Tagged with " 芍薬甘草湯"

貧血の原因は鉄分不足とは限らない

 お客様から、『パブロンSゴールド』と『パブロンエース』の違いを尋ねられた。
 同じブランド名でも、記号なんかが変わると中身も変わる。
 それでいて、パッケージに書いてある効能は同じだったりするから、ややこしい話で。
 総合の風邪薬の場合、効能の範囲を広げてるもんだから、なおさらである。
 今回の場合は、Sが発熱向けで、エースが喉の痛み向けと考えられますと伝えると、置き薬にするとのことで『パブロンエース』の方を購入された。
 ただ、風邪の原因となるウイルスは実は季節ごとにも違い、影響を受ける患部も違ったりするため、2日ほど服用して改善しない時には、乗り換えを検討し改めて相談して頂くよう、お話した。

 喉の痛みの相談で訪れたお客様、症状が出たのは2日ほど前からで、発熱などの他の風邪の兆候は無い模様。
 少し鼻水もあるようだったけど、寒さの影響だろう。
 というのも、『葛根湯』を服用してみても、効いた感じがしないという話なので。
 そのため、喉の痛みに特化して、『ペラックT』と『駆風解毒湯』を案内した。
 参考までに、喉の痛む風邪の初期に用いる『銀翹散』も紹介したけど、鼻水が出ている時には避けた方が良いことをお話して、『ペラックT』をお買い上げ頂いた。

 『ファイチ』をレジに持ってきたお客様から、貧血に適応するか尋ねられた。
 病院で貧血と診断されたものの、鉄剤の服用などの指導は受けていないという。
 実のところ、貧血の原因は幾つかあるんだけど、世間的には「鉄不足」が広く認識されていて、というかそれしか知られていない気がするが、いずれにせよ現代薬では『ファイチ』のような鉄剤しか選択肢が無い。
 水分代謝の異常がある場合には、漢方薬の『苓桂朮甘湯』が候補になるし、血流不全で疲労感もあれば『当帰芍薬散』とかも考えられる。
 今回のお客様は、そこまで話を広げるのを求めているようには見受けられなかったため、『ファイチ』が貧血には適応することを説明したうえで、貧血の原因が鉄分不足とは限らないことをお話して、効いた感じがつかめない時にはご相談下さいと伝えた。

 腹痛と下痢とのことで、お客様が来店。
 昼食を食べてからだそうだけど、吐き気は無いというから、食中りではないはず。
 自宅に『正露丸』はあるものの、帰るのに時間がかかるため立ち寄ったそう。
 でも、どのみち食中りでないと『正露丸』は、そんなに効くもんじゃないし。
 だから『トメダインコーワフィルム』や『ストッパ下痢止めEX』を考えたけど、よくお話を訊くと、すでに下痢はたいしたことはないという。
 そこで、本来は下痢止めではないことを説明したうえで、健胃薬の『安中散』と痛み止めの『芍薬甘草湯』を合わせた『大正漢方胃腸薬』を案内して、お買い上げ頂いた。
 症状が落ち着いてきているのなら、この後の回復のほうが大事だろうから。

 

やんわり断られたい小心者

 やや高齢のお客様が、奥さんの代わりに来店された。
 水を使う仕事をしているとのことで、手荒れにより患部が割れているというお話から、『ヒビエイド』を案内した。
 そのうえで、傷口が塞がったら『ケラチナミンコーワ』に乗り換え、症状に合わせて交互に使うよう説明した。
 こういう案内の仕方は、余計な物まで買わせようとしてるんじゃないかと敬遠されがちだから、こちらとしては心臓バクバクなんだけどね。
 イヤ~な顔をされると、「次のお客様の時に」案内するのを躊躇してしまう。
 そうなると、次のお客様が追加情報を得られないという変な構図になってしまうから、そんなことじゃいけないんだけど、豆メンタルなんで(;´・ω・)
 今回のお客様の場合、『ケラチナミンコーワ』については、本人に訊いてみるとのお返事。
 そうですね、できましたら本人に来店してもらえるようお伝え下さい。
 でも、体の中から治す物として『当帰四逆加呉茱萸生姜湯』を紹介したら、それは『ヒビエイド』と一緒に購入して頂けた。

 お客様から、『腰ホットン』で中身の入れ替えタイプが無いか質問されたので、最近では使い捨てタイプが主流なことを説明した。
 すると、交通事故で腰を圧迫骨折してしまったそうで、整形外科では血をサラサラにする薬を処方されていると話された。
 生憎と薬の種類も目的も、覚えていない様子。
 まぁ、今日は薬を買いに来たという訳ではないから仕方ないけれど、お薬手帳は家に置いておくより持ち歩いていただい方が、出先での事故や災害の時に命綱になりますとは伝えた。
 それと、こむら返りに『芍薬甘草湯』が1日1回夜にと処方されている模様。
 漢方薬を処方してくれる医師でしたら、温めつつ血流改善する『当帰四逆加呉茱萸生姜湯』か、神経系の回復を助ける『疎経活血湯』を相談してみてはと提案した。
 ………余計なお世話だったかなぁ。
 漢方薬を処方している医師と言っても、効能だけを見て現代薬のように処方している医師と、体系的な理論に基づいて処方する医師とでは、処方した後のフォローも違うだろうし。

 やや高齢のお客様が、『ゼノール』を求めて来店。
 探しているのは赤いパッケージだというので、たぶん『ゼノールチックエクサムFX』のことなんだと思う。
 うちのお店には、『ゼノールエクサムSX』しか置いていない。
 ただ、どちらもフェルビナク製剤で、FXの方は女性向けに花の香が付いているだけの違いのはず。
 そう説明はしてみたけれど、納得して頂けなくて帰られた。

 

勘が働くかどうかは知識と経験なんだそうで……

 『サロンパスA』を購入されるお客様に症状を尋ねたところ、しもやけという答えに「えっ!?」と思ってしまった。
 そしたら、確かに効能に書いてあった(;・∀・)
 知らなかった~。
 後で知り合いの薬剤師さんに言ったら、その薬剤師さんも「えっ!?」て驚いていたから、ちょっとホッとした(笑)
 サリチル酸メチルで痛みを緩和して、ビタミンEで血行を良くするからなんだろうか。
 とんだ失態を演じてしまい、汚名返上のために内服薬として『当帰四逆加呉茱萸生姜湯』を紹介すると、興味を示してもらえた模様。

 『スクラート胃腸薬S』を何度か手にしては棚に戻して迷っている様子のお客様に、声を掛けてみた。
 年末から飲み会が続いていて、みぞおちの辺りが痛むというお話。
 『スクラート胃腸薬S』でも悪く無いと思うけど、どちらかというと健胃剤だから、痛み止めに『芍薬甘草湯』が入っている『大正漢方胃腸薬』と、ストレスが思い当たる場合の『半夏瀉心湯』を案内し、『大正漢方胃腸薬』をお買い上げ頂いた。
 そして、飲み会の前に温かいお茶のペットボトルを飲んで胃に準備運動させておく事や、飲み会では刺身のツマの大根や、揚げ物に添えてあるキャベツなどを食べるよう勧めた。
 飲み会では、刺し身のツマやらキャベツなんかは、手に付けない人が多いから、自分だけ悪酔いしないように食べておくのが吉(o ̄∇ ̄)o
 あっ、お客様が帰った後で『半夏瀉心湯』の方が良かったんじゃないかと、実は思ったんだよねぇ。
 みぞおちが痛いというのは、逆流性食道炎の可能性がある。
 そうだとすると『安中散』が主体の『大正漢方胃腸薬』より、『半夏瀉心湯』の方が向いている事に。
 つい「ストレスが思い当たる場合は」と説明してしまって、ストレスは無いという答えに候補から外してしまったけど、『半夏瀉心湯』の絶対条件が神経性という訳ではない。
 ううむ、年が明けてからこっち、なんか勘が鈍ってる気がする(;´・ω・)

 閉店間際に、というか正確にはシャッターを下ろし始めたところだから、もう閉店なんだけど、やや高齢のお客様が入るかどうか迷っていたので、目で「早く早く」と促した。
 とにかく一歩でも足を踏み入れてもらえれば、「入ってしまったものは、しょうがない」と上司に残業報告の言い訳が立つ。
 お客様は『アリナミンEX』を買いにいらしたんだけど、奥さんからの頼まれ物だそうで、ゴールドなのかプラスなのかが不明なため、奥さんに電話をして頂いた。
 上司が見回りに来る前に解決したいと、内心ドキドキ(´д`;)
 奥さんから直接お話を聞いたら、高血圧で目眩がして病院で処方されている降圧剤を服用したところで、葉酸の入った物が欲しいと思ったという。
 ああ、ということは『アリナミンEXゴールド』の方ですね。
 葉酸は、高血圧の改善に効果があるとされているし。
 でも、他の症状を確認すると、目眩は天井が回るような回転性で、吐き気もあるという。
 そこで、『苓桂朮甘湯』を紹介してみた。
 本来は、低血圧の傾向の人に使う漢方薬で、高血圧の人は「要相談」になっているけれど、医師の監督のもとであれば使えるように思える。
 高血圧症に関しては、医科大病院に通っているというお話だったから、近場にかかりつけ医を持つよう提案し、近くの漢方医院を紹介した。
 上司が売り場側に来る前に解決できて、ホッε-(´∀`*)

 

ダラ~と年越し

 『ヒアルロン酸』のドリンクを購入されたお客様の手が、見るからに蒼黒くなっていて、余計なお世話とは思いつつ、つい「よろしければご相談下さい」と言ってしまった。
 時間が無いようだったので、指先の血行改善のためにシャワーを意識的に浴びたり、お風呂に入る時には、しっかり指先を湯船に浸けるようにとだけ伝えた。
 塗り薬なら『ヒビエイド』を、内服薬なら『当帰四逆加呉茱萸生姜湯』を案内したかったんだけど、また来てくれるかしらん。

 成人の息子さんのために風邪薬をと来店されたお客様に、詳しく症状を尋ねると主訴は咳で、その咳は昼間に激しく出て、すでに数日が経過しているという。
 『エスエスブロン錠』をとも考えたけど、明日にはチケット販売のバイトがあるというお話だった。
 ありゃ、新年早々にイベント関係の仕事ですか、大変ですねぇ。
 屋外ではないらしいとはいえ、私の経験では会場の入口近くだったりするから、寒風が吹きさらすと予想。
 神経中枢に働きかける咳止めだと、疲労して免疫力が低下してしまうかもしれず、年末の医療機関が休みのタイミングで風邪が悪化してしまう可能性を考慮して、『五虎湯』を案内した。
 すると、咳だけではなく吐き気も訴えていると分かった。
 重要な情報を、後出しされると困る(^_^;)
 まぁ、本人じゃないからお客様も忘れていたんだろうし、聞き出しが遅かった私のミス。
 あまりやらない使い方だけど、『柴胡桂枝湯』との併用を提案して、両方をお買い上げ頂いた。

 温湿布を求めて来店したお客様、使っていた銘柄が棚に見当たらないというのだけれど、なんとなくデザインで記憶しているらしく、名前も主成分も不明。
 『サロンパス』と『パテックス』は、以前に使ってかぶれたというから、サリチル酸系が駄目なのか。
 フェルビナク製剤も提案してみたのだが、レジに生活用品を持った人が来てしまい、そちらの対応をしている間に立ち去られてしまった。
 うう……、医薬品以外のレジに誰か誘導して……(´。・ω・。`)

 やや高齢のお客様が『葛根湯』を購入され、用途を尋ねると常備薬にとのことだった。
 『葛根湯』は、未病の段階、すなわち「風邪かな?」という時から使えるから、確かに常備薬にはもってこい。
 ただ、家に置いておいては、飲み始めるタイミングを外してしまうこともあるので、ぜひ持ち歩いて下さいと説明した。
 すると、喉風邪になることが多いというお話。
 もし本当に喉風邪が多いのでしたら、『銀翹散』もお勧めですよと紹介したところ、『芍薬甘草湯』を探しているけど見当たらないと言われた。
 ああ、うちのお店では『芍薬甘草湯』という銘柄ではおいていないんですよ~。
 本部から大量に送り込まれてる、『コムレケア』があるので。
 中身は、『芍薬甘草湯』ですと案内すると、『葛根湯』と一緒に購入された。
 テニスをしていて、夜に疲労からか、こむら返りになるらしい。
 まぁ、運動してなら心配ありませんね。
 これが、運動していないのにこむら返りを繰り返すようだと、心臓疾患も疑われますが。
 とはいえ、体に負担になる運動量は、ほどほどに(´∀`*)ノシ

 今年最後の勤務が終了。
 と言っても、明日も普通に出勤するから年末という気が全くしない。
 先輩パートさんに聞いた話じゃ、元々は三ヶ日には営業していなかったのが、試しに開けたら予想以上にお客様が来ちゃったんで開けるようになったそうな。
 閉めとけば良かったのに……(;´д`)
 そして今日は、夕飯を食べに実家に立ち寄り。
 奥さんと次郎は、奥さんの実家に行ってしまったので。
 奥さんがいないと、食生活が充実して助かる(笑)
 帰ってくるまで、気ままな独身生活♪
 夕飯は年越しそばで、お酒を飲んで仮眠してしまったから、起きたら『紅白歌合戦』も終わって年が明けていた。
 寒空の中、家に帰って飲み直し。
 新年が、ダラ~と始まってしまった(笑)

 

皮膚のケアには保湿と考えがちだけど

 お客様から、あかぎれや手荒れの改善のために、寝る時に薄い手袋を使いたいと相談され綿手袋を案内したのだけれど、どうやらイメージと違っていた模様。
 詳しくお話を訊くと、保湿を目的にしているらしく、手を見せて頂いたら肌が割れていた。
 これでは、保湿がどうのというレベルではないので、『ヒビケア軟膏』を案内した。
 すると、『ヒビケア軟膏』は持っているものの、期限切れだから使っても良いかと尋ねられた。
「私の家族なら、使わせることもありますが……」と答えて、察して頂いたσ(^◇^;)。
 その後、お客様自身で『メンタームメディカルクリーム』を選んで購入された。
 そして、どうしても手荒れは保湿と考えがちだけど、ハンドケアの薬の成分を見れば分かるように、血行促進のためにビタミンEが入っていたりと、皮膚の再生のためには材料(栄養)の供給が必要で、その材料を運ぶのは血液なので、血行の改善もまた大事なのだ。
 今回のお客様も、指先の蒼黒い色からして血行不良は明らか。
 内服薬として、『当帰四逆加呉茱萸生姜湯』を紹介した。

 欲しい商品を一品一品メモを見ながら探すのを頼まれたので、介護さんかと思ったら、購入代行業の人だった。
 仕事としてあるのは知っていたけど、初めて会ったわ。
 いちいち尋ねられるのは面倒だけど、買い物としては正しくもある。
 残念ながら今回は、探しているという商品は一点も置いていない物ばかりだった。
 お話では、歩き回って大変だから、お店に入ったらすぐ店員に尋ねることにしているというので、こちらも足の疲労について話を振ってみると、やはり筋肉痛になるという。
 そこで、『コレムケア』(芍薬甘草湯)をと勧めたら、お買い上げ頂けた。

 踵のひび割れということで、『ヒビプロKT』を購入されたお客様が、やはり保湿を気にされていたので、これまたやはり血行が大事なことをお話して、マッサージを勧めた。
 マッサージというと、強く揉んだり擦ったりと思われがちだけど、血行改善のためにしろリンパマッサージにしろ、力を入れる必要は全く無い。
 軽く撫でるだけでも充分なので、お風呂に入りながらでもテレビを見ながらでも、数分間だけ撫でてみて下さいな。
 毎日やっていると、やる前との違いが分かると思います。

 『のどぬーるスプレー』を求めて来店されたお客様に、消毒主体のポピドンヨードの物と、炎症を抑えるアズレンの物とで二種類あることを説明した。
 私は基本的に毎回案内するようにしてるんだけど、特に質問することもなく購入する人は、そのへんの違いをどう判断して購入してるんだろう(・_・?
 今回のお客様は、症状を詳しく尋ねてみたら、喉の痛みはそれほどではなく、喉に何かが張り付いている感じがするというので、乾燥している可能性をお話して『麦門冬湯』を勧めたところ、お買い上げ頂いた。
 胃の具合が悪い感じがするというお話もあったから、もしかすると逆流性食道炎というのもあるかもしれない。
 なにしろ正常な人でも、日に50回程度は胃液が逆流していて、食道や気管支を傷めていたりするので。
 だからこそ、「喉が痛い」というだけでは風邪とは限らないんだけど、なかなか認知が広がらないのが現状。
 そして『麦門冬湯』は、効能こそ乾燥性の咳だけど、生薬構成は胃薬に近いため、逆流性食道炎での喉の違和感や痛みにも適応する。
 そうなお話をしたら、お客様は声を使う仕事をされているそうで、今回『のどぬーるスプレー』を使おうと思ったのは、声がれに備えてというのも考えていたそう。
 なるほど、それでしたら『響声破笛丸』も覚えておいて頂くと、役に立つ時にあるかもしれませんと紹介した。

 

「いつものこと」と思ってしまうと危険

 やや高齢のお客様から、胃痛と胃もたれの相談を受けた。
 以前はならなかったのに、最近になって起きるようになったらしい。
 でも、血圧の薬や腰痛の薬の他に、その薬から胃を守るための胃薬も病院から処方されているというのに、お薬手帳も現物も家に置いてきたそうな。
 うちの母親なら、小一時間ばかり説教してやるのに(`・ω・´)
 担当医に相談するよう勧めたうえで、『大正漢方胃腸薬』を紹介した。
 これなら、『安中散』『芍薬甘草湯』で、大抵の薬とぶつかることは無いから。
 ただ、それで安心して自己判断で使われても困るけど。
 他に、オムツかぶれの相談を受け、『フェミニーナ軟膏』を風呂上がりに、毎日塗っているとのことだった。
 痒み止めを毎日使っていても改善しないと思われるため、毎日のケアにと『桃の葉ローション』を案内して、痒みが強い時だけ『フェミニーナ軟膏』を使うよう勧めた。
 『桃の葉ローション』と『大正漢方胃腸薬』をお買い上げ頂いたけど、心配なので『大正漢方胃腸薬』を使ったことを、ちゃんと担当医に報告するよう、お話した。

 お客様が『バファリンルナi』を、他の鎮痛薬と比べてから購入されたので、同じバファリンの名前が付いていても、『バファリンA』とは成分が違うことを説明した。
 すると、成人の娘さんが中学生の頃からずっと生理が重いという、お話だった。
 ううん、痛いのが当たり前ということに慣れてしまうと、将来的に重大な病気を「いつものこと」と思って見逃してしまう可能性がある。
 うちの奥さんなんか、それで結局は子宮筋腫が大きくなるまで気づかず、子宮を摘出することになってしまった。
 次郎を妊娠した時には、当初は「双子かも」と診断されて、調べたら実は筋腫に胎児が圧迫していて流産する危険に晒されたうえ、筋腫がさらに大きくなるのが先が次郎が生まれるのが先かという事態にまでなり、結局は次郎ごと子宮を取り出すことに。
 そこまでは話さなかったけど、生理痛で痛みが強いのは出血により局所的な栄養不足が起きていたりして、それが別な病気の発症に繋がることがあるため、体質改善の治療を勧めた。
 生理で起きている実際の症状が不明なため、『当帰芍薬散』『桂枝茯苓丸』を案内しつつ、近くの漢方薬に詳しい病院を紹介した。

 

患者さんに相談されるだけで全俺が泣いた

 お客様から、『アリナミンEX Plus』と『新パワーアクトEX』の違いを質問され、内容としては同じであることを伝えた。
 用途を尋ねると眼精疲労だそうで、仕事でのパソコン作業が思い当たるという話から、比較として『新キューピーコーワi』と『ナボリンS』も紹介した。
 そして、サプリメントだけど『アスタキサンチン』も。
 『アスタキサンチン』は侮れなくて、『ブルーベリー』のように、飲んですぐに効果を感じられるケースも報告されている。
 医学的な研究は進んでいても、医薬品としての認可を受けるのは難しいらしいのが残念ですが。
 あと、お客様はお風呂が短めだというので、上半身の血行を良くするためにも、下半身を温めるのが大事ですと説明した。
 今回は、『新パワーアクトEX』を購入。
 価格と効き目は必ずしも正比例しないから、まぁ妥当なところだと思う。

 『ガスター10』を求めてお客様が来店したけれど、うちには置いていないことを説明したうえで症状を訊いてみたところ、主訴は胃もたれと胃痛だった。
 以前に『パンシロン01+』を服用して効果が無く、ストレスが思い当たり『大田漢方胃腸薬2』(安中散加茯苓)も試してみたものの芳しくなかったようだ。
 そこで、痛み止めに『芍薬甘草湯』の入っている『大正漢方胃腸薬』を案内しつつ、いっそのこと『芍薬甘草湯』だけの『コレムケア』はどうかと提案してみた。
 すると、『大正漢方胃腸薬』を試してみるとのことで、お買い上げ頂いた。
 そうそう、あと食欲があっても食べ始めるとすぐ満腹になって痛くなるというお話だったため、食事の前に温かいお茶などをんで胃に準備運動をさせるように勧めた。

 やや高齢のお客様から、耳鼻科に予約していて、あまり時間が無いと言われつつ、不眠と食欲不振の相談を受けた。
 時間が無いのは困るけど、予め言ってもらえるのは助かる。
 なので、手短にというつもりで質問をまとめてしてみたら、案外と話し込むことになってしまった。
 大丈夫ですか時間(笑)?
 一週間ほど前に風邪をひき、咳だけが後に残った結果、今は咳も治まってきたものの疲労感を引きずっているという。
 お客様自身は、それで『命の母A』を買おうと立ち寄って、でも服用する前に相談しておこうと考えたそうな。
 うう……、それが本来あるべき姿、普通の事のはずなのに、滅多にお目にかかれない患者様……(´;ω;`)ブワッ
 いつも日記に書いている「相談された」というのは、大半はコッチから声を掛けてのことだから。
 おっと、話が逸れた。
 今回は、なかなか寝付けないというお話もあったため、『竹じょ温胆湯』を候補にしてみた。
 お客様も安眠剤は避けたいという事だったから、そのまますんなりと思ったら、詳しく症状を確認していく中で、痰は出ないのに喉がつかえた感じがするというお話が出た。
 しかも、食事も喉を通りにくいと感じている模様。
 むむっ……、となると『半夏厚朴湯』の方が適応するかも。
 あっ、それなら耳鼻科にかかるんだから担当医に処方してもらった方が、保険診療の点でも飲み合わせの点でも良いのでは?
 という訳で、これから行く病院の担当医に処方してもらえないか相談してみるよう勧めた。
 そのため、本日の購入は見送り。
 アチャー、商売に向いてないな自分(ノ∀`)

 

段階を踏んで信頼関係を築いていくしかない

 お客様から、『パテックス機能性サポーター』の通常版とハイグレードモデルについての質問を受けた。
 ハイグレードモデルの方はクロステーピング構造になっていて、膝の安定性が通常版より優れています……と説明してみたものの、実はパッケージに書いてあることを言ってみただけ(;´∀`)
 それでは申し訳ないので、症状を詳しく尋ねてみたところ、仕事で重い物を持ったりで、膝の曲げ伸ばしが多いとの事だった。
 病院では特に異状は認められなかったようだけれど、冷えや血行不良が関係している可能性をお話して、『桂枝加苓朮附湯』を案内してみた。
 また、むくみの傾向もあるようだったため『防已黄耆湯』を紹介してみると、仕事で足が筋肉痛になる事が多いという話が出たため、『コレムケア』(芍薬甘草湯)を案内した。
 今日のところは、サポーターはやめて『コレムケア』をお買い上げとなった。
 私としては、もう少し踏み込んだ選択を促したかったところだけど、段階を踏んで信頼関係を築いていくしかない。
 そのためには、できるだけ見立てを外さないようにしないと。

 同僚が、家族の代理で来店したお客様から頭痛の相談を受けたようで、その内容のメモを読んだ。
 病院でMRIを撮り、頭痛薬も処方されているらしいのだけれど、微熱があるため担当医に風邪薬を希望したところ、市販の風邪薬で良いと言われて来店した模様。
 そして、家にも風邪薬があるというお話だったため、同僚はそれを服用するように勧めてみたが、『ベンザブロックL』を購入されたのだとか。
 発熱なら、『ベンザブロックIP』の方だと思うんだけど、喉の痛みがあったのかな。
 処方された頭痛薬の種類にもよるけど、解熱作用があれば風邪薬は不要なケースにも思える。
 本人が、何かしら飲まないと納得しないという事なのかもしれんけど。
 胃からくる頭痛もあるから、私だと微熱を考慮して『柴胡桂枝湯』を案内したかも。
 本当は、同僚とも症例研究ができると良いのになぁ。
 常時一人勤務で交代となると、こうして連絡ノートでメモのやり取りだけ。

 やや高齢のお客様から、目頭の赤味の相談を受けた。
 痒みは無いものの目ヤニが出るとのことで、風邪をひいてからという。
 眼球には目視で異常は認められなかったため、患部が目元だったので、『ロート新緑水α』を案内して、お買い上げ頂いた。
 患部が目そのものでない場合、痒み止めの皮膚の薬を目の近くに使ってしまう人もいるので、目薬の中で炎症を抑える物を案内するのが安全だと、以前にとある薬剤師さんから教わった。



 

人に勧めて勧められは安易に考えないで

 『コッコアポEX』(防風通聖散)をレジに持ってきたお客様に、以前からの使用経験があるか尋ねたところ、人から勧められたとのこと。
 しかし、お客さま自身の体調を詳しく訊くと、寝つきが悪いらしく、原因としてストレスがあるようだったため、『コッコアポG』(大柴胡湯)を案内し、変更して購入となった。
 その、勧めた人には悪気は無いのだろうけれど、あまり安易に薬を人に勧めるのは控えて欲しいし、勧める時には、あくまで「自分には良かった」という点は強調しておいて下さいな。
 そして、人から勧められた時には、相手と自分との共通点をチェック。
 性別や年齢はもちろん、体格や肌の色、仕事や生活スタイルなど、チェック項目は多い。
 共通点が少ないと、まず合わないと思った方が安全です。
 まぁ、初めて買う薬は、まず店頭で相談をして頂くのが一番なんですが。

 肝油ドロップの効能について、お客様から質問を受けた。
 栄養剤の代わりに使うことを考えている様子だったけれど、用途としては栄養の吸収能力が未発達な幼児や、栄養が胎児に費やされる妊婦さんや授乳中の人、栄養の吸収能力が衰えた老人に使うのが一般的。
 よほど衰弱している人でなければ、普通に食事で充分だろうし、自分の食生活を顧みて、不足していると思われるサプリメントに重点を置いた方が良いのではと、お話した。
 肝油ドロップを使っての弊害は特に無いだろうけど、私自身は貧乏性なので、その予算は他に配分した方がと思ってしまう。

 お客様から、『当帰芍薬散』『当帰四逆加呉茱萸生姜湯』の違いを質問された。
 これはまた、マニアックな(;´∀`)
 どうやら、病院からは『当帰芍薬散』が処方されているところ、人から『当帰四逆加呉茱萸生姜湯』を勧められたらしい。
 すぐに飛びつかないで、まず相談してからというスタンスとは良いかと。
 ザックリと説明すると、『当帰芍薬散』は血流と水分代謝を良くすることで体内の熱の偏りを解消し、『当帰四逆加呉茱萸生姜湯』は血流を改善するとともに温める力が強い。
 私なんかは、スキーに行く時にリフトで寒さに凍えるのを防ぐために、『当帰四逆加呉茱萸生姜湯』を飲んでおくくらいでして。
 今回のお客様の場合、痩せ型で冷えが強そうなので試してみる価値はあるだろう。
 そうお話して、担当医に相談してみるよう勧めた。
 ただ、お客様の話によると、『当帰芍薬散』を処方してもらっている病院で、こむら返りに『芍薬甘草湯』を頼んだら断られたとか。
 おそらく芍薬が重なるのを避けたんだろうけど、芍薬の重複って、そんなにマズイのかな?
 甘草は、よく重複について注意されるけど。
 その甘草にしても、茯苓が入っていれば余剰分は排泄されるから心配無いという説もあるようだし。
 後で調べてみよう。(と思って、たいてい忘れる……)


 

症状に合わせた乗り換えプランも大事

 『葛根湯』『五虎湯』を一緒に購入されるお客様がいらしたので、念の為に用途を確認すると、風邪の常備薬にしたいという。
 風邪をひくと、いつも咳になってしまうらしいのだが、『葛根湯』にも『五虎湯』にも麻黄が入っていて、これは体を温めるため重なるのは好ましくない。
 まぁ、麻黄は温めると言っても熱を発散させるためで、『五虎湯』には患部を冷やす石膏も一緒に入ってるんだけどね。
 ただ、『葛根湯』との併用で考えると、体内を乾燥させてしまう心配がある。
 となると咳止めには、体内の乾燥を防ぐ『麦門冬湯』の方が良いだろうと案内したところ、『葛根湯』『麦門冬湯』の組み合わせで、お買い上げ頂いた。
 そうそう、あと麻黄は少なからず胃に負担をかけるため、処方的に胃薬に近い『麦門冬湯』は、胃を守る働きにも貢献する。

 お客様が、『大正漢方胃腸薬』と、外からのストレスに用いる『四逆散』の入った『爽和』と、内面のストレスに適する『リフレライフ』(安中散加茯苓)を何度も眺めたうえで、『大田漢方胃腸薬2』(安中散加茯苓)をレジに持ってきたので、念のため症状を尋ねてみた。
 朝起きると胃痛がするというお話からすると、胃酸過多の可能性が考えられる。
 内面のストレスは思い当たるそうなので、そのまま購入して頂きつつ、痛みに対して効果が弱いと感じた時には、痛み止めの『芍薬甘草湯』が入っている『大正漢方胃腸薬』への変更も検討するよう、お話した。

 ご主人の代理で、お客様が咳の相談にいらした。
 熱などの風邪の症状は無いのに、夜中に激しく咳き込み、それでいて昼間はそれほどでもないというお話から、『五虎湯』を案内した。
 しかし、その前の状況を詳しく尋ねたところ、一週間ほど前には鼻水と熱を伴う風邪をひき、『ベンザブロックS』を服用していたと分かった。
 ありゃん、重要な情報を後出しは困る。
 まぁ、それを聞き出すのも私の役目な訳ですが。
 でも、代理で薬を購入される時には、忘れずに最初の段階で知らせしてもらいたいところ。
 今回の場合、風邪による発熱で体内が乾燥したうえ、現代薬の風邪薬により症状を抑えた結果、神経レベルでの保湿機能が低下していることで咳になっている可能性をお話して、『麦門冬湯』も紹介した。
 ひとまず、『五虎湯』で目先の咳を止めて、後から『麦門冬湯』に乗り換えるプランを提示して。
 この辺りは、予算との兼ね合いがあるし、できるだけお金を掛けたくないと思うのは当然だろうから、乗り換えプランは、なかなか受け入れてもらえないものだけれど。
 他に、『のどドロップ浅田飴』と、医薬品の『浅田飴』の違いを質問された。 
 『のどドロップ浅田飴』の方はセチルピリジニウムが主成分で、これは消毒が目的なのに対して、『浅田飴』の方は熱を発散する麻黄や、患部を冷やす桔梗などの生薬が処方されていることを説明した。




 
ページ:«12345678910»