• タグ別アーカイブ: 小青龍湯
  • 腸を大切に! 腸は体の自動防衛機構、故障すると無差別攻撃します

     『ズッキノン』を購入されるお客様に、以前から使っている物なのか確認したところ、頭痛に使い続けてるというので、中身は漢方薬の『釣藤散』だから、病院でも処方してもらえることを伝えた。
     保険が適用される方が診察料を入れても安上がりだし、連用するなら医師の診察は定期的に受けた方が良い。
     症状を尋ねると、特に朝方に頭重感があるそうだから、『釣藤散』が適応するのは確かだろう。
     ただ、その症状は血圧と関係している可能性があるから、あまり自前で対処するのは心配。
     養生として、室内にいる時や寝る際には、下半身だけ厚着をするよう勧めた。

     お客様がレジに『アレジオン』を持ってきたさいに使用経験があるか確認すると初めてで、すでに花粉症の症状が強くでてるというので、それだと効いてくるのに時間が掛かる可能性をお話した。
     一方、『パブロン鼻炎速溶錠』は以前に使って眠くなったというお話から、眠くなりにくい物として『ロートアルガードクイックチュアブル』を案内しつつ、『小青龍湯』を紹介してみたら興味を持たれた。
     ただ、『小青龍湯』は病院でも処方してもらえることを伝えると、もともとは実家の近くの病院で何か薬を処方されていたらしい。
     今日のところは、『パブロン鼻炎速溶錠』を購入された。
     眠くなったというお話なのに、『パブロン鼻炎速溶錠』を選ばれるところが不思議ではある。
     入浴について尋ねると湯船には長く入ってるそうで、のぼせや心臓への負担さえ気をつければ花粉症の養生として良いことをお話した。
     そのうえで、トマトやキュウリなどの夏野菜を避けるよう伝えた。
     そして、どうやら花粉症が免疫反応の異常であることを知らないようだと分かった。
     自分は仕事上のことだから知ってる訳だけど、一般的に認知度ってどうなんだろう?
     本来、人間の免疫反応は外部からの敵、例えばウイルスや菌を攻撃するのだが、花粉などを敵と誤認して攻撃し、排除しようとして起きるのが涙や鼻水で、鼻づまりは敵の侵入を阻止するため、目の痒みや肌の炎症は健康な部位を犠牲にしてでも敵を殲滅する戦いを仕掛ける、これが花粉症の主な症状の原因。
     なので、本物のウイルスに侵されて風邪をひき発熱すると、攻撃対象が変わるから花粉症の症状は軽くなったりする。
     まぁ、今度は風邪で苦しむ訳ですが。
     花粉症から風邪に移行してしまう事があるのは、花粉相手に無駄弾を撃ちエネルギーを消耗し、そこをウイルスにつけ込まれるからだし、その反対に風邪が治ったと思ったら花粉症になってしまうのは、体としては敵を排除しきれていないからと不毛な消耗戦に突入するからである。
     で、肝心の敵味方を識別する防衛機構の要は腸が担っている。
     心臓が人間の意志とは関係無く自動で動いているように、免疫機能もまた完全自動制御。
     なにしろ相手は小さいから、いちいち脳が認識してから攻撃したのでは手遅れになってしまう。
     この辺は上手く出来てるなぁと思うものの、これまた自分の意志で心臓の鼓動の強弱が出来ないように、攻撃対象の変更や攻撃力の制御ができないのが困りもの。
     せめて出来るのは、防衛機構を担っている腸の状態を良好に保つことである。
     それが、日頃から温めて血流を良くし、腸内細菌の活動を手助けすることなのだ。
     その簡単な方法が、長めの入浴と下半身の厚着という次第。
     あっ、ちなみに私自身は花粉症になった時に、攻撃力を弱めることだけは自分の意志で出来ます(o ̄∇ ̄)o
     いや、他の人もできるのかもしれないけど、花粉症の人に訊くと実践してるという人に会ったことが無いので、あまりやる人はいないのかなと。
     それは、全身の力を抜いて背筋を伸ばさず首をうなだれ、手はダラーンと下げて、足は引きずるように歩き、何をするにもゆっくりした動作で動くこと。
     さきにも書いたように、免疫反応は攻撃力に直結するから、いわば全軍の士気を下げてやるんである。
     そうすると、目鼻の痒みも鼻水やクシャミも、かなり軽くなる。
     ただし、周囲の人からは今にも倒れそうな姿に見えるらしく、「大丈夫ですか?」と心配されるけど(笑)

     『苓桂朮甘湯』を購入されるお客様に使用経験を尋ねると、これで3回目とのこと。
     目眩と耳鳴りに動悸があるといい、目眩は天井が回るような感じだそうだから、大きく外してることはない。
     ただ、今は起きていないものの以前は寝汗をかくこともあったそう。
     生理と連動していたかについては、分からないという。
     ううん、水分代謝の異常だとは思うけど、手掛かりが少ないな。
     それに、動悸に関しては『苓桂朮甘湯』では力不足のように思える。
     『苓桂朮甘湯』は病院で処方してもらえる薬でもあるし、他の選択も考えられるので、漢方薬に詳しい病院を紹介し、一度は受診してみるよう勧めた。

     

  • 薬も仕事も適材適所で効率良くありたいもの

     奥さんが風邪とのことで、お客様から相談を受けた。
     発症は昨日からで、家にあった市販薬を飲ませたということから銘柄を尋ねたところ空箱を持ってきており、確認するとアセトアミノフェンに咳止めを合わせた物だった。
     こうやって服用した薬を確認できると、本当に助かる(`・ω・´)
     そして現在の奥さんの主訴はというと、発熱と喉の痛みらしい。
     そうであれば、同じ物では効果は弱いと考えるべきだろう。
     『ルルアタックEX』を案内し、2日飲んで効かなければ他への乗り換えを検討することと、症状が変わった場合も同様に乗り換えていった方が効果的なことを説明した。
     また、食欲はあるという話だったけど、喉の炎症は胃にも広がる可能性があるし、なによりも消化にもエネルギーを必要とするため、体に風邪を治すことに専念してもらうのが重要だから、消化の良い物にして量を控えるように伝えた。
     それと、疲労感が無ければ入浴して構わないこともお話した。
     体としては風邪を治すために熱を出し、患部を炎症させているので、体自体を温めてあげると、体は自身で無理に熱を出す必要が無いことを学習してくれて、患部の炎症も治まるはずだから。

     『パブロンエースAX』と『ルキノンエース』を比較しているお客様に声を掛けてみたけど、案内は断られた。
     『ルキノンエース』に決められてレジでお会計をする際に症状を尋ねると、主訴は喉の痛みのみという。
     そのまま購入して頂いたけど、喉の痛みは風邪とは限らず、風邪薬には鼻炎や咳止めといった成分も入っており、起きていない症状の薬の処理は体に負担が掛かって、それによる体力の低下で風邪に進行してしまうケースが心配。
     なので、『ペラックT』や『駆風解毒湯』など、喉の痛み止めだけの選択肢もあることを伝えた。
     あと、喉の痛みだけの時には胃炎を喉の痛みと感じている場合があるから、食事は消化の良い物にしてくださいな。

     『アレグラ』を求めてお客様が来店したけど、うちのお店には置いていないため、成分違いで臨床試験では優位な差は無かったとされる『アレジオン』を紹介した。
     しかし、『アレグラ』を使ったことがあるのか尋ねると使用経験は無く、人から花粉症にと勧められたらしい。
     しかも、主訴は目の痒みだとのこと。
     『アレグラ』も『アレジオン』も、花粉症に効くとはされているものの、効果のある主訴は鼻炎で、目の痒みについては実は期待できないのだ。
     目の痒みとなれば、内服薬では『小青龍湯』の出番だから紹介してみたが、目薬の方を希望されたため棚を案内した。
     目薬は病院で処方された物があるというお話だったけど、内容は覚えていなかった。
     そして、他のお客様がいらして対応しているうちに、お帰りになられてしまった。
     まぁ、処方されている目薬があるのなら、市販品を買う必要は無いだろうけど。
     養生に、入浴なりして体を温めることを伝えられなかった。

     

  • 自分は買い物を頼むのも頼まれるのも苦手

     若い男性のお客様がいらして、悪寒と鼻水の訴え。
     3日ほど前から鼻水が出て、鼻水は透明でサラサラだったとのこと。
     本人は花粉症かなと思ったものの、今までなったことは無いそう。
     花粉症は突然なることが多いし、透明な鼻水はアレルギーや内臓の冷えが原因だから、最初は風邪ではなかったのかもしれない。
     いずれにせよ、上半身を温める『葛根湯』を使うタイミングなので、お勧めした。
     現代薬について尋ねられたので、解熱剤などが入っているため、使うとすれば症状が明確になってからとお話した。
     内臓の冷えについても質問され、これは現代の日本の生活がそうなっていることを説明した。
     なにしろ、冬場でも冷たい物を飲むのが当たり前になってるし、夏の野菜を冬場に食べるのも当たり前。
     そして、夏場も涼しく過ごすことが多いのだから(冷房を使わなくても冷たい物は飲む)、平均的に内臓は常に冷えていると考えても差し支え無いだろう。
     そうお話すると、お客様自身も思い当たるところはあるらしいため、『葛根湯』より体を中から温める『小青龍湯』を紹介し、胃腸自体は弱くないというので、変更してお買い上げ頂いた。
     あと、風邪気味でも入浴は湯冷めに気をつければ有効だから、入るよう勧めた。

    「吐き気のある風邪の薬を」とお客様から注文されたので、市販薬で吐き気のある風邪に対応できる現代薬は存在せず、『柴胡桂枝湯』の一択であることを説明して案内すると、すぐに購入を決められた。
     ありゃん、間を端折り過ぎたか(;^ω^)
     最近、扇情的なタイトルを付けるネット記事を見習って、キャッチーなアプローチ方法を試してみるようになったんだけど、これは効き過ぎ。
     目的は、ヒアリングをしやすくするためのつもりだったのに。
     と反省して改めて症状を詳しく訊こうと思ったら、患者は成人の息子さんで、しかし食欲や発熱の有無といったことは、本人から電話で連絡があっただけで分からないそう。
     ありゃん、薬を頼む方も症状を伝えるのを端折らないでくださいな(;´Д`)
     お会計時に、食欲があっても食事は量を控え、グッタリしていなければ入浴させるよう伝えた。
     でも、早く帰りたい様子だったため他の注意点や養生についてはお話できず、そのうえレシートを「いらない」と置いてかれてしまった。
     販売された薬に、規定外の成分が混入していたというケースもあるから、レシートは持って帰っておいて欲しいんだけどなぁ……。
     息子さんのために薬を買いに来たはずなのに、あまり息子さんのことを考えていないという矛盾。

     『パブロンSゴールドW』を求めて来店したお客様から、顆粒と錠剤の効果の違いを尋ねられ、特に違いは無いことを説明したうえで症状を確認すると、ご主人が鼻水と咳を訴えているそう。
     でも、鼻水と咳の状態は分からないという。
     痰が喉に引っかかるような咳なら『パブロンSゴールドW』でも良いだろうけど、体の節々が痛むとも言ってるようだから、『パブロンAX』の方が良いように思えて案内した。
     しかし、いつも使ってるからとのことで『パブロンSゴールドW』を購入された。
     それが本当に患者さん本人の意向なら、構わないとは思うんだけどねぇ。
     いつも薬を家族に頼んで買ってきてもらってるとか、家に置いてあるから使ってるという人は、ちょっと考えてみるのが良いかと。
     自分の体のことを、誰かに任せてばかりいませんか(`・ω・´)?

     

  • 治すための3つの天秤

     高齢の父親から、皹(あかぎれ)の薬を頼まれたというお客様が来店。
     本人は「テレビで見たハンドクリームを」と言ってるらしいんだけど、商品名は本人も覚えていないんだとか。
     ええと……、それは困りましたねぇ(^_^;)
     指の関節部が切れているというから、傷口があるのならハンドクリームではなく治療薬のほうが良いのではとお話して、『ヒビケア』を案内してみた。
     そして、普段のケアには綿の手袋やワセリンでの保護を勧めたけど、それは本人が嫌がるそう。
     う~ん、ワセリンを「ベトつくから」という理由で嫌がる人がいるけど、大抵は単なる「付け過ぎ」だったりするんだよねぇ。
     掌に広げるのなら、小指の爪の先にワセリンを引っ掛けるぐらいの量で充分。
     それを、人差し指の第一関節あたりくらいまでワセリンを取ってしまい広げるとベトつくことになるのだ。
     そして、充分に塗り広げて30分~1時間もすれば、ベトつきなんか気にならなくなるはず。
     本人ではなく頼まれた人にそこまで説明しても、かえって負担感が残るかもと思い『HPローション』を案内してみたが、そっちは価格が高めで今度は予算が問題に。
     ですよねぇ~(;´Д`)
     こうなるともう、本人に「症状のつらさ」と「嫌だというケア」と「予算」を天秤に掛けてもらうしかないかと……。
    「そうよねぇ」と応じながら、『ヒビケア』を買って帰られた。

     一昨日、病院から喉の痛み止めと咳止めを処方されていて鼻水が止まらないとのことで『小青龍湯』を試して頂いたお客様が再訪。
     鼻水がピタリと止まったと、大変喜ばれた。
     しかし、喉が乾燥したような咳が出るというので、上半身を温める『小青龍湯』の服用は中止して、『麦門冬湯』に乗り換えるよう提案した。
     病院から処方されていた喉の痛み止めも体内を乾燥させてしまうので服用状況を確認したら、そちらは飲み切ったそう。
     私の立場では処方されている薬の中止までは指示できないので、タイミング的には良かった。
     まだ、喉の痛みが続くようならと『駆風解毒湯』を案内したところ、声を使う仕事をしているというので、『響声破笛丸』も紹介した。
     本日は、『麦門冬湯』を試して頂くことになった。

     やや高齢のお客様から、『マグネシウム』単独のサプリメントは無いかと尋ねられた。
     市場にはあるのかもしれないが、うちのお店には置いていない。
     用途を訊いてみたら、不整脈で通院しており、医師からカルシウムを制限してマグネシウムを積極的に摂るよう指導されたそう。
     ふむぅ、でも処方はされなかったんですね。
     マグネシウムに限った話じゃないけど、ミネラル系の栄養素は多く摂り過ぎると弊害もあるから、正直勧めにくい。
     そして、大抵は単独では役に立たず、それゆえカルシウムと一緒の組み合わせや、マルチミネラルといったサプリメントが多い。
     本日は、鉄分も含まれているマルチミネラルをお買い上げ頂いた。
     食事でカルシウムを制限するとなると、栄養表示を確認しないとならないから結構大変だと思う。

     

  • 説明の手加減が課題です

     『セイロガン糖衣A』をレジに持ってきたお客様に、通常の『正露丸』と処方内容が違い、抗炎症成分が入っていないことを説明した。
     知らなかったとのことで驚かれたので、大幸薬品の『正露丸』とイヅミ薬品の『正露丸』でも処方が違い、イヅミ薬品製には下痢止めのロートエキスが入っていることも伝えた。
     下痢止めが入っているのは良いことに思えるが、そもそも『正露丸』は「飲む消毒薬」で、食中りに用いる物だから、食中りにおいては原因菌などは早く排泄してしまうことが大事。
     考え方にもよるだろうけど、食中りの下痢は止めない方が私は良いと思う。
     とりあえず、常備薬にとの事で今回は『セイロガン糖衣A』をそのまま購入された。

     『葛根湯』『小青龍湯』を一緒に購入されるお客様に、『葛根湯』は上半身を温めて風邪を治すため喉の痛みや咳のある風邪には使えないことと、発熱時には適応しないことを伝えたところ、常備薬にしているという話だったけど、『葛根湯』の特性は知らなかった模様。
     そして、鼻水の鼻炎や冷えで咳が出るときに使う『小青龍湯』『葛根湯』より温める力が強いことをお話すると、それも知らなかった。
     すると、いつも喉の痛みから風邪になるということだった。
    「風邪には葛根湯」という言葉が浸透しすぎた弊害か(^_^;)
     喉の痛む風邪ということでしたら、『葛根湯』『桔梗湯』を併用するか、鼻水が無ければ上半身を冷やして風邪を治す『銀翹散』を使うよう勧めた。
     本日は、そのまま『葛根湯』『小青龍湯』を購入された。

     『セイロガン糖衣A』を購入されるお客様に、さっきのお客様と同じ説明をすると、大学生の息子さんがテスト前などに下痢になるため、病院を受診したら神経性のものと診断されたそう。
     そして、『ビオフェルミン』が処方されていて、使いきってしまったため『セイロガン糖衣A』を買いに来たという。
     ええ、なんで(;´∀`)?
     どうも、以前からそういう下痢の時にも『セイロガン糖衣A』を使っていたらしい。
     それで効果はあったのでしょうか?
     一応は、本人は効いていると思っているらしい。
     まぁ、神経性の下痢ならプラシーボ効果というのもあるか。
     ただ、腸内細菌を活発にするために『ビオフェルミン』を使っておきながら、腸内を消毒する『セイロガン糖衣A』を使っていては、腸にとっては良くないと思われることをお話した。
     代わりの整腸剤として納豆菌で乳酸菌を育てる『ザ・ガード』と、神経性の下痢にも便秘にも使える『桂枝加芍薬湯』を紹介した。
     すると、息子さんは手足が冷えているというので、ストレスを軽減する『四逆散』と胃腸薬の『安中散』を合わせた『爽和』も案内してみた。
     本日は、本人の希望でもあるため、そのまま『セイロガン糖衣A』をお買い上げ。
     本人は入浴は長いそうだから、それは続けさせてくださいとお話した。
     そのうえで、将来のことを考えると就職してから困るだろうから、改めて病院へ行って相談してみるよう勧めた。
     特に、親が薬を買ったりと世話をしてしまうより本人にさせたほうが良いです。
     ううむ、ちょっとお説教じみてしまったか。
     掛かるトラブルを親任せにする自分の子供が、目に浮かんじゃったのよ(´・ω・`)

     

  • 症状を語ることは原因の種別の目安になります

     『ファイチ』を購入されるお客様に、病院で診察を受けたことがあるのかを尋ねたところ、以前に鉄不足とは診断されたそう。
     主訴はというと、貧血と目眩(めまい)だそうなので、症例として「気が遠くなるような」とか「天井が回るような」というのを挙げたら、「そこまで酷くない」という。
     ただ、貧血や目眩に限った話じゃないけど、症状は強弱ばかりでなく、原因の種別の目安でもあることを説明した。
     例えば「気が遠くなるような」というのは、鉄不足や鉄だけではなく栄養不足と考えられるため、『ファイチ』のような鉄剤や『人参養栄湯』などが適応する。
     しかし、「天井が回るような」場合には、三半規管の異常といったメニエール病も疑われ、漢方的には水分代謝の異常が考えられるため『苓桂朮甘湯』が適応し、鉄剤の出番ではない。
     他に、「雲の上を歩くような」フワフワした目眩もあり、これは血圧が関係するケースが多く『釣藤散』『七物降下湯』の出番となるが、脳内出血といった重大な病気が隠れている可能性があるので、まずは受診した方が良い。
     お客様に詳しくヒアリングしてみると、目の前がチカチカする感じがしたり、運動した後に乗り物酔いみたいになる他に、頭がボウッとするという話が次々と出てきた。
     先に挙げた三種類の目眩のうち、複合的に現れることがあるのが目眩の難しいところ。
     このお客様の場合、目元に力が無く声が弱々しいことからすると、鉄不足だけでなく栄養が循環していないように思える。
     『ファイチ』は適応するだろうけど、それなら改めて受診して病院で処方してもらったほうが良いのではと提案したうえで、お買い上げ頂いた。
     食事では、サラダが好きというお話だったので、レタスやキャベツなどは根に近い部分を積極的に摂るよう勧めた。

     やや高齢のお客様から、「鼻風邪の薬を」と注文を受けて鼻水の状態を尋ねると、透明で垂れてくるとのこと。
     このタイプの鼻水は風邪ではない可能性が高いが、昨日には風邪ということで病院に行き、喉の痛みと咳の薬を処方されたそう。
     お薬手帳は持っていなかったけど、薬の現物を持っていたので内容は確認できた。
     そうなると鼻水は風邪とは別に内臓が冷えているからだろうから、飲食を温かい物にして入浴や厚着で対応するだけで充分なように思える。
     しかし、仕事中に何度も鼻を噛むのが煩わしいので、どうしても薬が欲しいと食い下がられたため、処方薬との併用を考えると色々と成分の入っている風邪薬より、成分の種類の少ない鼻炎薬のほうが良いでしょうとお話した。
     そして、仕事中にということであれば眠くなる成分が入っていない漢方薬をと勧めると興味を持たれたので、『小青龍湯』をお買い上げ頂いた。
     そして、入浴するよう勧めたところ、37.5度ほどの発熱があり入らなかったという。
     風邪で疲労しているのでなければ、入浴はしたほうが良い。
     風邪の際に風呂に入ってはいけないというのは、日本家屋が風通しが良くて湯冷めが心配だった頃の話。
     まぁ、私が今住んでる借家は、部屋の扉を閉めてもどこからともなく風が入ってきますが(^_^;)
     なんにしても、湯冷めにさえ気をつければ入浴は大事なので、よろしくお願いします。

     

  • 人には時として増長も必要?

     高齢のお客様から、病院で『ビオフェルミン』を処方されているものの、便秘に効かないと相談を受けた。
     病院で処方されている薬の代わりなんて、ドラッグストアーでおいそれと提案できるもんじゃないけど『ビオフェルミン』は、まぁ乳酸菌だから、ちょっと考えてみよう。
     症状を詳しく訊いてみると、腸が動かない感じだそうなので、『桂枝加芍薬湯』を案内してみた。
     内臓が未発達な幼児の便秘には水飴の入った『小建中湯』を使うが、その『小建中湯』から水飴を抜いたのが『桂枝加芍薬湯』で、本来はストレス性による便秘や下痢を正常の状態に戻す漢方薬である。
     他に、食事の量が減っているというお話もあったため、腸内の水分を吸収して便の嵩を増やす『サトラックス』も紹介した。
     とはいえ、病院に通っているのであれば、加齢による体内の水分の不足で起きる便秘を改善する『潤腸湯』を処方してもらうという手もある。
     なので、担当医に『潤腸湯』『桂枝加芍薬湯』の処方について相談してみるよう勧めた。
     自信は必要だけど、天狗になっちゃ駄目なんである。

     『ルルアタックNX』を購入されるお客様に念のため症状を尋ねると、主訴は鼻水と咳であるものの、鼻水は透明なサラサラで咳もそれほどではないそう。
     ふむぅ、そういうことでしたら体内を温めるだけで改善しそうにも思えます。
     そうお話して『葛根湯』を勧めると、一緒にお買い上げになった。
     勿論、上半身を温める『葛根湯』は咳には適応しないんだけど、咳がそれほどでもないというのは、単純に寒暖差によるものか、花粉などの異物を吸って反応しているだけかもしれず、そういう場合には無視しても構わないので。
     一応の咳についての鑑別方法としては、冷たい水と温かいお湯のどちらを飲むと楽になるかで試すというのがあることを、お客様に伝えた。
      冷やして咳が楽になるようなら『五虎湯』か適しているし、温めて楽になるのなら『葛根湯』『小青龍湯』となる。
     今回の場合は、内臓が冷えていると出る透明でサラサラな鼻水ということだったので、その点は考えなかったけど。

     やや高齢のお客様がサプリメントの『ノコギリヤシ』をレジに持ってきて、「夜飲べば効くか」と質問されるので症状を尋ねると、夜間にトイレで起きてしまうからとのことだった。
     確かに『ノコギリヤシ』は、アメリカなどではそういう用途で処方される薬だけど、日本では医薬品としての効能は、まだ認められていない。
     効能が認められている漢方薬のほうが良いのではないと話すと興味を持たれたので、『八味地黄丸』を紹介すると購入を決められた。
     また、『八味地黄丸』で効果がイマイチと感じる場合には、高齢でもあるから『サモンエース』(知柏地黄丸)や『ジェントスルー』(八味地黄丸加五味子麦門冬)というような乗り換え先もあることを伝えた。

     『チクナイン』(辛夷清肺湯)を購入されるお客様に使用経験を確認したところ、初めてとのこと。
     ただ、蓄膿症と診断されたことはあり、鼻汁が喉に落ちるというから、適応から考えても最初の候補となるので、そのままお買い上げ頂いた。
     そして、鼻汁が喉に落ちてくるのは胃が弱っているためと考えられるので、胃に優しい食事に切り替えることと、蓄膿症は上半身に不要な熱が篭るのが原因だから、上に昇る熱が循環するように下半身を温めるよう勧めた。

     

  • 慎重であることに越したことはなし

     夫婦で来店したお客様、奥さんが風邪とのことで相談を受けたけど、鼻水は透明なサラサラタイプだそうなので、風邪ではなく内臓の冷えか、早い花粉症と考えられることを説明した。
     ご主人が「体のだるさもあるみたい」と言っていたことについては、日中と夜との寒暖差に体がついてこられないのだろう。
     当初は風邪薬を求められたが、総合の風邪薬には解熱剤や咳止めなどの成分も入っているため、敵がいないのに武装して体の中で暴れさせるような事になり、むしろ体へのダメージが大きいことを伝えると、鼻炎への対応に限定することになった。
     とはいえ、鼻水もクシャミも軽いようだから、『小青龍湯』でなくとも『葛根湯』で充分かもしれず、むしろ薬を使わずに入浴や下半身を厚着するだけでも対応できそうではある。
     一応、そうお話して『葛根湯』をお買い上げ頂くことになり、家に置いておくよりも持ち歩いて、出先で寒いと感じたら服用するように勧めた。

     『ルキノンせき止め』をレジに持ってきたお客様から、授乳中に使えるか質問されたので、避けるようにと答えた。
     そのうえで症状を確認すると、主訴の咳は夜中に強く出るらしい。
     ふむぅ、厳密には母乳に麻黄の影響が出が出て子供が興奮して寝付かなくなる可能性があって勧めにくいけど、『五虎湯』が使えそうではある。
     普通は本人の食間(空腹時)に服用するのを、授乳した後に服用するという手はあるし。
     ということを考えていたら、家にあった『葛根湯』を服用したけど良くならなかったと言われた。
     ありゃん(;´Д`)
     上半身を温める『葛根湯』は、咳を悪化させてしまうから駄目ですよぅ。
     家にある物を使いたくなる気持ちは分かるので、営業時間中であれば電話で問い合わせてくださいな。
     ひとまず、授乳後に『五虎湯』を服用する方法を話して、咳が落ち着いた後も喉の違和感が残るようであれば、『麦門冬湯』に乗り換えるよう伝えた。
     すると、お客様は以前に薬剤師さんから、漢方薬も授乳中は避けたほうが良いと言われたそうな。
     じゃあ、なんで『葛根湯』を服用したのかは訊かない(笑)
     いずれにせよ、その薬剤師さんの認識は正しいし、慎重であることは大切ですとお話すると、今回は購入を取りやめて、様子を見ることに決められた。
     そして咳の原因として、胃炎により上から被さっている肺が乾燥している可能性を付け加えたところ思い当たるようだったため、消化に良い食事をするよう勧めた。

     

  • 現代の日本で漢方薬を使う難しさ

     『コルゲンコーワIB透明カプセルα』をレジに持ってきたお客様から、以前に買ったパッケージの違う物は無いかと尋ねられた。
     銀色のパッケージのかな?
     確か、すでに終売になっている物と思われ。
     そうお話しつつ症状を詳しく訊いてみると、喉は痛いというよりカサカサする感じで、他には症状は無いそう。
     そこで、体内が乾燥している可能性を説明したら、病院で抗生剤を処方されているとのこと。
     抗生剤を処方されているのに総合の風邪薬を使うのは体への負担が大きいうえ、抗生剤はなおさら体内を乾燥させてしまう。
     すると急にお客様の態度が変わって、『コルゲンコーワIB透明カプセルα』を置いて帰られてしまった。
     あうっ、何か怒らせてしまったか、面倒くさいと思われたのか、不要と考えたのか……。
     何も言わず、顔色も読めなくて、よく分からなかった(;´Д`)

     『ストナアイビージェル』を購入されるお客様に症状を確認すると、喉の痛みと発熱ということで、そのままお買い上げ頂いた。
     ただ、「いつも喉から風邪がくるの。扁桃腺持ってるから」と言われたことには、原因のウイルスによって発症する部位が違うことと、扁桃腺炎が風邪とは限らないため、総合の風邪薬を使うのも気をつけるようお話した。
     いや、ホント、この辺のことは難しいんだよねぇ。
    「英雄色を好む」のが事実だとしても、「スケベ者が英雄になる」とは限らないように、喉の痛みは風邪の症状の一つであって、喉が痛くなったら風邪の前兆とは限らない。
     だから、喉が痛むだけとか扁桃腺炎のみなら『駆風解毒湯』や『ペラックT』で充分だし、先のお客様のように体内の乾燥による喉のカサカサ感には上半身に保水する『麦門冬湯』の方が適応する可能性が高い。
     今回のように発熱があるのだって、「風邪を治す」という観点で見れば、実のところ風邪を治すのは自身の体だから、一番苦しい症状、喉の痛みや咳だとか鼻炎だとか、症状の一部だけ抑えて、ただひたすら体を休め、「体が風邪を治すのを邪魔しない」のが一番治りが早い。
     でもそれを、「薬を買う気になってる」お客様には話しても通じないし、それはいわば「目的外」だから、言うことすら憚られるというジレンマ。

     以前にビロリ菌が原因の胃炎を患ったことがあるというお客様から、ゲップの相談を受けたので、最初の候補として『半夏瀉心湯』を案内した。
     『半夏瀉心湯』の瀉心というのが「胸のつかえを下ろす」という意味で、「上がってくるモノ」を下ろす時に適応する。
     しかし以前に『セルベール』を使ったことがあり効いたという話が出たため、『六君子湯』も候補にした。
     『セルベール』は弱った胃の働きを助ける健胃剤で、『半夏瀉心湯』が過剰に働き過ぎる胃を抑制する制酸剤の働きをするのに対して、『六君子湯』は健胃剤でありながら『半夏瀉心湯』と同じように逆流性食道炎にも使えて、応用範囲が広いため。
     ただ今回は、そのあたりも説明したうえでお客様が『半夏瀉心湯』を選び、試して頂くことになった。
     本来なら漢方薬は、患者さんの体質などを考慮した証を読むことが大事なんだけど、実のところ試してもらうしか無いんだよね。
     いや、私も中医学は少し齧ってはみましたが、前提となる昔の中国と日本の風土が異なるし、さらに冬でも温かい環境や夏でも温かい環境で生活し、常時冷たい物を飲む機会が多い現代では、原点における証の読みだけでは対応できないのですよ(´・ω・`)

     お客様から『ゼナジンジャー』を風邪に使えるかと質問され、総合風邪薬を使うよりは有益だと思いますが、症状はどうでしょうと確認すると、主訴は鼻水で、その鼻水は透明なサラサラタイプだという。
     花粉症などでなければ内臓の冷えが原因だと思われますから、『葛根湯』で温めてみてはと提案すると、『葛根湯』の方を購入された。
     まぁ、温めるのには『ゼナジンジャー』でも良かったんだけどね。
     ただ、温めるのには色々と余計な物が入っていて穏やかすぎて、主訴の鼻水を抑えるまでにはいかないだろうから。
     ふむぅ、鼻水をピタリと止めるには『小青龍湯』の方が良かったかな……。
     胃への負担が『葛根湯』より掛かるから、個人的には勧めるのを躊躇しちゃうんだよね。
     自分が証で云えば虚証だから、余計にそう考えてしまう。
     とある漢方薬に詳しい薬剤師さんからは、「そんな弱いのを勧めても効かないよ」と言われたことがある。
     その薬剤師さんは、もっと患者さんの証を読み込んで、ガンガン攻めていくスタイルで、私には、とうてい真似できないσ(^◇^;)。

     

  • 第二世代抗ヒスタミン薬は先に先にと備えましょう

     他店で購入した『アレグラ』が鼻水に効かなかったとのことで、お客様から相談を受けた。
     サラサラの透明な鼻水は、風邪などではなくアレルギー反応や内臓の冷えが原因の可能性が高い。
     そして、アレルギー性鼻炎に使う『アレグラ』は急性症状には効かず、予防薬としてこそ役に立つ。
     既存の抗ヒスタミン薬との違いを例えるならば、既存の抗ヒスタミン薬は怪我をして出血した時に出血を止める物で、『アレグラ』や『アレジオン』といった第二世代抗ヒスタミン薬は、怪我をしないように膜を張っておきましょうというような物であり、出血してからでは手遅れという訳。
     だからアレルギー性鼻炎を発症してから使っても、効果を発揮するのは1週間以上経ってからとなるので、使いたい人は花粉情報とニラメッコして先に先にと使うようにしなければならない。
     そして今ひとつ、内臓の冷えが原因の場合の鼻水にも効果を発揮できない。
     そのためお客様には、内臓を温める『小青龍湯』と、最初に現代薬をチョイスしていることから『ルキノン鼻炎カプセル』を案内した。
     でも、『パブロン鼻炎速溶錠』が目に付いたらしく、それを購入された。
     この辺の心理は、未だに分からない(´・ω・`)
     とりあえずお客様には、入浴するなり下半身を厚着するなりで体を温めるよう重ねて勧めた。

     お客様から、足の底面の痛みの相談を受けた。
     原因は不明で、お客様自身がネットで調べたら、大変な病気かもしれないという情報に当たったらしく、ものすごく心配していた。
     なんの病気を疑っているのかは分からなかったけど、ネットの情報であまり心配しすぎても仕方ないことをお話して、整形外科などの専門医を受診するよう勧めたうえで、フェルビナク製剤を案内した。
     あと、靴底の減り方は観察しておいた方が良いことを伝えた。
     靴底の減り方で歩きの癖が分かるし、その歩き方が足に負担を掛けていたり、あるいは逆に無意識に体の何処かを庇う歩き方をしていて、それが足へ負担を掛けているということも考えられ、その場合は別な疾患を抱えている可能性もある。
     ………余計に心配させてしまったかも、と後で反省(^_^;)

     ご主人が頭痛と腹痛を訴えてるからと、お客様から風邪薬を注文された。
     でも、市販の現代薬には腹痛を伴う風邪薬は存在しないので、そう説明して『柴胡桂枝湯』を勧めると購入を決められたものの、合わせて現代薬も買っておきたいと希望されて困った。
     うむぅ、胃への負担を考えるとイブプロフェンが入ってる物は避けたいところだけど、頭痛にはイブプロフェンの方が良いだろうしなぁ。
     併用は避けるようにとお話して『ルルアタックEX』を案内し、一緒にお買い上げ頂いた。
     総合風邪薬よりは、処方内容が単純で体への負担が少ないかなと思って。
     あと、ご主人は食欲はあるというお話だったけど、消化に良い物にして量を控えるか、いっそ食べさせないで水分だけか、味噌汁やスープだけにするよう勧めた。
     体を治すためにエネルギーが欲しいから、脳は「お腹すいた~」と信号を送るだろうけど、体の方は消化するのにもエネルギーを使うため、治すエネルギーが削減されてしまうので。