• タグ別アーカイブ: 桂枝加芍薬湯
  • 患者さんへのヒアリングを深めたいけれど、目的に合わせた選択も大事

     お客様から『葛根湯』を求められ、お会計しながらヒアリングすると、主訴はクシャミと頭がボーッとする事というので、上半身を温めて血行を良くするから適応することを伝えた。

     それは裏返せば、喉が痛いとか咳がある、または既に発熱しているというような、上半身を温めると具合が悪化する症状には使えないということである。

     そういう場合には、上半身を冷やす『銀翹散』が有効だ。

     また『葛根湯』は、早め早めに飲むのが効果的なので、家に置いておくよりも持ち歩くよう勧めた。


     お客様が『セイロガン糖衣A錠』をレジに持ってきたさいに、『正露丸』から炎症と痙攣を抑える二つの生薬が抜いてあることを説明すると、食べる度に下痢することがあり、これから旅行のため不安というので、 もう少し確実に止めるものとして『ストッパ下痢止めEX』を紹介すると、迷った末に変更となった。

     お客様が余計に迷うといけないので今回はお話しなかったけれど、同じ『正露丸』という名前でも、大幸薬品と他社の製品とでは処方内容が違い、他社の製品ならば腸の活動そのものを抑えるロートエキスの入っている物があるので、そちらを選択するという方法も考えられる。

     それと本来ならば、食べるとお腹を下すという方に合わせて対応を検討したいところだった。

     整腸剤の『ザ・ガードコーワ整腸錠α3+』も候補になるし、漢方薬では『桂枝加芍薬湯』も候補になる。

     肉類が原因のようであれば、『タナベ胃腸薬ウルソ』も考えられる訳で、旅行とは別にまた相談してもらえるかしら。

     

  • 下痢止め薬を長期連用すると、それが下痢の原因になるかも?

     夫婦のお客様が来店し『ベンザブロックL』を購入されるさいにヒアリングしたところ、患者であるご主人の主訴は喉の痛みだけというから、咳止めや鼻炎薬の成分が体には不要な物で体への負担が大きくなってしまうため、喉の痛みに効能を特化した『ペラックT』や鎮痛剤を使う方法を提案したうえで、お買い上げいただいた。

     また、喉への刺激を避けるために胃に優しい食事を勧めると今夜はラーメンのつもりというので、食べ過ぎにも注意するようお話しした。

     喉の痛みというのは風邪とは限らず、胃炎の可能性も考えられるからだ。


     高齢のお客様が『ストッパ下痢止めEX』を買いにみえたけれど、成人の息子さんが毎日のように服用していて受診したことは無く、『ビオフェルミンS』も服用してるというので、難治性の病気が隠れている可能性もお話しして受診勧奨した。

     下痢止め薬の処方内容にもよるが、多くは内臓の働きをわざと悪くすることで下痢を止めるので、常用していると便秘になるばかりでなく胃腸の消化機能も低下して、ますます下痢の原因となってしまう可能性もある。

     そのため、普段使いに『桂枝加芍薬湯』を紹介したところ、『ストッパ下痢止めEX』の購入を取りやめてお帰りになった。

     

  • 『正露丸』はロートエキスの入っている物を選ぶ? 選ばない? 糖衣錠は?

     やや高齢のお客様から『ヘパリーゼプラス2』と『ヘパリーゼHP』の違いを尋ねられ、前者には神経症状を抑えるイノシトールが入っており後者には補酵素のニコチン酸と精力剤にも使われるオキソアミヂンが入ってることを説明した。

     オキソアミヂンはニンニクの成分だが、実はニンニク自体の疲労回復効果は立証されておらず、健康食品はあまりお勧めできない。

     お客様はいつも『ヘパリーゼプラス2』を使ってるそうだが、今回は価格の面で『新パワーアクトEX』を購入された。


     お客様から『正露丸』とだけ注文されたため、大幸薬品と大昭製薬とでは処方内容が異なり、さらに糖衣錠も内容が違うことを説明した。

     昔ながらの処方なのは大幸薬品で、下痢止めとしてだけではなく腸働きを整え、痙攣や炎症を抑えるのは大昭製薬も同じなのだが、『正露丸』を下痢止めとして使う人が多いことから、腸の過活動を抑制するロートエキスを大昭製薬では足している。

     ここが判断の分かれるところで、食中りによる下痢の場合は下痢を止めずに原因となった物を早く排泄した方が良いと考えられる一方、患者さんとしては下痢をピタリと止めたいだろうから、ロートエキスが入っている方が望ましいともいえる。

     ただし、ロートエキスは胃腸の働きを抑制してしまうので、あまり常用していると胃腸の働きを悪くして消化力が低下したり便秘をする可能性があるから、注意が必要だ。

     また、糖衣錠については腸の痙攣や炎症を抑える生薬が抜いてあり、これは腸には味覚や嗅覚があって、独特の匂いにも効能があることを考えると、よほど匂いが嫌というのでなければ糖衣錠を積極的に選択する利点は少ないだろう。

     今回の患者はご主人で、朝に下痢をしやすいとのお話から、いつもは大幸薬品の『正露丸』を使っているようだが、今回は目的からしてロートエキスの入った大昭製薬のを購入された。

     それから、『ピシャット』や『ストッパEX』を紹介したうえで、慢性という点から『桂枝加芍薬湯』を案内すると、漢方薬は考えたことが無かったという。

     お客様には食事の前に入浴して、下半身を厚着するよう勧めたところ、ご主人はどちらも逆にしているとのことだった。

     ありゃん(^_^;)

     

  • 患者さんの「他の薬は使っていません」がアテにならないのはどうしてなのか?

     高齢の母親を伴ってお客様が来店し、母親が下痢しやすいとのことで相談を受け、どこかの店のプライベートブランドの『ビオフェルミン錠』を使っていたという。

     他に飲んでいる薬は無いとうので『ビオフェルミン止瀉薬』と、昔ながらの赤玉と同じ処方の『エクトールDX』を案内したが、「年齢からすると薬を使われていないのは良いですね」とお話ししたところ、降圧剤が処方されていて服用しており、下痢しやすい件について担当医に伝えていないということが分かった。

     処方されている薬の副作用の可能性もあるので担当医に相談するよう勧めたうえで、今回は『桂枝加芍薬湯』をお買い上げいただいた。

     私の尋ね方が悪いのか、服用している薬の有無を確認しても、「無い」と回答されて後から血圧の薬など使っていると言われることがある。

     毎日飲んでいるから薬と認識していないのだろうか。

     それともやっぱり、私の訊き方が悪いのか。

    Screenshot of www.amazon.co.jp

     やや高齢のお客様から風邪薬の相談を受け、主訴は喉の痛みと咳というため、風邪薬ではなく『マードレトローチ』を提案してみたが、やはり風邪薬を希望されたため『ルルアタックEX』をお買い上げいただいた。

     咳があるから大きく外している訳ではないとはいえ、解熱鎮痛剤は不要のように思える。

     また、咳の音からすると乾燥性のようなので、上半身を潤す『麦門冬湯』を紹介した。

     そしてお帰りになる寸前になって、降圧剤を飲んでいるということが分かった。

     ちょっと待って、最初に飲んでいる薬は無いか尋ねた時には「ありません」って返事だったのに。

     なんで(>_<)!?

    Screenshot of www.amazon.co.jp

    高齢の母親を連れたお客様が『龍角散ダイレクト』のスティックタイプとトローチタイプで迷っていたので声をかけ、『ペラックT』と『パブロントローチAZ』も比較として紹介した。

     『龍角散ダイレクト』の方は、スティックタイプに比べてトローチの方は喉を潤す成分が抜いてある。

     おそらくトローチは舐めるから、自身の唾液で喉を潤すためだろう。

     今回は『龍角散ダイレクトスティック』をお買い上げいただいた。

    Screenshot of www.amazon.co.jp

     

     

  • 薬は正しく使わないと効かないこともあれば偶然に効いてしまうこともある

     夫婦のお客様が来店し、『GSリフェンダA』を奥さんが手にしていたけれど、詳しくお話を訊くとご主人がギックリ腰で、以前にもなったことがあり今回は昨日からというため、まず鎮痛効果の高い物を使って、痛みが軽減したら弱い薬に乗り換えていく方法を提案した。

     ただ今回は歩くことはできて座るときに痛むというため、フェルビナク製剤を勧め、『フェイタス5.0』をお買い上げいただいた。

     服用してる薬を確認すると睡眠剤が病院から処方されており、出張に行くとも言っていたので、貼り薬も内服薬と関係することがあることを説明し、お薬手帳を持ち歩くようお願いした。


     お客様が鼻炎薬の棚の前で迷ってる様子だったので気にかけていたところ、『アレジオン』と『フェキソフェナジン』などと、『パブロン鼻炎カプセルSα』などとの違いを質問された。

     前者は発症そのものを防ぐ予防薬で、後者は発症後の症状を抑える薬であることを説明すると、息子さんとご主人が一緒に『アレジオン』を使っていて、息子さんは効かなかったという。

     発症後の症状を抑える眠くなりにくいものとして『ロートアルガードクイックチュアブル』を紹介したうえで、親子では年齢が違い体質も同じとは限らないため、息子さんは今の症状を軽減してから改めて『アレジオン』を使ってみるか、成分違いの『フェキソフェナジン』を試してみるよう提案した。

     息子さんの今の症状はひどくないものの、実は『アレジオン』を毎日は飲んでいないかもしれないというため、1日2回の『フェキソフェナジン』より1日1回の方が良いかもしれないとお話し、『アレジオン』をお買い上げいただくことになった。

     『アレジオン』も『フェキソフェナジン』も予防薬として使うのが効果的だから、花粉が飛んでるかどうかに関係無く毎日通して飲まないと意味がないんである。

     また花粉症は腸の働きを整えると症状を軽減できることをお話したところ、以前に息子さんの下痢の相談を受け『桂枝加芍薬湯』などを案内したことがあると分かった。

     ううん、それでもまだお客様の方から最初に質問してもらう道は遠いのね。


     お客様がイヅミ製薬の『正露丸』を購入されるさいに、下痢止め成分が入っていて良いか尋ねたところ、胃もたれにも誰に使っているとのことだった。

     知人から渡されて使ってみたら調子が良かったというため、桂皮、黄檗、甘草、陳皮が効いていると思われることを説明した。

     ただ下痢止めとして入っているロートエキスは、胃腸の働きをわざと悪くすることで症状を抑えるものだから、むしろ入っていない大幸薬品の『正露丸』の方が良いと思われることも伝えた。

     いずれにせよ『正露丸』の効能に「胃もたれ」は入っていないから、『六君子湯』など他の胃薬にした方が良いだろう。

     いや、それよりも他人との薬のやり取りは気を付けるようお話した。

     小麦を食べると胃もたれになるというためアレルギー検査を勧めると、かかりつけ医からは大丈夫と言われたそうだ。

     

  • この案内が実らなくても伝えたい

     お客様が『ザ・ガード整腸錠α3+』を購入された後に、軟便に服用し続けて良いか質問され、市販薬は一時的な症状の緩和を目的としていることを説明した。

     お客様は飲むとすぐ改善するというため、それなら一時的に中止してみてはとお話したところ、飲み続けたそうでもあったので、ミネラルの摂りすぎになって腎臓への負担がかかる可能性を説明した。

     お客様の不安感が強いようだったから『桂枝加芍薬湯』も紹介してみたけれど、そちらが興味は持たれなかった。

     他にできることはと訊かれ、乳酸菌が活動しやすいように、お腹周りを温めるよう勧めた。


     お客様から『イソジンうがい薬』を求められたけれど、現に喉が痛む場合には避け、毎日うがいをしているのであれば水道水で充分と説明したところ取りやめになった。

     どうも病院に通っている家族が院内感染を心配して頼まれたらしく、体を守る常在菌も大事なことを伝えた。

     心配であれば、病院の中でもマスクをしているのが良いだろう。

     他に『キューピーコーワαドリンク』を手に、栄養ドリンクはどれか良いか訊かれ、タウリン系と生薬系とがあり、効果の点では生薬の方が医薬品にも採用されている成分であることを説明すると、そのまま『キューピーコーワαドリンク』をお買い上げいただいた。


     高齢のお客様から便秘薬を求められ売り場を案内すると、『大黄甘草湯』の購入を決められた。

     しかし病院で処方された便秘薬が効かなかったとのお話があり、何の薬が分からないというため、市販薬を使ったら担当医に報告をするよう勧めたのだけれど、意に介していない様子だった。


     

     

  • 受験生の体調・健康相談も店頭でどうぞ

     お客様から、子供用の鼻炎薬が『ムヒのこども鼻炎シロップS』しか無いのか尋ねられ、患者は6歳で主訴は鼻水のみ、粉を飲めるというため『小青竜湯』を勧めてお買い上げいただいた。

     即効性を心配されたけれど、「風邪には葛根湯」という言葉があるように漢方薬だからといって効き目が遅いということはありませんと説明した。

     臨床試験では、20分程度で効果を発揮するというデータもある。

     お客様の家は床暖房があるとのことだったが、体を直接温めるよう勧めた。

     特に昔から「頭寒足熱」と言って、下半身を温めるのが大事である。


     お客様から『ヴィックスヴェポラップ』を求められ、使ったことがないというため、成分が体温で蒸発して吸入することで効果を発揮することを説明し、塗ったら首周りの開いた服を着せるよう勧めたうえで、お買い上げいただいた。

     子供の主訴は鼻づまりということがったから、体の中に熱が循環していないことが原因と考えられるので下半身を温めるようお話した。

     また本人が寝苦しそうであれば、体を横向きにして枕を頭ではなく首に当てて頸動脈を軽く押さえると、その反対側の鼻は通るようになるはずと教えた。


     お客様から『ストッパ下痢止め』を求められ『EX』と『エルEX』を案内したところ違いを尋ねられたので、『エルEX』 には芍薬が入っていて、緊張や腹痛を和らげることを説明した。

     すると使うのは受験生で、事前に飲ませて予防になるかと訊かれたため、わざと内臓の働きを悪くすることで下痢を止める仕組みなので、予防的に飲むのは好ましくないことを説明し、『桂枝加芍薬湯』を紹介した。

     本日は『ストッパ下痢止めエルEX』をお買い上げいただき、試験当日の朝食は温かくて噛む必要の無い物をと勧めた。


     お客様から子供用の栄養ドリンクをと注文され、『リポビタンキッズ』と『リポビタンJr.』を案内し、受験生に飲ませるというので後者には血流を良くする成分も入っていることを説明したところ、そちらの購入を決められた。

     また、『柴胡桂枝湯』を自分用に購入されたので、気持ちを落ち着かせる作用もあることを説明し、受験生の子供にも飲ませてみてはとお話した。

     受験生の緊張緩和には、『半夏厚朴湯』も勧めたいところ。

     

  • 子供の薬を買いに来る親と、子供に直接ヒアリングすることで違う場合がある

     やや高齢のお客様から、動悸がするとのことで『求心』を求められて詳しくお話を訊くと坂を登る時にとのお話だったが、骨髄液の関係で治療を受けており他にも多くの薬を服用していることが分かった。

     お薬手帳を見せてもらうと、3軒の病院からそれぞれ処方された薬があるため、科目が違っても良いからいずれかの医師に相談するよう勧めた。

     生活保護を受けており働く意欲はあるというお話で、湿布薬を多く手元に置きたいからと2軒の病院から別成分の湿布を処方してもらっていた。

     お話していると精神疾患もある様子で終始病院の悪口ばかり言っていたけれど、ちゃんと通っているのは良いことでもある。

     問題は、町にあるドラッグストアーでは、このような患者さんと他の医療機関との連携を取る仕組みが全く無いことだ。


     小学生の子供を連れたお客様が『パブロンKidsかぜ薬』を選ばれたけれど、本人にヒアリングしてみると鼻づまりと咳の他に喉の痛みもあるというため、『ムヒこどもせきどめシロップ』を勧めて変更となった。

     お客様は当初、鼻づまりと咳のことしか言っていなかったから、本人から喉の痛みのことも聞けて良かった。

     患者本人である子供を連れてきていてさえこうなのだから、親だけが子供の薬を買いに来た時にちゃんと症状を把握してきているかと考えると不安に思う。

     子供が寝込んでいなくて家が近いのであれば連れてきてもらいたいし、もし家で子供を休ませているのであれば、連絡手段を確保しておいてもらえると助かる。

     お会計時に本人が湿った咳の音がしたので、内臓が冷えている可能性をお話して内臓を温めるために下半身に厚着をさせるよう、お客様に勧めた。

     また、温かい飲み物を積極的に飲むよう本人にお話すると、コーンスープを飲んだというので「それは良いこと」と伝えた。

     実際の症状を把握できるのと、本人に養生法を伝えられるのは、やはり望ましいのではないか。


     お客様が『セイロガン糖衣A錠』を持って来たさいに、腹痛には弱いことを伝えると他のお店で勧められたとのこと。

     患者は成人の娘さんで、下痢と腹痛を繰り返しているということから、ストレス性も考えられるため『桂枝加芍薬湯』を紹介し、『正露丸』には『セイロガン糖衣A錠』に比べて抗炎症剤と鎮痙攣剤が入っていることを伝えたところ、『正露丸』に変更された。

     『セイロガン糖衣A錠』を勧められたお店では、『正露丸』との違いは説明してもらえなかったとのことでお礼を言われた。

     それから『ビオフェルミン』も使っているとのお話だったが、確認したら『ビオフェルミン止瀉薬』のことだった。

     ブランド名とはいえ、内容の違う薬が同じブランドで販売されていては混乱する原因になると思うのだけれど。


     

     

  • その症状、薬の副作用かもしれません

     お客様が『南天のど飴』をレジに持ってきたさいに、喉の痛みより気管支を開く薬であることを伝えると、主訴はカラ咳のようなので体内が乾燥してる可能性をお話したところ、思いや当たるようだったため上半身を潤す『麦門冬湯』を案内した。

     他に便秘の相談を受けたので、便秘薬には「腸を刺激する物」と「便の滑りを良くする物」 と「腸内の水分を吸って便を柔らかくして量を増やす物」があることを説明すると、便の量が少なくコロコロ便とのことだった。

     コロコロ便はストレスとも関係するため『桂枝加芍薬湯』を紹介し、『麦門冬湯』と一緒にお買い上げ頂いた。

     ところが、お会計の段になってから甲状腺の治療中であることが分かり、処方されている薬を調べると、体内の乾燥の原因が副作用のように思われた。

     ことによると、便秘もその薬が関係するかもしれない。

     お客様には、受診科目が違っても困っている症状がある時には医師に伝えるようお話した。

     もし副作用だとすれば薬の変更を相談するか、もしくは『麦門冬湯』は保険の適用薬なので一緒に処方してもらえないか 尋ねてみてはと提案した。

     まず他に服用している薬が無いか確認するのは基本中の基本とはいえ、話の流れから尋ねる機会を逸してしまったり、症状に適応する薬をアレコレと考えるのに気を取られて忘れてしまうことがあるのが実情。

     なので、何か治療中の疾患や使っている薬がありましたら、最初に教えて下さいませ。


     お客様が成人の息子さんから鎮痛剤を頼まれたようなのだが、本人はあまり薬を使わず普段は我慢してしまうため、以前に使った薬は分からないとのこと。

     薬を銘柄を指定されるのも困るけれど、鎮痛剤も目的の痛みによって得意分野が異なるし、相性もあるから何か手がかりになる情報が無いと選びにくい。

     本人は、人混みで頭痛になると言っていると分かったため、緊張性頭痛と推測して『ズッキノン』(釣藤散)を紹介してみたが鎮痛剤を頼まれてもいるので、それぞれ作用機序が異なるアセチルサリチル酸の『バファリンA』と、イブプロフェンの『イブ』、アセトアミノフェンの『タイレノール』を案内した。

     緊張性頭痛の可能性から考えると『バファリンA』がお勧めだが、結局選びきれずお客様はお帰りになられた。

     ううむ、迷わせ過ぎてしまったか……。

     本人が来てくれると良いのだけどなぁ。


     やや高齢のお客様から手荒れにハンドクリームを求められ、痛痒さや傷口は無いそうなので指定医薬部外品のコーナーを案内したところ、『ニベア』は寝る前に塗っても乾いてしまうというため、油が馴染むだけで乾いている訳ではないことを説明した。

     『ワセリン』などの油で患部の表面を覆って水分の蒸発を防ぐのは基本中の基本であるとともに、他には血流を良くして患部を潤すヘパリン類似物質と、皮膚の中で水分をガッチリと捕まえておく尿素入りの物があることを説明して、今回は『メンソレータムメディカルビタミンクリーム』をお買い上げいただいた。

     皮膚の再生を促すビタミンB2と、血行を良くするビタミンEが配合された指定医薬部外品である。


     

     

  • 使ったことのある薬を早い段階で教えてもらう方法を知りたい

     お客様から12歳の子供の腹痛の相談を受け、たびたび起きるようだが下痢は無く生理でもないというため、胃腸薬を探してるようだったこともあり、まず『大正漢方胃腸薬』を紹介したうえで、痙攣性の痛みに適応する『コムレケア』(芍薬甘草湯)を案内した。

     また、ストレスが思い当たる場合にと『桂枝加芍薬湯』を紹介したところ、喘息があり乗り物酔いしやすいというので、喘息に『半夏厚朴湯』を、乗り物酔いに『半夏瀉心湯』も案内してみた。

     すると、アレルギー薬を服用してると分かり内容は不明なものの、アレルギー薬は副作用が胃腸に起きやすいことを説明し、担当医に相談するよう勧めたことろ、『大正漢方胃腸薬』をお買い上げいただいた。

     ううん、買うんじゃなくて受診の方を優先してもらいたかったんだけどなぁ。

     お客様には市販薬を買うさいにも、お薬手帳を持参するようお願いした。

     というか最初の相談の段階で、服用している薬のことは教えて欲しかった……。

    Screenshot of affiliate.amazon.co.jp

     お客様が『チクナイン』(辛夷清肺湯)をレジに持ってきたさいに、鼻汁が喉に落ちてくるか尋ねてもピンとこないようだったので、『荊芥連翹湯』を紹介して比較しながら説明した。

     お客様は子供の頃から鼻づまりだそうで、この二つの漢方薬はどちらも効能が蓄膿症ではあるが、鼻がつまって夜も寝苦しい場合には『荊芥連翹湯』が向いており、鼻汁が喉に落ちて咳になるような時には『辛夷清肺湯』が適応する。

     鼻汁が喉に落ちてくるのは胃の機能が低下しているからで、『辛夷清肺湯』には胃の働きを助ける生薬が入っているのだ。

     すると、お客様は鼻汁が喉に落ちてくるのは鼻をすすった時だけで、寝る時も息苦しいというため『荊芥連翹湯』の方を勧めて変更となった。

     病院で何か薬を処方してもらい服用した時には治ったそうだが内容は不明で、最近は行かなくなったとのこと。

     良いお医者さんに出逢うのは運命の出逢みたいなものなので、諦めず改めて探すようお話し、どんな薬が効いてどんな薬が効かなかったのかは重要な情報なので、お薬手帳に記録を残して持ち歩くようお願いした。

     また、鼻づまりは上半身に熱が篭って循環していないのも原因と考えられるため、入浴時間を確認すると5分くらいというため、ぬるめのお湯で長く入るよう勧めた。

     寝苦しい時の対策として首の頸動脈を腕や枕で押すと、反対側の鼻は通るようになるはずなのだが、その方法は以前試して効かなかったという。

     う~む、万能な方法ではなかったか……。

     それにつけても、使った薬の記録は残しておいてほしいし、病院に行ったことがあるかどうかも早めに話してもらいたいところ。

    Screenshot of www.amazon.co.jp