段階を踏んで信頼関係を築いていくしかない

 お客様から、『パテックス機能性サポーター』の通常版とハイグレードモデルについての質問を受けた。
 ハイグレードモデルの方はクロステーピング構造になっていて、膝の安定性が通常版より優れています……と説明してみたものの、実はパッケージに書いてあることを言ってみただけ(;´∀`)
 それでは申し訳ないので、症状を詳しく尋ねてみたところ、仕事で重い物を持ったりで、膝の曲げ伸ばしが多いとの事だった。
 病院では特に異状は認められなかったようだけれど、冷えや血行不良が関係している可能性をお話して、『』を案内してみた。
 また、むくみの傾向もあるようだったため『防已黄耆湯』を紹介してみると、仕事で足が筋肉痛になる事が多いという話が出たため、『コレムケア』(芍薬甘草湯)を案内した。
 今日のところは、サポーターはやめて『コレムケア』をお買い上げとなった。
 私としては、もう少し踏み込んだ選択を促したかったところだけど、段階を踏んで信頼関係を築いていくしかない。
 そのためには、できるだけ見立てを外さないようにしないと。

 同僚が、家族の代理で来店したお客様から頭痛の相談を受けたようで、その内容のメモを読んだ。
 病院でMRIを撮り、頭痛薬も処方されているらしいのだけれど、微熱があるため担当医に風邪薬を希望したところ、市販の風邪薬で良いと言われて来店した模様。
 そして、家にも風邪薬があるというお話だったため、同僚はそれを服用するように勧めてみたが、『ベンザブロックL』を購入されたのだとか。
 発熱なら、『ベンザブロックIP』の方だと思うんだけど、喉の痛みがあったのかな。
 処方された頭痛薬の種類にもよるけど、解熱作用があれば風邪薬は不要なケースにも思える。
 本人が、何かしら飲まないと納得しないという事なのかもしれんけど。
 胃からくる頭痛もあるから、私だと微熱を考慮して『柴胡桂枝湯』を案内したかも。
 本当は、同僚とも症例研究ができると良いのになぁ。
 常時一人勤務で交代となると、こうして連絡ノートでメモのやり取りだけ。

 やや高齢のお客様から、目頭の赤味の相談を受けた。
 痒みは無いものの目ヤニが出るとのことで、風邪をひいてからという。
 眼球には目視で異常は認められなかったため、患部が目元だったので、『ロート新緑水α』を案内して、お買い上げ頂いた。
 患部が目そのものでない場合、痒み止めの皮膚の薬を目の近くに使ってしまう人もいるので、目薬の中で炎症を抑える物を案内するのが安全だと、以前にとある薬剤師さんから教わった。



以下の記事も読まれています。

LINEで送る
Pocket

 

段階を踏んで信頼関係を築いていくしかないへの2件のコメント

  1. アバター はぐれ薬剤師
    はぐれ薬剤師 コメント投稿者

    芍薬甘草湯をお客様が納得して選ばれたことは大変なことですよ。
    あとはプラスのプラセボ効果ですよ。

     

  2. アバター 北村俊純
    北村俊純 コメント投稿者

     そうですね、効くと思って飲んで頂いて、効果を上げた方が良いですね(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。)
     売り口上の技術も、磨いていこうと思います。