Tagged with " 桂枝茯苓丸"

家の薬箱を持ってきてもらえれば買わなくても使い方をアドバイスします

 やや高齢のお客様から、口内炎に『トラフルBBチャージ』と『新エバユースB26』のどちらが良いか尋ねられたけれど、内容は同じと考えられることを説明し価格の安い前者をお買い上げいただいた。

 塗り薬が効かなかったとのことだったが、使ったのは『サトウ口内炎軟膏』だったというため、『ケナログ』を案内したら、家にあるというので使うよう勧めた。

 口内炎の塗り薬には大きく分けて二種類あり、強い炎症を抑えるタイプと患部の修復を手伝うタイプで、『サトウ口内炎軟膏』は後者に属するため初期症状に効かなかったのだろう。

 家にある薬を使わないというのはモッタイナイので、それこそ店頭で尋ねてもらいたい。

 他のお店はどうか知らないけれど、家の薬箱を持ってきてもらえれば、買わなくても使い方をアドバイスしますよん。

 お客様には、口に現れる症状は胃とも関係するため、消化に良い食事を勧めるとパンが好きだというので、スープに漬けて食べる方法を勧めた。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 『加味逍遥散』を購入されるお客様に使用経験を尋ねると、知人から勧められたというため、その人と自分がどの程度体格や体質が近いかがポイントですと説明した。

 お客様の主訴は生理前のイライラと目の奥が重く感じる頭痛とのことで、症状からは適応しそうとお話して、合うようであれば病院での処方を勧め、漢方薬に詳しい病院を紹介した。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 お客様から、ご主人が通勤時の電車で大汗をかくとの相談を受け、初めから漢方薬を希望されたので水分代謝の異常を改善する『防已黄耆湯』と、体温を調節する要の血流不順を解消する『桂枝茯苓丸』を案内した。

 どちらも女性向けの漢方薬と勘違いされやすいが、もちろん男性でも合っていれば使える。

 ご主人は食事でも大汗をかくという話があり、お客様がご主人に電話して代わっていただいたところ、それは無いとのことだった。

 お客様の観察と、ご主人の症状への自覚が無いのかは分からないけれど、電話を切った後に最近になって職場環境が変わったことと、寝つきが悪いようだというお話も本人からあったため、方向性を神経症に変え『柴胡加竜骨牡蛎湯』を試していただくことになった。

 お客様は、神経性の症状に用いる『半夏厚朴湯』にも興味を持たれたけれど、咳払いや息苦しい様子は無いようなので、適応しないと思われることを説明した。

 それから、電車内で汗をかき始めたら、体の冷却と気持ちを落ち着けるために、深呼吸してみるように伝えて下さいとお話した。

 これまた深呼吸というと勘違いされやすいが、始めに大きく息を吸い込むと動悸が強まり、かえって落ち着かなくなってしまうので注意。

 パニックになったさいの呼吸の乱れというのは、息を吸えなくなるより「息を吐くことができなくなる」ので、気持ちを落ち着けるための深呼吸は、始めに息を吐くのがポイントである。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 

 

薬を買うのが本人でないと伝えきれないことが多い

 お客様が『バファリンルナi』を購入されるさいに使用経験を尋ねると、娘さんからの頼まれ物とのことで、もし生理に使うようであれば生理痛専用薬もあることを伝えると驚かれた。

 例えば『エルペインコーワ』でやっていることは、鎮痛剤の他に内臓の働きをわざと悪くする成分が入っていて、いわば活発に動いてしまう子宮の働きを抑制して生理痛を軽減するのだ。

 また、頭痛に使う場合には、ズキズキする偏頭痛は胃の不具合と関係し、締め付けられるような緊張型頭痛は肩こりと連動して、朝方に頭が重くなるような頭痛は血圧が関係することを説明し、それぞれ対処法が変わることを本人にも伝えて下さいとお話した。

 本当は、漢方薬の『桂枝茯苓丸』『当帰芍薬散』を合方した『婦人華』も紹介したいところなのだけれど、本人でないと勧めにくい。


 やや高齢のお客様から、タウリンドリンクを購入されるさいに野菜ジュースより体に良いか尋ねられたので、野菜ジュースの方が良いと答えた。

 あまり野菜を食べないため野菜ジュースを飲んでいるそうだが、疲れのせいか野菜ジュースも飲む気にならず風邪の予防にタウリンドリンクをと思ったようだ。

 そういうことであれば野菜ジュースより、インスタントでも良いから野菜スープの方が適していることをお話し、風邪の予防にはなによりも体温を高く保つことが重要なことを伝えたところ、白湯などを飲んでいるというので、それは良いことですと伝えた。

 購入されたタウリンドリンクはカフェインが入っているため、夕方以降は飲まないように勧めたけれど、よく眠れるタイプとのことだった。

 人間は寝るのにも体力を必要とするから、よく眠れるということは大丈夫ということでもある。


 お客様が『セイロガン糖衣A錠』を購入されるさいに通常の正露丸から抗炎症剤と鎮痙剤が抜いてあることを伝えたところ興味を持たれたようなので、腸には味覚と嗅覚の器官も揃っているため、『正露丸』の独特の匂いも効能に必要なことを説明すると、今回は子供に持たせるためで家には普通の『正露丸』もあるとのことだった。

 食中りによる下痢はピタッと止めない方が良いものの、下痢止めとして使うには大幸薬品の『正露丸』ではなくキョクトウ製薬やイヅミ製薬の『正露丸』に下痢止めの成分が入っていることを伝えた。

 

ニキビの原因菌とオデキの原因菌の違い

 お客様から中学生の子供のニキビの相談を受け、薬を使うのは初めてとのことだったので、成長期と大人になってからのニキビは違うことを説明したうえで、『クレアラシル』と『ビフナイト』を案内し、前者をお買い上げいただいた。

 ニキビの違いとしては成長期のニキビは細胞が活発で、しかしその成長の速度が不均質なことから細胞同士が押し合いへし合いしているところへアクネ菌が入り炎症してしまうのに対して、大人のニキビは栄養の偏りやストレスなどで肌の状態が悪くなったところへアクネ菌が侵入してしまうんである。

 だから成長期のニキビは炎症を抑えるのが優先で、大人のニキビは皮膚の表面を早めに壊して新陳代謝を促すようにするのだ。

 気をつけなければならないのは患部の洗いすぎで、皮膚を守る菌まで洗い流してしまうと、より状態を悪化させてしまう。

 だから石鹸や洗顔料を泡立てて、その泡を肌に乗せたら、こすらずにそのまま洗い流す。

 汚れは泡に吸い寄せられるから、それで十分なんである。

 また気をつけなければならないのは、ニキビとオデキとの鑑別である。

 ニキビの原因の9割以上がアクネ菌なのに対して、オデキの場合は黄色ブドウ球菌が原因であることが多い。

 そしてオデキには抗生物質や、炎症が強い時には副腎皮質ホルモンを合わせた薬を使う。

 たまにニキビ用の薬を買いに来たお客様に患部を見せてもらい、診察はできないのでお客様自身に患部を押してもらうと、硬く痛みがあるケースに出くわして、オデキ用の薬を案内するなんてことも。

 ちなみに、アクネ菌は黄色ブドウ球菌だけでなく食中毒の原因になる他の菌に対しても抑制する働きがあるので、いなと困るんである。

 あっ、そうそう、最初から塗り薬を希望されることが多いものだんだから、すっかり忘れていたけど飲み薬もあります。

 漢方薬の『清上防風湯』がそれで、炎症が強い場合には『黄連解毒湯』を、ニキビ痕が気になる場合の皮膚の修復には『桂枝茯苓丸加よくいにん』が候補になる。


 親子のお客様が来店し、高校生の子供がニキビとのことで『ペアアクネクリームW』を求められたけれど、使うのは初めてというため患部を見せてもらうと、額で赤みが強く、成長期のニキビには抗炎症の成分が入った『クレアラシル』や『ビフナイト』の方が適応することを説明し、後者をお買い上げいただいた。

 薬のお会計を終えたら本人はどこかへ行っていなくなってしまったため、父親に患部の洗い方を教え、ニキビが気になって患部を触るのも良くないので、手が肩より上に上がりそうになったら下ろす癖をつけるようにと伝えた。


 やや高齢のお客様から水虫の薬を求められたけれど、患部は足の指の間で、何十年も繰り返していると言うため、まず受診して水虫と確定してからの購入を勧めた。

 すると帯状疱疹の治療を皮膚科で受けているものの、水虫については相談したら水虫ごときでと怒られると思いしていないとのことだった。

 お客様は精神的に不安定なようで、医者への不信の話を終始していて、共感を示しつつ担当医への相談をするように持っていくのが大変。

 水虫が手に移ることもあると説明すると驚かれ、だからこそ医師に相談しても怒られませんよとお話をして、本日はお帰り頂いた。

 

説明されるのは面倒ですか?

 お客様が『イブクイック頭痛薬DX』を購入されるさいに「ロキソニンは無いですよね?」と訊かれたので、近くに取り扱っているドラッグストアーがあることと、イブプロフェン製剤でも代用できることをお話した。

 用途を尋ねると頭痛だというので痛み方を確認しようとすると、「いいです」と帰られた。

 ズキズキするタイプなら胃の不具合と関係があるから消化に良い食事をすることとか、締め付けられるような緊張性頭痛は体を動かす方が楽になるといったことを伝えたかったのだけれど、説明されるのが面倒だったのか、何か売りつけられると思われたのか……。

 子供を連れたお客様が子供用の酔い止め『トラベロップQQ』を購入されるさいに、比較的眠くなりにくいことを伝えると、以前は酔わなかったとのお話があったから、成長期で体の仕組みが変わる時期には起こりがちなことをお話した。

 乗る前には温かい物を飲食して胃の負担を減らし、乗ってからは冷たい物を飲んで胃の機能をわざと落とすと酔いにくいことを説明すると、子供は用途と冷たい物を欲しがるとのことだった。

 経験で習得したということだろうか。

 お客様が『トラベルミンR』を購入されるさいに、やや眠くなりやすいことを伝えると受験生の子供が使うそうで、以前は『パンシロントラベルSP』を使わせていて、眠くなったことは無いとのことだった。

 まあ確かに、薬が必ず効くとは限らないように副作用の眠気も必ず現れるとは限らない。

 ただ、やはり薬は本人が買うのが望ましいと思う。

 お客様が『補中益気湯』『人参養栄湯』を比較していたので声をかけ、前者は気力が湧いてこない時に、後者は貧血気味の疲労に向いていることを説明した。

 お客様は以前に『桂枝茯苓丸』で肩こりが良くなったことがあり、疲労に『当帰芍薬散』を使ったこともあるそうだが、その時に効果があったかどうかは覚えていないとのことだった。

 ただ、『桂枝茯苓丸』を勧めたのは私だそうで、残念ながら私の方も覚えていない(^_^;)

 今回は、『人参養栄湯』を試していただくことになった。

 

どうしてその薬を選んだのかを教えてもらえる方法を知りたい

 お客様から『ルビーナ』(連珠飲)を求められたけれど、主訴は疲労とむくみで更年期障害と考えていることから、うちのお店には置いていないことと、適応するのは貧血傾向で動悸や息切れを伴う場合であることを伝えた。

 すると『連珠飲』の適応しそうな症状は無いというため、さらに詳し く訊くと病院から『当帰芍薬散』『桂枝茯苓丸』『加味逍遥散』を処方されたことがあるものの、どれも今一つだったという。

 また、『命の母A』は合わなかったというため、精神的な興奮が伴う場合に適応することと、同じブランド名の『命の母ホワイト』は肉体的疲労が大きい場合に用いることを説明した。

 そして、うちのお店にある『ルビーナめぐり』(当帰芍薬散加人参)を提案したところ、病院で処方された漢方薬がまだ残っているというため、それらと『人参養栄湯』を併用する方法があることと、うちのお店には置いていない『婦人華』を紹介し、その処方内容は『当帰芍薬散』『桂枝茯苓丸』を合わせた物であることをお話した。

 今回は相談のみで、お帰りになった。

 そういえば、どうして『ルビーナ』を試そうと思ったのかを聞きそびれてしまった。

 中身が『連珠飲』であることは知らなかったみたいだから、ネットで見たのか人に勧められたのか。

 もう少し、聞く姿勢を持つべきだったと反省(´・ω・`)

 お客様が『新ルルA錠』をレジに持ってきたけれど、18歳の受験生で主訴は喉の痛みだけというので、勉強に差し障りの無いよう『ペラックT』を紹介しつつ、『新ルルAゴールドDX』と『ルルアタックEX』を案内したところ、お守り代わりの置き薬にという『新ルルA錠』の処方内容は痰を伴う咳に向いているため、他の物との違いを説明すると、「どうりで効かないと思った」と言われ、『新ルルAゴールドDX』を購入された。

 効かなかった物を、どうしてまた買おうと思ったのか不思議だけど訊きにくい(^_^;)

 受験生ということから、緊張感を緩和する『半夏厚朴湯』の事をお話してみたが興味は持たれなかった。

 お客様が痔の塗り薬『ラナンキュラス』を購入されるさいに念のため症状を確認すると、患者は18歳の子供で出血は無いとのこと。

 比較的炎症が強い場合に適応することを説明したうえで、お買い上げいただいた。

 本人は恥ずかしがって病院に行きたがらないようだけれど、肛門から内側には痛覚神経が無いため痔は内側の症状が重いことがあり、今は日帰りでの治療が可能なので受診を勧めた。

 繰り返すけど、痔は痛覚神経の無い奥の方で重症化している可能性があるから、表に出ている症状だけで甘く見ないようお気をつけ下さい。

 

買う買わないは気にせずに相談を

 外国のお客様が『ナリピタン』を求めて来店したけれど、うちの店には置いておらず症状をヒアリングしようとしたところ、高齢の親が使いたがっているというため、近所の別なドラッグストアに連絡して引き受けてもらうことになった。

 『ロキソニン』を求めて来店したお客様に、近くで扱っているお店はあることを伝えたうえで、化学構造式の似ているイブプロフェン製剤を提案してみたが、すぐにお帰りになった。

 そのため、症状のヒアリングはできなかった。

 『ロキソニン』を求めて来店したお客様に置いていないことを伝え、イブプロフェン製剤での代用を提案したところ興味を持たれたので『イブA』と『バファリンルナi』を案内した。

 そして重い感じの頭痛と生理痛の両方に使うつもりだと分かったので、生理痛には薬を使い分ける方法もあることをお話して、専用薬の『エルペインコーワ』も紹介した。

 生理痛は子宮が活発に働くから起きると考えると『エルペインコーワ』は鎮痛薬に、いわば内臓の働きを悪くする成分を加えてあり、それによって生理痛を軽減するのだ。

 ただし漢方的には、血流の悪さや水分代謝の異常なども絡んでくるので、生理の時にどんな随伴症状があるかによって対処は変えた方が良い。

 血流が悪く疲労感も伴う場合には『当帰芍薬散』が、のぼせやすく体力がある人には『桂枝茯苓丸』というようにである。

 今回は『バファリンルナi』をお買い上げいただいたけれど、重い感じの頭痛は血圧が関係する可能性があるため受診勧奨した。

 これもまた漢方薬としては、『釣藤散』が候補になる。

 初めから鎮痛薬という相談であれば、そこまで踏み込んでお話もできるのだけれど。

 お客様から、11歳の子供の鼻水とクシャミに『パブロンキッズかぜ微粒』を使って良いか尋ねられた。

 主訴からすると、入浴させて温かい物を飲ませ、下半身を厚着させれば治るかもしれない事をお話した。

 以前にも相談に応じたお客様で、「買わないことになるけど」と言われたけれど、不要な薬は買わなくて良いのです。

 今回は予備にと、そのまま購入された。

 

頭痛にも種類があり原因と対処法が変わる

 お客様が『ロキソニン』を求めて来店したけれど、特別な理由は無いそうなのでイブプロフェン製剤が親戚関係であることを説明し『バファリンプレミアム』を試していただくことになった。

 また、主訴は頭痛というため、頭痛にも種類があり原因と対処法が変わることを伝えた。

 一番分かりやすいのはズキズキしたり目の奥が重くなる頭痛で、これは胃を悪くすると発症することが多く、消化の良い食事をして体を休めるのが対策の一つとなり、漢方薬では『呉茱萸湯』『五苓散』が候補である。

 そして頭が締め付けられる頭痛は緊張性頭痛と呼ばれ肩こりに連動することが多く、運動したり『葛根湯』を服用して血流を良くすることで軽減できる。

 あと、朝方に頭が重くなるような頭痛は血圧と関係している可能性が高く、数値的に高血圧でなくても1日の中での血圧の高低に影響され、やはり軽い運動をするか『釣藤散』『七物降下湯』などにより改善が期待できる。

 夫婦のお客様が来店し、『柴胡桂枝湯』をレジに持ってきて軟便に適応するか尋ねられ、胃腸炎が思い当たれば使えることを説明して、お買い上げいただいた。

 患者はご主人で、焼酎を好まれるというため蒸留酒は腸への刺激が強く、また善玉菌をいわば殺菌してしまうことになり、それが軟便や下痢の原因となってしまうことを伝えた。

 高齢のお客様が来店し、家族の蕁麻疹に眠くなりにくい飲み薬をとのことだったので『十味敗毒湯』と、『十味敗毒湯』に現代薬を合わせた『タウロミン』を案内した。

 また、ご自身の更年期障害についても相談され、汗を多くかくとのことで『桂枝茯苓丸』を考えたが、動かなくても出るというお話と筋肉が柔らかそうな感じだったため『防已黄耆湯』を案内してみた。

 『十味敗毒湯』『防已黄耆湯』も保険の適用薬であることを伝えると、ご主人は何か病院で薬が処方されているようなので『防已黄耆湯』のみを勧めて購入していただいた。

 そしてお客様には、市販薬を買うさいにも、お薬手帳を持参した方が良いことを伝えた。

 

デキる男は専門家に質問して上手く使いこなす

 『タナベ胃腸薬ウルソ』を購入するお客様に使用経験を尋ねてみると初めてとのことだったのでヒアリングしたところ、主訴は胃もたれだという。

 胃もたれには大きく分けて三つあり、たまたま胃の機能を超えて飲食してしまった場合と、胃の機能が低下している場合、そして脂質や肉類が腸で消化しきれない場合 だ。

 胃の機能を超えてしまった場合は消化剤が有効であり、機能が低下してるなら健胃剤が必要となって、腸での消化が滞ってる場合にウルソの出番となる。

 特に腸の消化が滞っている場合は、胃から食べ物が来るのを腸が制限してるからなので、消化剤や健胃剤は有効な手立てとならないため注意が必要だ。

 お客様は胆石での通院歴あるとのことで、ウルソの名前に聞き覚えがあったとのこと。

 夫婦のお客様が来店し、鎮痛剤の成分標準を見較べていたようなので、案内を申し出たが断られた。

 しかしその後も長考されている様子だったため主訴を尋ねると、奥さんの生理痛にというお話から、専用薬として『エルペインコーワ』を紹介した。

 どの辺が生理痛の専用薬なのかというと、乱暴な言い方をすれば鎮痛剤に内臓の機能を低下させる成分が加えられている。

 生理痛の原因の一つは、子宮が活発に働くからなので機能が低下すれば楽になるという次第。

 もちろん生理痛の原因は他にもあるので、必ず生理痛になるという場合には痛み方や酷くなるタイミングなども調べて、適応する薬を検討する必要はある。

 お客様は、今までは薬を使わずに我慢してきて、産後に仕事に復帰するにあたって用意しておこうと思ったとのこと。

 そこで、体力が充実している人向けの『桂枝茯苓丸』や、貧血を起こしやすく疲労体質の場合の『当帰芍薬散』を、生理の予定の一週間ほど前から服用しておいて生理痛を軽減し、やり過ごす方法を案内した。

 また、普段は鎮痛剤を使っていないとのことから、睡眠の質を落とさないためにカフェインの入っていない『グレランビット』を紹介したところ、お買い上げいただくことになった。

 実のところ、長考してる間ご主人が色々と検討していた様子だったけれど、薬に詳しいわけではなく、良く分からないようだったから心配だったのだ。

 男のメンツとか奥さんにイイトコロを見せたいという心理が働くのかもしれないけれど、専門家に質問して上手く使いこなすのもカッコイイと思いますよ(゚∀゚)

 

薬を買うお客様の気持ちになるのは難しい

 お客様が『ラムールQ』をレジに持ってきたさいに使用経験を尋ねたところ初めてなうえ、自覚症状は何も無いとのこと。

 知人が急に汗をかくようになり、お客様はそれを更年期障害だと思って「ああはなりたくない」から『ラムールQ』を使ってみようと考えた模様。

 てっきりその人に勧められたのかと思ったがそうではなく、その人も病院には行っていないと言うから更年期障害なのかも不明だし、使う動機がよく理解できない(?_?)

 とりあえず、同様の症状には『桂枝茯苓丸』と、不安感が強ければ『命の母A』も候補になることをお話した。

 イライラ感が強い場合には『加味逍遥散』が考えられるものの、それも無いとのこと。

「聞いて良かったわ」とお礼を言われ何も買わずに帰られたけれど、私も知っている漢方の専門医院に通っていたことがあるというので、まずはそこで相談してみてはどうかと伝えた。

 お客様が指先を虫に刺されたとのことで、痒みが強いようなためステロイド剤の入った『ムヒアルファS2』と『ムヒアルファEX』を案内し、後者をお買い上げいただいた。

 虫除けスプレーは、つい薬剤を吸わないようにと体から離して吹きかけかけがちだが、それだと効果が期待できないので、掌に出して体に塗るよう勧めた。

 成人の娘さんの便秘にと『コーラック2』を購入されるお客様から、「お腹が痛い時に使えば良いか」と質問されたので、お腹が痛むようならむしろ使わないようにとお話した。

 今はお腹が張ったり痛くなることもないと言うので、週に3回はお通じがあれば便秘と考えなくても良いことをお話したうえで、服用してお腹が痛む場合には中止するか服用量を減らして下さいと説明した。

 また排便時には、膝が胸につくくらい体を前傾にすると出しやすいことを伝えた。

 いわば、和式便器でする姿勢を洋式便器でやるんである。

 前かがみになるのがつらければ、足の方を台に乗せる方法もある。

 

これだけある! 膀胱炎の市販薬

 お客様が成人の娘さんから『ペアアクネクリーム』を頼まれたとのことで、ニキビの状態を尋ねたところ両頬に白ニキビがあるようだった。

 炎症のある赤ニキビとの違い、白ニキビは血行不良なども関係することをを説明したうえで表皮のターンオーバーは約1ヶ月周期であるため、塗り薬も長いスパンでの使用が想定されることを伝えた。

 また、併用すると効果的な内服薬として赤ニキビに適応する『清上防風湯』と、血流が関係する『桂枝茯苓丸加よく苡仁』を紹介したところ、生理と連動して増減するようだというお話があった。

 生理と連動してるようであれば、『桂枝茯苓丸加よく苡仁』が適応するはずである。

 ニキビができたキッカケは化粧品を変えたことだったらしく、病院で塗り薬を処方されたようなのだが内容は不明で、改善しなかったため市販薬を使おうと思った模様。

 人間の体は機械ではないから一つの薬でバシッと治るということは無いし、治療の選択も一つではないので、病院で処方された薬が効かないようであれば、もう一度行って担当医に相談してみた方が良いのだけれど。

 もしくは一軒で諦めず、病院を変えてみるよう勧めた。

 また、洗顔料を泡にして肌に乗せたら、こすらずにそのまま洗い流すよう伝えた。

 皮膚には体を守る菌や皮脂もあるので、それらまで洗い流してしまうと無防備になり、それもまたニキビの原因となる。

 お客様から膀胱炎の相談を受け、ファーストチョイスに処方構成が単純で鋭く効く『猪苓湯』と、広範囲な作用が期待できる『腎仙散』を案内した。

 そのうえで、排尿時に灼熱感がある場合の『竜胆瀉肝湯』と、疲労を伴う場合の『五淋散』も紹介してみたのだけれど、お客様の反応が鈍かったことから『猪苓湯』を試していただくことにした。

 今回は、お客様があまり話を聞いていただける感じではなかったため案内しなかったが、疲れやすく手足が冷える場合には『ジェントスルー』(八味地黄丸加五味子麦門冬)や、胃腸が弱く疲労倦怠感がある場合の『清心蓮子飲』も候補になる。


 
ページ:12345678»