竹じょ温胆湯(ちくじょうんたんとう)
………インフルエンザ、風邪、肺炎などの回復期に熱が長引いたり、また平熱になっても、気分がさっぱりせず、咳や痰が多くて安眠ができない場合


適応症状

 インフルエンザ、、肺炎などの回復期に熱が長引いたり、また平熱になっても、気分がさっぱりせず、咳や痰が多くて安眠ができない場合

用方・容量(顆粒製品の場合)

 1日3回、成人1回1包(2.5g)を食前にお湯または水で服用してください。
 ただし、15歳未満7歳以上は2/3包、7歳未満4歳以上は1/2包、4歳未満2歳以上は1/3包。

組成(顆粒製品の場合)

 3包(7.5g)中、次の成分を含みます。
   ハンゲ(半夏) 5.0g          サイコ(柴胡) 3.0g
   バクモンドウトウ(麦門冬)3.0g   ブクリョウ(茯苓) 3.0g
   キキョウ(桔梗) 2.0g        キジツ(枳実) 2.0g
   コウブシ(香附子) 2.0g       チンピ(陳皮) 2.0g
   オウレン(黄連) 1.0g        カンゾウ(甘草) 1.0g
   ショウキョウ(生姜) 1.0g      ニンジン(人参) 1.0g
   チクジョ(竹じょ) 3.0g
 以上の割合に混合した生薬より得たエキス5.5g含有します。

類似処方鑑別


 体力中等度の人で、強い咳が出て、痰が切れにくく、咳のたびに胸が痛み、胸脇苦満を認める場合に用いる。

麦門冬湯
 
体力中等度、もしくはそれ以下の人の激しい咳嗽で、粘秱で切れにくい痰を伴い、嗄声がある場合に用いる。

小青龍湯
 体力中等度の人で、喘鳴、咳嗽、呼吸困難、鼻症状などを訴え、泡沫水様性の痰、水様性鼻汁、クシャミなどを伴う場合に用いる。

滋陰至宝湯
 体力の低下した人で、全身倦怠感、食欲不振、咳嗽、喀痰はあるが、不眠や不安などの精神神経症状を伴わない場合に用いる。

参蘇飲
 比較的体力の低下した胃腸虚弱な人の感冒で、、発熱、心窩部膨満感などと共に、軽度の咳嗽、喀痰などを伴う場合に用いる。

使用上の注意

1.次の場合には医師または薬剤師に相談してください
 (1)本剤を服用後、症状の改善が認められない場合は、他の漢方薬を考慮する事。
 (2)甘草を含有する漢方薬を長期服用する場合は、血清カリウム値や血圧の測定などを充分に行い、異常が認められた場合は、服用を中止する事。
 (3)複数の漢方薬を併用する場合は、含有生薬の重複に注意する事。(特に甘草を含有する漢方薬の併用には、より注意を必要とする。)
 (4)長期運用により低カリウム血症、血圧上昇などが現れる場合があるので観察を充分に行う事。


2.服用に際して、次のことに注意してください
 (1)定められた用法、用量を厳守してください。
 (2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。
 (3)本剤は、2歳未満の乳幼児に服用させないでください。


3.服用中または服用後は、次のことに注意してください
 (1)本剤の服用により、発疹・発赤、かゆみ、悪心、食欲不振、胃部不快感等の症状があらわれた場合には、服用を中止し、医師または薬剤師に相談してください。 
 (2)本剤を服用することにより、尿量が減少する、顔や手足がむくむ、まぶたが重くなる、手がこわばる、血圧が高くなる、頭痛等の症状があらわれた場合には、服用を中止し、医師または薬剤師に相談してください。
 (3)1ヵ月位(感冒、鼻かぜ、頭痛に服用する場合には、数回)服用しても症状の改善がみられない場合には、服用を中止し、医師または薬剤師に相談してください。
 (4)長期連用する場合には、医師または薬剤師に相談してください。


4.保管及び取扱い上の注意
 (1)小児の手のとどかない所に保管してください。
 (2)直射日光をさけ、なるべく湿気の少ない涼しい所に保管してください。
 (3)1包を分割した残りを使用する場合には、袋の口を折り返して保管し、2日以内に使用してください。


5.その他
 本剤は生薬(薬用の草根木皮等)を用いた製品ですので、製品により多少色調等が異なることがありますが効能・効果には変わりありません。


LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート