薬が効かなかったときの乗り換え先を検討するためにも、成分表示は取っておきましょう

 お客様が『ノーシン錠』をレジに持ってきたさいにヒアリングしたところ、肩こりで首まで来るというため『ノーシン錠』にも入っているアセトアミノフェンに、末梢神経に効くアスピリンにを組み合わせた『エキセドリンプラス』と、上半身の血流を良くする『肩用ラックル』(独活葛根湯)の他に、筋肉弛緩剤の『コリホグス』を紹介した。
 以前に『イブ』を使ったことがあるそうだが、無印かAだったか覚えていないとのことで、『イブA』には『エキセドリンプラス』にも入っている鎮静成分によって緊張感が解ける反面、体をだるく感じたり頭がボウッとしてしまう副作用の可能性をお話した。
 今回はアスピリン製剤の『バファリンA』をお試しに購入され、効かなかったら『コリホグス』に乗り換えるとのことだった。

 夫婦のお客様から『ロキソニン』を求められ、薬剤師がいないため取り扱っていないことを伝えたうえで、化学構造式の骨格が似た同系統のイブプロフェンでの代用を提案した。
 それに、ロキソプロフェンは効くのが早い代わりに体から抜けるのも早く、持続時間はイブプロフェンの方が1.5倍から2倍くらい長いことを説明したところ、患者は奥さんで頭痛に『イブクイック頭痛薬DX』を使ったことがあるという。
 それには鎮静成分が入っていることを説明し、他の選択としてイブプロフェンが濃い『リングルアイビーアルファ200』と、アセトアミノフェンを組み合わせた『バファリンルナi』を紹介した。
 ズキズキするタイプで吐き気がすることもあるというため、胃の具合が悪くなると起きる頭痛であることを説明し、水分代謝を改善する『テイラック』(五苓散)と、うちのお店には置いていないけれど『呉茱萸湯』を紹介した。
 本日はお帰りになることとなり、薬剤師にも相談するよう勧めた。

 高齢のお客様が『チクナイン』(辛夷清肺湯)をレジに持ってきたさいにヒアリングすると、鼻の奥の匂いが気になって以前から使っているとのことであったが、中身が漢方薬だとは知らなかった模様。
 鼻汁が喉に落ちてくることは無いというため、合っていない可能性が考えられ、比較として炎症を抑え菌と戦うのを支援してくれる『荊芥連翹湯』を紹介したうえで、そのままお買い上げいただいた。
 鼻汁が喉に落ちてくるのは胃の機能が低下していると考えられ、『辛夷清肺湯』は胃を癒す生薬が入っている。
 お客様は入浴しているそうなので、鼻の奥の炎症により不要な熱が篭もっているのを循環させるのために、ぜひ続けるよう伝えた。
 環境的にシャワーで過ごさなければならない場合には、太い血管の通っている背中側に浴びるのが良い。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート