詳細な症状が分からないと薬は選びにくいのですが、生活習慣は重要な情報になりえます

 高齢のお客様が成人の息子さんから『チクナイン』(辛夷清肺湯)を頼まれたとのことで購入されたけれど、鼻汁が喉に落ちてくるかなどの詳細な症状は分からないというため比較として、鼻が詰まる一方で寝苦しい場合に用いる『荊芥連翹湯』と、鼻づまりと鼻水を往来する『葛根湯加川きゅう辛夷』も紹介しておいた。
 『辛夷清肺湯』が適用する場合は胃が疲れていると考えられるので、消化に良く温かい食事をさせることと、入浴をして下半身の厚着をすることにより胃腸の血流を良くするよう勧めた。
 すると息子さんは、冷たい物ばかり飲んでいるとのお話だった。
 となれば、内臓が冷えると暖かい空気は上に昇り、それもまた鼻づまりの原因となるので、血流を良くして熱を循環させなければならないことを伝えた。

 常連のお客様が『葛根湯』を買いにみえたけれど、会社でインフルエンザが流行っていて予防対策の為というので、体の機能を支える『柴胡桂枝湯』の方を勧めて変更となった。
 『葛根湯』を使うとすれば、悪寒や頭重感などを感じたタイミンクが良いだろう。
 それからインフルエンザの予防には、とにかく手洗いを徹底することと、手の触れるところの拭き掃除をすることですとお話しした。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート