Tagged with " 葛根湯"

ネット上の健康情報とのモグラたたきが日常だけど、この記事もウッカリ拡散してしまうとモグラになるかも?

 乳幼児を連れたお客様が風邪薬の棚の前で長考していて『ルルアタックNX』を選ばれたのでヒアリングしてみたところ、主訴は鼻水と喉のイガイガというお話だった。

 花粉症は無いとのことだったが、スギからヒノキに変わってから反応する人もいることを伝え、『パブロン鼻炎カプセルSα』も喉の面倒を見てくれることを説明し変更となった。

 多くの鼻炎薬の効能書きに「のどの痛み」と書いてあるのを知らない人は、案外と多いので確かめてもらいたいところ。

 また、鼻水は内臓の冷えが原因とも考えられるので、温かくて消化に良い食事を勧めると「鍋じゃん」と言われたので、「その通りです」と答えた。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 お客様が、DHA・EPA・鉄・ビタミンのサプリメントが目眩(めまい)に良いというのを「ネットで見た」というのでヒアリングしてみると、病院に行ったことは無く、起きている目眩は回転性だというため、『苓桂朮甘湯』を紹介した。

 そして血圧の関係で通院してるというため、担当医に相談してみるよう勧めた。

 ネットでどういう情報を見たのか分からないけれど、目眩にも種類があるから、サプリメントを使うにしても選別は必要。

 漢方的に考えれば、回転性の目眩は水分代謝の異常で、落ちるような目眩なら血流の改善が必要なので『人参養栄湯』が適応し、雲の上を歩いてるようなフラフラする目眩は血圧が原因と考えられるので『七物降下湯』が候補になる。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 お客様が『アレグラFX』を購入される際にヒアリングしてみると、連続で服用するといった指導を受けたことは無く、あまり効いていないというお話だった。

 同じ鼻炎薬の棚に並んでいるから分かりにくいかもしれないけど、アレルギーに反応させないための予防薬でもあるから、すでに症状が激しく出ている場合には遅いし、飲み始めたら花粉が飛んでいようが飛んでいまいが毎日続けないと意味が無い。

 お客様の主訴は鼻水と鼻づまりということだから、漢方薬の『葛根湯加川きゅう辛夷』を勧めたいところではあるものの、現代薬を希望されているようでもあるので『コンタック600プラス』を案内してみたところ、以前に『コンタック風邪総合』を飲んだけど効かなかったというため、同じブラン名でも成分が異なることを説明した。

 今回は『アレグラFX』を続けてみるということになったので、飲み切るまでは欠かさないようにと改めて伝えた。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 やや高齢のお客様から、花粉症の目薬に『ロートアルガード』を求められたけれど、一時的にメーカーが品切れを起こしていたため、成分の近い『サンテAG』を案内してお買い上げいただいた。

 お客様には、花粉症は内臓が冷えると症状が強く出るため、積極的に温かい物を飲んだり入浴をしたり下半身に厚着をするなどして、体内を温めると症状が軽減できるかもと伝えた。

 花粉症は外敵と闘うつもりで害の無い花粉症に攻撃してしまう誤認によるもので、その敵味方の識別は腸がやっている。

 つまり、腸の働きを整えることで敵味方の識別が正常になれば、花粉症は軽減できるという次第。

 腸の働きを整えることとしては、消化に良い食事をするとか、ヨーグルトなどの発酵食品を食べるということなどが考えられるものの、色々と考えるのは面倒なので温めるというのが一番単純で実行しやすいだろう。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 

「風邪には葛根湯」は限らない!? 温めると具合が悪くなる症状に使うのは避けましょう

 お客様から『アンメルツヨコヨコ』を求められ売り場を案内すると、ロングタイプのジクロフェナクトリウム製剤である『アンメルツヨコヨコNEO』を選ばれた。

同じアンメルツのブランドでもロングタイプの方は成分が異なり、15歳以上でなければ使用できない年齢制限があることを伝えると驚かれ、使うのは12歳の子供だと分かった。

 塗り薬にも年齢制限があることを知らない人は多いので、気をつけてもらいたいところ。

 特にジクロフェナクトリウム製剤は血液中にも入っていくので、年齢制限だけではなく他の飲み薬などとの併用にも気を付けなければならない。

 今回は売り場を尋ねられたから気づくことができたけれど、もしお客様自身が選んでレジに並んださいにレジが混んでいるとヒアリングできないケースも考えられる。

 子供の主訴は肩こりというため、内服薬として『葛根湯』を提案したところ、今回は自身の分としてフェルビナク製剤の『ほぐリラ』を購入された。

 どうして『ほぐリラ』を選んだのか、その理由は分からない。

 初めに情報提供をしても、相談するとか内容を確認するというところまでには結びつかない模様。

 ちょっと切ない(´・ω・`)

Screenshot of www.amazon.co.jp




 夫婦のお客様が来店し『葛根湯』の液剤をレジに持ってきたのでヒアリングしてみたところ、頭痛と関節痛だとのことだった。

 関節痛も来ているとなれば『葛根湯』よりも『麻黄湯』の方が適応するのだけれど、うちの店には『麻黄湯』の液剤が無い。

 頭痛の方はズキズキするタイプではなく緊張性のようなので『葛根湯』でも適応するものの、お客様が液剤の方が「早く効きそう」と言っていたため、顆粒でも効く速さはそれほど変わらないことと、『葛根湯』は家に置いておくよりも出先で早め早めに使うほうが効果的だから、顆粒の方が持ち歩けて便利なことをお話すると、『葛根湯』の顆粒に変更となった。

 また、もし風邪だとした場合は、体を休めるのは内臓も含めて休めるということなので、食欲があってもそれは脳がエネルギーを欲しがっているだけであり内臓が対応できるかは別なため、脳からの信号に騙されず消化に良い食事にして、なおかつ量を控えるようにお話ししたところウケた。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 『葛根湯』の液剤をレジに持ってきたお客様に、上半身を温める『葛根湯』は喉の痛い時に使うと余計ヒリヒリするし、咳のある時に使うと咳が酷くなるし、熱が出てからはもう必要無いことを説明すると、昨日から喉の痛みがあるとのことだった。

 ごく初期であれば『葛根湯』も喉の痛みに使えるものの、昨日からではもうタイミングとしては遅いため、上半身を冷やす『銀翹散』と、炎症を発散する『ペラックT』を紹介したところ、後者に変更してお買い上げいただいた。

 また、喉の痛みは風邪とは限らず胃炎でも喉が痛くなることがあると説明し、どちらにしても消化に良い食事をするのが養生法であることを伝えた。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 お客様から風邪の時に使う薬をとの相談を受けたけれど、常備薬にするというので、必ず咳止めが入っている総合の風邪薬よりも、解熱鎮痛剤と鼻炎薬と咳止めの3種類の薬を別々に備えておく方法を提案し、多少の鼻炎は『葛根湯』でも面倒を見れるので『龍角散ダイレクト』を併用できる物として紹介したところ、『葛根湯』と『龍角散ダイレクト』を購入された。

 『葛根湯』は上半身を温めて血流を良くするので喉の痛みには向かないが、内臓が冷えて起こる鼻水には適応するため、『龍角散ダイレクト』と一緒に服用するという使い方がある。

 なお、『葛根湯』と『龍角散ダイレクト』を併用すると甘草が重なり、甘草に含まれるグリチルリチン酸の1日最大配合量は200mgと上限が定められていたけれど、医療用医薬品に関しては平成28年に廃止され、現在は実質的に上限は無い。

 とはいえ、それは経過観察をする医師や看護師がいる環境下での話だから、やはり市販薬では注意が必要。

 甘草に含まれるグリチルリチン酸は、甘草1グラムにつき20mg~40mgと幅が広く正確な量は分からないが、『葛根湯』と『龍角散ダイレクト』の双方の甘草が重複しても問題は無いはずである。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 

 

他の薬の紹介や提案をするのは商売のためではありません

 やや高齢のお客様が痔の薬を見ていて『ボラギノールA注入軟膏』をレジに持ってきたのでヒアリングしてみると、頼まれ物とのことだった。

 患者さんの主訴は排便痛と出血だそうで、しょっちゅうなる訳ではないというお話から、止血剤の入っている『プリザエース注入軟膏T』を提案したところ、変更となった。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 お客様が『スマイル40プレミアム』と『ブルーベリー』のサプリメントを購入されるので、加齢による目の疲労の場合にはと『牛車腎気丸』を紹介してみた。

 お客様からは「商売がうまいわねぇ」と言われたけれど、病院でも処方してもらえる保険の適用薬であることを伝えた。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 お客様から「アンパンマンの風邪薬を」と注文されたけれど、主訴は頭痛で咳は無いというため、『ムヒこどもかぜシロップ』はお勧めできないことを説明した。

 そして鎮痛剤を提案すると『バファリンルナJ』が家にあるというので、先に使ってみるよう提案し、本日はお買い上げは無しとなった。

 『葛根湯』も家にあるとのことだったが、ズキズキする頭痛のようなので胃の不具合と関係することを説明し、『葛根湯』は胃に負担をかけるから今回は避けた方が良いと伝えた。

 ただお客様は、「子供は食欲がある」と言っていたため、内臓が大丈夫かどうかと脳が食欲を感じることとは別ですと説明した。

 子供に限らず大人でもありがちだが、あまり自分の脳を信じない方が良い。

 ……この言い方だと語弊があるな(^_^;)

Screenshot of www.amazon.co.jp

 お客様から咳の相談を受け、数日前に熱っぽかったそうで、痰がひっかかるというため『麦門冬湯』と『ブロン錠エース』を案内し、前者をお買い上げいただいた。

 内臓が熱を持つと上半身は乾燥しがちになり、痰を排出しにくくなる。

 胃熱の状態の可能性があるので、お客様には消化に良い食事をして量を控えるよう勧めた。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 お客様が『新ブロン液エース』を購入され、ヒアリングしてみたところ明け方に痰が絡むというため、咳止めではなく去痰剤を勧めてみたが、それ以上はお話を聞いてもらえなかった。

 お客様の様子からすると、薬物依存になっているようにも思われたから、売らないのが正解だったかもしれない。

 でも売らなかったところで、近隣には他のドラッグストアーが4軒もあるから、そっちで買ってしまう可能性を考えると、うちのお店で観察しておいた方が良いようにも思うし、判断が難しいところ。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 

 

鼻炎薬にも、鼻水と鼻づまり、効き方の特性など違いがあります

 『アレジオン』を購入されるお客様が、夜は帰りが遅くてシャワーで済ませているというため、お腹周りを温める重要性をお話しして、寝る時間を削ってても入浴するよう勧めた。

 花粉症は敵味方の識別をしている腸の機能が低下して花粉を敵だと勘違いし攻撃することで現れる症状なので、腸が正常になれば敵味方の識別も適切に行われるようになり症状が軽減する。

 またトータルの睡眠時間よりも睡眠の質の方が大事なので、その点でも体を温め血流を良くすることは良い睡眠の助けとなる。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 『アネトンアルメディ鼻炎錠』を購入されるお客様に、やはり症状の軽減のためにはお腹周りを温めて腸の働きを助けるようにとお話しした。

 また、『パブロン鼻炎カプセルSα』などの鼻炎薬は、鼻水を止めるのは得意であるものの鼻づまりを治すのは案外と苦手で、生薬の入った『アネトンアルメディ鼻炎錠』の方が向いていることを伝えた。

 漢方薬では同じ鼻づまりでも、鼻水と行ったり来たりする場合は『葛根湯加川きゅう辛夷』が、鼻が詰まり寝るのも辛いようなら『荊芥連翹湯』を、詰まった鼻汁が喉に落ちてくるようだと胃を悪くしているので『辛夷清肺湯』が適応する。

 一方、鼻水一辺倒でクシャミが激しいようなら『小青龍湯』が向いているし、高齢者には『麻黄附子細辛湯』が、胃の弱い人には『香蘇散』というように適応する漢方薬の鑑別が必要なので、自己判断で買う前に店頭で相談して下さいませ。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 夫婦のお客様が来店し、『アレジオン』や『アレグラFX』などを見ていて、実際に購入されたのは『パブロン鼻炎カプセルSα』だったので、念のため両者の違いを説明した。

 具体的には、『アレジオン』や『アレグラFX』などは花粉に反応させないようにするので予防薬として運用するのが効果的であり、飲み始めたら花粉が飛んでいようが飛んでいまいが毎日飲み続けることが重要。

 つまり、すでに症状が激しく出ている場合には効果が感じられないこともあるので、そういう場合には点鼻薬を併用するか、一旦『パブロン鼻炎カプセルSα』などで症状を抑えてから乗り換えるという方法を検討した方が良い。

 お客様には、腸の働きを整えると花粉症の症状が緩和する可能性をお話しした。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 夫婦のお客様が来店し、『アレジオン』と『アレグラFX』を見ていたのが、『ストナリニS』をレジに持ってきたので、違いを説明すると知らなかったようだが、「いつも使っているから」とのことで購入された。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 

 

薬の添付文書は読みましょう! 効かなかった場合は正しく使っていたかをチェック

 お客様から生理痛に使うにあたって、『グレランビット』と『バファリンルナi』の比較を尋ねられ、睡眠の質を悪くしないのはノンカフェインの前者ですと説明し、『グレランビット』をお買い上げいただいた。

 すると成人の子供が頭痛持ちとのことで共用するお話しがあったが、年齢が違えば体の機能も違うので、薬を分けた方が良いこともありますと伝えて、生理痛専用薬の『エルペインコーワ』を紹介してみた。

 子供の頭痛の方は締め付けるタイプのようなので、肩こりとの連動の可能性を考え、上半身を温めて血流を良くする『葛根湯』を使う方法もあることを伝えた。

 朝方だけ痛くて、午後にかけて楽になってくるタイプの頭痛なら、『釣藤散』も候補になる。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 やや高齢の夫婦のお客様が来店し、『アレグラFX』を購入されるさいに服薬指導を受けたことがあるか確認すると、患者はご主人で、自分で選んで買ったから受けていないとのことだった。

 予防薬としての運用が効果的なため、飲み始めたら欠かさずに毎日通して飲むよう伝えると、ご主人に「そんなのどこに書いてあるんだ!?」と怒られたので、添付文書に書いてあることを説明したら、今度は「そんなの読む訳ないだろう!!」と胸を張って威張られた。

 そんな威張られましても……(;´Д`)

 この調子だと心配に思い、一部の胃薬と併用すると効き目が落ちてしまう可能性があるため気をつけるよう付け加えると、「そんなの分かるわけない!」と怒鳴られた。

 あうっ、だから薬を使う時には相談をという話なんだけど……。

 どうも、何かしら言い返さないと気が済まないようで、撤退することにした。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 お客様から『ベンザ鼻炎スプレー』を求められ、置いていないた似た処方の『スットノーズα』を提案してみたけれど、人から勧められたそうで飛行機に乗るから効かないと不安というため、近所のドラッグストアーに問い合わせて案内した。

 『スットノーズα』でも効果は同じだはずだけれど、薬は効くと思って使った方が効くという話もあるから仕方のないところ。

 ただ、特定の銘柄の薬を足で探すというのは結構難しい。

 売り場のスペースは限られているから、わざわざ似た処方の薬を揃えておく必要性がないので。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 

 

患者さんによって伝える内容を変えることがある? あります!!

 若いお客様が『ベンザブロックSプラス』をレジに持ってきたけれど、主訴は鼻炎と痰のことだった。

 風邪が会社で流行っているというお話ではあるものの、咳止め成分の入った薬を咳の無い時に服用するとかえって体に負担となるため、『パブロン鼻炎カプセルSα』に入っているマレイン酸カルビノキサンも去痰剤として働くことを説明し変更となった。

 喉と鼻は繋がっているから、案外と鼻炎薬で喉の面倒も見てくれるのだ。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 夫婦の常連のお客様が来店し、ご主人が痰に色がある状態で病院に行ったところ『排膿散及湯』を処方されたとのこと。

 家には以前に購入していただいた『葛根湯加川きゅう辛夷』が残っているというので、処方された薬を使い切ってもまだ症状が続くようであれば、乗り換えて使えることを伝えた。

 もっとも、それでも続くようであれば再受診したほうが良い。

 これを言えるのは、このお客様がちゃんと病院に行くということが分かっているからである。

 言っても病院に行かないなと思うようなお客様には、危なくて教えられない。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 夫婦のお客様が『ルキノンKB錠』を購入されるさいにヒアリングしてみると、ご主人が前にも使ったことがあり常備薬にしているという。

 ただ、夫婦でも性別が違えば体質も違うから、薬を分けた方が良いこともありますと伝えると興味を持たれたので、症状別に常備薬を揃える方法をお話しした。

 例えば風邪薬であれば、中身は鎮痛剤と鼻炎薬と咳止めの組み合わせなので、この三つを別々に備えておき、現れた症状に合わせて使うのだ。

 胃薬にしても、水を飲んで楽になる時には胃炎や胃熱の状態と考えられるので活動を抑える薬を、お湯を飲んで楽になる時には胃の働きが悪くなっている可能性が高いため、胃を保護して働きを助ける薬を用意しておく。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 先日に授乳中の娘さんの点鼻薬を買いにいらした、やや高齢の常連である夫婦のお客様が来店し、今回は奥さんの花粉症の目薬の相談を受け、案内した3種類ほどの中から『ロートアルガードマイルド』をお買い上げいただいた。

 ご主人はドライアイとのことで、人工涙液の『ソフトサンティア』をお使いいただくことになった。

 他に奥さんからは『コンドロイチンAZ』のことを尋ねられ、イチョウ葉のサプリメントが効いたと言われたけれど、通院しているというため、担当医には報告するようお願いした。

 記憶力が向上するとされているイチョウ葉は、血流を良くする物でもあるから血液に関係する薬を飲んでいる場合は影響を受ける可能性があるし、サプリメントの種類によっては検査結果の数値だけを良くして診断を誤らせてしまう可能性が否定できない。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 

 

思いがけない薬の使い方をする患者さんとの遭遇率が高い件について

 『メモA』を手にしたお客様から、他に火傷(ヤケド)の薬は無いか尋ねられ、痛みがあるというためそのまま適応するしますとお答えした。

 実のところ、火傷を治す薬という物は存在しない。

 感染しないよう患部を保護し、自然に治癒するのを待つしか無いのだ。

 『メモA』にしても、やってくれるのは患部を清浄にし、痛みを鎮め、皮膚の再生を促しながら油分で患部を保護するだけである。

 お客様の患部は足で、水疱が出来ているということから、その水疱が殺菌と修復を担っていることを説明し、破らずに保護するよう勧めた。

 もし水疱が破れてしまったら、水道水で洗って感染予防に抗生物質を塗るようお話した。

 お客様は火傷をしたさいに10分程度冷やしたそうだが、流れる水で30分から1時間は冷やさなければならないことを伝えた。

 火傷をして『冷えピタ』を使うなんて人もいるから油断できないし、氷を直接当てるような冷やし方も刺激になって良くないので気をつけてもらいたいところ。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 やや高齢のお客様が『エキセドリンプラスS』と『温感パッチアスコラル』をレジに持ってきたけれど、主訴は肩こりだというため『エキセドリンプラスS』は『バファリンA』などと同じ鎮痛剤であることを説明すると、取りやめになった。

 肩こりに使うのであれば、『葛根湯』や『独活葛根湯』で血流を良くして温めるほうが効果的。

 薬を提供するコチラ側からすると、どうして患者さんがその薬を選んだのか分からないことが多く、こうして声がけするのを欠かせない。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 お客様が『ロートアルガードSマイルド』と『ロートアルガードクリアマイルドEXa』を一緒に購入されるので、別な人が使うのかを尋ねると花粉症で、前者を夜に後者を昼間に使っているとのお話だった。

 どうしてそのように使っているのか分からず、『ロートアルガードクリアマイルドEXa』が一つあれば使い分ける利点は無いと考えられることを説明したけれど、お客様の希望でそのまま購入されたため、むしろ角膜の組成成分の入っている『ロートアルガードクリアマイルドEXa』は夜間に使うように勧めた。

 一方、『ロートアルガードSマイルド』には塩酸テトラヒドロゾリンが入っていて、これは継続すると血管を硬くしてしまう可能性が指摘されている成分でもあるから、不要であれば使うのを中止した方が良いと思うのだけれど。

 どうして使い分けをしているのか、やっぱり分からない。

 それからお客様には、目薬をさした直後は目を閉じて1分以上、下を向いているのが効果的なことを伝えると驚かれた。

 上を向いたままだったり、顔を起こしていると目薬は鼻腔を通って喉へと流れてしまい無駄になってしまうから、目に閉じ込めて下を向いているのが良い。

 目薬の開発に携わっている人の話だと、本当は1分と言わず5分ぐらいは目を閉じておいてほしいとのことだった。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 

 

『ガスター10』が適応するタイプは逆流性食道炎の疑いもあります

 お客様から『ヘパリーゼHiプラス』が二日酔いに効くか尋ねられたので、疲労を伴う場合に向いているものの二日酔いに使うには価格と釣り合わないかもとお話した。

 二日酔いの一番の原因は脱水症状であることを説明し『五苓黄解』を紹介したうえで、『ヘパリーゼHiプラス』をそのままお買い上げとなった。

 お客様には、飲み会に参加するさいには胃に準備運動をさせるのと脱水症状を防ぐために直前に温かい物を飲んでおき、刺身のツマの大根と揚げ物に付いてくるキャベツを食べるよう勧めた。

 大根は胃薬として働くし、それこそキャベツは『キャベジン』の開発のきっかけになったくらいなので。

 飲み会では、大抵の人が食べないから独り占めしてしまえば良いんである( ̄ー ̄)ニヤリ

Screenshot of www.amazon.co.jp

 お客様から『ガスター10』を求められたけれど、薬剤師でなければ販売できない第一類医薬品であることと、リスク管理の面で軽々に使える薬ではないことを説明した。

 特に『ガスター10』が適応するタイプは、「焼けるような感じがする」「ジリジリする感じがする」「苦い水が上がってくる」といった症状で、これらは逆流性食道炎の疑いもある。

 ただ、健康な人でも1日に約50回は胃液が逆流していることをお話したうえで、『ギャクリア』(六君子湯)や『スクラート胃腸薬』を紹介したところ、家に『パンシロンG』があるというため、先に使ってみるよう提案し、お帰りになった。

 あっ、そうそう、健康な人は胃液が逆流したところで、ちゃんと粘膜が保護しているし影響を受けてもすぐに修復されるので心配はいりません。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 お客様から『ロキソニン』を注文されたけれど、うちのお店には置いていないので化学構造式の似ている『イブプロフェン』でも代用できることを伝えると興味を持たれたので、『グレランビット』を紹介したところ購入された。

 主訴は頭痛で、ズキズキするタイプというため胃の不具合と関係することをお話すると、思い当たるようだった。

 締め付けられるタイプの頭痛ならば肩こりと連動していると考えられるので体を動かした方が楽になるが、ズキズキするタイプは内臓も含めて体を休めた方が良いので消化しやすく胃腸に優しい食事をするよう勧めた。

 ちなみに、朝方に頭が重く午後にかけて楽になっていくタイプは血圧が関係してると考えられ『釣藤散』が適応するし、ズキズキするタイプには『呉茱萸湯』が、締め付けられるタイプには上半身の血行を良くする『葛根湯』が使える。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 

 

症状を我慢するのは体に良くない!? 我慢して疲労すると他の病気になることも

 お客様から鼻づまりの相談を受け、現代薬は鼻水を止めるのは得意でも鼻づまりを通すのは苦手なので漢方薬が適していることをお話すると、以前に『チクナイン』(辛夷清肺湯)を使い、多く飲まないと効かなかったとのこと。

 しかし鼻汁は喉に落ちてこなかったというため適応していなかった可能性を説明したところ、鼻水にもなることがあるというので『葛根湯加川きゅう辛夷』を紹介したけれど、鼻の奥に膿の味を感じるとのことから『荊芥連翹湯』を試していただくことになった。

 それからお客様は、漢方薬は効くのに時間がかかると思われていたので、急性症状には早く効くことを説明した。

 また、鼻づまりの原因は体内の熱がうまく循環しておらず上半身に溜まってしまうことで起きていると考えられるため、お風呂で半身浴したり下半身に厚着して下半身が温まれば症状が軽くなる可能性を伝えた。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 さっきのお客様に続き蓄膿症の相談を受け、アレルギー薬は使いたくないとのことだったので『荊芥連翹湯』を案内して、お買い上げいただいた。

 ただ、お会計をしてから普段は病院で抗生剤を処方してもらっているそうで、耐性菌ができてしまうと将来的に困ることと、腸内細菌を殺すと免疫機能が異常を起こす可能性をお話した。

 医師からは今のところ蓄膿症について手術は不要と言われているそうだが、病院でアレルギー薬を使ったのは3~4年前で、市販薬では『ストナリニS』を使っていたというため、薬も新しい物が流通しているかもしれないから、改めて受診してみてはと勧めた。

 また、症状が激しい時に我慢をすると疲労してしまい風邪など他の病気になってしまうこともあるので、アレルギー薬も使うべき時には使った方が良いと伝えた。

 そのうえで、やはり鼻づまりは血液の循環が滞り熱が上半身に籠ってしまうことで起きると考えられるとお話して、お風呂で半身浴をすることと下半身に厚着をしておくよう勧めた。

 イメージとしては昔のお風呂のように、下の方に冷たい水が溜まっていて熱いお湯は上に昇っている状態なので、下の方から温めて熱が循環するようにするのだ。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 若いお客様が『アレグラFX』を購入されるさいにヒアリングすると、連用して服用するのが望ましいことは知っていたけれど理由は知らないということだったので説明した。

 『ストナリニS』のような一般的な鼻炎薬は、水風船に針が刺さって破裂し水浸しになったの掃除するようなものなのに対して、『アレグラFX』や『アレジオン』は水風船にテープを貼って針が刺さっても割れないようにする。

 つまり花粉に反応しないようにするのが目的なので、晴れていようと雨だろうと花粉が飛んでいようと飛んでいまいと、毎日飲むことが重要。

 飲むのを中断している間に花粉に反応してしまっては、元も子も無いんである。

 また、お客様には花粉症は花粉を敵だと勘違いして攻撃することで起きる症状であり、その敵味方の識別をしているのは腸だから、入浴したり積極的に温かい物を飲んだり、下半身に厚着をすることで腸の働きを助けて正常になると、敵味方の識別も的確に行なわれ、症状が軽減されることをお話した。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 

 

頭痛の特徴をつかもう!! 酷くなるときと楽になる時のメモを忘れずに

 お客様が『パブロンAゴールド』と『新ヒストミンゴールド液』を購入されるさいに、後者を飲むのであれば普通の食事の消化にはエネルギーを使うため食事は不要と伝えたところ驚かれた。

 一般的には夕食を多めに食べる人が多いと思うが、その量を基準とした場合、 消化をするのに約8時間の休息が必要な程に、エネルギーを消費してしまうのだ。

 だから風邪をひいたからといって無理に栄養を摂ろうとすると、消化の方にエネルギーが取られて風邪を治すエネルギーが不足してしまうという本末転倒なことに。

 体を休めるというのは、内臓も含めて休ませるということでもある。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 お客様が漢方薬の棚を見ていて、購入されるのが『イブクイック頭痛薬』だったのでヒアリングしてみた。

 主訴は頭痛とのことだったから、ズキズキするタイプか、締め付けられるようなタイプか、頭重感がするタイプか尋ねてみたが、それぞれが混ざっているようだった。

 もちろん人間は機械ではないから、複数の症状が現れるということも当然あるが、どの症状が顕著になるか意識すると、その時々によって異なる特徴が掴めるだろう。

 簡易的に鑑別するとすれば、ズキズキするタイプは胃の不具合と関係し、体とともに胃腸を休めるために消化に良い食事をするのが対応策で、漢方薬では『呉茱萸湯』が適応する。

 締め付けられるようなタイプは肩こりと連動していると考えられ、むしろ体を動かして血流を良くすると楽になるため、上半身を温める『葛根湯』が良い。

 それから、朝方に頭重感がして午後になるにかけて楽になるタイプは血圧が関係している可能性が高く、『釣藤散』で調整すると改善が期待できる。

 お客様の場合、生理前に頭痛が強まるというお話もあったので、『桂枝茯苓丸』も紹介した。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 やや高齢のお客様から、うちの店では取り扱っていない『ロキソニン』を求められたため、薬剤師のいる他のドラッグストアーを紹介したうえで、化学構造式が似ているイブプロフェン製剤でも代用できることをお話したところ興味を示され、『グレランビット』を紹介した。

 すると、主訴はリュウマチだと教えられ、病院で処方されている薬があるとのことで確認したところ『麻黄湯』と、咳に『麦門冬湯』が出ているとのことだった。

 確かに『麻黄湯』は病院ではリウマチに処方されるから、それを継続するのが良いようにも思われる。

 少なくとも市販薬を使うのであれば、担当医にも報告するようお願いしたうえで、『グレランビット』をお買い上げいただいた。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 

 

 
ページ:1234567...48»