Tagged with " 黄連解毒湯"

ニキビとオデキ、水虫と湿疹、皮膚疾患は見分けが大事

 お客様が『ペアアクネクリームW』を購入するさいにヒアリングすると、以前にも使ったことがあるとのことだったが、念のため白ニキビに向いていることを説明すると、顎の下に白ニキビができていたので適応しそう。

 ニキビとオデキを勘違いしてるケースもあるから、初めからニキビの薬を目的に買いに来たお客様にも、こうして確認しておかなければならない。

 お客様は髪が当たってしまうのも原因かもと言っていたが、それ以上に患部が気になって、つい触ってしまう可能性もお話して、手が肩より上に上がったら意識して下ろすようにとお話した。

 また、洗顔をしすぎると皮膚を守る常在菌も倒してしまうし、ニキビの原因であるアクネ菌は食中毒を防ぐ役割を担っているので、洗い過ぎに気をつけるよう伝えた。

 具体的には、洗顔フォームや石鹸をよく泡立てて、顔に泡をつけたらそのまま擦らずに洗い流すだけで充分。

 他に内服薬として『十味敗毒湯』を紹介したかったものの、次のお客様がレジに並んでしまったためできなかった。

 赤ニキビなら、『清上防風湯』『黄連解毒湯』が適応する。

 『ペアアクネクリームW』をレジに持って来る前にニキビの相談をしてもらえていれば、内服薬も候補に挙げられたのだけれど。

 やや高齢のお客様が、ご主人から水虫の薬を頼まれたとのことだったけれど、病院を受診したことはないというため、湿疹と間違えて水虫の薬を使ってしまうと良くない場合があることをお話したうえで、『ラミシールATクリーム』をお買い上げいただいた。

 水虫かどうか判断する方法の一つに、家族も感染しているかというのがあるのだが、お風呂の足拭きマットは家族で使い分けているとのことだった。

 足拭きマットを使い分けてるというのは、もちろん良いこと。

 なれど素人目には水虫と湿疹の区別は難しいので、一度は受診しておくよう勧めた。

 やや高齢のお客様から、外反母趾のサポートグッズを求められたが、うちのお店では取り扱っていないことをお話して、また受診したことが無いというため、病院に行ってみるよう勧めた。

 

情報は多ければ良いというものではない

 お客様が『トラフル軟膏PROクイック』と『トラフル軟膏』を比較しており、前者にステロイド剤が入っていることを確認されたので、内容の違いを理解してる様子だった。

 高校生の息子さんが口内炎ということで、同じくステロイド剤の『ケナログ軟膏』も案内したうえで、内服薬として炎症を抑える『黄連解毒湯』と、多くの口内の原因となるストレスに対応する『半夏瀉心湯』も紹介した。

 『ケナログ軟膏』は初めてだと感触を嫌がる人もいるため、メントールの入った『トラフル軟膏PROクイック』を勧めてお買い上げいただいた。

 それから、夏野菜は患部が冷える感じがして気持ち良いものの、体の方が冷えに対抗して炎症を強めてしまう可能性があるため避けるようお話した。

 また、本人はシャワーで過ごしているようなので、炎症したい体を支援するために入浴を勧めた。

 温かい物を飲み入浴することで、体の方が自分で頑張って炎症しなくてもいいと認識してもらえれば症状は軽減するから。

 『セイロガン糖衣A』を持ってきたお客様に『正露丸』と処方内容が異なることを伝えると興味を持たれたので、違いを説明したところ今までは『正露丸』を使っていて、やはり匂いが気になるので乗り換えようと思ったとのこと。

 両者の違いは、四種類の生薬が入っている『正露丸』から、抗炎症の甘草と陳皮を抜いたのが『セイロガン糖衣A』である。

 ちなみに、これは大幸薬品の処方構成で、イヅミ薬品の『正露丸』には、胃液分泌や消化管の運動を抑えることで下痢を止めるロートエキスが加えられている。

 一見良さそうに思えるが、食中りの下痢の場合は原因となる物を早く排泄したほうが良いからロートエキスは余計とも考えられるし、『正露丸』を下痢止めとして使う需要からすると悪くないとも考えられる。

 要は、「必要としている効果を期待できる成分が入っているか」によって選択することが肝心。

 主訴は下痢まではいかず、当初は腹痛だというので『芍薬甘草湯』を案内してみたけれど、実はそれほど痛むわけではなく、軟便で回数が多いという話になったため『ザ・ガード』を提案すると、効かなかったとのこと。

 いずれにせよ『正露丸』で改善している訳ではなさそうなので、乳酸菌の入った『ビオフェルミン止瀉薬』と、ウルソデオキシコール酸にゲンノショウコの入った『エクトール DX』を紹介し、後者を試していただくことになった。

 お客様がお帰りになってから、やや神経質そうに思われたので『桂枝加芍薬湯』も紹介しておけば良かったかもしれないと思ったものの、選択肢を増やしすぎると、かえって混乱させてしまうかもしれないとも考えた。

 情報は多ければ良いというものではないから、情報の提供の仕方というのは難しい。

 

夏場に日焼けして肌が真っ赤になった場合の漢方薬

 お客様から虫刺されの薬を求められ、「ダニに喰われたのかも」とのことだったので、ステロイド剤の入っている『ムヒアルファEX』と『マニューバEX9』を案内し、後者をお買い上げいただいた。

 布団のダニ退治には干す時に黒い布を被せて熱が篭もるようにし、取り込んだ後に布団の表面を掃除機で吸引する方法を伝えたが、「そんなに大変なことするの?」と言われた。

 確かに……(^_^;)

 『黄連解毒湯』を購入されるお客様から在庫を尋ねられ、来週までには入荷することを伝えた。

 主訴は、のぼせと胸元の熱感とのことで、 自身で選び服用したところ良い感じだそう。

 長期連用による副作用について訊かれ、一般的には口内炎や日焼けなどで短期間に使うものと伝えたうえで、お腹がゆるくなるなど「体が冷えると起きるような体調不良」が無ければ大丈夫ですと説明した。

 つまりは、それくらい冷やす力が強い。

 だから、夏場に日焼けして顔など肌が真っ赤になった場合の初期にも使える。

 『黄連解毒湯』の長期連用による副作用と思われる症例は約200件ほどあるものの、それは服用期間が10年以上というケースで、なおかつ他の薬も服用していたり別な疾患を持っていたりで、『黄連解毒湯』が原因とは特定できていない点からして、まず問題は無いと考えて良いだろう。

 お客様には、上半身への熱の上昇を抑えるためには、お風呂の半身浴で下半身を温めたり、温かい物を飲んで胃腸を積極的に温めるよう勧めた。

 

雲の上を歩くような目眩(めまい)は一度病院へ

 お客様が成人の息子さんから口内炎のパッチタイプの薬を頼まれたというのだけれど、患部の状態と場所は分からないという。
 炎症が強い場合の『口内炎パッチ大正クイックケア』と『トラフルダイレクト』に、日が経っていて患部の修復を促す『口内炎パッチ大正A』を案内してみると、家に『ケナログ軟膏』があるというので先に使ってみてはどうかと提案すると、帰られた。
 『ケナログ軟膏』は唾液と混ざると固まって患部に貼り付くようになるのだけれど、その感触が嫌なのか、それとも舌で舐めているうちに取れてしまうから貼るタイプを希望されたのか。
 いずれにせよ家族に頼むのであれば、患部の状態と場所も伝言しておいて欲しいところ。
 息子さんは口内炎を繰り返してるようなので、神経性胃炎が原因の可能性も伝えた。

 お客様が口内炎の薬を求めて来店し、患部が下唇の裏側なのでパッチタイプよりも軟膏を勧め、『ケナログ軟膏』と『トラフル軟膏PROクイック』を案内したところ後者を購入された。
 患部は炎症が強いようなので、内服薬なら『黄連解毒湯』が適応しそうに思える。
 また、胃の状態が口に現れやすいので、神経性胃炎の可能性を伝え『半夏瀉心湯』も紹介してみた。

 子供を連れたお客様が『ムヒSクリーム』と『ポケムヒ』を購入されるので、片方を局所麻酔のリドカインが入っている『ウナ』にして使い分ける方法もあることを伝えたところ、子供が以前に『ムヒ』でかぶれてしまったというのだけれど、『ウナ』シリーズのどれだったかは覚えていなかった。
 かぶれた原因が主成分なのか添加物でなのか分からないため、成分表示は取っておくようお話して、そのままお買い上げいただいた。
 そうそう、『キンカン』も駄目だったというので、痒み止め成分が入っておらず、代わりにトウガラシチンキの刺激によって痒みを誤魔化しており、血行良くする点からすると肩こりに向いていることを説明すると納得されたようだった。


 やや高齢のお客様が来店して、父親が喉の痛みを訴えており、風邪だと思うというお話だったのだけれどそう思う根拠は不明で、『ペラックT』と『駆風解毒湯』を案内しながら、普通の人でも1日に約50回は胃液が逆流していて、年を取ると荒れた所の修復が追いつくなくなり逆流性食道炎に気づかないこともありますとお話した。
 高齢者はもちろん風邪を警戒した方が良いが、喉の痛みは乾燥でも起きるし胃炎でも起きるので、薬を使うにあたってはなおさら注意が必要である。
 今回は『ペラックT』を試していただくことになり、もし発熱などは無く咳になるようなら『麦門冬湯』をと紹介したところ、自身の目眩(めまい)の相談を受け、以前は雲の上を歩くような感じになり、その後は回転性の目眩に変わったという。
 雲の上を歩くような目眩は血圧が関係すると考えられ、漢方薬では『釣藤散』が適応するが、病院に行ったことが無ければ脳梗塞などの前兆も考えられるため受診を優先したほうが良い。
 お客様は回転性の目眩の方を心配されたけれど、回転性の方が安心で水分代謝の異常が原因と考えられることを説明し『苓桂朮甘湯』を紹介した。
 一旦お帰りになってから戻ってきて、『ペラックT』を高齢者に使って良いか心配されたけれど、まず問題ありませんと伝えたうえで、どんな薬を使うにしても経過観察は必要なことをお話した。

 

日焼けは体表部は冷やしつつ体の中は温める

 夫婦のお客様が来店し、『オロナインH軟膏』を求められたが消毒薬に過ぎないことを伝えると、ご主人が日焼けに使うというので日焼けは広範囲なヤケドなため、初日は流水で30分以上冷やすしか手が無いことを説明した。
 肌に痒みを感じるということから、人間には痒みを感じる神経は無く、痛覚神経が弱い痛みを痒みと認識しているということであり、皮膚細胞が損傷している証拠と説明した。
 そして抗炎症作用のある『桃の葉ローション』を案内したところ、奥さんは自分のスキンケア用に持っているということで一旦は帰られようとしたけれど、奥さんがご主人を促して購入された。
 それと、体の中からの対策として『黄連解毒湯』を紹介した。
 そのうえで、体表部は冷やしつつ体の中は温めることで炎症が落ち着くことをお話して温かい物を積極的に飲むよう勧めた。
 炎症というのは外敵と戦うためであったり、温めることで血行を良くして患部を修復しようしたりという作用だから、冷やすことだけをすると体の方は「もっと炎症しなければ」と頑張ってしまうため、内臓の方は温めて自分で熱を発する必要がないことを体に教えてあげるのだ。

 夫婦のお客様が来店し、奥さんの方が『口内炎パッチ大正クイックケア』と『トラフルダイレクト』を見較べていて、ご主人にタッチした後も迷っている様子だったので声をかけるタイミングを見計っていたところ、ご主人から違いを尋ねられた。
 どちらもステロイド剤で、炎症が強い場合に適用することを『ケナログ軟膏』も加えて説明し、他に患部の修復を目的にした物があることをお話しすると、口内炎なのはご主人とのことだった。
 今回は炎症が強いというお話から、『口内炎パッチ大正クイックケア』をお買い上げいただいた。
 口内炎によくなるわけではないそうだが、胃の不具合とも関係することを『半夏瀉心湯』で説明し、患部が痛むだろうから無茶な食事はできないだろうけれど、それ以上に消化に良い食事をするようお話した。

 

自分の体に使う物は人に頼まないほうが良いのでは?

 『アレジラスト』を購入されるお客様に使用経験を尋ねたところ、以前は『アレグラFX』を使っており今回が初めてとのこと。
 『アレグラFX』も自己判断で使っていたそうで薬の特徴を知らないようだったため、予防薬として使うのが効果的であることを説明し、症状の出ているその日だけではなく一週間なら一週間通して服用し、途切れさせないようにと伝えた。
 『パブロン鼻炎カプセルα』などの鼻炎薬が「起きたアレルギーの症状を抑える」とすれば、『アレジラスト』や『アレグラFX』は「アレルギーの症状が起きないようにする」薬だから、症状が起きた時だけ服用するという使い方では意味が無いんである。

 お客様から『ケシミンクリームF』を注文されたのだが、奥さんからの頼まれ物でシミ消しにと聞いたので『アットノンEXジェル』を提案したところ日焼けに使うとのことだった。
 どの程度の日焼けを想定されてるのか分からないため、日焼けそのものはヤケドなので医薬品の方を使った方が良いとお話して『アットノンEXジェル』をお買い上げいただいたのだけれど、『ケシミンクリームF』はパッケージに「薬用」とは買いてあっても効能を明示できない化粧品のような物だから、それをや奥さんが承知のうえでご主人に頼んだのかどうか分からず、医薬品を勧めたことでご主人が怒られないか心配ではある(^_^;)
 それでもとりあえず、本格的な日焼けには内服薬も検討するよう伝え、『黄連解毒湯』を紹介した。
 自分の体に使う物は、あまり人に頼まないほうが良いと思う。
 目的の意図が頼んだ人に伝わらないだろうし、頼んだ意図が知識不足や勘違いということもあるから、こちらとしては自動販売機になって良いものかどうか迷うので。

 お客様から踵の痛みの相談を受け、3日前くらいからというため鎮痛効果と浸透力の違いを説明したうえでフェルビナク製剤とジクロフェナクトリウム製剤を候補にした。
 ゲル剤と液体の違いを訊かれ、ゲル剤は患部をマッサージしながら塗る使い方に適してることをお話すると、以前にもなったそうでネットで調べたら疲労が原因かもしれないと思ったとのこと。
 それはもちろんありえる話で、他に腰などを悪くしていて無意識にかばって歩き方がおかしくなってる可能性も伝えた。
 症状が顕著な部位だけが悪くなっているとは限らないんである。
 今回は、フェルビナク製剤の『アンメルツゴールドEX』の液体をお買い上げいただいた。

 

初めから病名を決めて薬を買ってはいけません

 夫婦のお客様からニキビの薬を注文されたのだけれど、患者は中学生の子供で一緒に来ているというので本人を呼んでもらったところ、ニキビではなく面疔のように思われた。
 ニキビと面疔は見た目は似ているが、原因となる菌も違えば発症のプロセスも異なるため、おのずと適応する薬も変わる。
 ニキビを起こす代表的な菌はアクネ菌であり、これは体表部に常在し食中毒を防いでいたりするため、あまり殺菌作用の強い薬を使うのは好ましくなく、皮膚の再生を促すことの方が重要。
 一方、面疔の原因は黄色ブドウ球菌で、いわゆる化膿を引き起こし対応を誤ると皮膚の深部にまで影響を及ぼして他の病気へと発展してしまう可能性があるのだ。
 医師でなければ病気の診断をすることはできないものの、だからこそ患者さんや家族も初めから病名を決めて薬を買うようなことは避けてもらいたい。
 もちろん私たちも診断はできないが、起きている症状への対処法を検討したうえで薬を選択するから、いくらかは症状を緩和する可能性を高めることができる。
 ……まぁ、大きく外すこともあるんですが(^_^;)
 今回の患者さん自身は、すでに痛みは無く治りかけの模様。
 しかも、面疔に適応する『クロマイP軟膏』とニキビに使う『クレアラシル』を提示したところ、そもそも後者は家にある気がするというので前者の購入を決められた。
 やっぱり、子供の薬を本人抜きで選んじゃ駄目なんである。
 また皮膚薬は症状によって塗り替えていくことをお話すると、痕を消したいというので『アットノンクリーム』も紹介し、一緒にお買い上げ頂いた。
 そしてクリーム剤は患部に回すように塗るのではなく、皮膚の流れに沿うように塗り込むと浸透しやすいことを伝えた。
 それから、どうやら面疔はよく起きるようなので内服薬として『排膿散及湯』を紹介し、入浴時間を長くしたり積極的に温かい物を飲んだり、下半身を厚着するなどして体温を上げる工夫をするように勧めた。
 内服薬でニキビに使うとすれば、赤ら顔なら『黄連解毒湯』を、患部だけが赤いのであれば『清上防風湯』、そして血行不良で手足が冷えるのにのぼせ感があるようなら男女を問わず『桂枝茯苓丸』『桂枝茯苓丸加よく苡仁』が候補になる。
 あと、鼻づまりのある人のニキビでは『荊芥連翹湯』が両方の面倒を見てくれる。

 いつも「先生、先生」と呼びかけてくる常連のお客様から、以前に使っていた薬が終売になってしまうようだというお話があった。
 成分表示を取っておいてもらえば、同じ処方内容の薬がないかを調べてみますと伝えた。
 よく薬を銘柄指定で買いに来る人がいるけど、それだと終売になった時に困るし、出先で探すのも難しいから、成分表示を取っておくのは大事である。

 

漢方薬の適応の判断材料は色々

 やや高齢のお客様から『白虎加人参湯』の問い合わせを受けたが、うちのお店では入荷ルートがないことを伝えた。
 舌痛症に使いたいとのことだったが、舌を見せてもらうと舌に歯形が残ってるので適用しないと考えられることを伝えた。
 こういう診察みたいな真似は本来は良くないとはいえ、漢方薬の適応の判断材料にはどうしても必要なのが悩ましいところ。
 お客様は以前に病院からは『加味逍遥散』が処方されていたことがあるものの、合わなかったため現代を処方されていると分かり調べたところ、イミノベンジル系の抗精神薬病だった。
 舌痛症は抗うつ剤で約70%が改善するというデータもあるようだから、まずはこのまま病院での治療を優先して良いのではないだろうか。
 しかしお客様は漢方薬を希望されているようだったので、近所の漢方薬に詳しい病院も紹介してみたのだが、どうしても何か買っていきたいと粘られ、口の渇きがあるというお話から『消風散』『黄連解毒湯』を紹介し、後者をお買い上げいただくことになった。

 お客様から捻挫の相談を受け、足の甲が下になるぐらい捻ってしまったそう。
 昨日のことだったのでまずは強めの薬から使って、症状に合わせて弱い物に乗り換えるようお話して、ジクロフェナクトリウム製剤を勧め、痛みが弱くなったらフェルビナク製剤をと紹介した。
 すると、ロキソニン製剤は無いかと訊かれ強く希望されたため、近くの薬剤師のいるドラッグストアーを紹介した。
 ただ、ロキソニンは痛み止めとしてそこまで優位性があるわけではないことは伝えた。
 ロキソニンが第1類医薬品なのは、効き目が強いからというよりは副作用のリスクが高いからなので。

 

バランスの取れた食事も大事だけれど胃腸を休めるのはもっと大事

 お客様が『柴胡桂枝湯』をレジに持っていらして、嘔吐と下痢をしている高校生に適用するか訊かれたので、最適ですとお答えした。
 ただ、現に吐いているとなると、一包を普通に水で飲んでも吐いてしまうと考えられるため、小皿にお湯で溶いてスプーンで少しずつ舐めるように服用する方法を教えた。


 口内炎の棚を見ていたお客様から、口唇ヘルペスの薬を探してると言われたので、置いていないことを伝えた。
 二日ほど前から痛み、患部を舐めていたら広がってしまったようだという。
 いつもなら近くのドラッグストアを紹介するところなのだけれど、もう薬剤師さんが帰ってる時間だったので役に立てなかった。
 せめてもと、炎症を抑えるためには口と胃は繋がっているから、胃を休めた方が良いので消化の良い食事をするようにと伝えた。
 何かというと私は「消化の良い食事を」といつも同じことしか言わないと思われるかもしれないけど、それだけ大事なんである。
 極論すれば、バランスの良い食事以前に内蔵に負担をかけないことの方が病気に対抗でき、また未然に防ぐことができる。
 そして、そんな簡単なこともできないのが人間なんである。
 だから、繰り返し繰り返し何度でも同じことを言う。
 ええ、できないのは私なんですけどね、晩酌がやめられない(;´Д`)

 

ネット検索は、本当に知らないことを調べるのには向いていない

 お客様から『パンシロン01』や『パンシロンキュア』しか置いていないのか尋ねられたので『パンシロンG』を案内したのだけれど、使っていたのは無印だと言われる。
 ううん、『パンシロン』のシリーズに無印は無いはずなのだが……。
 しかも詳しく訊いてみると、その謎の『パンシロン』を服用すると排尿しにくくなるとのお話。
 ええと、それはマグネシウムやナトリウムなどのミネラル成分が影響しているのでは?
 そう伝えてみたら、胃もたれに他の店で何か漢方薬を購入したそうなのに、その名前は覚えていないという。
 『六君子湯』『半夏瀉心湯』『五苓散』と『大正漢方胃腸薬』と次々と揚げてみたが、どれも違うとのこと。
 ただ、排尿困難に『ジェントスルー』(八味地黄丸加五味子麦門冬)を使ってるというので、それ自体が胃薬でもあることを説明したところ、本日はお帰りになられた。
 無印の『パンシロン』というのも謎だし、飲むと具合が悪くなるというのに飲みたがるのも謎だった。


 口唇ヘルペスだというお客様が来店し、自身でネットで市販薬を調べたというのだが、口唇ヘルペスの薬は第1類なため薬剤師のいる店でしか扱えないことを伝え、近くのドラッグストアを紹介した。
 しかしそのドラッグストアに問い合わせてみると、もう薬剤師さんが帰ってしまった後で販売できないということだった。
 お客様が発症したのは昨日で、食事を食べ過ぎたというお話から、胃炎による口唇部の炎症の可能性も高いことを伝えた。
 それに、口唇ヘルペスはウイルス性だから本当のところ、一度は病院で診察を受けて確実でないとドラッグストアーでは売ってもらえないこともある。
 炎症ということで考えれば『黄連解毒湯』も使えるし、患部の修復には『チョコラBB』などのビタミンB剤が役に立つことを紹介したが、今日のところはお帰りになられた。
 ネットで調べるのは悪いことではないけれど、それを参考にしたうえで、やはり専門家に確認するという手順は踏んでもらいたいところ。
 口唇ヘルペスの市販薬は第1類で、薬剤師のいないお店では買えないことを知らない段階で、その調べ方に欠陥があったということなので。

 
ページ:1234567»