お客様には毎回、ビクビクしながら声をかけています

 お客様から抗ヒスタミンの目薬をと注文され、詳しくお話を訊いたところ9歳の子供に病院から処方されたそうで、それは『パタノール点眼薬』だと分かった。
 そもそも病院で処方される薬だから市販はされていないし、『ロートアルガード』で充分ではと提案すると、『ロートこどもクリア』はどうかと尋ねられたため、効き目としては少し弱いことをお話しすると、『ロートアルガード』を購入された。
 まぁ、厳密なことを云うと『パタノール点眼薬』は第2世代の抗ヒスタミン薬だから、比較するのも変なんだけど。
 あと、一般的な薬の年齢制限とは別に、市販の目薬で子供用となっている場合は、刺激となるメントールを入れていないとかそういうことなので、特別に子供用ではなくても構わない薬もある。
 花粉症の養生には腸が関係することをお話ししたところ、食欲はそれほどでもないそうだが、本人は肥満気味とのことだった。
 花粉症は、体が異物である花粉を追い出そうと過剰に反応してしまうことで起きるから、ウイルスなどの敵とは違うことを認識してもらう必要があり、その識別をしているのは腸だから、腸が働きやすいようにするのが良い。
 具体的には、食事は消化のしやすい物を選び、お風呂には入って下半身に厚着をする。
 お客様からは、「腸内細菌?」と尋ねられたので、お腹を冷やさないことが重要とお話しした。
 温かい方が、腸内細菌も活動しやすいので。

 お客様が『ルルアタックEX』を購入されるさいに咳の有無を尋ねると、不機嫌そうに「いつも使ってるから」と言われたけれど、お会計をしながら入っている咳止め成分が麻薬系と覚醒剤系で、咳が出ていない時に服用すると体に負担がかかることをお話しした。
 すると、とたんに物腰が柔らかくなり、使うのはご主人で、ご主人が「よく効く」と言っているため、それこそ覚醒剤とカフェインによる錯覚のせいかもしれず、体調が良くなったと思っても内臓を休めるために胃に優しい食事をするようお話しした。
 それから、家に『イブ』があるというので、咳が無く喉の痛みだけとか発熱とかならば、先に使うよう勧めた。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート