当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
貧血、倦怠感、更年期障害(頭重、頭痛、めまい、肩こり等)、月経不順、月経困難、不妊症、子宮筋腫、動悸、慢性腎炎、妊娠中の諸症(浮腫、習慣性流産、痔、腹痛)、脚気、半身不随、心臓弁膜症

当帰芍薬散
適応症状  

 筋肉が一体に軟弱で疲労しやすく、腰脚の冷えやすいものの次の症状:
 貧血、倦怠感、更年期障害(頭重、、めまい、肩こり等)、月経不順、月経困難、不妊症、子宮筋腫、動悸、慢性腎炎、妊娠中の諸症(浮腫、習慣性流産、痔、腹痛)、脚気、半身不随、心臓弁膜症

用方・容量(顆粒製品の場合)  

 1日3回、成人1回1包(2.5g)を食前にお湯または水で服用してください。
 ただし、15歳未満7歳以上は2/3包、7歳未満4歳以上は1/2包、4歳未満2歳以上は1/3包。

組成(顆粒製品の場合)  

 3包(7.5g)中、次の成分を含みます。
  シャクヤク(芍薬)4.0g
  ソウジュツ(蒼朮)4.0g
  タクシャ(沢瀉)4.0g
  ブクリョウ(茯苓)4.0g
  センキュウ(川きゅう)3.0g
  トウキ(当帰)3.0g
 以上の割合に混合した生薬より得たエキス4.0g含有します。

類似処方鑑別  

桂枝茯苓丸  下腹部の痛みや月経異常は本方と似ているが、比較的体力があり、貧血傾向が少なく、下腹部の自発痛・圧痛がより顕著な場合に用いる。

加味逍遙散  精神不安、不眠などの神経症状をより強く訴える場合に用いる。

当帰四逆加呉茱萸生姜湯  四肢冷感が一層顕著で、腹部・腰部・下肢が痛む場合に用いる。

使用上の注意  

1.次の場合には医師または薬剤師に相談してください
 (1)本剤を服用後、症状の改善が認められない場合は、他の漢方薬を考慮する事。
 (2)胃腸虚弱な患者。(胃腸障害を起こす事がある。)
 (3)複数の漢方薬を併用する場合は、含有生薬の重複に注意する事。(特に甘草を含有する漢方薬の併用には、より注意を必要とする。)


2.服用に際して、次のことに注意してください
 (1)定められた用法、用量を厳守してください。
 (2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。
 (3)本剤は、2歳未満の乳幼児に服用させないでください。


3.服用中または服用後は、次のことに注意してください
 (1)本剤の服用により、発疹・発赤、かゆみ、悪心、食欲不振、胃部不快感等の症状があらわれた場合には、服用を中止し、医師または薬剤師に相談してください。 
 (2)本剤を服用することにより、尿量が減少する、顔や手足がむくむ、まぶたが重くなる、手がこわばる、血圧が高くなる、頭痛等の症状があらわれた場合には、服用を中止し、医師または薬剤師に相談してください。
 (3)1ヵ月位(感冒、鼻かぜ、頭痛に服用する場合には、数回)服用しても症状の改善がみられない場合には、服用を中止し、医師または薬剤師に相談してください。
 (4)長期連用する場合には、医師または薬剤師に相談してください。


4.保管及び取扱い上の注意
 (1)小児の手のとどかない所に保管してください。
 (2)直射日光をさけ、なるべく湿気の少ない涼しい所に保管してください。
 (3)1包を分割した残りを使用する場合には、袋の口を折り返して保管し、2日以内に使用してください。


5.その他
 本剤は生薬(薬用の草根木皮等)を用いた製品ですので、製品により多少色調等が異なることがありますが効能・効果には変わりありません。

当帰芍薬散
LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート