ネットではニキビに抗生物質の塗り薬が効くという書き込みを見かけるけど、それってアリ?

 若いお客様から『クレアラシル』と『ペアアクネクリームW』の質問を受け、前者は赤ニキビなどの炎症を伴う思春期のニキビに向いていて、後者は白ニキビのように炎症よりも皮脂の偏りによるニキビに適応することを説明すると、後者を購入された。
 また、洗いすぎに注意することと、患部の保護に『ワセリン』を重ね塗りするようお話した。
 そして抗菌には体温を高めに保つのが良いと伝えると、入浴しているとのことだったので「それは良いことです」と伝えた。
 ニキビは皮脂を餌にアクネ菌が増殖して起きる症状で、ネットでは抗生物質の塗り薬が効くという書き込みも見かける。
 確かに菌を倒すことで一時的に症状は治まるかもしれないが、それだと犯罪者も警察官もまとめて皆殺しにしてしまうことになり、そこには外部からのマフィアや愚連隊のような別な悪い菌が蔓延ることになりかねない。
 実はニキビの原因であるアクネ菌は、食中毒の原因になる黄色ブドウ球菌などを追い払ってくれる番犬でもあるのだ。
 あくまで過剰に分泌された皮脂や、肌荒れで窪みのできたところに溜まった皮脂を餌にして増殖してしまったことが問題なので、殺菌に重点を置くよりも皮膚の新陳代謝を促して下層から新しい皮膚ができて、皮脂の溜まり場を無くす方に力を貸した方が良い。
 そういう意味では、先にも書いたように洗顔のし過ぎもまたNGである。
 余分な皮脂は落としたいが、体を守る分の皮脂まで落としてしまうと、それこそ外的に対して無防備になってしまう。
 皮脂を落とすことよりも、皮膚を傷つけるホコリなどの汚れのみを落とし、皮脂は残しておくのが望ましい。
 そのためには、洗顔フォームや石鹸は手でよく泡立てて、皮膚にはフワリと乗せる。
 表面張力と界面活性剤の効果によって、こすらずとも汚れが浮いてくるから、そこをそのまま水やお湯で洗い流すのだ。
 泡を乗せてこすり洗いをしてしまったら、それはもう洗い過ぎである。
 そして、何よりも大事なのは患部を触らないこと。
 つい気になってしまう人が多く、店頭でも患部を見せてもらうと患者さんの誰もが、患部を見せるさいに指で患部を触る。
 しかし指先には、より多くの雑菌がついているし、触られた患部の方はその刺激を外部からの攻撃と認知して、皮膚を守ろうと皮脂の分泌量を増やし、なおかつ皮膚を固くしてしまう。
 だから、首から上に手が上がったら意識的に下ろすように気をつけなければならない。
 また、おでこにニキビが出来た場合に隠そうとして前髪を垂らしていることがあるが、それも良くない。
 先にも書いたように、おでこに当たる髪の刺激を外的からの攻撃と体は勘違いして、悪化させてしまうからだ。
 隠したい気持ちは分かるけれど、少なくとも家に帰ったら前髪を上げて、前髪がおでこに当たらない時間を長くするのが良い。
 まぁ、バッサリ切ってもらった方が、より良いのだけれど。
 そうそう、ニキビの薬を求めて来店するお客様は、ほぼ100%が塗り薬を指定されるけれど、内服薬もお忘れなく。
 ビタミン剤がメインとなりますが、漢方薬では『清上防風湯』が適応し、生理と連動して症状が増悪する女性には『桂枝茯苓丸加ヨクイニン』などの候補があります。

 高齢のお客様が『スキュータムA』を購入されるさいに、弱めの薬で良いのか確認すると、背中から脇にかけて痛むとのお話だった。
 筋肉痛であるようなので、併用に『葛根湯』を提案すると「風邪だけと思っていた」というため、上半身を温めて血行を良くすることで風邪を治すというのを説明し、同時に温めると具合の悪くなる症状、喉の痛みや咳、発熱など合わない症状を説明した。
 また、外出時の冷え対策に持ち歩くよう勧め、反対に上半身を冷やす『銀翹散』も紹介した。

スキュータムA
LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート