店頭でも、お薬手帳があれば処方の近い薬を探したり、併用を避ける薬が分かります

 『ロートアルガードEX』を購入されたお客様に、花粉症と腸の関係の話をすると反応が良かったので、腸に負担がかかるような食べ過ぎに注意するよう伝えたところ、後ろで聞いていた他のお客様からも「腸なの?」と尋ねられた。
 たまにこうやって、すでに薬を選んでレジに並んで関心を持ったお客様から、改めて相談してもらえることもある。
 ちなみに、花粉症に腸が関係するというのは、花粉を外敵と間違えて戦おうとする異常な免疫反応を起こす原因が、第二の脳とも云われる腸の誤認なので、ヨーグルトや漬物などで乳酸菌を摂って腸内環境を整え、腸内細菌が働きやすいように、入浴したり下半身に厚着したりして、お腹周りを温めるのが良い。

 やや高齢のお客様から『ケアセモクリーム』を求められ、以前にも買ったとのことだが、処方内容からすると『ムヒSクリーム』でも代用できることをお話しすると使っていたそうなのだけれど、患部が掻きむしった痕になっていたため、皮膚の修復に『ヒビケア』を紹介した。
 病院で何か薬が処方されたようなのに分からないそうなので、お薬手帳を持ち歩くよう勧めると、お薬手帳を作っていないとのことだった。
 処方されてる薬の成分が分かれば、その薬と処方の近い薬を探すこともできるし、組み合わせの良くない薬に気をつけることもできるので、お薬手帳を作るようお願いした。
 今回は、当初のお客様の希望通り『ケアセモクリーム』を、お買い上げいただいた。

「おくすり手帳と個人情報の使い方」

「おくすり手帳と個人情報の使い方」

 お客様から、『イソジンうがい薬』を求められ売り場を案内したけれど、現在はあまり使うことは無く水道水で充分なこと、 WHO(世界保健機構)もイソジンの過度な使用は健康被害もあるため、控えるように勧告してることを説明した。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート