• タグ別アーカイブ: 葛根湯
  • 子供の症状や好みなどを親が思い込みで決めている場合もある

     お客様から『龍角散』を求められ売り場を案内すると、『龍角散ダイレクトマンゴートローチ』を選ばれたので、念のため去痰剤が入っていないことを伝えると、患者は子供だという。

     『龍角散ダイレクトスティック』の方には患部を冷やす成分の他に去痰剤が入っているのに対して、『龍角散ダイレクトマンゴートローチ』に入っていないのは、舐めることにより喉を潤すからだろう。

     水無しでも解ける顆粒タイプにするか、トローチタイプで舐めるかは本人の好みもあるだろうから、確認してみてはどうかと提案したところ、お客様が電話で子供に確認をして、そのまま『龍角散ダイレクトマンゴートローチ』を購入された。

     細かなことではあるが、子供の症状や好みなどを親が思い込みで決めている場合もあるから、本人への確認は必要だと思う。

     子供は咳もあるというため、 胃に負担がかかると咳が酷くなることをお話しし、消化に良い食事に切り替えて量を控えさせるようにと伝えた。


     お客様から『新ルルA錠』が良いか尋ねられヒアリングすると、子供が喉の痛みを訴えているという。

     咳が無いのであれば、『ペラックT』や『龍角散ダイレクトスティック』など喉に特化した薬や、アセトアミノフェン製剤の鎮痛剤でも良いことを説明すると、『葛根湯』が家にあるというお話だった。

     しかし上半身を温める『葛根湯』は余計に喉の痛みを強めかねないので、反対に冷やす『銀翹散』を勧めると、お買い上げいただいた。

     また喉の痛みは風邪とは限らず、胃炎の可能性もあることをお話しし、どちらにしても消化に良い食事に切り替えて、喉への刺激も減らすのために噛まないで済む食材や調理法をと伝えた。

     

  • 市販の睡眠補助剤の成分『ジフェンヒドラミン』は、目覚めた後に頭がボーッとするかも

     お客様から『ロキソニン』を求められ、薬剤師のいる店舗じゃなければ取り扱っていないことを説明したうえで、化学構造式の似ているイブプロフェン製剤でも代用できる事をお話しすると、鎮静剤も入った『イブA』をお買い上げいただくことになった。

     ただ、患者はご主人で主訴は腰痛だそうなのだが、病院に行きたがらないというので、内臓には痛覚神経が無く他の大きな病気が隠れている可能性もある、と少し脅してみてはどうかと伝えた。

     実際に、腰痛だった人がガンだったというケースもあるし。


     お客様が『ドリエル』を長く見ていたので声をかけてみたけれど、案内は断られた。

     しかしその後も長考していたため、眠くなる成分を重ねた『ウット』との比較を説明すると、眠れないのではなく、起きると頭がボーッとするというので、どちらもジフェンヒドラミン製剤だから、副作用として寝起きに頭がハッキリしない症状が現れる可能性をお話しし、上半身を温めて血流を良くする『葛根湯』を提案してみた。

     本日は薬の購入は取りやめになり雑貨のみをお買い上げいただいたのだが、環境的に入浴ができないというため、首から腰にかけて背中側にシャワーを浴びると血流を良くして体を温めるのに効果的なことを伝えた。


     鼻づまりの相談をされて『アネトンアルメディ鼻炎錠』を紹介したお客様を、上記のお客様の対応で待たせてしまったため、入浴が体内の熱を循環させて鼻づまりを軽減させるのに良いことを伝えた。

     せめて情報の提供で、お待ちいただいた分を埋め合わせ。

     

  • 人間は疲れすぎると、脳が興奮して眠りの質が下がります

     高齢のお客様が『バファリンA』を購入されるさいにヒアリングしたところ、以前には無印の『イブ』を使い、効くのに時間がかかったというお話だった。

     頭痛で頭がボーッとするというので、上半身の血流を良くする『葛根湯』を提案してみた。

     お客様からは「説明してくれて助かる。他の店はしてくれなかった」というため、まずは店員に相談してみるよう勧めた。

     お客様自身が薬を選んでレジに持ってきた段階では、なかなか声をかけてヒアリングするということも難しいので。


     お母様から眠剤を求められ、店頭では睡眠補助剤しかないことを伝えると、以前に『ドリエル』を使ってみて、良かったとのことだった。

     成分違いの物として『ウット』を紹介したうえで、『ドリエル』をお買い上げいただいた。

     お客様の不眠は中途覚醒のようだから、腎の働きが悪くなっている可能性をお話すると、疲労しすぎが思い当たるようで「アドレナリンが出るから?」と訊かれ、「その通りです」と答えた。

     人間は疲労しすぎると、より気力を増そうと脳が興奮状態になり眠れなくなるのだ。

     お客様は帰りが遅くシャワーだけというため、睡眠時間を削ってでも入浴して睡眠の質を高めた方が良いとお話しした。

     赤ん坊が眠る前に手足が温かくなるのと同じで、入浴して温まった体が冷えていく過程によりリラックスして良い眠りへとつながる。

     

  • 薬は誰が使うか、どんな人が使うかの情報が重要です

     お客様が『パブロンエースPro』をレジに持ってきたけれど、患者はご主人で症状は咳のみというため咳止め薬を提案すると、一週間ほど続いてるとのお話だった。

     食べようとすると咳が出るとのことから、呼吸の刺激によって咳になると考えられ、体の中が乾燥している可能性をお話しして『麦門冬湯』を紹介したものの、「多分、漢方薬は嫌がる」とのお返事。

     痰は無いそうなので、『ブロン錠』を案内して、お買い上げいただいた。

     痰が引っかかって出にくい人は『新ブロン錠エース』の方が適応するから、ご注意を。

     また、ご主人はだるさがあるようなので、食事を消化するのにもエネルギーを消費することをお話しして、消化に良い食事に切り替え、量を控えさせるよう伝えた。


     お客様から求められた風邪薬が、他のドラッグストアのプライベートブランドだったため、『エスタックイブ』の処方が近いことを説明した。

     そして主訴は喉の痛みと鼻づまりというので、『パブロン鼻炎カプセルSα』や『ペラックT』を単独で使うことを提案したところ、それぞれ常備薬にしてるということから、先に使ってみるよう勧めた。

     そして漢方薬に興味を持たれたようだったため、同じ風邪の初期でも上半身を温めるならば『葛根湯』を、冷やすのならば『銀翹散』をと説明し、現代薬の風邪薬を使うさいには咳がある時に向いていることを伝えた。

     すると『葛根湯』『銀翹散』の両方を購入され、奥さんが授乳中なので使わせても良いか確認されたので、基本的には大丈夫なことと、心配な場合には授乳を終えてから服用する方法があることをお話しし、慎重なのは良いことですと伝えた。

     

  • 食べ過ぎの腹痛に鎮痛剤を使ったり、頭痛に湿布薬を使う人がいる? いるんです!!

     若いお客様が、鎮痛剤と風邪薬を一緒に購入されるので、念のため併用しないか確認した。

     お客様としては煩わしいかもしれないけれど、何しろ食べ過ぎの腹痛に鎮痛剤を使ったり、頭痛に湿布薬を使う人がいるため、こうして声がけをしていることを伝えた。


     若いお客様から頭痛の相談を受け、以前は『ロキソニン』を使っていたというためイブプロフェンも科学構造式が似ていて代用できることを説明すると、『イブA』を購入された。

     お客様の頭痛はズキズキするのと締め付け感の両方があり、目眩(めまい)がする時もあるとのお話だった。

     ズキズキする頭痛は胃の不具合と関係があると考えられるため、そういう時には消化の良い食事にするよう勧め、締め付けるタイプの頭痛の時は肩こりと連動してる可能性があるので、上半身の血流を良くするために『葛根湯』を使う方法もあることを教えた。

     また、目眩については水分代謝の異常も考えられ、『呉茱萸湯』『苓桂朮甘湯』が候補になることを伝えた。


     やや高齢のお客様が来店し、ご主人がヘルニアで痛がっており、腹帯は持っておらず、ボクサーブリーフを使ってるとのことで受診勧奨をしたのだけれど、どうしても何か買いたいと言われ、女性向けの腰を支えるタイプの下着を購入された。

     ううむ、何かしたくなる気持ちは分かるとはいえ、一つのことに執着してしまうのはパニックによる脳の誤作動なんだろうな(´・ω・`)


     

     

  • 子供は親が買ってくる薬を使うしかないので、だからこそ店頭での相談と確認をお願いします

     中国人らしい若いお客様から、胃痛の相談を受けた。

     3日前に食べすぎて、その時は吐き気もしたとのこと。

     今は空腹時に痛むものの食欲はあるというため、『スクラート胃腸薬』を勧めてお買い上げいただいた。

     Google翻訳、マジ優秀(´∀`)

     Google 日本語入力は、変な誤訳が多いけど(^_^;)


     子供を連れたお客様が『マイフレンS』を2個レジに持ってきたけれど、主訴は咳で他の症状は無いというため、続けて飲む薬ではないことを説明し、症状に合わせ『ムヒこどもせきどめ』を案内したところ変更となった。

     お客様には、咳のある間は内臓が炎症している可能性があるのと、咳の衝撃により胃が疲れていることも考えられるため、胃に優しい食事をさせるよう勧めた。

     そしてお客様から風邪薬の選び方を質問されたので、まずは店員を捕まえて「どんな症状なのか」「いつからなのか」「何か使っている薬はあるか」を伝えるのが一番とお話ししたうえで、風邪の前兆の段階なら『葛根湯』を、熱が出てきたら『麻黄湯』に切り替え、解熱後には体力の維持のために『柴胡桂枝湯』を使う方法を伝えた。


     

     

  • 子供を想う親心はぜひ、「薬を買ってきてあげる」ではなく「一緒に買いに行く」ようにしてあげて下さい

     お客様がジクロフェナトリウム製剤のパップ剤をレジに持ってきたけれど、ヒアリングすると主訴は背中の痛みで、甲状腺治療薬を服用していると分かったため、インドメタシン製剤とフェルビナク製剤を案内し後者に変更となった。

     おくすり手帳を持ってきていなかったため、成分表示をおくすり手帳に貼って市販薬と処方薬を一元管理することと、担当医や調剤した薬剤師に使ったことを報告するようお願いした。

     また、おくすり手帳は出先で事故に遭った時に救急搬送される場合、重要な情報源になるし、災害時には特例として医師の診察を受けなくても常用している薬を受け取ることができることをお話しした。


     お客様から『バファリンルナi』を男の子でも使って良いか尋ねられ、患者は高校生というので性別は関係無いことを伝えると購入された。

     主訴は頭痛だというため、痛み方によって原因と対処法が変わることを話したところ、お客様自身はズキズキするタイプで、息子さんは締め付けられるのとの複合タイプとのことだった。

     ズキズキするタイプは胃の不具合とも関係するから、温かい物を飲んで消化に良い食事をすると症状が軽くなる可能性が高く、漢方薬では『呉茱萸湯』の出番。

     一方、締め付けられるタイプの頭痛は肩こりと連動していることが考えられ、上半身を温めて血行を良くするのが対処法なので『葛根湯』が適応することを話しすると、以前に病院から処方されたことがあるという。

     ちなみに朝方に頭が重いくて午後になるにつれて改善するタイプは血圧が関係する可能性が高く、『釣藤散』が候補になる。

     お客様には、子供に頭痛外来を受診させてみることも勧めたうえで、シャワー派だというため血流改善のためには入浴をする方が良いことと、お湯に浸したタオルなどで目の周囲を温めることも提案した。

     こういう話をするためにも、子供の薬は親が買うのではなく本人を連れてくるか、本人に買わせるようにしてもらいたいところ。

     

  • 錠剤の真ん中に線があっても割線とは限らないので、まず薬剤師さんに相談を

     お客様からピルカッターの問い合わせがあり、取り扱っていないことと、足で売っているお店を探すのは難しいことをお話しした。

     ピルカッターを探している目的を尋ねたところ、処方された錠剤が割られておらず割線があるというので、普通のカッターの刃をライターなどの火で熱消毒して切る方法を教えた。

     また、錠剤が飛び散らないように大きめのタッパーの中で作業をするよう伝えた。

     しかしお客様が帰ってから、錠剤に入っている線が割線とは限らず、割ってはいけない錠剤もあることをお話しし忘れたことに気づいた。

     そもそも、お客様の目的を優先したのが失敗。

     調剤した薬剤師さんに相談することを、最初に勧めるべきだった。


     お客様から『正露丸』を求められ、大幸薬品とイズミ製薬とでは処方が違うことを説明した。

     具体的には大幸薬品の『正露丸』は昔ながらの処方なのに対して、『正露丸』を下痢止めの目的で使うことが多いことから、イヅミ製薬では腸の働きをわざと抑制するロートエキスを足してある。

     お客様の主訴は下痢と腹痛で、冷たい物の飲み過ぎが思い当たるというため『胃苓湯』も紹介したうえで、下痢を止めるために内臓機能を抑制するのも勧められないことをお話しし、大幸薬品の『正露丸』をお買い上げいただいた。

     お客様からは、「漢方薬は長く飲まないとダメ?」と尋ねられたので、風邪には『葛根湯』というように、急性症状には早く効くことを説明した。

     

  • 乳酸菌製品を買っても、「糠漬けの乳酸菌には敵わない」

     お客様から風邪薬の常備薬の相談を受けたが、すでに発熱の予感がして鼻水があるとのことから、『葛根湯』を勧めてお買い上げいただいた。

    「早めのパブロン」とか「早めのルル」という宣伝文句があるが、現代薬は予防的に早め早めに飲むという使い方はできない処方の物が多く、症状が明確になってから使わないと、かえって体の負担になってしまう。

     また、発熱や咳などの風邪の症状がいっぺんに全部現れるというのは案外と少ないので、総合風邪薬を一つだけ置いておくよりは、鎮痛剤と鼻炎薬と咳止めの薬をバラバラに備えておいて症状に合わせて使うのが良いことをお話しした。


     夫婦のお客様から、『新アペテート整腸薬』に入っているのは乳酸菌かと質問され、その通りであることと、乳酸菌というのは牛乳などの乳製品とは関係無く、代謝により乳酸を生産する細菌類の総称であることを説明した。

     かつては筋肉疲労の原因と考えられていた乳酸だが、近年の研究では心臓の心筋などのエネルギーとして活用されていることが分かってきている。

     そして一部を除いて乳酸菌は胃酸に弱いため、納豆菌を加えることで腸内で乳酸菌を育て直すことをお話しした。

     ただ、乳酸菌が体に良いと言っても相性があって、外から入ってくる菌は体にとっては初めは敵だから仲良くなるまでの期間が必要で、一番良いのは家に居付きの菌であることを考えると、「糠漬けの乳酸菌には敵わない」という話を製薬メーカーの研究員さんから聞いたことがある。

     また、乳酸菌が活動しやすくするためには、下半身に厚着をしてお腹周りを温めるのが良いことを伝えた。 


     

     

  • 鼻づまりで鼻汁が喉に落ちてくるタイプは、胃が弱っていると考えられます

     高校生くらいの親子のお客様が虫刺されの薬を見較べていて、『ウナクール』をレジに持ってきたさいに、痒み止めは入っているものの炎症を抑えるのには弱めなことを伝えると、かなり患部が炎症しているようだったため受診勧奨をしたうえで、ステロイド剤の入った『ムヒアルファEX』の液剤を案内し変更となった。

     薬を見較べて迷った時には、「立ってる者は親でも使え」というくらいで、立っている店員は同じように使って下さいと伝えた。


     お客様から漢方薬の棚を尋ねられて、売り場を案内しながら探している物を尋ねると『辛夷清肺湯』だと言うので、『チクナイン』が同じ処方であることをお話しした。

     患者は奥さんで、鼻づまりがあり鼻汁が喉に落ちてくると言うため、適応することを説明して、お買い上げいただいた。

     もし鼻づまりはするものの鼻汁が喉に落ちてこないのであれば『荊芥連翹湯』が適応するし、鼻づまりと鼻水が行ったり来たりする場合には『葛根湯加川きゅう辛夷』が候補になることも伝えた。

     また、鼻汁が喉に落ちてくるとなると胃を悪くしてる可能性が考えられるので、消化に良い食事をすることと、奥さんは入浴をせずシャワー派だというため、鼻づまりの原因となっている上半身に篭もった熱を循環させるためにも、入浴する方が良いことをお話しした。

     もし、どうしても入浴せずにシャワーで済ませたいという場合には、太い血管が通っている背中側に浴びるようにとも伝えた。