なんの病気か教えてもらえず、処方されてる薬も分からないのではお手上げ

 若いお客様が『パブロンSゴールドW』をレジに持ってきたけれど、喉の痛みには弱いことを伝えてヒアリングすると、主訴はまさに喉の痛みだけだった。
 家に『イブ』と『ロキソニン』があるというため先に使ってみるよう提案し、併用できる物として『ペラックT』を紹介したところ、本日の購入は取りやめとなってお帰りになった。

 お客様が消毒系のトローチと抗炎症系のトローチとを比較していたので声をかけたところ、咳と痰があり、以前に『マードレトローチ』を使っていたとのことだった。
 大きく外れている訳ではないが、患部を冷やすよりも潤す方が良いと考え、『ストナ去たんカプセル』を提案した。
 また、『アネトン咳止め錠』を使っていたというため、気道の粘膜の分泌を促す成分が入っているから悪くはないが、上半身を潤す『麦門冬湯』を紹介してみた。
 すると、何かの病気で病院を通院していると分かり、処方されてる薬の副作用の可能性もあるので担当医に相談するよう勧めた。
 本来は、他に何か使っている薬が無いか私の方から確認しなければならないのだけれど、人に隠したい病気のお客様もいて、初対面ではなかなか聞きづらいのも確かなので、自身の事情を積極的に医療者に話してもらうのも大事なことである。
 それこそお薬手帳を見せてもらえれば、言葉に出さなくても病気を把握できることがあるから持参してもらいたいところ。
 本日は、使ったことのある『マードレトローチ』を購入された。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート