胃薬の相談は逃げ出したい! 逃げグセがつくと困るので相談を

お客様が販売期限が近くて値引きしてある『ガストール』をレジに持ってきたけれど、症状をヒアリングしてみると胃もたれというため合わないことを説明し、「そんなに食べた訳でもない」とのことなので胃の機能が低下しているときに支える『スクラート胃腸薬S』と『ギャクリア』(六君子湯)を案内した。

『ガストール』は、いわゆる『ガスター10』と同じ使い方をする薬で、適応するのは「ジリジリと焼ける感じがする」とか「苦い水が上がってくる」といった「胸焼け」です。

お客様は肉が好きとのことから、『タナベ胃腸薬ウルソ』も紹介した。

これは、肉や脂質などを消化するのが胃ではなく腸であり、腸での消化に使われる胆汁の成分の一つウルソデオキシコール酸が主成分となっている。

病院では肝臓疾患にも使われる薬で、特にお酒を飲む人に向いているのだが、体の中で循環している胆汁のウルソデオキシコール酸を入れ替えるのが目的であるため、単発で服用するのではなく一週間分なら一週間分を連続して飲み切るのが効果的。

本日は、『スクラート胃腸薬S』をお買い上げいただいた。

それから、水とお湯での鑑別方法を教えて「胃薬を選ぶのは難しい」とお話した。

水を飲んで楽になるようなら胃炎を起こしている可能性があり無印の『スクラート胃腸薬』や『半夏瀉心湯』の他に、先ほどの『ガストール』も候補に挙がる。

お湯を飲むとジンワリと楽になる場合には、胃が冷えているか機能が低下していると考えられ、健胃剤が主体になっている物が適応し、『ギャクリア』(六君子湯)を使ってみるのが良いだろう。

お客様から腹痛の相談を受け、下痢や吐き気などは無く朝起きてから次第に痛くなってきたというので、筋肉の痙攣を抑えこむら返りにも使う『コムレケア』(芍薬甘草湯)を案内して案内すると購入された。

あとで、「良くなった」と報告にみえた。

それは、なによりでした(´∀`)

『ブスコパン』も考えたのだけれど、あちらは痙攣を抑えるというより内臓の機能を低下させて腹痛を取り除く薬なため今回は避けた。

若いお客様が『バファリンルナi』と『スクラート胃腸薬』を購入されるので、後者の薬は『スクラート胃腸薬S』と処方が違うことを説明し、水とお湯のどちらを飲むと楽になるか尋ねると水というため、今回の選択で適応することをお伝えた。

お客様に言うのもなんだけれと、胃薬を選ぶのは難しく、お客様自身が選んでるのであれば声をかけるのは避け、相談されるのも逃げ腰になってしまい、つい対応をサボりがちなので「相談をして下さい」とお願いした。

「ホントは難しい胃薬の選び方」
LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート