パッケージに書いてある症状だけでは、適応するか見分けるのは難しい

 夫婦のお客様が『荊芥連翹湯』をレジに持ってきてヒアリングしたところ、患者はご主人で、主訴は鼻づまりとのことだった。
 以前に病院で漢方薬を処方されたそうだが、その名前を覚えておらず、パッケージの表記を見て選んだそうだ。
 確かに鼻づまりと書いてあるけれど、鼻づまりに用いる漢方薬は一つだけではないし、鼻づまりにもまた種類がある。
 例えば鼻づまりと鼻水を行ったり来た入りしている場合には体を温めつつ熱を発散する『葛根湯加川きゅう辛夷』が適応し、『荊芥連翹湯』は鼻が詰まる一方で寝られないくらいのときに上半身を思いっきり冷やして改善してくれて、詰まった鼻汁が喉に落ちてくる場合には胃が悪くなってる考えられるため胃薬として働く生薬の入った『辛夷清肺湯』の出番となる。
 ご主人は、鼻汁が喉に落ちてくるというため『チクナイン』(辛夷清肺湯)を勧めて変更となった。
 仕事で夜遅く朝が早いためシャワーで済ませてるというので、寝る時間を削ってでも入浴した方が良いことをお話したうえで、シャワーの浴び方を教えた。
 鼻づまりは漢方的には熱が上昇して上半身に留まり、熱が循環しないからと考える。
 そして下半身を温めて熱を降ろすのと、体温を一定化させるのは血液がすることなので血流を良くするためには、入浴するのが簡単かつ確実な養生法。
 また、睡眠は時間よりも質が大事で、上昇した体温が下降して冷えていく過程で眠りが深くなるから、睡眠時間を惜しんでシャワーで済ませるより入浴して睡眠時間が短くとも質を向上させたほうが良い。
 それに、先述したように鼻汁が喉に落ちてくるのは胃が弱って押し戻す力が低下しているからなので、入浴して内臓の血流を良くすることも改善の一助となる。
 ただ、環境的にお風呂に入れない場合には、太い血管の通っている背中側に少しでも長くシャワーを浴びることで、入浴に近い効果をもたらす。

 夫婦のお客様から『』と『』の違いを質問され、鼻づまりには前者が優位なことと、花粉が1日に2回も舞うことを考えると後者のほうが良いとも考えられること、そしてなにより体との相性もあることを説明した。
 すると、『』を以前使ったことがあるそうだが、使用感は覚えていないとのことだった。
 今はスマホがあるから、何か薬を使ったら経過観察をメモや写真などを記録しておくと良いだろう。
 本日は、『』を購入された。
 あっ、そうそう、どちらも体が花粉に反応しないように予防薬として使うのが効果的なので、花粉が飛んでいようがいまいが、晴れようが雨だろうが、毎日欠かさず服用するのを忘れないようにとも伝えた。

 お客様から『スクラート胃腸薬』の無印とSの違いを尋ねられ、前者は現代薬のみで構成され普段は元気な人向けで、後者は現代薬と生薬のハイブリットで胃が弱いか疲れている場合に向いていると説明したところ、無印をお買い上げいただいた。
 また、水とお湯のどちらを飲むと楽になるからで使用する薬を検討する鑑別方法を教えた。
 水を飲んで楽になるようなら胃炎を起こしていると考えられ『スクラート胃腸薬』なら無印が候補となり、お湯を飲んで楽になるようだと胃が弱っている可能性が高いためSが適応する。
 他に、『新メガウルソS』についてもも効かれ、胃酸の出過ぎを抑える制酸剤と消化を助ける消化剤に胆汁酸の元となる成分も加わってる「全部入り」なので、効果範囲が広い代わりに双方の作用を打ち消し合う処方となっているため、症状に合わせた薬を使うという観点からすると使いにくいことを説明した。
 特に、持病があって他に薬を飲んでいるような人だと、その複雑な処方構成から副作用や相互作用の検討が難しい。
 お客様には、「尋ねてもらえて良かったです」と伝えた。
 同じ銘柄のシリーズでも、一文字付くか付かないかで縁もゆかりもない処方の薬というのは珍しくないので。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート