接客は、最初の話からコロコロ転がっていくライブ感

 夫婦のお客様が来店し、総合風邪薬の『アデロンゴールド』を求められ案内したけれど、奥さんが愛用していて仕事が休めない時に使っているというので、それは逆であることを説明した。

 総合風邪薬に入っている咳止め成分は麻薬系であることが多く、これは身体機能を落として症状を抑えるため、体がだるくなってしまう。

 だから仕事が休めない時に服用するのであれば、咳が出ていない時には咳止め成分の入っていない『PL顆粒』や、咳止めについては『麦門冬湯』などの漢方薬を併用するか、どうしても現代薬であれば非麻薬系の成分の入った風邪薬を選ぶのが良い。

 ただ現代薬だと、咳止め成分だけでなく鼻炎を抑える成分もまた体をだるくしてしまうから、いずれにせよ仕事が休めないという場合には相談してもらった方が適切な薬を案内できる。

 するとお客様の主訴は咳のみで、職場が乾燥していて咳が込み上げるというため、まさに『麦門冬湯』が適応することをお話した。

 ところが今回買いに来た薬は、高校生の娘さんに使わせるつもりだそうで、主訴は微熱と倦怠感だというので『柴胡桂枝湯』を案内すると、自分に処方された分が家にあるとのことだった。

 奥さんに処方された物を私の口から子供に使って良いとは言えないが、適応することは伝えた。

 そうしたら、子供の分として『柴胡桂枝湯』をお買い上げいただいた。


 小学生の子供を連れた夫婦のお客様が来店し、『パスタロンSEローション』を求められて、うちの店では取り扱っていないため、処方の近い『ケラチナミン乳状液』を案内した。

 しかし子供の乾燥肌に使うというので、水分をガッチリと皮膚に捕らえておく尿素は体内の水分比率が多い子供には不要なことと、痒みは無いというため、『ワセリン』で水分の蒸発を抑えれば充分なことを説明したところ、お帰りになった。

 入浴はしているというので、血液を循環させて水分を行き渡らせるのが大事なため、ぜひ続けるようにと伝えた。

以下の記事も読まれています。

LINEで送る
Pocket