乾燥性の痒み対策の塗り薬にも特徴があります

 夫婦のお客様が『メンソレータムAD』を購入されたけれど、『尿素』が入っていることは知らなかったようなので、肌の保湿は表面を覆って水分の蒸発を防ぐ『ワセリン』と、皮膚に浸透して潤す『ヘパリン類似物質』、そして水分を細胞内に捕まえておくのが『尿素』という説明をした。
 ご主人が全身に痒みがあるとのことで、痒みが治ったら乾燥対策だけの物へ乗り換えたり、患部によって薬を使い分ける方法もあることをお話しした。

 やはり皮膚の痒みに『ヘパソフトジンジャー』を購入されるお客様がいらして、ヘパリン類似物質の注意点として血が固まりにくくなることを伝えた。
 別に出血多量で死んでしまうなんてことは無いけれど、皹(あかぎれ)や手荒れで小さい傷口があると、血が固まらず、いつの間にか服の袖口などを血で汚してしまうというのはあるので。
 やったんですよ、私。
 白衣の袖口に血が滲んでいてギャッとなった(^_^;)

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート