お客様の信頼を得て分かり合える道は遠く険しい

 お客様が『アレグラFX』を購入されるさいにヒアリングしたところ、 アトピー性皮膚炎に病院から処方されていて、次に病院に行くまでのつなぎとのことだった。

 成人の息子さんも同じだそうで、他に顔にステロイド剤が処方されており、それをしょっちゅう使っていて鼻が酒渣(赤鼻)のようになっているとのことだった。

 症状が軽い時には薬も弱い物に変更した方が良いはずなのだが、担当医の判断が分からないので、迂闊なことは言えない。

 漢方薬なら『白虎加人参湯』『黄連解毒湯』が候補に考えられるし、『十味敗毒湯』も使えるかもしれないと思うのだけれど。

 お客様は引っ越してきたばかりで周囲の病院を知らないと言うため、漢方薬に詳しい病院を紹介してみた。

 また、息子さんはチョコレートが大好きでアイスもよく食べ、風呂は熱いお湯に短時間という入り方だそうなので、いずれもアトピー性皮膚炎には良くないことを伝えた。

 私もアトピー性皮膚炎で苦しんだ口だが、体の免疫機能を緩めてしまう甘い物の過度の摂取は避け、免疫機能を司る腸を冷やさないために積極的に温かいものを飲み、免疫機能を安定させるよう入浴はぬるめのお湯に長めに入るようにして改善した。


 いつも『新ルルAゴールドS』を購入される常連のお客様から、「長く飲んでちゃ駄目か」と訊かれたので、好ましくないと答えると、咳は無く鼻炎で飲んでいるというため鼻炎薬を提案したところ、内服薬ではなく点鼻薬の『スットノーズαプラス』を購入された。

 友人が一年中コンコンとカラ咳をしてるというので、それは風邪ではなく胃炎の可能性もあることをお話すると、「そうなの!?」と驚かれた。

 そして、私の居ない時に『新ルルAゴールドS』を二箱も購入していることが分かった。

 私がこのお店に来て以来、もう3年以上の付き合いになるはずなのに、未だにこんな状態である。

以下の記事も読まれています。

LINEで送る
Pocket