患者さんの希望する薬を、売るときと売らないとき、優先するモノの判断が難しい

 お客様が『新コンタックせき止めW持続性』を購入されるさいにヒアリングしたところ、咳の音は湿っているそうで、『パブロンSせき止め』を使って1週間ほど続いてるという。
 麻薬系の咳止め成分は中枢神経に働きかけて咳を抑えるので、身体機能そのものが低下する。
 例えば、胃腸の消化力が落ち保水機能も狂うため体内が乾燥して便秘になる。
 この乾燥によってカラ咳になるように、咳止めの副作用が咳なのだ。
 今回のような湿った咳は、乾燥に傾かなかった一方で胃の機能の低下により水分代謝が異常をきたし、胃内停水を起こしていると考えられる。
 湿った咳となると『五虎湯』を考えるところだけれど、すでに1週間続いている点と、胃を治したほうが良いと考えられるので、胃薬としても働く咳止めの『麦門冬湯』を、乗り換え先として紹介した。
 ただ、お客様は現代薬を希望されたので、成分違いの薬に乗り換えるのは良い選択とお話して、そのままお買い上げいただいた。
 というのも、『パブロンSせき止め』は咳止めと咳止めに咳止めを重ねているという、メチャクチャ身体機能を犠牲にして咳を止めるタイプなのに対して、『新コンタックせき止めW持続性』は中枢神経を止める成分と、気道を開いて痰を出しやすくする成分が2つのみのシンプルな構成。
 一見すると、咳止めには弱いと思われるかもしれないが、体が自然に治すのを邪魔し過ぎない点において優れている。
 お客様には、胃を悪くしてる可能性をお話しすると思い当たるようなので、消化に良い食事をするよう勧めた。

 風邪薬を買いにみえたお客様がリウマチの治療中で、処方されている薬が不明というため、新人の登録販売者から引き継いだ。
 まぁ、引き継いだところで処方されてる薬が分からないんじゃ私もお手上げしたいんですが(^_^;)
 主訴は喉の痛みと声枯れで、病院に行けないという。
 いつもなら鎮痛剤にも咽頭痛の効能があるから提案するところだけれど、リウマチに痛み止めが処方されてるケースも考えられるため、『龍角散ダイレクト』と『パブロントローチAZ』を案内しつつ、調剤してる薬局で先に使って良いか問い合わせてみてはとお話したところ、お帰りになった。
 病院で治療中なのに市販薬を買いに来て、でもお薬手帳も現物も持ってきていないようでは、これからも同様のことをして事故を起こす可能性が高くなってしまう。 
 お客様には、病院に行かなくても調剤薬局に相談することができることをお話したので、相談することに慣れてもらいたい。
 せめてもと、患部である喉への刺激を避けるために、喉越しの良い食事をと伝えた。

 目が充血しているお客様が来店し、痒みは無く血管も破れていないようだったけれど、念のため抗炎症成分の入った『アイサット抗菌目薬』を案内して、お使いいただくことになった。
 抗菌目薬の作用は15分あまりで切れてしまうので、少しでも無駄にしない点し方が重要。
 目薬を点したら、すぐに目を閉じて少し下を向く。
 顔を起こしたままだと、目薬は目の後ろから鼻腔を通って喉へと流れてしまうからだ。
 また、目に行き渡らせようと瞬きをすると睫毛に薬剤が持っていかれてしまい、こぼれた分をティッシュに吸わせると浸透圧の関係で吸い取られる薬剤が多くなってしまう。
 だから、余計なことはやらずに目を閉じて下を向くのだ。
 そして、可能であれば5分は目を閉じたままにしておく。
 目を閉じ続けるのがつらければ、下を向いたまま瞬きをする分には表面張力で目薬がまとわりつくから大丈夫。
 とにかく、先にも書いたように少しでも無駄にしないためには、目薬を長く目に閉じ込めておくのが重要なのだ。
 お客様に目薬の使い方を教えるとお礼を言われたけれど、レシートは置いていかれてしまった。
 万が一、副作用が起きて治療を受けた場合の治療費に補助金が出る『副作用被害者救済制度』を利用するのには、レシートが必要ですと伝えたのに。
 この制度、知らない人は多いと思う。
 というか、接客したお礼にとばかりに、お客様のゴミを置いて帰られても困る。
 お客様が置いていかれたレシートは従業員が悪用しないよう、破ってから破棄する決まりだから手間が発生するのですよヽ(`Д´)ノプンプン

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート