Tagged with " 葛根湯"

患者本人がどういう意図で薬を指定したのか分からないと困る

 お客様が『パープルショットW』と『イソジン』と『ヴィックスドロップ』をレジに持ってきたのでヒアリングすると、喉の痛みを訴えている成人の息子さんから頼まれたらしい。

 しかし抗炎症剤の入っている『パープルショットW』以外は、効果の面で勧められないことを説明すると、数日前に発熱したというので『ペラックT』と『パブロントローチAZ』を紹介したところ、両方を一緒に使って良いか尋ねられたため、問題はないものの併用するのはモッタイナイかもとお話した。

 体内の乾燥を考えれば、上半身を潤す『麦門冬湯』も候補になるのだけれど、本人がどういう意図で薬を指定したのか分からないうえ、その中に内服薬が無かったため、今回は候補から外した。

 結局お客様は『ペラックT』と『パブロントローチAZ』の両方を購入され、風邪で体を休めるのは内臓も含めてという事をお話し、胃を悪くしている可能性を伝えると、本人は胃の具合も悪いとのことだった。

 ううむ、それなら『柴胡桂枝湯』も候補にしたんだけどな。

 普通の買い物を頼むように薬の銘柄を指定してしまう気持ちは分かるけれど、今の症状と症状の経過の情報をこそ、実際に買いに出る人に伝えておいてほしいし、引き受ける人も確認してもらいたいところ。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B000Z21HFA?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B000Z21HFA

 お客様から成人の息子さんが、微熱と節々の痛みを訴えていて『葛根湯』を飲ませて効かなかったようだと相談された。

 すでに節々の痛みが出ているようでは『葛根湯』では遅いため、次の選択として『麻黄湯』が適応することをお話したところ、すでに体がだるいという。

 となると『麻黄湯』を飛ばして、『柴胡桂枝湯』を使った方が良いだろう。

 『柴胡桂枝湯』をお買い上げいただき、微熱なのは熱を出す体力が無いからかもとお話して、内臓を休ませることが回復に必要なことを伝え、消化の良い食事を量を少なめにと勧めた。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00CW82ZGA?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B00CW82ZGA

 お客様が『のどぬ~るスプレー』をレジに持ってきたけれど、消毒系で炎症を抑える物ではないことを伝えたところ、発熱して病院で何か薬を処方されたそうだけども、処方の内容は不明。

 解熱剤だけなのか抗生物質や去痰剤が出たのかも分からないと判断のしようがないが、トラネキサム酸やグリチルリチン酸などが処方されている可能性を考え、アズレン製剤を提案し『アズリートのどスプレー』に変更となった。

 お客様には発熱により体内が乾燥してる可能性をお話して、上半身を潤す『麦門冬湯』を紹介し、喉が痛む間は噛まないで口の中で崩れる食事をするよう勧めた。

 普通に食事をして、食べ物が炎症している患部を擦るのも良くないので。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00FJUA498?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B00FJUA498

 

 

磁石磁気医療機器は効果が無いから医療機器として認証されている!?

 夫婦のお客様が来店し『バンテリンクリームEX』を購入されるさいにインドメタシン製剤で良いのか確認したところ、ピンとこなかったようなので、成分によって鎮痛効果や浸透力が違うことを説明した。

 患者はご主人で主訴はスポーツによる筋肉痛というため、予防として『疎経活血湯』で血流を、『防已黄耆湯』で水分代謝を良くしておく方法を教えると、加齢による腰痛の場合を尋ねられたので『牛車腎気丸』を紹介した。

 ただ腰痛について病院に行ったことは無いというため、 腰痛を放置していたらガンだったという事例を引き合いに、大病を見逃すことのないよう受信はしておいた方が良いことをお話した。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B010PDNCXS?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B010PDNCXS

 夫婦のお客様が『イソジン』をレジに持ってきたけれど、毎日うがいをしているそうなので水道水で充分なことと、『イソジン』により体を守る菌も倒してしまったり、刺激物なため粘膜を荒らす弊害もあることを説明したところキャンセルとなった。

 またインフルエンザの予防には、手洗いと手の触れるものの拭き掃除が大事なことを伝えた。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B0026R74SG?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B0026R74SG

 高齢の夫婦のお客様が来店し、『マグネループ』や『ピップエレキバン』などの「磁石磁気医療機器」の効果について質問を受け、有効性を示す論文などのエビデンスが存在しないことを説明した。

 確かに医療機器として認証されてはいるが、それは製品が体に直接触れる物であるため安全性を考慮しなければならず、効果があるから認証されているというよりは、「体に害が無い」から認証されているにすぎないのだ。

 既存の論文にしても利用者を対象にしたアンケート調査程度で、科学的に作用機序が証明されたことは無い。

 もし本当に効果があるとするのなら、強力な磁場で画像撮影するMRI検査でも体が何らかの影響を受けるはずである。

 ちなみに顎の手術で針金を入れられた私は、 MRI検査を受けると口の中を火傷してしまう可能性があるためできない。

 お客様には温める方が効果が期待できることをお話して『葛根湯』を提案すると、パッケージの効能書きに「肩こり」とあるのを見て驚かれた。

 今回は、『めぐりズム蒸気の温熱シート』をお買い上げいただいた。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B06W56V94Q?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B06W56V94Q

 

 

頼まれ物の薬は本人と連絡を取れるのが大事

 お客様から『ロキソニンテープ』を求められたが、置いていないため鎮痛効果が高くて浸透力もあるジクロフェナクトリウム製剤を紹介したところ、症状は寝違えでインドメタシン製剤の『バンテリン』を使って効かなかったとのこと。

 薬が強ければ良いというものではなく、浸透力はもちろん相性も関係することを伝えたうえで、ジクロフェナクトリウム製剤の『フェイタスZαジクサス』をお買い上げいただいた。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01F854F98?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B01F854F98

 お客様が『グレランビット』を購入されるさいにヒアリングすると、ズキズキする頭痛と肩こりに連動する頭痛の両方だというため、原因と対処法がそれぞれ違うことを説明した。

 ズキズキするタイプは胃の不具合と関係するから、食事は消化の良い物に切り替えることが必要で、運動すると症状が増悪してしまうため体を休めるのが最優先となる。

 一方、肩こりと連動する頭痛は頭を締め付けられたり後頭部が重く感じる症状として現れ、原因は血行不良でもあるから軽く運動をしたり、『葛根湯』を服用して上半身を温めると良い。

 午前中だけ頭重感や頭痛があるという人は血圧が関係すると考えられるので、『釣藤散』が候補になる。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B009FUBTZQ?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B009FUBTZQ

 夫婦のお客様から『イボコロリ』の場所を訊かれて売り場を案内すると、患者は奥さんで患部に芯があるウオノメのようなので、皮膚を柔らかくする液剤の『ウオノメコロリ』を勧めてお買い上げいただいた。

 気がついてから三日目くらいとのことだから、治るのも早いと思われるが、長引くようであれば受診を検討するよう伝えた。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B001BMS9Z4?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B001BMS9Z4

 若いお客様が来店し『バファリンルナi』をレジに持ってきたけれど、用途が彼女の生理痛とのこと。

 薬は指定されていないというため、専用薬を使ってみるのはどうかと提案した。

 本人が常用している鎮痛薬を尋ねると、いつもは使っていないとのことで本人に電話で確認していただいたうえで『エルペインコーワ』を紹介したところ購入された。

 頼まれ物の薬は、やはり本人と連絡を取れるということが一番大事である。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00F436AUM?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B00F436AUM

 

 

ストレスと肩こりが関係ありそうなときは上を向こう

 お客様から『ボルタレンローション』は液体かを訊かれたので「そうです」と答えてから詳しくヒアリングすると、肩こりにインテバン製剤の『バンテリン液』を使って効かなかったというので、ジクロフェナクトリウム製剤の『ボルタレン』は鎮痛効果が高いだけでなく、浸透力に優れていることをお話すると購入された。

 また内服薬の選択も考えられるので、同じ肩こりでも上半身を温めて改善する場合の『葛根湯』と、血圧が関係する時に使う『釣藤散』に、ストレス性の肩こりに適応する『コリッシュ』(治肩背拘急方)があることを教えた。

 すると、仕事でパソコンを使っていてストレスが思い当たるというため、溜息をつく時は上を向くと良いということをお話した。

 というのも人間の頭はボーリング玉ほどの重さがあり、下を向いて溜息をつくと片手でボーリング玉を斜めに支えるのと同じ状態になって首に負担がかかり、これが肩こりを引き起こしてしまう。

 しかし上を向いて溜息をつけば、ボーリング玉をまっすぐ支える形になるので首に負担がかからない。

 心理学的にも、下を向くより天井を見上げる方が、気分の落ち込みを防げるとされているのでお試しあれ。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00FQCWT3I?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B00FQCWT3I

 夫婦のお客様から『ヘパリーゼHiプラス』について二日酔いの効果を質問をされたので、成分からすると疲労回復に適しているため、二日酔いだけに使うのはむしろモッタイナイことを説明したところ、二人分をお買い上げいただいた。

 お客様には、他に使いたい薬がある場合、薬の名前ではなく成分でネット検索してみるよう勧めた。

 また二日酔いの主な原因は脱水症状なので、飲酒前から水分を補給しておくのが有効なことを伝えた。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B06Y56H9KK?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B06Y56H9KK

 高齢のお客様が『リポビタンD』を購入された後に毎日飲んだ方が良いか訊かれ、糖分やカフェインのことを考えるとむしろ「好ましくありません」と答えた。

 それよりは、少し価格が高くても生薬系の『ユンケル黄帝液』などをを、日を空けて飲む方が効果的ですと勧めた。

 それに、タウリンならばイカを美味しく食べた方が良いのではと伝えた。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B001T69HWQ?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B001T69HWQ

 

ボラギノールが2種類あるのは知ってる? プリザエースも思い出してあげて下さい

 お客様から「ボラギノールを」と注文されたが、痒み程度の場合に使う『ボラギノールM』と、炎症が強い場合に使う『ボラギノールA』があることを説明したところ、 出血しているというので止血剤の入っている『プリザエース』を勧めてお買い上げいただいた。

 やはり、『ボラギノール』は知名度が高い。

 でも、知名度が高すぎて二種類あることを、ほとんどの人が知らない。

 痔の薬に限ったことではないが、薬を選ぶ時にはブランド名ではなく効能書きでもなく、成分での比較が必要なのだ。

 それを自分で調べるのであれば良いのだけれど、面倒に感じるようなら私たちに尋ねてほしい。

 お客様には他に内服薬として、入手しにくいが『レンシン』を紹介した。

 すると、ネットで見たという民間療法について訊かれ、「お勧めしません」と答えた。

 民間療法で手間と時間とお金を無駄にするよりは、病院を受診してしまった方が安全で確実であり費用には保険が効く。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00DE7I2S8?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B00DE7I2S8

 外国人の家族連れのお客様が来店し『ボラギノール』を注文されたが、家族に通訳してもらい、痒みに用いる『ボラギノールM』と痛みを感じる時の『ボラギノールA』があることを説明したところ、主訴は出血というので止血剤の入った『プリザエース』を案内し、お買い上げいただいた。

 やはりシャワーのみというため、壊れた部分の材料は血液で運ばれるので血流が大事と説明し、シャワーを腰に浴びることとか半身を厚着すること、そして温かい物を積極的に飲むように勧めた。

 お帰りになるさいに、ご家族の一人が日本語で「一生懸命に教えてくれたね」と聞こえて、ついニンマリしてしまった。

 傍から見たら、キモチワルイかもしれない(^_^;)

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00F4L8GNI?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B00F4L8GNI

 常連のお客様が来店し、ご主人が発熱しているとのことで『ゼナジンジャー』を飲ませて良いか訊かれ、いったんは「適応します」と答えたものの、食欲が落ちていて胃腸炎かもと言われたため『新ヒストミンゴールド』の方を勧めて変更となった。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B0010Y5CDA?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B0010Y5CDA

 常連のお客様からゲップが出そうで出ないと相談を受け、『パンシロンキュア』と『アヴァロン』を紹介したうえで、上がってくる物を下ろすという意味の名前がついている『半夏瀉心湯』を勧めて、お買い上げいただいた。

 即効性を心配されたけれど、風邪には『葛根湯』を使うように、『半夏瀉心湯』もまた急性症状に用いることを説明した。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00MA6KJ3U?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B00MA6KJ3U

 

患者さんに最低限聞き取って来てもらいたい質問リスト

 高齢のお客様から手荒れの相談を受け、患部が傷口になっているので『ヒビケア』を案内したところ使っていたというため継続を勧めると、「すぐ治るからもっと少ない物を」と注文された。

 しかし15g以下のサイズは無いので、同容量だけど価格の安い『ヒビエイド』を勧めてお買い上げいただいた。

 ただ、患部の状態からすると、とてもすぐ治るようには見えなかった。

 養生法として、お湯を入れた湯のみを手で掴んでおいて指先の血行を良くする方法があるのだが、うっかり伝えるのを忘れてしまった(;´Д`)

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07JHJTH2C?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B07JHJTH2C

 お客様から肩こりの相談を受け、内服薬に『葛根湯』を提案したけれど興味を持たれなかったので、湿布を案内しようとすると嫌というため、フェルビナク製剤のローションを勧めてお買い上げいただいた。

 入浴は家族が多くて長く入れないとのことから、シャワーを首周りはもちろん、背中にも重点的に浴びるよう勧めた。

 それこそシャワーに背中を向けて浴びながら髪や体を洗い、少しでも長くシャワーの刺激を受けて温めるのが良い。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00D4M4IIQ?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B00D4M4IIQ

 常連の高齢のお客様が来店し、ご主人が鼻炎と喉の痛みが数日前からあり、『新ルルAゴールドDX』を使っていたようだが咳は無いというため、鼻炎薬と喉の薬の併用を提案してみた。

 しかし、詳しい症状は「本人じゃないと分からない」とのことで、本日はお帰りになった。

 むやみに薬を買わないことは良いことだけれど、適応しそうな薬を選べれば便利なのも事実。

 病院の問診表みたいに、患者さんに最低限聞き取って来てもらえるような質問リストはできないものだろうか。

 まぁ基本は、「どんな症状か」「いつからか」「他に使っている薬は無いか」の3つなんだけど。

 あとは、「誰が使うのか」と「アレルギーや持病はあるか」も。

 なにしろ、誰が使うのかすら教えてもらえないケースが多くて、来店した本人が使うのかと思って話を進めていると、お会計が終わってから言われることも(^_^;)

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4865811818?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=4865811818

 

 

 

喉から声を出さずに頭蓋骨をスピーカーにしてみよう

 お客様から声嗄れの相談を受け、喉の痛みは強くないそうなので『響声破笛丸』をメインに、比較として『龍角散ダイレクト』と『パブロントローチAZも紹介したところ、『響声破笛丸』をお買い上げいただいた。

 声を使う仕事だというので尋ねると教師だというため、喉に負担をかけない発声法を教えた。

 具体的には舌をアーチ型に丸めて、息を上顎の前歯の裏に当たるように吐き、頭蓋骨をスピーカー代わりに振動させるんである。

 演劇や声優の発声法の教本に載っているので、興味のある人は『Amazon』などで探してみると良いだろう。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4276142121?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=4276142121

 お客様から火傷痕に使いたいとのことで『ヒルドイド』を求められたため、同じヘパリン類似物質の物を案内したが、患部を見せてもらうと深部にまで達していて病院で治療中というので、担当医に相談するよう勧めてお帰りになった。

 一応、『アットノンEX』を紹介してみたが、いずれにせよ治癒するには長期間かかるので、病院で薬を処方してもらった方が良い事をお話した。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00O1YJLW4?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B00O1YJLW4

 お客様が『葛根湯』を購入されるさいに、喉の痛みや咳、発熱には適応しないことを伝えると興味を持たれたので、家に置いておくより持ち歩いて早め早めに服用するのが効果的ですと説明した。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07D7Z6JTF?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B07D7Z6JTF

 お客様から『葛根湯』と『ゼナジンジャー』を併用して良いか尋ねられ、問題は無いものの『葛根湯』は夜遅くに服用すると寝付けなくなるかもしれないことを伝えた。

 また、『葛根湯』は上半身を温めるので出先が寒い時に服用する方法もあることをお話した。

 それから、『新ヒストミンゴールド』に興味を持たれたので、『葛根湯』は胃の負担になることがあり、併用することで胃腸の疲労を防ぐことができますと説明した。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B0010Y5CDA?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B0010Y5CDA

 

 

お客様の考えた薬の候補も教えて下さい

 子供を連れたお客様から、『葛根湯』『麻黄湯』の違いについて質問をされたので、『柴胡桂枝湯』も交えて、症状がハッキリしていない風邪の初期に使うのが『葛根湯』であり、発熱時や関節痛のある中期に適応するのが『麻黄湯』、解熱後の体力の低下を防ぐのに『柴胡桂枝湯』をと説明した。

 置き薬にしたいとのことから、家に置いておくより持ち歩いて早め早めに服用するのが効果的な『葛根湯』を勧めてお買い上げいただいた。

 ただ、いつも喉から風邪になるというので、喉の痛みだけでは風邪とは限らないことと、喉の痛みが強い時には上半身を温める『葛根湯』は向かないので、反対に上半身を冷やす『銀翹散』を紹介した。

 一度売り場を離れた後で、子供だけが『イブA』を買いに来て困ったが、お客様自身はまだ店内にいて一緒に来ている状況なので、そのまま販売した。

 もし本当に子供だけが買いに来ていたら、もちろんヒアリングするのだけれど。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B005UJ0W7W?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B005UJ0W7W

 お客様が『浅田飴こどもせきどめドロップ』を購入されるさいにヒアリングすると、置き薬にするとのこと。

 ただ、『浅田飴こどもせきどめドロップ』の処方内容は、いわゆる『浅田飴』と比べると現代薬寄りで強めの薬なため、のど飴の感覚で舐めさせないように注意喚起した。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B015BXZ85W?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B015BXZ85W

 お客様が風邪薬の棚で迷ってる様子だったので声をかけてみたが、案内は断られた。

 そして、『パブロンエースPro』をレジに持ってきたものの、主訴は喉の痛みと鼻づまりで咳は無いというため、起きている症状に狙いを定めてはと提案し、患部を冷やす『龍角散ダイレクト』の効能に鼻づまりは書いていないが、喉と鼻は繋がっているので対応できることを説明したところ変更となった。

 ただ、後になって『葛根湯』はどうかと質問され、同系統では『葛根湯加川きゅう辛夷』が鼻づまりには適応することを紹介しておきながら、上半身を冷やして喉の痛みと鼻づまりの双方に効果が期待できる『銀翹散』を候補にするのを忘れてしまった。

 全くもって言い訳だが、最初に現代薬を選ばれていたから漢方薬を候補から外していたので、『葛根湯』がお客様の候補に入っていると分かっていれば、『龍角散ダイレクト』ではなく『銀翹散』を案内していたのに……(´・ω・`)ショボーン

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B007Q9573S?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B007Q9573S

 

 

麻薬成分の咳止めは内臓の働きを悪くするので注意

 やや高齢のお客様から、疲労回復にビタミン剤を希望されたので『パワーアクトゴールドα』を体を温める物として、『Q&Pゴールドαプラス』を血行を良くする物として紹介した。

 本日は、価格的な面で前者を購入された。

【第3類医薬品】キューピーコーワゴールドα-プラス 260錠
参考価格:
実売価格:¥ 2,690
値引率:%
kusurino rakuraku

 高齢のお客様から、ご主人の咳に「ブロン液」をと指名されたが、本人は風邪だと思うとすぐに飲むというため、麻薬成分で内蔵の働きを抑制する咳止めの『新ブロン液エース』ではなく、非麻薬性の咳止めである『ブロン液L』を使うことを提案して、お買い上げいただいた。

 高齢者の場合、麻薬成分で内臓の働きを抑えてしまうのは消化を悪くしたり便秘の原因になったりするため避けたいし、早め早めに使うというので。

 自身には『葛根湯』を購入されるので、早め早めに飲むのが効果的だから、家に置いておくより持ち歩くよう勧めた。

【第2類医薬品】エスエスブロン液L 120mL
参考価格:¥ 1,598
実売価格:¥ 959
値引率:40%
薬のファインズファルマ、G20サミット期間中配送が遅れる場合がございます

 夫婦のお客様が来店し、奥さんから手首の痛みの相談を受け、外用消炎剤は鎮痛効果と浸透力の違いがあることを説明したうえで、急性ではあるものの痛みは強くないということから、フェルビナク製剤を提案した。

 すると、ご主人は膝が痛むということで一緒に使いたいというため、『ホームパスフェルビナテープ5.0』を案内して、お買い上げいただいた。

 ただ基本的には、痛みの度合いや患部によって成分を選んだ方が効果的なので、家族でも薬を使わ分けた方が良いことがありますと伝えた。


 お客様から12歳の子供の便秘の相談を受け、『新ビオフェルミンS』を使っているとのことで他社製品との比較を尋ねられたけれど、服用していると効いてるようだというため、乳酸菌には相性があることを説明し、あえて乗り換えなくても良いのではとお話した。

 そして週に一度の排便はあるというので、苦満感が無ければそれほど心配しなくても良いことを伝えたが、苦満感があるかどうかや便の硬さなどは分からないというので、確認するよう勧めた。

 また、家の中でもお腹周りが温めて、積極的に温かい物を飲むなど、腸内環境を整えるよう伝えた。

 洋式便器での便座の座り方は前かがみになった方が排便しやすいということをお話しすると、それは知っていたので、その仕組みを説明した。

 人間の直腸は立っている姿勢の時には、いわば出口が蓋で塞がれるような形になり、前かがみになると開くのだ。

 そのおかげで立っている状態では便を漏らしにくくなっており、もし出先で便意が強まったら前かがみにならないように背筋を伸ばして、ゆっくりと歩くのが良い。

 それはつまり、便座に座った時に背筋を伸ばしていると排便しにくいということでもあるので、和式便器にしゃがむように、それこそ胸が膝につくくらい前かがみになると排便しやすくなるから、便秘気味の人は前かがみになるか、足の方を何かの台に乗せて上げてみて下さいな(・∀・)


 

 

複数の成分の入った市販薬の使い分けは難しい

 お客様が『パブロンSゴールドW』を持ってきたけれど、咳はそれほどではなく喉の痛みがあるというため適応しないかもしれないことをお話しすると、以前は『パブロンAゴールド』を使ったことがあるとのこと。

 しかし現在の症状は、鼻水と喉の痛みの他にだるさと悪寒があるというので、どちらにしろ向いていないことを説明した。

 喉の痛みより鼻水の方が気になるようだったので『葛根湯』を提案してみたが、漢方薬が効くとは思っていない様子だったため、鼻水と喉の痛みの両方を面倒見る物として『ルルアタックNX』を紹介したところ変更となった。

 もっとも、『ルルアタックNX』にしても咳止めが入っているから向かないのだけれど。

 風邪薬に限定するなら、『PL顆粒』を案内するべきだったかと後で思った。

 お客様は立ち仕事で無理して出勤しているとのことだったので、消化にエネルギーを取られないようインスタントスープなどを勧めると、お腹がすくということから味の濃い物で脳をだまして量を控えるようお話した。


 お客様が『葛根湯』を購入されるさいに、喉の痛みや咳、発熱には適応しないことを伝えると興味を示されたので、上半身を温める効果を生かすために家に置いておくよりも持ち歩いて出先が寒かった時に使うよう勧めた。

 『葛根湯』は早め早めに使うのが効果的なので、風邪をひいてから買いに来るようだと遅いことも伝えた。

【第2類医薬品】葛根湯エキス顆粒Sクラシエ 12包
参考価格:¥ 1,944
実売価格:¥ 997
値引率:49%
コハクドラッグ

 高齢のお客様から『新パワーアクトEX』と『グランアクトEX』の違いを尋ねられ、後者にはニコチン酸アミドが関わってることを説明した。

 ニコチン酸アミドは細胞の酸化還元反応に不可欠で、つまりは細胞の活性化に役立つ。

 ただ、お客様の主訴は首の後ろと肩のこりで、価格差ほどの効果が体感できるとは限らないのと、先に『新パワーアクトEX』を使っていたというため継続を勧めて、お買い上げいただいた。

 患部は温めると楽になるらしいので、『葛根湯』も試してみてはと提案した。

【第3類医薬品】新パワーアクトEX 270錠
参考価格:
実売価格:¥ 3,065
値引率:%
『ウエルシアドットコム』

 

 
ページ:1234567...46»