店頭で病気の診断はできないからこそ、症状に合わせた薬の検討が大事です

 お客様から喉の痛みを相談されて『ペラックT』を案内すると「風邪かもしれない」と言われたけれど、咳が無ければ総合風邪薬を使うのは時期尚早とお話して鎮痛剤を提案し、『バファリンルナi』を紹介したところ購入された。
 しかしお会計後に鼻炎もあると言われ、鼻づまりだというので『バファリンルナi』でも消炎効果は期待できることを伝えた。
 鼻炎と言っても鼻水と鼻づまりとでは起きていることが違い、胃などの内臓が冷えると鼻水として現れ、鼻の奥の血管が炎症して膨らむと鼻づまりとなる。
 つまり鼻づまりの場合には抗炎症作用のある鎮痛剤であれば、鼻づまりへの効果も期待できるのだ。
 そして喉の痛みは風邪とは限らず胃炎でも起こることをお話しすると、「そうかもしれない」と心当たりがあるようだった。
 また、喉の痛みが風邪と胃炎との見分けがつきにくいように、鼻炎も胃の不具合と連動してることが多くて、喉の痛みと鼻炎があるからといっても、やはり風邪とは限らない。
 本来、それほど風邪というものは診断が難しいんである。
 ただし風邪でも胃炎でも、内臓を休めるのが最善なので、消化に良い食事に切り替えるよう伝えた。

 お客様が『セイロガン糖衣A錠』を購入され、『正露丸』との違いを伝えると、中学生の子供が腹痛を伴う下痢が登校前に起きるというため『桂枝加芍薬湯』を紹介したのだけれど、「本人に言っておく」と足早に帰られた。
 ううん、もう少し詳しくヒアリングしたいところだったんだけどな。
 『正露丸』の独特の匂いを嫌って糖衣錠を選ぶ人がいるけれど、『正露丸』の基本処方から抗炎症と鎮痙攣の成分を抜いたのが糖衣錠だから、今回のように腹痛を伴うなら糖衣錠は適さないと考えられる。
 なにより、腸にも味覚と嗅覚があるから、『正露丸』の独特の匂いは効果を発揮するのに必要なのだ。
 そして、登校や通勤時に下痢や腹痛になるというのは神経性の可能性があるから、気持ちを落ち着かせ筋肉の痙攣を抑える芍薬の入った『桂枝加芍薬湯』の方が向いている。
 本人が行動を起こして来店してもらえないことには詳しくヒアリングできないし、親御さんも子供のためであれば相談してもらいたいところ。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート