薬の案内を申し出ても説明を断られ、会計の段になって症状を確認するとお客様が選んだ薬が合わないということも

 お客様から『イブ』を求められ売り場を案内すると、種類の多さに驚かれ迷った様子だった。

 そういう時には売り場を案内してもらうだけではなく、ぜひ相談してもらいたいところなんだけど、何故か尋ねてもらえない。

 こちらから案内を申し出ても説明を断られ、いざお会計の段になって症状を確認するとお客様が選んだ薬が合わないということも、これまた多いんである。

 今回は、お客様が以前に使った物を尋ねると『イブA』だったと思うということで購入を決められ、頭痛に使うと言うため、ズキズキタイプであれば胃の不具合と関係するから食事に注意するよう伝えた。

 この辺りも、お客様から相談して頂いていれば、もっと詳しいお話が出来るのに残念。

 ちなみに、無印の『イブ』と比較すると『イブA』には、鎮痛成分のイブプロフェンの他に鎮静効果のあるアリルイソプロピルアセチル尿素と、薬効を高めるカフェインが入っており、胃の不具合と関係するズキズキタイプの頭痛や生理痛に特に適応する。

 反面、末梢神経の痛みに属する歯痛や関節痛には向かない。

 鎮痛剤にも得手不得手や、適応する痛みの傾向があるので、使いたい症状とか用途を初めに伝えてもらえたら、提供したい情報は山程あります。


 『麦門冬湯』を購入されるお客様にヒアリングすると、以前から咳に使っていて、今回は直前に発熱したというので適応することを伝えた。

 そして発熱により胃炎を起こして体内が乾燥してる可能性があるため、咳がある間は消化に良い食事をして量を控えるよう伝えた。

 この咳にも種類があり、カラ咳よりも炎症が強い場合には『五虎湯』『麻杏甘石湯』を、反対に内臓が冷えて起こる湿った咳には『カンポアズマ』や『小青龍湯』が、ストレスで気道が狭くなり息苦しい場合の『半夏厚朴湯』と、ストレスの他に季節の変わり目の身体疲労が関係するときの『柴朴湯』といった具合なので、いつも飲み慣れているから同じ薬とは限らないため、相談をしてもらいたい。


 若いお客様から『ロキソニン』を求められ、うちのお店には置いていないためイブプロフェン製剤での対応を提案したところ、人から勧められたとのことだった。

 用途は頭痛と生理痛で、頭痛はズキズキタイプとのことから胃の不具合と関係することを説明し、痛みを伝えるホルモンと胃を保護するホルモンは同じなため、痛みを止めると胃を保護する機能も止まって、それでまた頭痛を引き起こしてしまう可能性をお話しした。

 また、頭痛と生理痛を同じ薬で済ませるというのは悪いことではないけれど、内臓の機能をわざと落として生理痛を緩和する『エルペインコーワ』を生理痛専用薬として紹介し、使い分けた方が効果的なことを伝えた。

 本日は、『イブクイック頭痛薬』をお買い上げいただいた。


 やや高齢のお客様から『イソジン』をと注文されたけれど、現に喉が痛む場合には避けた方が良いことを伝えたところ、胃カメラを飲んでから喉が痛むというお話だった。

 そうであれば、なおさら消毒薬より抗炎症剤の方が良いし、鎮痛剤の方が適応すると思われたため提案すると、家に『バファリンA』があるといううえ、口内炎の薬もあると思うとのことから、先に使うよう勧めて、何も購入せずにお帰りとなった。


 

以下の記事も読まれています。

LINEで送る
Pocket

 

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。