• タグ別アーカイブ: 芍薬甘草湯
  • 病の恥はかき捨て

     『エスタックイブ』を購入されるお客様に症状を尋ねると、主訴は喉の痛みで他に症状は無いようなので、喉の痛み止めに特化してはと提案したが、いつも使っているとのことで、そのままお買い上げいただいた。
     ただ、実はそんなに痛むわけではないということから、胃炎の可能性をお話ししてみたけど、「胃は丈夫だから」とピンとこないようだった。
     内蔵には本来痛覚神経が無く、胃痛といった症状は近くを通ってる神経が胃の代わりに不具合を脳に報告しているにすぎない。
     しかも、あくまで胃とは関係の無い神経が代理で報告しているだけなので、胃の不具合が背中の痛みとして現れたり、それこそ肩の痛みが実は心臓疾患だったとか、腰痛が肝臓がんの症状だったりということがある。
     だから、胃が丈夫だと思っていると異変に気づきにくく、その間に悪化することがあるので注意してもらいたいところ。

     
     『ガスター』を求めてお客様が来店したが、取り扱っていないことと周辺のドラッグストアもすでに販売できる薬剤師が退勤している時間であることを伝えた。
     患者は奥さんで、腹痛を訴えているらしいのだが、吐き気や下痢は無いというので、『芍薬甘草湯』が使えるかもしれないと思った。
     ところがその痛みの方は、体を丸めるくらい痛がっているというから、救急外来や夜間診療ででも病院に行くよう受診勧奨した。
     繰り返すけど、胃に限らず内臓には痛覚神経が無く、臓器の近くの神経が代わりに痛みを感知するため、胃痛だと思っていたら実は心臓の血管が詰まっていたというケースもあり、油断はできないのだ。
     できるだけ脅かすような言い方は避けたつもりだが、お客様には「 やはり一緒に行った方がいいですね」 と言われた。
     その時は病院に行くのが大袈裟のようでも、後で笑い話になる方が良いだろう。
     死ぬよりは恥をかくほうが、マシである。

     

  • お客様を観察するということ

     『桂枝加芍薬湯』を見ているお客様がいたので、漢方薬に興味があるのかと思い声をかけてみたが、案内は断られた。
     『柴胡桂枝湯』をレジに持ってきたところで改めてヒアリングすると、おへその上が痛む腹痛以外には吐き気や下痢は無いそうなので『芍薬甘草湯』を提案してみたところ、今度は『太田漢方胃腸薬2』に興味を持たれたため、『桂枝加芍薬湯』もストレスに対応することを伝えたうえで、『大正漢方胃腸薬』を基本に『爽和』も交えて説明した。
     『大正漢方胃腸薬』は胃を安らかにする『安中散』に鎮痛鎮痙攣の『芍薬甘草湯』を合わせた物で、そこから『芍薬甘草湯』を抜いて水分代謝の異常を整える茯苓を加えた『安中散加茯苓』が『太田漢方胃腸薬2』であり、これは色々と自分で考えすぎて悩んでしまうような内面的なストレスに適応する。
     一方、『大正漢方胃腸薬』から『芍薬甘草湯』を、手足の冷えを取る『四逆散』に入れ替えた『爽和』は、環境の変化や人から怒られるといった外的なストレスに対応する。
     今回は、『芍薬甘草湯』が入っている『大正漢方胃腸薬』を、お客様が選んでお買い上げとなった。

     高齢の男性が来店し、以前に口内炎の軟膏をお買い上げいただいたそうだなのが、銘柄は不明。
     私が販売したのであればメモに残してあるはずなのに、分からなかった。
     同僚が販売したのか、私の記憶違いか。
     そして、今回の口内炎は舌にできたとのことで、家にあった物を使おうとしたら、添付文書に「歯に塗ってはダメ」と書いてあって心配になり確認にいらしたという。
     ううむ、それなら現物を持ってきていただきたかった。
     銘柄が分からないため、店頭にある商品をネットで調べてみたが、そのような文章は確認できない。
     ご心配ならと、スプレータイプの『アズリートのどスプレー』を紹介してみたけれど、本日はお帰りになった。
     話し方や、話の内容からは、認知症があるようにも思える。
     また来店したら、もう少し観察してみよう。
     何か対応が必要になるかもしれない。

     

  • 薬を服用して何かあったらすぐお店や医療機関に連絡を

     以前に『新パワーアクトEX』を案内した、やや高齢のお客様が服用したところ背中が痒くなったと報告され、お詫びした。
     もともと『アリナミンA』に内容が近く安い物として『新パワーアクトEX』を案内したのだが、それまで服用していた『アリナミンA』に戻したら治ったという。
     ただ、病院で処方された他の薬でもなったことがあり、その薬は覚えていないというから因果関係は不明だ。
     そして、そのことは担当医に話したことは無いそうなので、おくすり手帳に『新パワーアクトEX』の成分表示を貼って担当医に報告するよう勧めた。

     腹痛を訴えるお客様が来店し、痛むのはお臍(へそ)の下あたりで、下痢は無いそうなので『芍薬甘草湯』を提案した。
     すると、『爽和』に興味を持たれたので、『安中散』『四逆散』を加えた、環境の変化や他人から叱責されるなどの外的なストレス寄りの胃腸薬であることを説明し、元の処方となった『安中散』と鎮痛痙攣剤の『芍薬甘草湯』を合わせた『大正漢方胃腸薬』を案内すると、そちらを購入された。
     風邪をひいた時には、薬を飲むより「ゆっくり寝ます」と言っていたので、「それは良いことですね」とお答えした。
     ちなみに、あれこれと悩んでしまうような内的なストレスには『太田漢方胃腸薬2』(安中散加茯苓)が、『安中散』に水分代謝を整える茯苓が入っていて適応します。

     やや高齢のお客様が来店し、イボかウオの目か分からず薬を使うのは初めてだそうなので受診勧奨のうえで『イボコロリ』の液剤をお買いあげいただいた。
     イボでもウオの目でも使う薬自体はほぼ同じで、皮膚をわざと腐らせて新しい皮膚ができるように促すというものなのだが、イボが皮膚の膨らみだとすれば、魚の目は芯があり触ると痛いことがある。
     じゃあ、イボは安心なのかというと原因の多くはウイルス性とされており、専門医の診断が必要とも考えられる。

     

  • 胃が弱い人と胃が働きすぎる人とでは使う胃薬も変わります

     『ギャクリア』を見ていた、やや高齢のお客様に声をかけたところ、『パンシロンG』と『ガストール』の違いを質問されたので、前者はもともと胃が弱い人向けで、後者は胃が働きすぎて症状が起きている人向けだと説明した。
     すると、病院で逆流性食道炎と診断され処方された薬があるというので調べてみると、特に服用期間は決まっていないものの定期的な検査が勧奨されている薬で、しかしお客様は病院から処方された薬を長く飲むのは良くないと思い、自己判断で服用を中止しており、通院もしていないという。
     お客様はハキハキと話される方で、『パンシロンG』と同じく胃が弱い人向けの『ギャクリア』(六君子湯)は適用しないと思われたので、『半夏瀉心湯』を紹介した。
     私としては、病院でも処方してもらえる薬だから知らせただけなんだけど、そのまま購入されてしまった。
     ううん、うっかり紹介したのはマズかったかな。
     もう一度病院には行って、担当医に報告するよう伝えたけれど、さてどうか。

     お客様から、オールインワンの化粧水の相談を受け、添加物を心配されるようだったため『ワセリン』を勧めたのだが、鼻が良く利くため、『ワセリン』の匂いがダメだという。
     そして足首に青痣があり、正座タコというお話だったが、血行不良が考えられるため、『当帰四逆加呉茱萸生姜湯』を紹介した。
     化粧水については何かお気に入りがあるらしく、それを改めて探してみるということで、今日はお帰りになられた。

     『太田漢方胃腸薬2』をレジに持ってきたお客様に使用経験を尋ねると、以前にも使ったことがあるとのことだったが、外的なストレスには『爽和』もあることを伝えると、違いを知らない様子だった。
     興味を持たれたので、『大正漢方胃腸薬』を基本に説明をした。
     『大正漢方胃腸薬』は胃の働きを安定させる『安中散』と痙攣性の痛みを止める『芍薬甘草湯』を合わせたもので、そこから『芍薬甘草湯』を抜いて茯苓という水分代謝を改善する生薬を入れたのが『太田漢方胃腸薬2』であり、これは『安中散加茯苓』という漢方処方となる。
     水分代謝が悪くなると胃が重くなり、なにかと「起きてもいないこと」を心配しがちになったりするのだが、不安感で心配をしていると水分代謝が悪くなるという、悪循環に陥ったときに断ち切る助けとなる。
     一方、『大正漢方胃腸薬』から『芍薬甘草湯』を抜いて『四逆散』と入れ替えたのが『爽和』である。
     この「四逆」というのは、手足の先の細い血管が緊張で細くなり冷えることを言う。
     つまり、職場の環境が変わったとか、人からガミガミ怒られるというような緊張にさらされて起きる胃の機能低下に適応する。
     今回のお客様はストレスの中身までは話されなかったが、感じているストレスは内的寄りとのことで、そのまま『太田漢方胃腸薬2』お買い上げいただいた。
     ただ、内的ストレスか外的ストレスかというのは、なかなか鑑別しにくいことがある。
     そういう時には、胃が重い気がするか温かい物を飲むと楽になるというのであれば『太田漢方胃腸薬2』を、手足の冷えが顕著なら『爽和』を、胃痛があるなら『大正漢方胃腸薬』をというように症状で選ぶと良いだろう。
     また、飲食したものが喉に上がってくるような感覚や、鳩尾(みぞおち)のあたりに指を押し込むと痛む場合には、『半夏瀉心湯』の方が適応する。

     

  • 筋肉痛に使える飲み薬あります

     やや高齢のお客様が『芍薬甘草湯』を求めて来店し案内したが、頻繁に足が攣るというので心臓の可能性も考えた。
     しかし、歩いている時にお尻の方から痺れる感じがするとそうなので、『疎経活血湯』を紹介した。
     すると、以前に病院で処方された漢方薬で血圧が上がったというのだが、その時の内容は不明。
     かかりつけの医者がいるようなので、『芍薬甘草湯』にしても『疎経活血湯』にしても、まずは担当医に相談してみるよう勧め、本日はお買い上げは無しとなった。

     やや高齢のお客様が、筋肉痛の薬をと来店した。
     今まではインドメタシン製剤を使っていたようだが、運動の後に備えてというお話だったので、鎮痛効果が弱くても浸透力のある方が良いのではと提案してフェルビナク製剤を案内した。
     すると、肉離れを起こした事があるというため、ジクロフェナクトリウム製剤も紹介し事前に塗っておく方法を勧めた。
     ジクロフェナク製剤はインドメタシン製剤のような鎮痛力とフェルビナク並みの浸透力の両方を備えている。
     また、液剤ではなくゲル剤をマッサージしながら塗る方法も教えた。
     マッサージと言っても力を込めて行なう必要は無く、親指の付け根辺りを使い、撫でるようにマッサージをするだけである。
     力強く行なってマッサージが上手くいくのはプロがやってこそ。
     今回は、ジクロフェナクトリウム製剤の『アンメルツNEO』をお買い上げいただいた。
     他に、スポーツをする人は使う内服薬として、筋肉痛の直後に使う『芍薬甘草湯』と事前に飲んでおく『疎経活血湯』を紹介したが、こちらには興味を持たれなかった。
     筋肉痛というと、塗り薬のイメージが強いのもあるのだろう。

     

  • お客様の話を盗み聞き!?

     夫婦で来店されたお客様から、虫除けを求められ案内した後に『正露丸』を選びながら「安いのでいいか」という声が聞こえ、イヅミ製を手にされたので、大幸薬品製との違いと、糖衣錠との違いも説明したところ、置き薬にするとのことだった。
     大幸薬品の『正露丸』が昔ながらの「腸の消毒薬」に 腸炎を抑える抗炎症剤を組み合わせた物なのに対し、イヅミ製はそこに下痢止めのロートエキスを足してある。
     食中りに使うと考えた場合、下痢は排毒作用なので止めるより出してしまった方が良いのだが、『正露丸』を下痢止めとして使う人が多いため、イヅミはロートエキスを足したのだろう。
     一方、糖衣錠は抗炎症剤を抜いてあるので、シクシクとお腹が痛む時に対応しきれない可能性がある。
     お客様がお買い回りをされている際に、「胃腸薬は家にある」という声が聞こえていたので、その銘柄を確認すると『大正漢方胃腸薬』だった。
     『大正漢方胃腸薬』は、胃の働きを整える『安中散』に、鎮痙鎮痛薬の『芍薬甘草湯』が入っている。
     となれば、糖衣錠と併用するという使い方もできることを伝え、『セイロガン糖衣A錠』をお買い上げいただいた。
     なんだか、お客様の話を盗み聞きしてるみたいだけれど、直接相談されずに薬を買われることの多いドラッグストアーでは、重要な情報収集なんである。
     例えば、鎮痛剤の棚と胃薬の棚の両方を見ている人には注意を払う。
     単に置き薬なら良いが、胃痛に胃の働きを悪くする副作用のある鎮痛剤を買う人もいるのだ。
     ドラッグストアーでは、基本的にお客様が自分で薬を選んでレジに持ってくるから、そのままお会計という流れになるのだが、お会計のさいに「初めてお使いですか?」とか「頭痛ですか?」と一言声を掛けていると、「胃が痛くて」と返事されて、そこから薬事相談になることもある。
     その時に、次のお会計の人が待っていたりすれば、対応しきれないこともあるから、できればレジに持ってくる前に声を掛けたいところなんだけど、そうすると「大丈夫です」と案内は断られて、結局お会計のときに尋ねて症状に適応しないことが分かるというのも珍しくない。
     上司からして、「薬を買うお客様がレジに見えたら呼ぶから」と言って、お菓子なんかの品出しの指示をされるんだけど、本当は薬周辺の売り場を離れる作業はしたくないんだよね。
     薬を選んでるお客様の様子を代わりに観察してくれるのなら良いけど、そうじゃないから困る。
     そんな訳で、お客様の方から先に相談してもらいたいのです(^_^;)

     

     やや高齢のお客様が酔い止めを求めて来店し、眠くなりやすい物と眠くなりにくい物を比較して案内した。
     すると、日帰りのバス旅行で友人と一緒なため、眠くなると失礼かもと心配される一方、酔いやすいというので、鼻炎薬で眠くなったことがあるか尋ねたところ、以前に病院で処方された薬があるらしいのだが、内容が分からず、眠気があったかも覚えていないとのこと。
     ただ、しょっちゅう乗るわけではないから容量の少ない物をと希望されたが、2回分の液剤は1回分の価格が高めになり、錠剤は最小でも6回分入っている物しかない。
     今回は眠くなりにくい物として、『ヒヤ乗り物酔い止めフィルム』をお買い上げいただいた。
     また、乗り物酔いの対策として、乗車前には温かい食事をし、車中では冷たい飲み物を少しずつ飲むように勧めた。
     これは、人間の腸が体温より冷たい物を受け付けられないため、軽食で済ませようと冷たい物を飲食してしまうと、消化が終わっても温まるまで胃に長く留め置くので、 温かい食事をしておけば、消化が終わりしだい腸に送られて胃は軽くなるからである。
     一方、冷たい物を少しずつ継続して飲むことで、胃の機能をわざと低下させ、吐き気を軽減する。

     

  • 表に現れる症状は同じでも原因が違えば薬も変わる

     お客様から、大正製薬の『爽和』と『太田漢方胃腸薬2』の違いを質問された。
     どちらもパッケージに「ストレス」と書いてある訳だが、『安中散』『芍薬甘草湯』を合わた『大正漢方胃腸薬』を基本として適応するストレスの違いを説明した。
     まず、『安中散』は読んで字の如くで、体の中心たる胃の働きを安らかにして苦しみを散らし、そのままでも神経性胃炎に適応する。
     『爽和』は、『大正漢方胃腸薬』から鎮痛鎮痙薬の『芍薬甘草湯』を抜き、『四逆散』と入れ替えた物で、これは外からのストレスに対応する。
     職場などの環境が変わったとか、人からガンガン怒られるとかいった類のストレスである。
     そういう時には、手足の細い血管が収縮して血流が悪くなり冷えてしまう。
     それを漢方用語で「四逆」と呼び、『四逆散』が適応するのだ。
     『太田漢方胃腸薬2』の方は『大正漢方胃腸薬』から、同じく『芍薬甘草湯』を抜き、茯苓を入れ替えたもので、起きてもいないことを悩むような内面的なストレスに適応する。
     そういう精神状態の時には「胃内停水」という現象が起き、それはつまり水分代謝の異常。
     そして、卵が先か鶏が先かであるが、水分代謝の異常は、精神不安を招く。
     そう説明すると、どうもお客様は「どっちが胃薬として強いか」と考えていたようだ。
     お客様は病院から『ガスター』が処方されてると分かり、口に苦いものが上がってくるというお話もあったことから『半夏瀉心湯』も候補に挙げた。
     『半夏瀉心湯』は、 その名前の通り胸のつかえを下すもので神経性胃炎に効果的。
     また、疲労もあるそうなので『ギャクリア』(六君子湯)も紹介した。
     胃が働き過ぎて起きる逆流性食道炎に適応するのが『半夏瀉心湯』で、胃が働かなくて逆流するのを防ぐのが『六君子湯』となる。
     逆流性食道炎という同じ症状でも、起きる原因が違えば適応する薬も変わるのだ。
     今回は、痩せ型のお客様だったが普段はよく食べるということから『半夏瀉心湯』を勧めてお買い上げいただいた。
     ところがお会計の後になって、『ガスモチン』が処方されていると告げられて、しかも説明書を持っていた。
     お客様は、おくすり手帳を作っていないというので、ぜひ作ることと、市販薬を購入される際には最初に服用している薬をお知らせ下さいとお話しした。
     まぁ、最初に確認しなかった私が悪いんだけど、なかなか服用している薬があるか尋ねるタイミングが難しくて(;´∀`)


     若い夫婦のお客様が『ビフナイト』をレジに持ってきたので、これは赤ニキビのように炎症を抑えるのに適していて、どちらかというと成長期のニキビに適応することを説明した。
     患者はご主人で、ニキビ自体は根元こそ赤いものの頂部は白いため『ペアアクネクリームW』の方が適応するのではないかと提案し変更していただいた。
     そして、患部を洗いすぎないよう石鹸の泡を乗せたらこすらずにシャワーで流すだけにするよう勧めた。

     

  • 見立て違いもありまして

     やや高齢のお客様が『ホッカイロ』を求めて来店され、足の甲の痛みということだったので『桂枝加苓朮附湯』も案内しようかなと思ったら、以前に『疎経活血湯』を紹介したお客様だった。
     『疎経活血湯』は病院で処方してもらったそうなのだが、合わなかったのか効果が出ず、現在は代わりに処方された『芍薬甘草湯』を頓服的に用いて少し効いているとのことだった。
     ありゃん、見立て違いだったかしらん(^_^;)
     季節的にカイロが売っているか心配されていたけれど、通年で置いておきますと伝えた。
     私が初めてこの店に来た頃には、本部の指示で全部返品していたのだが、翌年に上司の目を盗んで保管しておき、その翌年は売り場を確保して置いておいたら、通年で定期的に売れるようになった。
     そりゃそうだよね、梅雨寒の頃や夏場でも冷房が効き過ぎてる施設で過ごした時なんかには必要になるもの。

     お客様が『ベンザブロックS』をレジに持ってきたさいに症状を確認すると、11歳の子供が頭痛を訴えていて、いつも鼻から風邪になるため選んだというのだが、今は頭痛だけというお話から『バファリンルナJ』を提案した。
     すると、成分を『バファリンA』と同じだと思われているようだったため、病院で子供用の解熱鎮痛剤として処方される『カロナール』と同じことを説明すると、自分が処方された分が家にあるとのことだった。
     自分に処方された薬を、家族とは言え他の人に使うのはもちろん好ましくない。
     なので、『葛根湯』を提案し、改善しなければ『カロナール』の使用を検討するということをお話しして、『葛根湯』をお買い上げいただいた。
     あと、食欲があっても食事の量は控えるように伝えたところ、すでに食べた後だった。
     消化にもエネルギーを使うから、風邪を治すエネルギーが消化に取られちゃうのが困るんだけど、まぁ仕方がない。
     この後は、安静にさせてくださいな。

     お客様から『ナイトミン』(酸棗仁湯)の効果を効かれ、不眠の状況を確認したところ、寝つきが悪いというよりウツラウツラと眠りが浅く疲労感があるというお話だった。
     眠りが浅いのは胃か心臓が弱っていると考えられるので、疲労感を伴う不眠に『酸棗仁湯』は適用するだろうと考えられる。
     ただ念のため、比較としてイライラして眠れない場合は肝臓を助ける『柴胡加竜骨牡蛎湯』と、些細なことが気になって眠れないような胃を悪くしている場合には『桂枝加竜骨牡蛎湯』をと紹介したうえで『ナイトミン』をお買い上げいただいた。

     

  • やって後悔するか、やらないで後悔するか

     お客様から『強力わかもと』を注文されたので、売り場を案内すると酵母の働きを質問されたため、ビタミンなど摂取した栄養を代謝して体内で働くのを助けるものですと説明した。
     酵母で老化予防を謳ってる健康食品とかあるけど、代謝するというのは老化の促進なんじゃないかね?
     いや、言葉遊びみたいなもんですが。
     酵母の働きによって発酵することでお酒ができる訳で、それはつまり腐敗するのと現象としては同じ。
     言い換えるのなら、「老化に役立つ」なんじゃないかと。
     お客様は便秘に使っているらしく、良く効いたとのお話。
    「良い発酵してますねぇ」というところか。
     言わないけど(*´∀`)
     そして、『新ビオフェルミン』をCMで見たと興味を示されたので、乳酸菌を納豆菌で育てる『ザ・ガード』も紹介した。
     やっぱりCMの力ってすごいね。
     せっかく摂った乳酸菌を活かすためには下半身、特に腸を温めるのが重要なことを伝えた。
     ところで、某製薬メーカーの研究員さんから聞いた話によると、乳酸菌製剤を作っているK製薬の社長のお兄さんは、別な製薬会社を創設して、やっぱり乳酸菌製剤を作ってるそうな。
     まぁ、要するにお家騒動で喧嘩別れしたんだとか。
     で、そのお兄さんの製薬会社は知名度は比べ物にならないほど低いんだけど、その会社で作られた乳酸菌製剤は、K製薬会社の競合他社を通じて大々的に販売されてて、実は業界のシェア的には知名度に反して3分の1以上を占めているという。
     どうしてかというと、乳酸菌を取り扱う工場の管理は恐ろしく難しく、他の薬なら同じ製造ラインで別な成分の薬を作ることも可能なのが、乳酸菌だけは他の製品に混入すると品質を変えてしまうため、専用の製造ラインで作るしかないのだとか。
     だからコストを掛けて自社で製造するより、そのお兄さんの会社から完成品を買い取って自社ブランドを冠して販売している製薬会社が多く、実質的なシェアを握っているという次第。
     そして、薬の本来の成分以外の混入を業界用語で「汚染」と呼び、現在の技術では1兆分の1g(単位は、うろ覚え)までの混入でも見つけることができ、日夜ライバル社の薬を分析調査して乳酸菌の混入が分かれば、「異物混入」としてライバル会社を告発しようと手ぐすね引いてるんだとか。
     怖い━━━━━(((( ;゚Д゚))))━━━━━━ッ!!!

     やや高齢のお客様で、病院から漢方薬が処方されているものの、おくすり手帳を作っておらず、それぞれの説明書をもらっていないというお話を以前に聞き、機会があればお調べしますと言ってあったのだが、今日は現物を持って来店された。
     内容を確認すると、不眠に『酸棗仁湯』、腰痛に『牛車腎気丸』、足のこむら返りに『芍薬甘草湯』が処方されていると分かかったので、添付文書をコピーして渡した。
     奇をてらっていない、ごくごく当たり前の処方内容だったのだが、これを本当に説明書が渡されていなかったのかは不明。
     個人医院のようなんだけれど。
     帰りしな、お客様からは両手を合わせて拝まれてしまった(-人-)
     いや、そんな大層なことはしていません(^_^;)

     やや高齢のお客様から成人の息子さんの下痢止め薬を求められ『ストッパEX』などを考えたが、詳しく訊くと現に今、電車で移動中に何度も途中下車してトイレに入っているというので、急性胃腸炎の可能性があり、直接的に下痢を止めるのは好ましくないことを説明した。
     何か悪い物を食べたか、ウイルスなどが胃腸炎を起こしているとなれば、原因となっている物は早く出してしまわなければならない。
     『柴胡桂枝湯』を案内してお買い上げいただいたのだが、しばらくして戻ってこられたため、どうしたのか尋ねたら、今しがたトイレで吐いたとのこと。
     救急車を呼ぶ事態も考えつつ、まだ服用をしていないようだったので、1回分を小分けにして少しずつ服用させる方法をお話して、息子さんにはお店の前のベンチで休んでいかれるよう勧めた。
     その後、何度か息子さんの様子を見に行くうちに、軽度の脱水症状が見られたため、経口補水液を私が購入して(自己購入でのレジ操作は禁止されてるので、同僚にレジ操作してもらった)お客様にお渡しした。
    「過度の干渉にあたるか…いや、たぶん大丈夫…、きわどいけどオーケー!だって緊急事態なんですもの、ギリで…平気……?」(『人類は衰退しました』田中ロミオ)
     清涼飲料水を休憩時間に、個人的に知り合った人に渡しただけです(・_・)ノ
     お客様には、座っているよりもベンチに横になるよう勧めて、警備員さんにも定期的に巡回してもらうようお願いした。(意識が混濁するようなら、救急車の要請を)
     それから、3時間くらいした閉店頃にレジに挨拶にみえると、少し顔色が良くなっていてお帰りになられた。
     帰ったら、何も食べずに下半身を温めて休むよう伝えた。
     あと、症状が悪化したら救急車を呼ぶのを躊躇わないようにとも。

     

  • 薬選びを人任せにしてはいけません

     『BTプラスV8クリーム』を購入されるお客様に、実際に菌が検出されたことがあるか尋ねたところ、調べたことはないという。
     そして踵が白くなって痒いとのお話が出たため、踵水虫向けの『エクシブ ディープ10クリーム』を紹介しようと思ったら、次のお客様がレジに並んでしまいできなかった。
     一人体制は、こういう時に困る。
     お客様の方から尋ねてもらえれば、案内もできたんだけどな。

     夫婦のお客様が来店し、奥さんが『ブテナロックVα』を購入されようとして症状を尋ねると、インキンに使うとのことだった。
     しかし菌の有無を尋ねた頃には、ご主人は他の売り場に移動されてしまっていた。
     自分の薬を買うのに、何故に無関心(^_^;)?
     薬選びを 同伴者に任せるというのはあまりお勧めできないんだけどな。
     奥さんに呼び戻してもらって、改めてご主人に確認すると股間が痒くなるものの、病院には行ったことがないとのこと。
     う~ん、使用上の注意にも「陰のうにかゆみ・ただれ等の症状がある場合は、湿疹等他の原因による場合が多い。」って但し書きがあるんですが。
     以前に『ダマリンL』使ったことがあり、一時は治っても、また痒くなったため、今度は強い物をと思ったらしい。
     近年は、皮膚疾患は段階的に弱い薬から強い薬に乗り換えていくより、最初に強め薬を使って症状を抑えるというのが主流ではある。
     でもそれは、あくまで経過観察をしっかりやるという前提だから、原因を特定しないままというのは勧めにくい。
     そんな話を交えて受診勧奨したうえで、今回は『ダマリンL』に変更して頂くことになった。

     『サクロン』と『爽和』(安中散加四逆散)を一緒に購入されるお客様がいらしたので、それぞれ適応する症状が違うことを伝えると、ストレス性の胃の不具合に使うつもりとのことだった。
      そして反対に、『大正漢方胃腸薬』でも良いのか訊かれたので、『大正漢方胃腸薬』が健胃剤の『安中散』と痛み止めと鎮痙攣の『芍薬甘草湯』の合方であることを基本に説明した。
     環境の変化や人から怒られるといった、外部的な要因による緊張性のストレスには『安中散』『四逆散』の『爽和』が適応する。
     しかし、お客様のお話では、外的なストレスよりも思い悩むような内面的なストレスのようだったため 『太田漢方胃腸薬2』(安中散加茯苓)の方を勧め、『サクロン』と一緒に購入された。
     『安中散加茯苓』を使うのなら現代薬で似た効能の『サクロン』の方は不要だと思うんだけど、お客様が欲しいとなれば止める理由が無い。