• タグ別アーカイブ: 芍薬甘草湯
  • 段階を踏んで信頼関係を築いていくしかない

     お客様から、『パテックス機能性サポーター』の通常版とハイグレードモデルについての質問を受けた。
     ハイグレードモデルの方はクロステーピング構造になっていて、膝の安定性が通常版より優れています……と説明してみたものの、実はパッケージに書いてあることを言ってみただけ(;´∀`)
     それでは申し訳ないので、症状を詳しく尋ねてみたところ、仕事で重い物を持ったりで、膝の曲げ伸ばしが多いとの事だった。
     病院では特に異状は認められなかったようだけれど、冷えや血行不良が関係している可能性をお話して、『桂枝加苓朮附湯』を案内してみた。
     また、むくみの傾向もあるようだったため『防已黄耆湯』を紹介してみると、仕事で足が筋肉痛になる事が多いという話が出たため、『コレムケア』(芍薬甘草湯)を案内した。
     今日のところは、サポーターはやめて『コレムケア』をお買い上げとなった。
     私としては、もう少し踏み込んだ選択を促したかったところだけど、段階を踏んで信頼関係を築いていくしかない。
     そのためには、できるだけ見立てを外さないようにしないと。

     同僚が、家族の代理で来店したお客様から頭痛の相談を受けたようで、その内容のメモを読んだ。
     病院でMRIを撮り、頭痛薬も処方されているらしいのだけれど、微熱があるため担当医に風邪薬を希望したところ、市販の風邪薬で良いと言われて来店した模様。
     そして、家にも風邪薬があるというお話だったため、同僚はそれを服用するように勧めてみたが、『ベンザブロックL』を購入されたのだとか。
     発熱なら、『ベンザブロックIP』の方だと思うんだけど、喉の痛みがあったのかな。
     処方された頭痛薬の種類にもよるけど、解熱作用があれば風邪薬は不要なケースにも思える。
     本人が、何かしら飲まないと納得しないという事なのかもしれんけど。
     胃からくる頭痛もあるから、私だと微熱を考慮して『柴胡桂枝湯』を案内したかも。
     本当は、同僚とも症例研究ができると良いのになぁ。
     常時一人勤務で交代となると、こうして連絡ノートでメモのやり取りだけ。

     やや高齢のお客様から、目頭の赤味の相談を受けた。
     痒みは無いものの目ヤニが出るとのことで、風邪をひいてからという。
     眼球には目視で異常は認められなかったため、患部が目元だったので、『ロート新緑水α』を案内して、お買い上げ頂いた。
     患部が目そのものでない場合、痒み止めの皮膚の薬を目の近くに使ってしまう人もいるので、目薬の中で炎症を抑える物を案内するのが安全だと、以前にとある薬剤師さんから教わった。



     

  • 人に勧めて勧められは安易に考えないで

     『コッコアポEX』(防風通聖散)をレジに持ってきたお客様に、以前からの使用経験があるか尋ねたところ、人から勧められたとのこと。
     しかし、お客さま自身の体調を詳しく訊くと、寝つきが悪いらしく、原因としてストレスがあるようだったため、『コッコアポG』(大柴胡湯)を案内し、変更して購入となった。
     その、勧めた人には悪気は無いのだろうけれど、あまり安易に薬を人に勧めるのは控えて欲しいし、勧める時には、あくまで「自分には良かった」という点は強調しておいて下さいな。
     そして、人から勧められた時には、相手と自分との共通点をチェック。
     性別や年齢はもちろん、体格や肌の色、仕事や生活スタイルなど、チェック項目は多い。
     共通点が少ないと、まず合わないと思った方が安全です。
     まぁ、初めて買う薬は、まず店頭で相談をして頂くのが一番なんですが。

     肝油ドロップの効能について、お客様から質問を受けた。
     栄養剤の代わりに使うことを考えている様子だったけれど、用途としては栄養の吸収能力が未発達な幼児や、栄養が胎児に費やされる妊婦さんや授乳中の人、栄養の吸収能力が衰えた老人に使うのが一般的。
     よほど衰弱している人でなければ、普通に食事で充分だろうし、自分の食生活を顧みて、不足していると思われるサプリメントに重点を置いた方が良いのではと、お話した。
     肝油ドロップを使っての弊害は特に無いだろうけど、私自身は貧乏性なので、その予算は他に配分した方がと思ってしまう。

     お客様から、『当帰芍薬散』『当帰四逆加呉茱萸生姜湯』の違いを質問された。
     これはまた、マニアックな(;´∀`)
     どうやら、病院からは『当帰芍薬散』が処方されているところ、人から『当帰四逆加呉茱萸生姜湯』を勧められたらしい。
     すぐに飛びつかないで、まず相談してからというスタンスとは良いかと。
     ザックリと説明すると、『当帰芍薬散』は血流と水分代謝を良くすることで体内の熱の偏りを解消し、『当帰四逆加呉茱萸生姜湯』は血流を改善するとともに温める力が強い。
     私なんかは、スキーに行く時にリフトで寒さに凍えるのを防ぐために、『当帰四逆加呉茱萸生姜湯』を飲んでおくくらいでして。
     今回のお客様の場合、痩せ型で冷えが強そうなので試してみる価値はあるだろう。
     そうお話して、担当医に相談してみるよう勧めた。
     ただ、お客様の話によると、『当帰芍薬散』を処方してもらっている病院で、こむら返りに『芍薬甘草湯』を頼んだら断られたとか。
     おそらく芍薬が重なるのを避けたんだろうけど、芍薬の重複って、そんなにマズイのかな?
     甘草は、よく重複について注意されるけど。
     その甘草にしても、茯苓が入っていれば余剰分は排泄されるから心配無いという説もあるようだし。
     後で調べてみよう。(と思って、たいてい忘れる……)


     

  • 症状に合わせた乗り換えプランも大事

     『葛根湯』『五虎湯』を一緒に購入されるお客様がいらしたので、念の為に用途を確認すると、風邪の常備薬にしたいという。
     風邪をひくと、いつも咳になってしまうらしいのだが、『葛根湯』にも『五虎湯』にも麻黄が入っていて、これは体を温めるため重なるのは好ましくない。
     まぁ、麻黄は温めると言っても熱を発散させるためで、『五虎湯』には患部を冷やす石膏も一緒に入ってるんだけどね。
     ただ、『葛根湯』との併用で考えると、体内を乾燥させてしまう心配がある。
     となると咳止めには、体内の乾燥を防ぐ『麦門冬湯』の方が良いだろうと案内したところ、『葛根湯』『麦門冬湯』の組み合わせで、お買い上げ頂いた。
     そうそう、あと麻黄は少なからず胃に負担をかけるため、処方的に胃薬に近い『麦門冬湯』は、胃を守る働きにも貢献する。

     お客様が、『大正漢方胃腸薬』と、外からのストレスに用いる『四逆散』の入った『爽和』と、内面のストレスに適する『リフレライフ』(安中散加茯苓)を何度も眺めたうえで、『大田漢方胃腸薬2』(安中散加茯苓)をレジに持ってきたので、念のため症状を尋ねてみた。
     朝起きると胃痛がするというお話からすると、胃酸過多の可能性が考えられる。
     内面のストレスは思い当たるそうなので、そのまま購入して頂きつつ、痛みに対して効果が弱いと感じた時には、痛み止めの『芍薬甘草湯』が入っている『大正漢方胃腸薬』への変更も検討するよう、お話した。

     ご主人の代理で、お客様が咳の相談にいらした。
     熱などの風邪の症状は無いのに、夜中に激しく咳き込み、それでいて昼間はそれほどでもないというお話から、『五虎湯』を案内した。
     しかし、その前の状況を詳しく尋ねたところ、一週間ほど前には鼻水と熱を伴う風邪をひき、『ベンザブロックS』を服用していたと分かった。
     ありゃん、重要な情報を後出しは困る。
     まぁ、それを聞き出すのも私の役目な訳ですが。
     でも、代理で薬を購入される時には、忘れずに最初の段階で知らせしてもらいたいところ。
     今回の場合、風邪による発熱で体内が乾燥したうえ、現代薬の風邪薬により症状を抑えた結果、神経レベルでの保湿機能が低下していることで咳になっている可能性をお話して、『麦門冬湯』も紹介した。
     ひとまず、『五虎湯』で目先の咳を止めて、後から『麦門冬湯』に乗り換えるプランを提示して。
     この辺りは、予算との兼ね合いがあるし、できるだけお金を掛けたくないと思うのは当然だろうから、乗り換えプランは、なかなか受け入れてもらえないものだけれど。
     他に、『のどドロップ浅田飴』と、医薬品の『浅田飴』の違いを質問された。 
     『のどドロップ浅田飴』の方はセチルピリジニウムが主成分で、これは消毒が目的なのに対して、『浅田飴』の方は熱を発散する麻黄や、患部を冷やす桔梗などの生薬が処方されていることを説明した。




     

  • 漢方薬と現代薬の合わせ技が便利です

     『葛根湯』の錠剤を購入しようとしたお客様に用途を尋ねると、中学生の子供が頭痛と喉の痛みを訴えているとのこと。
     上半身を温める『葛根湯』は、喉の痛む風邪には適さないことを説明し、『桔梗湯』『駆風解毒湯』との併用を勧めた。
     しかし、『桔梗湯』はお腹まで冷やしてしまう可能性があるため、胃腸について確認すると、どうやら弱い模様。
     ううむ、それでは主に冷やすのが上半身に留まる『銀翹散』は、いかがでしょう?
     頭痛にも効果が期待できますし、風邪でなかった場合に疲労になる事もありません。
     また、『葛根湯』については、家に置いておくより、持ち歩いて出先で不調を感じたら、早め早めに服用するようお話したところ、顆粒に変更して両方をお買い上げ頂いた。
     バンザーイ(∩´∀`)∩

     やや高齢のお客様が、鼻水と咳の相談で来店。
     発熱は無いとの事だったけど、疲れているように見受けられた。
     現代薬として『パブロンエースAX』を候補に考えたものの、疲労を避けるために『小青龍湯』を勧めてみたが、漢方薬単独には効果の早さの点で不安があるらしい。
     一応、漢方薬も早く効くことは説明したけれど、どうしても体質改善のイメージで漢方薬は効き目が遅いと思われがち。
     そこで、『小青龍湯』にアセトアミノフェンとエテンザミドを加えた『ストナデイタイム』を案内したところ、こちらは納得していただけたようで、購入を決められた。
     佐藤製薬さんも、便利な市販薬を出してくれたものだ。
     でも、うちの系列のお店では、定番商品には入っていないんだよなぁ。
     モッタイナイ、ね~(*´・д・)(・д・`*)

     『桔梗湯』と『ペラックT』を見比べていたお客様が、『ペラックT』に決めたので、念のため症状を尋ねたところ、いつも喉だけが痛くなり、風邪のような頭痛や発熱といった症状は出ないというお話から、胃炎の可能性もあることを伝えた。
     胃炎を起こすと、胃に自覚症状が無くても、その炎症が喉にも影響するので、そういう時には『安中散』『芍薬甘草湯』が入った『大正漢方胃腸薬』や、逆流性食道炎にも用いる『半夏瀉心湯』が適応する場合があることを説明した。
     まぁ、今回はそのまま『ペラックT』を試してみるということで購入されたけど、いずれにしても喉が痛む時には、消化に良い食事にすると喉の痛みも軽減するので、お試し下さいと付け加えた。

     

  • ニセ医学から患者さんを守る戦いは消耗するばかり

     お客様から、急な腹痛の相談。
     これからまた仕事に戻らなければならず、今は下痢をしている訳でもないそうなので『コレムケア』(芍薬甘草湯)を案内したのだけれど、痛むのがお臍の周りという事から、後でお腹を下すかもしれないと思い直し、『エクトールDX』を勧めた。
     『即効丸』を扱っていれば、そっちを勧めたかった。
     仕入れルートは無いものか。
     今回は結局、お客様が普段は『正露丸』を使ってるとのことで、糖衣錠を購入された。
     使いたい物が決まっているのなら、さっきの相談は何なのかと思わなくもないものの、そもそも相談するお客様の方が珍しいので、それだけでも良かったと思う。
     それに、今まで効果があったという事は、相性が良いという事だろうし。
     ただし、『正露丸』が適応するのは、基本的には飲食物が汚染されているような食中り。
     一応は、そう説明しておいた。
     そういえば、『正露丸』の成分である医薬品の「木クレオソート」を防腐剤の「クレオソート」と勘違いして、体に害があると喧伝している人達がいる。
     中でも酷いのが、『船瀬塾』を主宰しているジャーナリストの船瀬俊介。
     ネットで、『船瀬塾』のテキストの一部を見たけど、「主成分のクレオソートに発がん性の疑いあり」と書いてある。
     http://www.seirogan.co.jp/products/seirogan/truth/creosote01.html
     この人はきっと、「インフルエンザウイル」と「インフルエンザ菌」の区別もつかないと思う。
     名前が似ているからって、勝手に混同して貶めるって、ジャーナリストが一番しちゃいけない事じゃないのか。
     犯罪者と似ている名前の人を掴まえて、「コイツ悪い奴なんですよ」と糾弾するその姿勢は、冤罪事件の温床そのもの。
     そのうえ、「検査は受けるな!クスリは飲むな!病院に行くな!」というテーマで講演を行なっていて、そんなに人を殺したいのかと。
     本人が自身でそうするのなら、その思想信条そのものはアリだけと、他の人を巻き込むような真似は、やめてもらいたい。
     「クスリ漬け医療の脱却をはかるために、皆さんと力を合わせて戦いましょう!」とメッセージを発信しているが、いったい何と戦っているのやら。
     『船瀬俊介に殺される~「抗ガン剤で殺される!」批判~』というネットの記事を読むと分かるように、医療現場の人たちは、こういう輩からも患者さんを守らなければならない。
     戦っているのは、医療現場の人たちの方なんである。
     http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20091207
     そして、ニセ医学との戦いは果てしない消耗戦である。
     なにろしろ、ニセ医学を提唱する人の動機は様々。
     実際に医療事故の被害に遭われた被害者や家族なら、まだ対応の仕方というものがある。
     まぁ、体験を元に治療そのものを否定するのは、別な被害の種を撒くようなものだから困るので、せめて医療事故の救済策の充実を訴えるくらいにして貰いたいけれど。
     困るのは、正義感やら強烈な承認欲求(人々に認められたい、賞賛されたい)が動機の場合だ。
     たとえ少数の人達からでも、「その通り!」とか「いいね!」と言ってもらえればモチベーションが上がり、活動の原動力となってしまう。
     対して医療関係者が反論を試みても、そもそも敵視されているうえ、反論の要旨はどうしたって常識の範囲に留まって面白みに欠けるため注目されにくく、誠実であればあるほど医学の限界を正直に語るから「100%治る」などとは言わないため賞賛もされない。
     せめて金銭でも何でも対価が得られれば別だろうけど、反論に労力を掛ける余裕があるならば、目の前にいる患者さんに真摯に応対するのが、この職種を選んだ者の使命というもの。
     しかし、そうやって職務に忠実に働いている間にも、ニセ医学の情報は拡散していくのだから、真剣に向き合ったら心身ともに消耗するばかり。
     だから、ニセ医学からは自衛してもらうしかないのだ。

     『新コルゲンコーワトローチ』と『パブロントローチAZ』を比較しての質問を、お客様から受けた。
     分かりやすく、でも間違い無く答えるというのは、難しい。
     前者は患部を消毒するような物で、後者はアレルギーのように異物に反応したさいの炎症を抑えます、という答えはきっと、テストでは0点である。
     なので、その辺りは軽く流し(マテ)、症状を詳しく尋ねると患者さんは御主人で、喉がカサついて痰が張りつくと訴えている模様。
     これは『麦門冬湯』の出番だろうと勧めたところ、購入されるというのでトローチの方はキャンセルするか確認すると、頼まれ物だからという事で『新コルゲンコーワトローチ』を一緒にお買い上げ頂いた。
     まぁ、頼まれ物じゃそうなりますよね。
     ただ、現在の症状からすると、余計に患部を荒れさせそうなのが心配(;´д`)

     『ヘパリーゼ』の液剤を購入されたお客様に、効能としては疲労回復だけで、本格的に飲酒による肝臓の働きを助けるには、『ネオレバルミン』の方が適していますと紹介した。
     今回は購入に至らなかったものの、興味は持って頂けたようだ。
     そういや、近所のドラッグストアでは、ビールの横に『ヘパリーゼ』が陳列してあった。
     法的に禁止されていないとはいえ、その売り方は、どーなのよ。
     こういう時にこそ言いたいね、「クスリは飲むな!」ってセリフは。
    「薬飲み飲み、酒を飲み」なんて、落語じゃないんだから。
     『ヘパリーゼ』の効能書きには、「肝臓疾患」とは書いてないですよん。

     

  • 飲み会の幹事さんに覚えておいてもらいたい事

     『口内炎パッチ』を購入されたお客様に、口内炎の原因で一番多いのは、胃の不調である事をお話したところ、興味を示されたので『半夏瀉心湯』と『柴胡桂枝湯』を紹介した。
     そして、つい夜更かししてしまうというお話が出たため、『半夏瀉心湯』の方を勧めてお買い上げ頂いた。
     すると、5歳の子供が腹痛を起こしやすいと相談された。
     吐き気や下痢などは無いようだから、子供なりにストレス等で痙攣を起こしているのだろうと思い、『芍薬甘草湯』を案内した。
     今回は購入には至らなかったけど、こうして家族の相談を受ける事もあるし、やっぱり積極的に声を掛けないと駄目だなと痛感。

     お客様から、痰と咳の相談を受け、現代薬の『ストナ去たんカプセル』と漢方薬の『麦門冬湯』を案内しつつ、体内が乾燥している可能性と、その原因が胃炎と考えられる事を説明したところ、以前に喉のつかえ感があり、逆流性食道炎と診断されたと話された。
     今回も、そもそも飲み会で胃を悪くしてから咳が出始めたというので、胃のつかえには『半夏瀉心湯』を、喉のつかえには『半夏厚朴湯』をと紹介した。
     今日のところは『麦門冬湯』を購入して頂いたのだけれど、飲み会では最初の一杯がビールになりがちなため、参加する前にコンビニに立ち寄って、温かいお茶を飲んでおくようにお話した。
     最初に冷たいビールを飲んでしまっては、胃の働きを悪くしてから飲み食いする事になり、二日酔いの原因にもなるので。
     私がいつもしている例え話は、「最初に冷たいビールを飲むのは、冷水を浴びせてから走れと言っているようなもの。体を温めて準備運動をしてから走りだせば、後から冷水を浴びせられても、なんともありません」といった感じ。
     お客様自身は焼酎が好みだそうだから、お湯割りから始めるのが良いんだけどねぇ。
     幹事さんには、その辺りにも気を回して欲しいところ。
     例えば、全員か、ある程度の人数が集合するまでは乾杯を待つのも常だろうから、お店に相談して温かいお茶を用意してもらって、先に来た人達に飲んでてもらうとか。
     飲み屋側にも、お茶くらいは無料でサービスしてもらいたいね。
     胃の働きが良くなれば、追加注文を期待できるんだし(o ̄∇ ̄)o

     

  • パッケージデザインで困ることも

     お客様から、『ナザールスプレー』とハピコムの『鼻炎スプレー』の違いを尋ねられたので、『鼻炎スプレー』の方にはリドカインが入っていて、よりアレルギー性の鼻炎で鼻腔内の痒みが強い場合に適応する事を説明した。
     症状を詳しく訊いてみると、患者さんは11歳の男児で、数日前から鼻づまりから始まり、喉の痛みは弱く、咳もそれほど出るようではないため、風邪ではないと思うのだけど、というお話だった。
     花粉症についても思い当たらないと言っていたけど、花粉症自体は突然なる事があるし、今の時期だと寒暖差アレルギーの可能性も考えられる事を説明した。
     気温の変化に体がついていかない寒暖差アレルギーについては、まだまだ認知度が少ないし。
     咳についても、たまに咳が出るものの咳き込むほどではないというのは、もしかすると鼻汁が喉に落ちて反射的に出ているのかもしれない。
     その場合は、『辛夷清肺湯』が候補だけど、今回は風邪の場合にも使える『葛根湯加川きゅう辛夷』を案内して、お買い上げ頂いた。
     それと、鼻が詰まって夜寝にくいようだというお話があったので、詰まり方が酷い鼻と反対側の頸動脈を圧迫すると、鼻が通る事を教えた。
     つまり、固い枕を首に当てると良いのだけれど、枕が柔らかい場合はタオルなどを固く丸めて、そこに首を乗せる。
     コレでかなり、楽になるはずである。

     12歳の男児が腹部の差し込みを訴えていると、お客様から相談があった。
     溝落(みぞおち)から脇腹にかけてが痛いと訴えているものの、吐き気や下痢などは無いようだったので、『コレムケア』(芍薬甘草湯)を勧めた。
     『コレムケア』は、パッケージが腓返りにだけ効くようなパッケージデザインなんで、勧める時にちょっと困る。
     効能には、ちゃんと「腹痛」と書いてあるんだけどね。
     すると、運動会の練習で足が痛むとも訴えているらしく、それにも使える事を説明した。
     しかし、その練習で体を動かすせいか、普段よりも食事の量が多くなっているという話もあった。
     そこで、胃の事も考えて、『安中散』『芍薬甘草湯』を合わせた『大正漢方胃腸薬』の方を案内して、お買い上げ頂いた。
     あと、運動の疲労を取り除くためには、ぬるめのお風呂にゆっくり入るように勧めた。
     お風呂は、パッパッと出てしまうそうなので。
     また、中学受験をする予定だそうなので、ついでながら神経性のストレスを軽減する『半夏厚朴湯』を紹介しておいた。

     

  • こういう人は買ってはいけない第1類医薬品

     やや高齢のお客様が『ガスター10』を求めて来店されたのだが、うちには第1類の薬を置いていない。
     しかし、第1類や第2類のくくりを、効き目の違いと解釈されているようだったため、効き目ではなくリスクの区分である事を説明したら驚かれた。
     とかく、この区分については誤解が大きいように思える。
     解熱鎮痛剤の『ロキソニンS』なんかもそうだけど、「第1類じゃないと効かない」と盲信しているらしい患者さんに何人も遭遇した。
     第1類は、経過観察を怠ると重大な副作用が起きる可能性が高いから薬剤師の立会が必要な訳で、そういう意味では「第1類じゃないと駄目」と考えている人は、もっとも買ってはいけない人だろう。
     医薬系の陰謀論で薬について「買ってはいけない」という本を書いたり講演をしている輩は、「こういう人は買ってはいけない」と、買う側のモラルについて語ってくれないものか。
     他人の命を危険に晒して持論を唱えてるようなモラルの持ち主じゃ、期待薄だわな。
     今回の患者さんは、以前に病院で『ガスター』を処方された事があり、その時には良くなったので常備薬にしようと思ったとのこと。
     なるほど、成功体験があるわけですね。
     成功体験があると、かえって厄介だ。
     しかし今回のお客様は落ち着いて話ができる方で、当初のお話での主訴は胃痛と言っていたのだけれど、詳しくお話を訊いていくと、胃が重く、水が滞っている感じがするして冷えるそうで、空腹時には胃痛は無いそうだから、胃酸過多とか胃炎という症状とは違うように思われる。
     老々介護で気疲れしているというお話も出たので、内面的なストレスに用いる『リフレライフ』(安中散加茯苓)を案内した。
     ただ、常備薬として家族と一緒に使いたいという事と、胃痛にも使える物をと要望されたため、痛み止めの『芍薬甘草湯』と胃の働きを安定させる『安中散』を合わせた『大正漢方胃腸薬』の方に変更して、お買い上げ頂いた。
     とはいえ、薬を「家族で一緒に使う」というのも本来は、体質や症状、外出先での食事の内容や運動量など、個人間での相違点が多いから、薬は家族でも別々な物をチョイスした方が適切な事を付け加えておいた。

     やや高齢のお客様が、以前に『ロート新緑水』を疲れ目と充血に用いたら調子が良かったという事で求めにいらしたのだが、生憎と品切れ。
     似たような物として、『ロートリセb』を紹介して、お買い上げ頂けた。
     お客様はやはり、商品名やブランド名で求めてくるから、たとえ同じ成分構成だとしても別な商品で納得して頂けるかは、普段からのコツコツとした信用の積み重ねが必要。
     まぁ、品切れさせるなよというツッコミは措いといて(;´∀`)

     

  • 病院を敵扱いする陰謀論もありますが

     やや高齢のお客様が、以前に使用した事があるという漢方薬を探しに来店。
     名前は覚えていなかったが、足が攣った時に使ったそうで、どうやら『芍薬甘草湯』らしいと分かった。
     ただ、『芍薬甘草湯』はあくまで一時的に用いる物。
     繰り返し足が攣るようだと、単純な足の疲労などではなく、心臓が関係する可能性があるため、病院で診察を受けるよう勧めた。
     御主人も同じように足が攣るそうなので、この暑さから水分代謝が夫婦で悪くなっているのかもしれない。
     生活環境や食事が同じだと、そういう事もありえる。
     その場合には、『五苓散』が適応する事をお話したけど、まずは病院で体調を調べてもらった方が良いだろう。

     鼻腔を開く器具を探しているという、お客様が来店されたので『ブリーズライト』を案内した。
     鼻づまりを起こしているのがお客様自身なのか尋ねると、中学生の娘さんだという。
     そこで、上半身を温めて鼻の通りを良くする『葛根湯加川きゅう辛夷』と、患部を冷やして治す『荊芥連翹湯』を紹介した。
     鼻汁が喉に落ちてくるようなら、『辛夷清肺湯』も候補になるところ。
     すると、娘さんは痩せ型で生理が重いとの事だった。
     ううむ、血流が悪くて上半身に熱が篭ってしまうのかもしれない。
     鼻づまりと生理が重いのが関連しているのなら、『当帰芍薬散』を使ってみるのも一つの手だ。
     なにより、思春期の生理の症状は、早めに手を打っておいた方が良い。
    「生理が重いのが当然」とか「生理は痛いもの」というのが本人の中で普通になってしまうと、成人してからも「いつものこと」と思い込んで重大な病気を見逃してしまう可能性がある。
     ただ、そうなると服用後の経過観察が重要になるし、体質や症状に合わせて変更することも考えなきゃならないので、ドラッグストアーの手に余る。
     今回は漢方薬については、漢方内科の医院を紹介するだけに留めた。

     

  • 胃の状態を調べるのに簡単な方法

     胃痛がするということで胃薬を買いにいらしたお客様に、詳しく症状を尋ねると、焼き肉を食べたら症状が起きたという。
     冷たい水を飲むのと温かいお茶などを飲むのとでは、どちらが楽になるかも質問してみたが、試していないそう。
     胃の状態を調べるのに簡単な方法なので、ぜひ覚えておいてもらいたいところ。
     冷たい水を飲んで楽になるなら、いわゆる胃炎を起こしていると考えられるので、胃を休めるのが重要。
     反対に、温かい物を飲んで楽になるなら、胃に不要な水が溜まっているか、胃の働きが低下しているので、胃の機能を助ける必要がある。
     今回の場合は分からないという事で、双方に使える『大正漢方胃腸薬』を勧めた。
     胃が熱を持っていれば鎮め、胃の機能が低下していれば助けてくれる『安中散』と、痛み止めの『芍薬甘草湯』の組み合わせである。
     便利なだけに、他の症状を見逃したりしないよう気をつけなきゃならないけど。

     やや高齢のお客様が、便秘薬を求めて来店。
     2日ほど出ないとの事で、心配されていた。
     今までに便秘薬を使った事は無く、現代薬を要望されたので『コーラックファースト』を案内した。
     漢方薬なら、軽度な便秘に用いる『桂枝加芍薬湯』か、よほど虚弱体質でなければ安心な『大黄甘草湯』を勧めたかったところではある。
     あと、高齢者の場合は、そもそもの食べる量が減ったりするのが原因だったりするから、『サトラックス』で便の量を増やすという方法もある。
     お客様にも、加齢とともに排便の回数が減るのは普通なので、あまり気にしないようにとお話した。