発熱の話、炎症の話、体を温め冷やさない工夫が重要

 お客様から『冷えピタ』を求められ、体温が38度を超えるようであれば水枕をと伝えると、子供が37度くらいの熱を出してるとのことだった。  ううむ、微妙なところですねぇ。  『冷えピタ』や『熱さまシート』などは、あくまで“ …
続きを読む 発熱の話、炎症の話、体を温め冷やさない工夫が重要

 

金銀花

お会計をする前と、お会計をしてからの、どのタイミングで情報提供するか、それが問題だ

 お客様が『ポピショット』を購入されたけれど、消毒系であることを伝えると、抗炎症剤のアズレン製剤を使っていて使い切ったから代わりにするというので、消毒系のリスクとして患部が治ろうとするの邪魔することと体を守る菌も倒してし …
続きを読む お会計をする前と、お会計をしてからの、どのタイミングで情報提供するか、それが問題だ

 

金銀花

どうして自分が病院に行ったのか思い出しましょう。医者の判断を勝手に変えてはいけません

 お客様が『パブロンメディカルC』をレジに持ってきたけれど、主訴は咳と痰で、病院から処方された薬があるというためスマホに撮ってある画像を見せてもらうと去痰剤だった。  つまり医師は、咳止めまでは必要無いと判断したのだろう …
続きを読む どうして自分が病院に行ったのか思い出しましょう。医者の判断を勝手に変えてはいけません

 

金銀花

同じ名前の薬でも剤形が変わると中身が変わり、同じ剤形でも中身が違うので、薬を買う練習は子供の頃から

 子供を2人連れたお客様から虫刺されの薬の質問を受け、『ムヒSクリーム』が基本の痒み止めだとすれば、『新ウナクール』には弱い局所麻酔が加えられている分だけ痒みを感じにくく、炎症に効果的なステロイド剤が入っているのが『液体 …
続きを読む 同じ名前の薬でも剤形が変わると中身が変わり、同じ剤形でも中身が違うので、薬を買う練習は子供の頃から

 

金銀花

皮膚疾患は患部を触らないことが大事、気になっても触らないように

 若い外国人のお客様2人組からニキビの薬を求められ、いったんは『ペアアクネクリームW』を案内したけれど、患部を見せてもらうと炎症が強そうだったので『クレアラシル』を勧めて、お買い上げいただいた。  皮膚疾患の相談をされる …
続きを読む 皮膚疾患は患部を触らないことが大事、気になっても触らないように

 

金銀花

薬の買い物を頼む方も頼まれる方も、詳細をメモするようにして下さいませ

 奥さんから膀胱炎の薬を頼まれたとのことでお客様の相談を受け、以前に『ボーコレン』(五淋散)を使っていたそうなのだが、選んだ経緯が分からず、病院に行った事もあるというものの、その時の処置も不明だという。  頼まれ物の薬と …
続きを読む 薬の買い物を頼む方も頼まれる方も、詳細をメモするようにして下さいませ

 

金銀花

ニキビにステロイド剤は勧められません! 「ネットで見た」モノは個人の体験談です

 お客様が『アセムヒEX』を手にしてから『テラコートリル軟膏』や『テラマイシン軟膏』と『フルコートf』などを次々と見ていたので案内を申し出たところ、首がかぶれて痒みが強く掻いてしまい、汗をかくとなるとのお話だった。  他 …
続きを読む ニキビにステロイド剤は勧められません! 「ネットで見た」モノは個人の体験談です

 

金銀花

クスリはリスク、「使わないリスク」と「使うリスク」を天秤にかける

 お客様が『ペアアクネクリームW』と『フェミニーナ軟膏』をレジに一緒に持ってきたのでにヒアリングしてみたところ、吹き出物(おでき)に使うとのことだった。  しょっちゅうなる訳ではなく、押すと痛くて赤いというから、虫刺され …
続きを読む クスリはリスク、「使わないリスク」と「使うリスク」を天秤にかける

 

金銀花

皮膚の病気は見た目だけでは分からないうえ、薬の選択も難しい

 成人の親子のお客様が来店し、水虫の薬を求められたので売り場を案内したうえでヒアリングすると、やや高齢の親が使うとのことだった。  水虫には以前になったというものの、現在の症状は指の間の皮が剥けていても痒みは弱いというた …
続きを読む 皮膚の病気は見た目だけでは分からないうえ、薬の選択も難しい

 

金銀花

「不眠」は大きく分けると3種類!! あなたはどのタイプ?

 やや高齢の夫婦のお客様が来店し、奥さんから乾燥剤を求められて売り場を案内すると、携帯電話を水没させてしまったとのことだった。  携帯ショップの人にアドバイスされたそうなのだが、目の前で電源を入れられてしまった。  ああ …
続きを読む 「不眠」は大きく分けると3種類!! あなたはどのタイプ?

 

金銀花