防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)
高血圧の随伴症状(動悸、肩こり、のぼせ)、肥満症、むくみ、便秘、ダイエット

防風通聖散
適応症状  

 腹部に皮下脂肪が多く、便秘がちなものの次の症状:
 高血圧の随伴症状(動悸、肩こり、のぼせ)、肥満症、むくみ、便秘、ダイエット

用方・容量(顆粒製品の場合)  

 1日3回、成人1回1包(2.5g)を食前にお湯または水で服用してください。
 ただし、15歳未満7歳以上は2/3包、7歳未満4歳以上は1/2包、4歳未満2歳以上は1/3包。

組成(顆粒製品の場合)  

 3包(7.5g)中、次の成分を含みます。
   おうごん(黄ごん)2.0g
    かんぞう(甘草)2.0g
   ききょう(桔梗)2.0g
   せっこう(石膏)2.0g
   びゃくじゅつ(白朮)2.0g  
  だいおう(大黄)1.5g
   けいがい(荊芥)1.2g    
  さんしし(山梔子)1.2g
   しゃくやく(芍薬)1.2g   
  せんきゅう(川きゅう)1.2g
   とうき(当帰)1.2g
   ハッカ1.2g
   ぼうふう(防風)1.2g
   まおう(麻黄)1.2g
   れんぎょう(連翹)1.2g    
   しょうきょう(生姜)0.3g
   かっせき(滑石)3.0g
   無水ぼうしょう(無水芒硝)0.7g
 以上の割合に混合した生薬より得たエキス4.5g含有します。

類似処方鑑別  

大柴胡湯  体格、体力ともに充実した人で、便秘傾向があり、腹部は季助下部の抵抗・圧痛(胸胸苦満)が認められる場合に用いる。

桃核承気湯  体格、体力ともに充実した人で、便秘の傾向があり、のぼせて、下腹部に抵抗・圧痛が認められる場合に用いる。なお、女性では月経異常や月経時の精神神経症状を訴える場合にも用いる。

防已黄耆湯  水ぶとり体質で汗を多くかき、むくみがあり、疲れやすく、小便が出にくいなどの場合に用いる。

使用上の注意  

1.次の場合には医師または薬剤師に相談してください
 (1)本剤を服用後、症状の改善が認められない場合は、他の漢方薬を考慮する事。
 (2)甘草を含有する漢方薬を長期服用する場合は、血清カリウム値や血圧の測定などを充分に行い、異常が認められた場合は、服用を中止する事。
 (3)複数の漢方薬を併用する場合は、含有生薬の重複に注意する事。(特に甘草を含有する漢方薬の併用には、より注意を必要とする。)
 (4)長期運用により低カリウム血症、血圧上昇などが現れる場合があるので観察を充分に行う事。
 (5)著しく胃腸虚弱な患者(軟便、下痢、胃部不快感、食欲不振等の胃腸障害を起こす事がある)。
 (6)狭心症、心筋梗塞などの循環器系の障害のある患者、または既往歴のある患者。
 (5)治療上、食塩制限が必要な患者。


2.服用に際して、次のことに注意してください
 (1)定められた用法、用量を厳守してください。
 (2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。
 (3)本剤は、2歳未満の乳幼児に服用させないでください。


3.服用中または服用後は、次のことに注意してください
 (1)本剤の服用により、発疹・発赤、かゆみ、悪心、食欲不振、胃部不快感等の症状があらわれた場合には、服用を中止し、医師または薬剤師に相談してください。 
 (2)本剤を服用することにより、尿量が減少する、顔や手足がむくむ、まぶたが重くなる、手がこわばる、血圧が高くなる、頭痛等の症状があらわれた場合には、服用を中止し、医師または薬剤師に相談してください。
 (3)1ヵ月位(感冒、鼻かぜ、頭痛に服用する場合には、数回)服用しても症状の改善がみられない場合には、服用を中止し、医師または薬剤師に相談してください。
 (4)長期連用する場合には、医師または薬剤師に相談してください。


4.保管及び取扱い上の注意
 (1)小児の手のとどかない所に保管してください。
 (2)直射日光をさけ、なるべく湿気の少ない涼しい所に保管してください。
 (3)1包を分割した残りを使用する場合には、袋の口を折り返して保管し、2日以内に使用してください。


5.その他
 本剤は生薬(薬用の草根木皮等)を用いた製品ですので、製品により多少色調等が異なることがありますが効能・効果には変わりありません。

防風通聖散
LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート