子供の薬を買ってあげていると、健康相談の練習をする機会を奪ってしまう

 お客様が高校生の子供から『オイラックスA』を頼まれたというため、売り場を案内しながら虫刺されの薬と同じ処方であることを伝えたところ、本人はニキビに使っており、アトピー性皮膚炎もあるとのお話だった。
 病院を受診したことはあるようだが、面倒くさいからと『オイラックスA』を使い続けている模様。
 一時は『ペアアクネクリームW』を使っていたこともあるとのお話で、成長期のニキビには『クレアラシル』の方が適応しますと紹介したところ、購入された。
 内服薬として『清上防風湯』も紹介すると、長年診てもらっている小児科医がいるというため、処方してもらえるか相談してみるよう勧めた。
 アトピー性皮膚炎ということだと、『十味敗毒湯』という選択も考えられる。
 そして余計なお世話ではあるが、健康相談には練習が大事なことをお話しした。
 先のように、ニキビに痒み止めの薬を使ったところで意味は無いし、より悪い結果を招く薬を選んでしまう可能性さえある。
 そして、医学的な知識を持っていない人が自身の症状を上手く伝えるというのは案外と難しく、大人だってできてる人が少ないのが実情だ。
 子供の薬を買ってあげるというのは気持ちとしては理解できるけれど、それでは本人が練習する機会を奪ってしまうことになる。

 以前に、涙が出過ぎるという相談をされた高齢のお客様から受け、病院で処方された目薬があるというため、お薬手帳か薬の現物を持ってきてもらうようお願いしていたのだが、今日再訪されて二種類の目薬を調べてみると、細胞から水分を分泌する物とステロイド点眼薬だった。
 んん?
 じゃあ、医師は涙を出しやすくするという判断をしてるんじゃないの?
 本人は使ってる目薬が効かないと言っていたが、継続を勧めたうえで担当医に相談するようお話しした。
 どうも、お客様と担当医の間に齟齬があるように思える。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート