだと、心臓疾患も疑われますが。
 とはいえ、体に負担になる運動量は、ほどほどに(´∀`*)ノシ

 今年最後の勤務が終了。
 と言っても、明日も普通に出勤するから年末という気が全くしない。
 先輩パートさんに聞いた話じゃ、元々は三ヶ日には営業していなかったのが、試しに開けたら予想以上にお客様が来ちゃったんで開けるようになったそうな。
 閉めとけば良かったのに……(;´д`)
 そして今日は、夕飯を食べに実家に立ち寄り。
 奥さんと次郎は、奥さんの実家に行ってしまったので。
 奥さんがいないと、食生活が充実して助かる(笑)
 帰ってくるまで、気ままな独身生活♪
 夕飯は年越しそばで、お酒を飲んで仮眠してしまったから、起きたら『紅白歌合戦』も終わって年が明けていた。
 寒空の中、家に帰って飲み直し。
 新年が、ダラ~と始まってしまった(笑)

以下の記事も読まれています。

LINEで送る
Pocket

 

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。