Tagged with " 芍薬甘草湯"

大抵の症状は入浴で楽になる? 入浴できなくてシャワーで済ませる場合の浴び方

 『アレグラFX』を購入されるお客様にヒアリングすると、予防薬として通して飲むのが効果的なことは知っているようだったので、ついでながら養生法として腸の働きを整えることを伝えた。

 花粉症は花粉を敵だと勘違いして攻撃してしまい、自分自身を傷つけてしまう。

 そしてその攻撃の判断は腸が自動的に行なっており、腸の機能が正常になれば敵味方の識別も適切に行なわれて症状が落ち着く。

 つまり腸に良い事を色々とするのが理想なのだけれど、あれこれ考えるのはかえってストレスになり良くないので、とにかく一にも二にも温めること。

 積極的に温か物を飲み、温かい食事をして、シャワーで済まさずに入浴したら腸を冷やさないよう下半身に厚着をする。

 環境的にシャワーしか使えない場合は、前からではなく後ろ側に首から腰にかけて浴びる。

 お客様からは「参考にしてみます」と言っていただけた。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 お客様から、「鼻に効く風邪薬を」と注文されたが、患者は成人の息子さんで咳は無く、主訴は鼻づまりと喉の痛みであり、口を開けて寝ていたというため、『アネトンアルメディ鼻炎錠』を提案したところ家にあるとのことだった。

 もし喉の痛みが強い場合にと、併用できる物として『ペラックT』を紹介したところ、お買い上げいただいた。

 それからお客様自身が使うとのことでコルゲン鼻炎カプセルを、高齢の母親にと新ルル A 錠を買われるので、後者は高齢者への運用は気をつける必要があることを伝え、病院から処方されている薬があるようならばおくすり手帳に新ルル A 錠の成分表示を貼り、使ったことを医師に報告するよう勧めた。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 お客様が『スクラート胃腸薬S』を購入されるさいにヒアリングしてみると、患者は奥さんで主訴は胃痛のみ。

 他の症状は無いというため、『コムレケア』(芍薬甘草湯)も候補になることを伝えた。

 下痢や吐き気などを伴っていなければ、筋肉の痙攣を抑えるだけで充分なことは少なくない。

 また、お湯と水を飲み比べた場合にどちらで楽になるか試してみるよう勧めた。

 お湯を飲んで楽になるようであれば胃の機能が低下しているので『スクラート胃腸薬S』が適応するが、もし水を飲んで楽になるようだと胃炎を起こしている可能性があり、その時には無印の『スクラート胃腸薬』のほうが合うということになる。

 どちらにしても、内臓を温めた方が基本的には胃のためにもなるので入浴を勧めるとシャワー派とのことだったけれど、特に理由があってシャワーにしている訳ではないそうなので、ぜひ入浴をと伝えた。

 環境的に入浴が難しいお客様には、首から腰にかけて背中側にシャワーを浴びるように教えている。

 それだけでも、普通に正面からシャワーを浴びるよりも体内を温め血流を改善することができるので。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 やや高齢のお客様が来店し、成人の息子さんがダニに喰われたとのことで『ダニアースレッド』を購入された。

 先に布団を洗濯したというから、『ダニアースレッド』を炊いた後にまた洗濯が必要なことを伝えると驚かれた。

 家の中に布団を残したまま『ダニアースレッド』を炊くと、ダニが布団に逃げ込んで今度はそのダニの死骸でアレルギーを起こす可能性があるため、布団を洗濯し直すか、『ダニアースレッド』を炊いてる間は外に干しておくよう勧めた。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 

 

精神科を受診するのは悪いことではありません ~心と体は表裏一体~

 お客様から胃の不調の相談を受けたのだが、いつもは病院から薬を処方されていて医師に市販薬でも良いと言われたというお話なのだけれど、肝心の処方されていた薬が分からない。

 処方されていた薬が分かれば、医師がどんな診断をしたのか推測もできるのに、胃薬というだけでは見当もつかない 。

 しかし、ストレス性の症状を謳っている『太田漢方胃腸薬2』に興味を示されたので詳しくヒアリングしてみると、「恥ずかしいんですが……」と心療内科を受診していることを教えていただけた。

 お客様には、心と体はつながっており、心の症状が体に現れることもあれば体の症状が心に影響することもありますとお話した。

 例えば同じ怒りっぽい人でも、瞬間湯沸かし器のように怒ったかと思うと急にニコニコと笑顔になるような人は心臓の影響が考えられ、常にイライラしてるような人は肝臓の機能に問題がある可能性が考えられる。

 また、何かと悲観的なことを考えてしまう人も、起きてもいないことを先取りして心配してしまうのは胃の機能が低下していて、 悲しい気持ちから気力まで下がってしまうようだと心臓の働きが弱っているといったように推測できる。

 そしてこれらは逆もまた然りで、怒りっぽい人は心臓や肝臓を傷めやすく、何かと悩みやすい人は内臓の機能をも弱めてしまうのだ。

 お客様が興味を持った『太田漢方胃腸薬2』は、起きていないことを悩んでしまうような内面的なストレスに適応し、同じくストレスを謳っている『爽和』は、生活環境が変わったり人からガミガミ怒られるといった外面的なストレスに用いることを説明すると、『太田漢方胃腸薬2』を購入された。

 またお客様には市販薬の成分表示をお薬手帳に貼って、病院で処方してもらっている薬と一元管理するよう勧めた。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 やや高齢のお客様から『熱さまシート』を求められ、発熱に使うのであれば38度以上の時には水枕にした方が良いとお話したところ、患者は成人の娘さんで41~42度あるとのことだった。

 本人は病院に行きたがらず、授乳中のため薬も服用していないというので、授乳を中止してミルクに変更してはとお話してみたけれど、赤ん坊がミルクを飲まないとのこと。

 赤ん坊はミルクを飲まなくても水分さえ適切に摂っていれば大丈夫なので、まずは母親の安全を優先するように伝えた。

 それから不測の事態に備えて、市の救急医療情報センターに電話で問い合わせてみたところ24時間対応していると分かったため、お客様にも電話番号をお知らせした。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 常連のお客様が来店し、繰り返す足の痙攣について通院している病院で相談したところ、他の病院への紹介状を書いてもらって行ってみたら精神科だったとのことで憤慨していた。

 そこで、お客様に『ドキシン錠』を例に肉体と精神のつながりについて、お話した。

 肩こりに使う市販薬に『ドキシン錠』と『コリホグス』があるが、その成分は異なり働き方も違う。

 『ドキシン錠』に入ってる成分は病院では精神安定にも処方される物で、緊張による筋肉の張りを緩めることを目的にしている。

 一方、『コリホグス』はといえば、筋肉のこわばりをほぐすことを目的にしていて精神的な面の面倒は見ない。

 そうお話すると、医師からは『芍薬甘草湯』を処方されたことがあり、しばらく継続してみるよう言われたとのことだった。

 私も、その意見には賛成である。

 漢方では昔から「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」という言葉は、「腹が立ったら芍薬を、ペタンと座ってばかりで立つのが億劫なら血流改善の牡丹皮を、歩く姿が弱々しい人には気力を増す百合根を与えよ」と伝えられているのだ。

 紹介状を書いてもらったということは診断書なども融通してもらうことができるので、精神科を受診するのは悪いことではありませんとお話した。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 

 

病院を勧めるのも登録販売者の務めです

 やや高齢のお客様から、成人の息子さんが手を打撲して患部が変色していると相談を受けたのだが、病院を嫌がっているとのことだった。

 初日なら氷水で冷やすのが最優先とお話したところ、『バンテリン』の液剤を塗っているというのでそれは継続させるように伝えた。

 思い出してみると以前に同じく息子さんが手に大怪我をして、手が血まみれなのに包帯を巻くだけで病院に行かないという相談を受けたお客様だった。

 確か血が固まって包帯が剥がしにくいというので、お湯に浸してみるようアドバイスした覚えがある。

 その後は回復したとのことで、お礼を言われたけれど……(;´Д`)

Screenshot of www.amazon.co.jp

 やや高齢のお客様から足のイボの薬を求められたが、患部に芯があるようなのでイボではなくウオノメと考えられることを説明したところ、一ヶ月くらい前から患部をかばって歩いていたら、足の甲が痛くなってきたというため受診勧奨した。

 病院に行くか迷っていたとのことで、どうやら踏ん切りがついたようだ。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 お客様から、胃がチクチクするとのことで胃薬の相談を受け、胃薬は胃酸の出過ぎを抑える制酸剤と消化を助ける消化薬という反対の作用をする成分が入っている物もあり、選定が難しいことをお話した。

 風邪は放っておいても自然に治るから、ぶっちゃけ風邪薬を選ぶさいに外してしまっても大丈夫だが、胃腸薬は自然回復するのに日数がかかるため、症状を見極めないとならないのだ。

 するとストレスが思い当たるらしく『太田漢方胃腸薬2』に興味を持たれたので、『大正漢方胃腸薬』と『爽和』も交えて、ストレス性の場合の適応について説明した。

 胃を安らかにする『安中散』に鎮静鎮痙攣剤の『芍薬甘草湯』を合わせたのが『大正漢方胃腸薬』で、これを基礎とし『芍薬甘草湯』を『茯苓』と入れ替えることにより水分代謝を改善して、起きていないことを悩むような内面的なストレス性の胃の不具合に適応するのが『太田漢方胃腸薬2』の処方、『安中散加茯苓』である。

 そして、『大正漢方胃腸薬』の『芍薬甘草湯』を、緊張することで手足が冷えるのを軽減する『四逆散』と入れ替えたのが『爽和』であり、環境が変わったり人から怒られるといった外的なストレスの胃の不具合に適応する。

 そして、お客様が『スクラート胃腸薬』にも興味を持ったため、普段元気な人がたまたま食べ過ぎて具合が悪くなった時に胃壁を保護して修復するのが無印の『スクラート胃腸薬』で、疲労して胃の機能が低下している人が食べ過ぎた場合に胃壁を保護しつつ胃の働きも助けるのが『スクラート胃腸薬S』であることを説明すると、『スクラート胃腸薬S』の方を購入された。

Screenshot of www.amazon.co.jp

Screenshot of www.amazon.co.jp

 

 

違う! そうじゃない!! 鎮痛剤の使い方はそうじゃない!!!

 お客様が『パブロンゴールドA』をレジに持ってきたけれど、患者であるご主人の主訴は喉の痛みとクシャミというため、症状に適応しないことを説明した。

 クシャミは入浴したり温かい物を積極的に飲むなどで改善するかもしれないとお話し、『ペラックT』か『龍角散ダイレクト』をと提案したところ、後者は家にあるとのことで『ペラックT』を購入された。

 念のため、『龍角散ダイレクト』は体を冷やす可能性があり、クシャミが激しく出ている時には避けるように伝えた。

 じゃあどうしてさっき候補に挙げたかというと、クシャミの養生法として体を温めることを実施するという前提である。


 お客様から『ロキソニン』を求められ、うちのお店には置いていないためイブプロフェン製剤での代用を提案したところ、主訴は腹痛で下痢はしていないということから『芍薬甘草湯』を勧めて、『大正漢方胃腸薬』も紹介した。

 そしてカイロで腹部を温めることも勧めると、本日はお帰りになった。

 生理痛ならともかく、腹痛に鎮痛剤は使わないというのが基本中の基本なのだけれど、案外と腹痛に使っている人がいて驚かされる。

 私は可能な限り鎮痛剤を買う人に用途を確認するようにしているけれど、何も相談せずに買う人の中には、適応しないのを知らずに使っている人がいるんだろうな。

 なにしろ、頭痛で外用消炎剤の湿布を額に貼っちゃう人もいるから油断できない……。


 お客様が子供用の鎮痛剤を見比べていたので声をかけてみたけれど、案内は断られた。

 しかしその後も繰り返し鎮痛剤を見比べていたため改めて案内を申し出ると、子供がインフルエンザの発熱と喉の痛みがあり、病院で処方された解熱剤を使い切ってしまったためアセトアミノフェンの単味剤を探しているとのことだった。

 そのため『ノーシンピュア小中学生用』は除外して、『バファリンルナJ』を案内した。

 とはいえインフルエンザの発熱が峠を越しているのであれば、熱は出るに任せて、喉の痛みにトラネキサム酸と甘草を組み合わせた『ペラックT』を使ってみてはどうかとお話をすると、それは家にあるとのことで『バファリンルナJ』を買うか迷われたようだが、最終的には購入となった。

 そしてお会計を終えてから、薬剤師さんだと知らされた。

 ガチョーンΣ(´∀`;)

 どうりで、インフルエンザの発熱にはアセトアミノフェンしか使えないのを知ってる訳だ。

 確率としては低いけど、ロキソニン製剤やアスピリン製剤などはインフルエンザ脳症を起こす可能性があるので。


 

 

ギックリ腰を避けるためにも「よっこいしょ」は大事です

 高齢で常連のお客様が『アリナミンA』を購入されるさいに、『アリナミンEXプラス』と一緒に服用して良いか質問されたので、問題は無いけれど成分は重なっているためモッタイナイとお話した。

 座ったら立つのが嫌になるくらいだるい時にと思って『アリナミンEXプラス』を買ってあるとのことで、成分が近くて価格が安い『パワーアクトゴールドα』を紹介したところ、「聞けば良かったわね」と言われ、一緒に購入された。

 ありゃん、まだ家に『アリナミンEXプラス』が残っているのでは……。

 常連さんでも、なかなか相談してもらえないのが実情である。

 お客様は姿勢を変えるときに「よっこいしょ」と声に出して恥ずかしがっていたけれど、ギックリ腰を避けるためには発声して自分の体にタイミングを知らせるのは良いことですと伝えた。


 夫婦のお客様が風邪薬の棚を見ていて『ペラックT』なども手にしていたため気にかけていたところ、『ベンザブロックせき止め』をレジに持ってきたのでヒアリングしてみると、患者は奥さんで、主訴は咳のみ、喉の痛みは無いとのこと。

 そして咳は頻繁に出る訳ではないものの、出ると止まらないというため体内が乾燥してる可能性をお話して、『ブロン錠エース』と『麦門冬湯』を紹介すると後者に変更となった。

 体内が乾燥して出る咳は胃炎との関係も考えられることをお話して、食事に気をつけるよう伝えた。


 やや高齢の常連のお客様が来店し、以前にも相談された運動後の足の痙攣について、過度の運動による疲労や水分補給の不足の可能性をお話した。

 そして『芍薬甘草湯』を紹介すると、知人から「甘草は筋肉を溶かす」と聞かされたという。

 何それ(^_^;)?


 

 

使ったことのある薬を早い段階で教えてもらう方法を知りたい

 お客様から12歳の子供の腹痛の相談を受け、たびたび起きるようだが下痢は無く生理でもないというため、胃腸薬を探してるようだったこともあり、まず『大正漢方胃腸薬』を紹介したうえで、痙攣性の痛みに適応する『コムレケア』(芍薬甘草湯)を案内した。

 また、ストレスが思い当たる場合にと『桂枝加芍薬湯』を紹介したところ、喘息があり乗り物酔いしやすいというので、喘息に『半夏厚朴湯』を、乗り物酔いに『半夏瀉心湯』も案内してみた。

 すると、アレルギー薬を服用してると分かり内容は不明なものの、アレルギー薬は副作用が胃腸に起きやすいことを説明し、担当医に相談するよう勧めたことろ、『大正漢方胃腸薬』をお買い上げいただいた。

 ううん、買うんじゃなくて受診の方を優先してもらいたかったんだけどなぁ。

 お客様には市販薬を買うさいにも、お薬手帳を持参するようお願いした。

 というか最初の相談の段階で、服用している薬のことは教えて欲しかった……。

Screenshot of affiliate.amazon.co.jp

 お客様が『チクナイン』(辛夷清肺湯)をレジに持ってきたさいに、鼻汁が喉に落ちてくるか尋ねてもピンとこないようだったので、『荊芥連翹湯』を紹介して比較しながら説明した。

 お客様は子供の頃から鼻づまりだそうで、この二つの漢方薬はどちらも効能が蓄膿症ではあるが、鼻がつまって夜も寝苦しい場合には『荊芥連翹湯』が向いており、鼻汁が喉に落ちて咳になるような時には『辛夷清肺湯』が適応する。

 鼻汁が喉に落ちてくるのは胃の機能が低下しているからで、『辛夷清肺湯』には胃の働きを助ける生薬が入っているのだ。

 すると、お客様は鼻汁が喉に落ちてくるのは鼻をすすった時だけで、寝る時も息苦しいというため『荊芥連翹湯』の方を勧めて変更となった。

 病院で何か薬を処方してもらい服用した時には治ったそうだが内容は不明で、最近は行かなくなったとのこと。

 良いお医者さんに出逢うのは運命の出逢みたいなものなので、諦めず改めて探すようお話し、どんな薬が効いてどんな薬が効かなかったのかは重要な情報なので、お薬手帳に記録を残して持ち歩くようお願いした。

 また、鼻づまりは上半身に熱が篭って循環していないのも原因と考えられるため、入浴時間を確認すると5分くらいというため、ぬるめのお湯で長く入るよう勧めた。

 寝苦しい時の対策として首の頸動脈を腕や枕で押すと、反対側の鼻は通るようになるはずなのだが、その方法は以前試して効かなかったという。

 う~む、万能な方法ではなかったか……。

 それにつけても、使った薬の記録は残しておいてほしいし、病院に行ったことがあるかどうかも早めに話してもらいたいところ。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 

 

良いことは真似しましょう

 若いお客様が整腸剤の棚で迷っている様子だったため声をかけてみたけれど、案内は断られた。

 しかし、しばらくしてから質問され、乳酸菌が腸まで届きにくいことや相性があるといったお話をしたところ、ストレス性の下痢に『大正漢方胃腸薬』を使っているというので、『爽和』と『太田漢方胃腸薬2』も紹介して説明した。

 『大正漢方胃腸薬』には体の中を安らかにする『安中散』に、痙攣と痛みを抑える『芍薬甘草湯』が入っている。

 その『芍薬甘草湯』『四逆散』と入れ替えた『爽和』は、環境が変わったとか人から怒られるとか外部の影響で受けるストレスに適応するし、『芍薬甘草湯』を茯苓と入れ替えた『太田漢方胃腸薬2』は『安中散加茯苓』となり、起こってもいないことをあれこれと悩んでしまう内面的なストレスに向いている。

 ただ、下痢があるようであれば『桂枝加芍薬湯』の方が良いように思われたので紹介し、環境的に入浴は難しいというお話から、お腹を温めるためにシャワーを背中から腰にかけて浴びるよう勧めた。

 本日は相談のみで、お帰りになった。

 若いお客様が『イブA錠EX』 と『タナベ胃腸薬ウルソ』を持ってきて、それぞれ前者は生理痛に後者は胃もたれに適応するか質問された。

 やはり、こうして相談をしてもらうのが、薬を買うのには一番良いと思う。

 カフェインが入っていなくて生理痛に特化した『エルペインコーワ』も紹介し、胃もたれについては冷たい者を飲んだ影響のようだったため『スクラート胃腸薬S』を案内したところ、両方とも変更となった。

 また、冷たい物を飲んでお腹を下してしまった場合にと思い、『胃苓湯』も紹介した。

 お客様から洗浄綿を求められたけれど、用途を尋ねるとご主人が傷口ではなく湿疹の薬を塗る前に患部を拭くのに使うというので、ウエットティッシュで十分なことを説明した。

 洗浄綿だと価格が高くつくからね。

 薬を塗る前に患部を拭くというのは、どれほど一般的なんだろうか。

 良いことなので、皆さんもやってみて下さいね(・ω<) キラッ☆

 お客様からノンガスタイプの虫除けを求められ、『ムシペールα』を案内し、お買い上げいただいた。

 子供の修学旅行に持たせるというので、家にステロイド剤の塗り薬があれば同じく持たせるよう勧めたところ、明日には現地に発送しなければならないというので、思わず「大変ですね」と答えてしまった。

 大変なんですよ、子供の学校関連の準備(;´∀`)

 

目薬を無駄にしない差し方

 お客様から水虫の薬と一緒に消毒薬をと求められたけれど、患部は皮がむけたというので念のため抗生物質を勧め、『テラマイシン軟膏』をお買い上げいただいた。

 ちょっと、用心深すぎる対応だったかもしれない。

 若いお客様が『セイロガン糖衣A錠』を手に鎮痛剤の棚を訊かれたので、売り場を案内しつつ旅行に持っていくのか尋ねたところ、海外旅行に行くとのことだったので胃腸炎にも風邪にも使える『柴胡桂枝湯』を紹介した。

 また、『セイロガン糖衣A錠』には抗炎症剤と鎮痙攣剤が入っていないため、併用薬として『芍薬甘草湯』も紹介した。

 芍薬が鎮痙攣で、甘草が抗炎症として働く。

 鎮痛剤については以前に『イブ頭痛薬』を使ったことがあるというので、経験のある物を選ぶのは悪くないとお話したところ『柴胡桂枝湯』も一緒にお買い上げいただいた。

 夫婦のお客様が来店し、『マイティアピントケアEX』をレジに持ってきて「ピントなんとか」という商品名の薬があるはずと言われて調べてみたけれど分からなかった。

 新発売とのことで使ってみたいらしいものの、目薬は使用できる成分がすでに決まっていて、組み合わせと濃度の違いであることを説明すると、そのまま『マイティアピントケアEX』を購入された。

 使うのはご主人だけれど、目薬の差し方を説明する前にいなくなってしまったため、奥さんに伝えると「言っておきます」とのことだった。

 まだまだ知らない人が多いようで、目薬は差したらまばたきをせずに目を閉じて、しばらく下を向いているのが良い。

 お昼の情報番組に出ている医学博士の森田豊先生は、そのさいに目頭も押さえるよう推奨している。

 とにかく、まばたきをすると目薬が睫毛に持っていかれてしまうし、上を向いたままだと目の裏から鼻の奥を通って喉の方へと流れて無駄になるのだ。

 目薬の開発研究をしている人の話によれば、最低でも1分間は下を向いていてもらうと無駄にならないとのこと。

 

市販薬の料金には人件費(情報料込み)が入っています

 『ブロン錠』を購入されるお客様に痰の状況を確認したところ、咳とともに大したことはないものの3日ほど続いているというお話だった。

 咳が長引くというのは、胃炎などと関係している可能性があるため、咳が出ている間は消化に良い食事をするよう勧めた。

 『ブロン錠』と『ブロン錠エース』は、どちらもパッケージに「せき・たん」と書いてあるけれど、前者は「咳をすると水様性の痰が出る」場合に適しており、後者は「痰が引っかかって出にくい」場合に適しているので、本来は使い分けが必要。

 『レバウルソドリンク』の値引き品をまとめて購入されるお客様に、ウルソを継続するのであればコストパフォーマンスの良い物がありますと『タナベ胃腸薬ウルソ』を紹介した。

 ドリンクタイプは確かに飲みやすいけれど、錠剤と比べたら価格の開きが5倍から10倍以上と半端ない。

 そしてウルソは単発で使うのではなく、一週間なら一週間、二週間なら二週間というように連続で使った方が意味があるので、なおさらドリンクタイプを使うのはモッタイナイというもの。

 そして、一番モッタイナイのは、何の相談もしないで薬を買うことだと思う。

 売ってる商品には販売店の人件費が入っている訳で、薬の場合はその人件費に私たち登録販売者の「知識」や「情報」も含まれており、自分で選んで買うだけだと、それらの料金を無駄に支払っているようなもんである。

 もっとも、自分で選ぶのだからその分を安くしろとか言われると困るけど。

 そういう意味では、情報の提供料を別にした方が良いのかもしれないものの、そうすると安く済ませようと相談せず、それでいて自分で調べない人が多くいそうで、それはそれで怖い。

 昨今なにかと話題となる「自己責任論」で云えば、それでも構わんのかもしれんが。

 皆さんは、ドッチが良いですか?

 お客様が『スットノーズα』を二つ購入するのが気になり症状を尋ねると、もう長いこと鼻づまりになっているとのことだった。

 入浴せずシャワーだけというので、何らかの原因により熱が上半身に篭もっていると考えられるため、下半身を温めて熱を循環させる必要があることを説明した。

 入浴が難しければ、皮膚が薄く太い血管が通っている首の周囲にシャワーを重点的に浴びるのが良いので、シャワーに対して後ろを向き、首から背中にかけて浴び、その間に髪や体を洗って少しでも長く温めるよう勧めた。

 やや高齢のお客様から『コムレケア』(芍薬甘草湯)を求められたので売り場を案内したけれど、こむら返りが頻発するようであれば原因として水分不足や心臓機能の低下なども考えられることをお話しすると、脹脛(ふくらはぎ)ではなく脛(すね)が痛くなるとのお話だった。

 以前に腰の治療を受けたというから、歩き方がおかしくなってるのかもしれず、改めて受診してみるよう勧めたうえでお買い上げいただいた。

 何しろ、『コムレケア』がこむら返りに効くのは痙攣性の筋肉の痛みなので、脛が痛むとなると適応しない可能性が考えられる。

 別件で病院には行っているというため、関係無さそうな症状も医師には相談してみるようお話した。

 

塗り薬の方が飲み薬より安心という勘違い

 お客様から初めに風邪として相談を受け、主訴が喉の痛みと鼻水だったので『ルルアタックNX』を案内したうえで、 咳などの出ていない症状の成分があると体の負担になることと、 鼻水は透明だと言うため内臓の冷えが原因と考えられることを説明し、喉の痛みだけに対処してはどうかと提案した。

 透明な鼻水の方は、積極的に温かい物を飲んでお風呂に入りお腹周りを保温すれば、改善できる可能性が高いことも伝えた。

 先に『ルルアタックNX』を案内したのは、まずはお客様の要望に応えないとお話を聞いてもらうのが難しいから。

 ただ、せっかちな人だと即決されて、やっぱりお話を聞いてもらえなるけど。

 まぁ、その場合は仕方が無いってことで。

 今回はお客様が納得されたようなので、患部だけでなく内蔵まで冷やしてしまう『龍角散』などは適さないことをお話して、『ペラックT』と『パブロントローチAZ』を案内したところ、前者をお買い上げいただいた。

 うちのお店のラインナップから、『 駆風解毒湯』が無くなってしまったのが痛い。

 『 駆風解毒湯』なら、内臓まで冷やさずに喉の炎症を抑えられるのに。

 ダニに刺されたというお客様から腕と腹部を見せられ、腹部は痕が横一列になっていた。

 患部から血が滲んでいるのを本人は掻いたからと言っていたが、一般に虫刺されという言い方があるものの刺すのは蚊ぐらいで、他の虫は牙で食いちぎってしまうことをお話した。

 もちろん、掻きむしって血が滲んだというのもあるのだろうけれど。

 とにかく患部は赤く腫れており、痒みも強そうなことから『ムヒアルファEXクリーム』を勧め、お使いいただく事になった。

 また、右の脹脛(ふくらはぎ)がこむら返りのように痛んで、痺れ感もあると相談された。

 塗り薬を望まれたのでフェルビナク製剤を案内したうえで、内服薬に『コムレケア』(芍薬甘草湯)『疎経活血湯』を紹介すると、数年前に脳梗塞を患ったことがあり、塗り薬の方が安心と言われたため、外用薬も体内に影響することをお話した。

 ジクロフェナクトリウム製剤などのパッケージにも注意書きが、これでもかとばかりに書かれているのだけれど、読んでいる人が少ないのか、この手の勘違いは多い。

 今回はフェルビナク製剤のローションをお買い上げいただいたものの、フェルビナク製剤もまた体内に浸透する薬ではあるので、ジクロフェナクトリウム製剤ほど危険ではないとはいえ注意は必要である。

 しかも、お客様は脳梗塞以来ずっと服用してる薬を近所の内科医に頼んで処方してもらってると言うので、一度専門医を紹介してもらうよう勧めた。

 もしかすると、歩き方にも影響していて、その負担が症状として現れてるかもしれないし。

 科目が違うと通院している医師に相談しないということもまた、ありがちなことである。

 
ページ:12345678910»