Tagged with " 芍薬甘草湯"

漢方薬の不味いというイメージは『葛根湯』?

 胃腸薬の棚を見ていたお客様から、15歳の子供が嘔吐していると相談され、下痢は無いとのことから『柴胡桂枝湯』を案内した。
 すると、漢方薬は子供が嫌がるかもしれないとのことから現代薬を希望されたが、市販薬で嘔吐に使える物は他に無いことを説明し、お買い上げいただいた。
 あえて現代薬から挙げるとすれば酔い止めくらいだけど、それでも吐き気の緩和程度だ。
 嘔吐に下痢が伴うようなら、同じく漢方薬の『五苓散』が候補になるが、嫌がったのは『葛根湯』のようだ。
 一般に漢方薬の不味いというイメージは『葛根湯』によるもので、生薬に苦いのと辛いのとが入っているから、まぁ確かに不味い。
 でも漢方薬の味は生薬構成で決まり、『柴胡桂枝湯』には苦い物が入ってはいるが、辛いのが入っていない分だけ舌への刺激も少なく無理は無いはずである。
 咳止めの『麦門冬湯』となれば粳米も入っていて、かすかな甘みを感じるくらい。
 そうそう、嘔吐をしているさいには薬を水で一気に飲むと、また吐いてしまうかもしれないので、小皿にお湯で溶いてスプーンで舐めるように服用する方法を教えた。

 胃痛を訴えるお客様に、『大正漢方胃腸薬』と『スクラート胃腸薬S』を案内してみたら、以前に逆流性食道炎と診断されたことがあるというので、指を肋骨の下側に入れてもらったところ痛いと言うため『半夏瀉心湯』を勧めた。
 しかし、容量が3日分と少ないのが不安らしく『爽和』にも興味を持たれたため『太田漢方胃腸薬2』も交えて、前者は人から激しく怒られるなどの外から来るストレスに対応し、後者は自分で思い悩んでしまう様なストレスに向いていることを説明した。
 そして今回は、鎮痛鎮痙現剤の『芍薬甘草湯』の入っている『大正漢方胃腸薬』をお買い上げいただいた。
 逆流性食道炎の場合、さっきの指を肋骨の下側に入れて痛くなければ『ギャクリア』(六君子湯)も候補になる。

 

薬の試供品をもらったときには注意事項の確認を

 『フェイタス』シリーズのキャンペーンで来店したお客様に試供品のジクロフェナクナトリウム製剤の『フェイタスZαジクサス』を渡したけれど、鎮痛力と浸透力について知らないようだったので説明をした。
 ジクロフェナクトリウムは単純に鎮痛力が強いだけでなく浸透力に優れ血液中にも入っていくため、例えば糖尿病の治療中であるとか心臓の薬を飲んでいるという場合には避けなければならないし、内服薬の鎮痛剤との併用は気をつける必要がある。
 薬の試供品をもらったときには、必ず注意事項も読むようにして下さいね。

 お客様が『エスタックイブ』をレジに持ってきたが、他に症状が出ていなければ、いらない成分の処理が体の負担となり、それで疲労して本当に風邪に進んでしまう可能性を説明した。
 患者はご主人で、主訴は喉の痛みだけと言うため『ペラックT』と『駆風解毒湯』を案内すると、漢方薬に興味を持たれ後者をお買い上げいただいた。
 『駆風解毒湯』は、ガラガラとうがいをするように服用すると効果的なことを伝えた。

 やや高齢のお客様から「薬剤師さん?」と声をかけられ「違います」と答えると、すぐお帰りになられようとしたけれど、「薬剤師のいるお店をご案内しますからお話だけでも」と伝えたところ、足が攣りやすいとのことだった。
 市販薬には『コムレケア』(芍薬甘草湯)があるので紹介してみたら、糖尿病の治療を受けていると分かり、それを薬剤師に相談したかったようだが、おくすり手帳を持ってきていないというため「それでは薬剤師もお手上げです」とお話し、本日はお帰りになった。
 帰りぎわに、今回は薬の現物を持ってきてはいなかったが現物があれば良いのか尋ねられたので、薬の履歴が分かることが大切ですと伝えた。
 情報というものは一部だけを切り取っても判断できないことがあり、連続で記録されていることこそが重要なのだ。

 

パッケージの表側に書いてある効能は一種の宣伝文句

 やや高齢のお客様から、抗生物質とステロイド剤の表記がある塗り薬について質問されたが、前者は殺菌で後者は強い炎症に用いることを説明すると、足の湿疹に使いたいそうで、痒みは強くないとのこと。
 病院には行っておらず、『ムヒSクリーム』は効かなかったということから、受診勧奨をしたうえで『あせもクリームワルツA』を案内すると「汗疹(あせも)じゃない」と言われてしまった。
 汗疹と湿疹は同じようなものだし、パッケージの表側に書いてある効能というのは一種の宣伝文句であって、症状に対する成分で考えることをお話しして試していただくことになった。
 商品によっては、効能表記にはパッケージの表側に書いてあるのとは違う効能も加わっていることがあるので、良く確認して下さいな。
 こむら返りを前面に押してる『コムレケア』なんか漢方薬の『芍薬甘草湯』だから、効能表記には小さく「腹痛」とも書いてあるので。
 まぁ、訊いてもらった方が早いんだけど。
 お客様からはお会計後に、他に首の後ろの吹き出物にも使えるか訊かれ、少しは効くと思われるものの患部は心があるようなので抗生物質をとお話しした。
 それを先に言われていれば、『クロマイP軟膏』も紹介したのだけれど……。

 やや高齢のお客様が『フルコートf』を選ばれたようなのだけれど、肩に湿疹があるが痒みは強くなく、普段は化粧水を使っていると言うので、『テレスHi』を案内し、服と擦れにくい軟膏タイプを勧めてお買い上げいただいた。
 化粧水については、患部が治ってきてから使うようお話しした。

 

処方薬の影響かなと思ったら担当医に相談を

 お客様から、『コンドロイザー』と『コンドロイチンZS』の違いを尋ねられたので、痛みが明確であれば痛みを抑え水分代謝を改善する防已の入った前者の方をと勧めたところ、主訴は膝痛と足が攣りやすいとのことだった。
 足の攣りには『コムレケア』(芍薬甘草湯)を案内すると、容量の多い『ツラレス』を選ばれた。
 また、仕事で立ちっぱなしなのが原因のようだったため、『疎経活血湯』も紹介した。
 本日は、『コンドロイザー』と『ツラレス』をお買い上げ。

 お客様から液体絆創膏の『エキバンA』を求められ、傷口にしみることを説明すると、今度は『サカムケア』を手にされたので、皮がめくれた程度の場合に用いる物ですと伝えた。
 すると患者はご主人で、指先の割れに使うとのことだった。
 また、お客様は以前に私が口内炎に『半夏瀉心湯』を案内したことがあり、追加で購入したいと希望された。
 しかし首筋に痛みがあり、それに処方されている薬の影響で胃を悪くしてるかもというお話があったため調べてみたところ、2種類の鎮痛剤が両方とも神経の働きを低下させる物と分かった。
 これは確かに、関係しそうである。
 激しい痛みではないというので、『疎経活血湯』を紹介したうえで担当医に相談してみるよう勧めた。
 本日は、『エキバンA』と『半夏瀉心湯』をお買い上げいただいた。

 

「胆嚢が痛い」に困惑

 外国人のお客様が来店し『硫酸マグネシウム』を求められたが置いていないため、 『酸化マグネシウム』を案内した。
 どちらも排便を目的としていて、働きは似ているから代用は可能。
 ただ、厳密には『硫酸マグネシウム』の方が速効性があり、『酸化マグネシウム』は胃酸を中和する働きもあるため、用途が少し違うけれど。
 すると、ロシア人なのかスマホの翻訳機能で「胆嚢が痛い」と言われ、痛覚神経の無い胆嚢が痛むことはないだろうと思いつつ、ウルソデオキシコール酸が主成分の『タナベ胃腸薬ウルソ』を紹介した。
 病院では肝臓や胆嚢の薬として処方されるこの薬は、市販薬として効能をを取得していないため目的外となるが、お客様はウルソの効能をスマホで調べて納得したらしく、購入された。
 下痢の無い脇腹の痛みのようだったから、本当は『芍薬甘草湯』が適応しそうなのだが、胆嚢が痛いと言われてしまっては紹介できなかった。


 お客様から、アズレン製剤の『アズリートのどスプレー』が喉の痛みに効くか質問され、喉の手前側が痛むというので適用すると考えられるとお答えした。
 喉の手前側の炎症は外敵と戦っていると考えられ、喉の奥が痛むようだと胃炎などの可能性がある。
 それから、お客様には喉が痛む時には喉への刺激を避けた方が良いので、あまり噛まずにすむ食事をするようにと伝えた。

 

海外旅行に『爽和』はいかが?

 やや高齢のお客様が『葛根湯』を求めて来店したが、咳のある風邪には使えないことを説明すると、主訴は微熱と喉の痛みに、咳と頭痛とのことだった。
 熱が出始めているのであればもう『麻黄湯』に乗り換えた方がいいし、頭痛もあることを考えると『柴胡桂枝湯』でも良いように思える。
 ただ、お客様は『葛根湯』を望んでいるので、喉の痛みと咳は軽いことを確認したうえで、咳が強くなってきた場合には『麦門冬湯』に乗り換えるよう説明して『葛根湯』をお買い上げいただいた。
 適応しないと分かっていても、最後はお客様の希望が優先なのは致し方なし。

 やや高齢のお客様から、『正露丸』の場所を尋ねられたので売り場を案内しつつ、大幸薬品とイズミ薬品とでは処方内容が違い、イズミ薬品のには下痢止めのロートエキスが入っており、食中りの時には下痢を止めずに毒になっているモノを早く排出するのが大事なことと、どちらも糖衣錠からは抗炎症成分が抜いてあることを説明したところ、海外旅行に持っていくとのこと。
 そうであれば、あえて下痢止めのロートエキスが入ったイズミ薬品の『正露丸』という考え方もある。
 他に風邪薬を希望され、漢方薬が良いというお話だったので胃薬も兼ねられる『柴胡桂枝湯』を紹介すると、手にされた『爽和』をやめて、イヅミ薬品の『正露丸』と一緒に購入された。
 『爽和』は胃の働きを助ける『安中散』とストレス性の手足の冷えを取り除く『四逆散』を合わせた物なので、環境の変わる海外でのストレス性の胃腸障害に使うのも良いだろう。
 お客様からは、『コムレケア』(芍薬甘草湯)の効き目を訊かれ、10分ほどで効果があることと、下痢を伴わない腹痛にも使えることを説明した。
 そして家には病院から処方されたステロイド軟膏があるそうなので、ぜひ海外旅行には持っていくよう勧めた。
 炎症を抑える塗り薬としては強い方なので、虫に刺されたり植物でかぶれたといった場合にも使えて便利なんである。

 

冷たい水と温かいお湯のどちらで胃が楽になりますか?

 お客様から胃痛と軟便の相談を受けたところ、他店で『タナベ胃腸薬<調律>』を勧められ使っていたそうなので系統の近い『パンシロン01プラス』を紹介した。
 また、『太田漢方胃腸薬2』を使ったことがあるというお話から、『大正漢方胃腸薬』と『爽和』を交えて説明した。
 『大正漢方胃腸薬』は働きが鈍くなった胃を助ける『安中散』に鎮痛痙攣薬の『芍薬甘草湯』を合わせた処方であり、 『太田漢方胃腸薬2』はそこから『芍薬甘草湯』を除いて茯苓を足し水分代謝を改善する『安中散加茯苓』という処方になって、起きてもいないことを心配するような内向的なストレスによる胃の不具合を改善する。
 そして『爽和』の方は『大正漢方胃腸薬』から『芍薬甘草湯』と手足の冷えを治す『四逆散』とを入れ替えて、生活環境が変わったとか人から怒られるといった対外的なストレスによる胃の障害を改善するのに適用する。
 今回は胃痛があるという事だったので、『大正漢方胃腸薬』を使っていただくことになった。


 『大正漢方胃腸薬』と『第一三共胃腸薬』を比べていたお客様が、後者の購入を決められたので念のため違いを説明したうえでお買い上げいただいた。
 主訴は胃もたれで、以前に逆流性食道炎と診断されたことがあるということから、『ギャクリア』(六君子湯)も紹介してみた。
 今回は、体格的にもガッシリしてるので『第一三共胃腸薬』は適用しそうに思える。
 ただ、胃の症状の鑑別の一つとして、冷たい水と温かいお湯のどちらを飲むと楽になるのかは確かめてみるよう勧めた。
 水を飲んで楽になるようならば胃の働きすぎによる胃炎の可能性があり、お湯を飲んで楽になるようであれば胃が冷えたり水が溜まっているといった胃内停水による機能低下と考えられる。

 

アドバイスは自分の首を締めるかも

 『スクラート胃腸薬』と『スクラート胃腸薬S』を見較べているお客様に声をかけたところ、空腹時に胃が痛むとのことだった。
 水とお湯のどちらを飲むと楽になるかは分からないそうなので、『芍薬甘草湯』が入っている『大正漢方胃腸薬』を提案した。
 鑑別の一つとして、水を飲んで楽になるようなら胃炎か胃の働きすぎ(亢進)、お湯を飲んで楽になるならば胃が冷えて機能が低下しているか胃内停水と考えられる。
 しかし、お客様が『スクラート胃腸薬』が気になっていたようなため、胃が働かない時に用いる『ギャクリア』(六君子湯)も紹介し、胃炎などとは違うようなので『スクラート胃腸薬』は適用外なことを確かめたうえで、『スクラート胃腸薬S』の方を勧めてお買い上げいただいた。

 日曜品を購入されるお客様が、お会計時に繰り返し乾いた咳をしていたため状況を尋ねると、病院で薬をもらってるとのことだった。
 何か売りつけられるのではと警戒されてしまったのかもしれないが、風邪薬や抗生剤などの副作用で胃炎を起こしたりして咳になることを説明し、消化に良い食事を勧めた。
 病院で処方された薬を漫然と飲んでいるだけでは、当初の主訴とは違う症状が現れることがある。
 例えば、今の話なら風邪や発熱で受診して対応する薬が処方されたとして、熱は下がったけど咳だけが残るというパターンは多い。

 成人の親子のお客様が『アイボン』を求めて来店し、同シリーズの抗炎症の他にビタミンの入った『アイボンW』 と、別な商品でヒアルロン酸ナトリウム配合の『うるおいいケア』を案内した。
 今回は、『うるおいいケア』を選ばれてお買い上げいただいた。
 薬のパッケージには法律上書けないこともあるので、スマホで成分を調べてみる方法をあることを伝えた。
 すると、「訊いたほうが早いわね」と言われた。
 その通りでございます( ^ω^ )←自分の首を締めるスタイル

 

病の恥はかき捨て

 『エスタックイブ』を購入されるお客様に症状を尋ねると、主訴は喉の痛みで他に症状は無いようなので、喉の痛み止めに特化してはと提案したが、いつも使っているとのことで、そのままお買い上げいただいた。
 ただ、実はそんなに痛むわけではないということから、胃炎の可能性をお話ししてみたけど、「胃は丈夫だから」とピンとこないようだった。
 内蔵には本来痛覚神経が無く、胃痛といった症状は近くを通ってる神経が胃の代わりに不具合を脳に報告しているにすぎない。
 しかも、あくまで胃とは関係の無い神経が代理で報告しているだけなので、胃の不具合が背中の痛みとして現れたり、それこそ肩の痛みが実は心臓疾患だったとか、腰痛が肝臓がんの症状だったりということがある。
 だから、胃が丈夫だと思っていると異変に気づきにくく、その間に悪化することがあるので注意してもらいたいところ。

 
 『ガスター』を求めてお客様が来店したが、取り扱っていないことと周辺のドラッグストアもすでに販売できる薬剤師が退勤している時間であることを伝えた。
 患者は奥さんで、腹痛を訴えているらしいのだが、吐き気や下痢は無いというので、『芍薬甘草湯』が使えるかもしれないと思った。
 ところがその痛みの方は、体を丸めるくらい痛がっているというから、救急外来や夜間診療ででも病院に行くよう受診勧奨した。
 繰り返すけど、胃に限らず内臓には痛覚神経が無く、臓器の近くの神経が代わりに痛みを感知するため、胃痛だと思っていたら実は心臓の血管が詰まっていたというケースもあり、油断はできないのだ。
 できるだけ脅かすような言い方は避けたつもりだが、お客様には「 やはり一緒に行った方がいいですね」 と言われた。
 その時は病院に行くのが大袈裟のようでも、後で笑い話になる方が良いだろう。
 死ぬよりは恥をかくほうが、マシである。

 

お客様を観察するということ

 『桂枝加芍薬湯』を見ているお客様がいたので、漢方薬に興味があるのかと思い声をかけてみたが、案内は断られた。
 『柴胡桂枝湯』をレジに持ってきたところで改めてヒアリングすると、おへその上が痛む腹痛以外には吐き気や下痢は無いそうなので『芍薬甘草湯』を提案してみたところ、今度は『太田漢方胃腸薬2』に興味を持たれたため、『桂枝加芍薬湯』もストレスに対応することを伝えたうえで、『大正漢方胃腸薬』を基本に『爽和』も交えて説明した。
 『大正漢方胃腸薬』は胃を安らかにする『安中散』に鎮痛鎮痙攣の『芍薬甘草湯』を合わせた物で、そこから『芍薬甘草湯』を抜いて水分代謝の異常を整える茯苓を加えた『安中散加茯苓』が『太田漢方胃腸薬2』であり、これは色々と自分で考えすぎて悩んでしまうような内面的なストレスに適応する。
 一方、『大正漢方胃腸薬』から『芍薬甘草湯』を、手足の冷えを取る『四逆散』に入れ替えた『爽和』は、環境の変化や人から怒られるといった外的なストレスに対応する。
 今回は、『芍薬甘草湯』が入っている『大正漢方胃腸薬』を、お客様が選んでお買い上げとなった。

 高齢の男性が来店し、以前に口内炎の軟膏をお買い上げいただいたそうだなのが、銘柄は不明。
 私が販売したのであればメモに残してあるはずなのに、分からなかった。
 同僚が販売したのか、私の記憶違いか。
 そして、今回の口内炎は舌にできたとのことで、家にあった物を使おうとしたら、添付文書に「歯に塗ってはダメ」と書いてあって心配になり確認にいらしたという。
 ううむ、それなら現物を持ってきていただきたかった。
 銘柄が分からないため、店頭にある商品をネットで調べてみたが、そのような文章は確認できない。
 ご心配ならと、スプレータイプの『アズリートのどスプレー』を紹介してみたけれど、本日はお帰りになった。
 話し方や、話の内容からは、認知症があるようにも思える。
 また来店したら、もう少し観察してみよう。
 何か対応が必要になるかもしれない。

 
ページ:«12345678910»