消毒薬も虫刺されの薬も、用途によって選び方が変わります! 探し物は店員に尋ねたほうが確実

 成人のお客様が『キズニコ』を持ってきたので、『マキロンS』があることを伝えると、そちらを探していたというため『デシンA』と一緒に処方の違いを説明した。
 『キズニコ』は消毒成分のみなのに対して、消毒成分に皮膚の修復成分を足したのが『マキロンS』であり、『デシンA』は傷の疼きを抑える局所麻酔が入っている。
 お客様はピアス穴の消毒に使うということから、修復成分も局所麻酔も不要なため、『キズニコ』で充分なことをお話して、お買い上げいただいた。
 そして、虫刺されの『ムヒSクリーム』と『液体ムヒS』では剤形だけでなく内容そのものが違うことを例に、お店で薬を買い求めるさいには店員を捕まえて用途を伝えた方が良いと伝えた。
 今回もうちのお店の場合、『キズニコ』は絆創膏の近くに置いてあって、『マキロンS』と『デシンA』は消毒剤のコーナーにあったため見落としたのだと思われ、お店ごとに配置場所が違うことがある。
 店内をグルッと回ったお客様が、同伴している人に「○○無いね」と言ってるのを見かけることがあるのだけれど、実は置いてあるのに気がついてないだけで、こちらが呼び止めようとするよりも早く立ち去られてしまう( ´Д`)=3

 子供を連れたお客様が『プチウナ』と『マキロンS』をレジに持ってきたので、前者の虫刺されの薬は4段階で考えると下から2番目くらいの効き目であることを伝えると「強さが?」と尋ねられたため、正確には痒み止め成分と炎症を抑える成分は別物で、それぞれ処方内容が異なることを説明した。
 『ポケムヒ』や『ムヒSクリーム』が一番弱くて、『プチウナ』や『ウナコーワクール』は局所麻酔を足してある分だけ痒みを感じにくくなり、その上はガラリと変わってステロイド剤の『液体ムヒS』や『ウナコーワクールα』で、一番強いと言えるのはステロイド剤自体のランクが上の『ムヒアルファEX』や『ウナコーワエース』という具合。
 また、『マキロンS』と『デシンA』の比較も説明したうえで、そのままお買い上げいただいた。

 お客様から、子供が鉄棒をして手の皮が剥けてヨードチンキを昨日に塗ったそうで、この後どうすれば良いのかの相談を受け、掌の内側は絆創膏を貼りにくいため『ワセリン』や消毒成分の入った『オロナイン H軟膏』などの油脂で患部を保護するよう勧めたところ、後者は家にあるとのことからお帰りになった。
 ただ、ポビドンヨードのような殺菌剤は皮膚が治るのを邪魔するので、現在は不要なことを伝えた。
 つまり、これ以上はヨードチンキを塗る必要は無い。

 成人の親子のお客様が来店し、「マキロンS」という言葉が聞こえたので声をかけて売り場を案内した上で、『デシンA』との比較を説明した。
 そして、流水が確保できる場合ば不要とお話したところ、キャンプに行くとのことで『マキロンS』をお買い上げいただいた。
 キャンプに行くのであれば、塗り薬として抗生物質とステロイド剤もあると安心なことを伝えた。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート