• タグ別アーカイブ: 呉茱萸湯
  • 痛みの伝達物質「プロスタグランジン」のお話

     若いお客様から足首用のサポーターのサイズ違いを尋ねられて、手頃な価格の物が無く、『FCダンシップサポーター』と『かかとにパッド』を購入された。
     主訴は踵の痛みで運動のしすぎが思い当たり、骨折とかはしてないと思うというお話だったけれど、専門家の意見を聞くために先に受診しておくのも良いとお話したものの、あまり耳には入らないようで、そのままお帰りになった。

     お客様から『イブクイック頭痛薬DX』が『イブA』より早く効くか質問を受けた。
     どちらも鎮痛成分のイブプロフェンが入っているのは当然として、前者のほうが少し濃く、他に鎮静成分とカフェインの濃度が共通。
     大きく違うのは、『イブクイック頭痛薬DX』に酸化マグネシウムが入っており、これがイブプロフェンの吸収を早め、胃の保護もしてくれる。
     よく鎮痛剤は悪いと思われがちだけれど、それは鎮痛成分が悪さをしているのではなく、痛みの伝達物質であるプロスタグランジンが胃を保護する指示をするのも兼ねていて、痛みを遮断するということは胃を保護するのも止めてしまうから。
     その意味で酸化マグネシウムが入っているのは良いことといえるものの、じゃあ吸収も早まって良いことずくめかというと、あくまで実験室での話で、本当に人間の体の中でも同じとは限らず、その速さを体感できるかとなると個人の感覚での話でしかないことを説明した。 
     それより問題は、どちらもアリルイソプロピルアセチル尿素と呼ばれる鎮静成分が入ってることで、一般には眠気を催すから車の運転には気をつけて程度に認識されているようだが、脳の認知機能が低下すると考えたほうが良い。
     実際に飲んでみて「自分は眠くならなかったから大丈夫」と思ったら大きな誤解で、一瞬の判断力が鈍るから危険であることに変わりが無い。
     また、この鎮静成分は日本以外ではすでに使われておらず、依存性が指摘されているため、たまの頭痛や喉の痛みとか発熱時に使うのならともかく、頭痛や生理痛などで連日使うようだと避けたほうが良い。
     連用ということではカフェインも摂り続けていて使うのを切らすと、離脱症状が起きカフェイン頭痛や動悸などを引き起こす。
     カフェイン入りの頭痛薬を使うのをやめると頭痛になるという人は、そのカフェイン頭痛の可能性もある。
     なのでお客様にも、鎮痛成分のみの無印の『イブ』や、『リングルアイビー200』の他に、カフェインが入っているけれど鎮静成分は入っておらずイブプロフェンとアセトアミノフェンの2種類の鎮痛剤を組み合わせた『バファリンルナi』を紹介したうえで、今までも使っていたというお客様の気持ちを汲んで、『イブA』をお買い上げいただくこととなった。
     本当は、鎮静剤の入っていない物を選んでもらいたかったとは思う。
     代わりにという訳ではないけれど、頭痛と生理痛でも薬を使い分けることも考えられますとお話をして、店員を捕まえて症状を伝えてから薬を選ぶのも良いと付け加えた。
     生理痛専用薬の『エルペインコーワ』は、イブプロフェンの他に内蔵の働きをわざと低下させる成分が入っているのだけれど、子宮が活発に動いてしまうのが生理痛の原因であるから、それを弱めようという発想。
     ただし、子宮だけを狙うということはできず胃腸の機能も低下するので、服用する期間の食事は胃腸に優しいものを意識したほうが良い。
     そもそものお客様の使用目的は、ズキズキするタイプの頭痛で、朝に予感がすると吐き気も感じるという。
     ズキズキするタイプの頭痛は胃の不具合と関係し、先ほどの鎮痛剤と胃の関係からも分かるとおり、胃を悪くして頭痛となり鎮痛剤を飲むと痛みが和らぐのと同時に胃の保護機能が失われるため、それで普通の食事をすると胃が悪くなって頭痛が起き、また鎮痛剤を使うという無限ループに入り込んでしまうので、このタイプの頭痛が起きたり予感があったら食事を消化の良い物に切り替えるよう勧めた。
     漢方薬では、『呉茱萸湯』や『五苓散』が候補になるところである。
     他の頭痛、例えば頭が締め付けられるタイプは肩こりと連動することの多い緊張型頭痛で、上半身を温めて血流を良くする『葛根湯』を使うと鎮痛剤を使う機会が減らせる。
     朝方に頭が重く、午後になるにかけて楽になるような場合は血圧の変化に体がついていけないという状況が考えられ、『釣藤散』あるいは明らかに血圧が高いようなら『七物降下湯』が候補となる。

     やや高齢のお客様から湿布を求められ何かと思ったら、今さっき車のドアに指を挟んだというため、強めの薬を使うよう勧め、患部が狭く動く部位にでもあるので塗り薬を提案した。
     しかし湿布をを使いたいらしく、「ハサミを貸してくれれば自分で切るから」と言われるので、ジクロフェナクトリウム製剤なら塗り薬でも皮膚から血液中に浸透することを説明したのだけれど、服用している薬の有無を確認したところ、何か血圧を下げる薬を使っていて名前が分からないというから、念のためインドメタシン製剤に変更し『バンテリンEX液』を勧めてお使いいただくことになった。
     急性症状には強い薬を早い段階で使ったほうが効果的なため、その場でお客様自身に薬を塗っていただき、冷凍食品の持ち帰り用の氷をビニール袋に入れてお渡しして、初日はとにかく患部を冷やすよう伝えた。
     どうして早く対処しなければならないかというと、患部は脳に異常を報せるために痛みの伝達物質であるプロスタグランジンを急速かつ大量に生産し始めるからだ。
     痛みを感じないと人間は危険を察知できず命の危機にさらされることもあるから仕方がないとはいえ、痛みを自覚した段階で生産量を調整してくれれば良いのに、人間の体は機械ではないからそうもいかない。
     そこで患部を急速に冷やして血流をわざと悪くし、筋肉を収縮させ、痛みの伝達物質の生産機能を低下させてやるのだ。
     インドメタシンなどの鎮痛成分も同様の働きをするから、初期に生産量を抑えればその後の痛みの残り方が軽減できるという次第。
     もし捻挫や打撲をして薬が手元に無いのであれば、とにかく氷水で患部の感覚が無くなるまで冷すのが良い。
     他のお店がどう対応するかは分からないけれど、うちのお店に来てくれたら氷水くらいは差し上げますよん。
     でも、家の中などなら薬を買いに出る前に冷すのをお忘れなく。

     

  • 店頭での声かけは、お客様自身が薬のことで勘違いしていないかの確認の為でもあります

     お客様が、酔い止め薬の『トラベロップQQ』のサイダー味を購入されたのだけれど、本当はレモン味を探してるというため、限定商品だったかもと伝えた。
     それから、乗り物酔いの対処法を説明して、コカ・コーラも使えることをお話しすると驚かれた。
     乗り物酔いの対策としては、実際に気持ち悪くなっても吐きにくくするために、乗る前に飲食で冷たい物を避けて温かい物を心がける。
     何故なら、腸は体温より低い物を受け付けないので冷たい物を摂ると温まるまで胃に長く貯め込んでしまうから。
     しかも胃は構造上、上部に貯めておくようになっている。
     つまり、それだけ吐きやくすなるということ。
     温かい物ならば胃で柔らかくなり次第、すぐに腸へと送られて胃が軽くなる。
     スープなどのように温かければ、消化しやすい具と組み合わせるとなお良い。
     一方、乗ってからのためには氷を入れてキンキンに冷やした飲み物を用意して、少しずつ口にしていく。
     冷たい物を飲むと胃の働きが悪くなる。
     悪くなれば吐こうとする力も弱くなる。
     もし用意できなくて、でもコカ・コーラが買えるようなら人工甘味料のゼロカロリーの物ではなく、ちゃんと糖類の入っている物を選ぶ。
     糖類を麻薬に喩える人もいるように脳を楽しい気分にして、気持ち悪さを誤魔化すのだ。
     また、炭酸の刺激も吐き気を誤魔化すのに役立つ。
     虫に刺されて痒い所を叩くと、痺れて痒みが気にならなくなるのと同じ。
     それと、コカ・コーラは胃酸に近いph値とされており、胃に馴染みやすいそうだ。
     お客様は、コカ・コーラの話で驚いていた。

     お客様が『ベンザブロックS』をレジに持ってきたけれど、主訴は鼻水と少し咳がある程度だというため、鼻炎薬を提案し『新コンタック600プラス』に変更となった。
     鼻水は内臓が冷えているのが原因と考えられるため、胃を温める工夫が大事なことを伝えた。
     簡単なのはお風呂に入ることと、服装はお腹周りに保温すること。
     水分の摂り過ぎは鼻水の原料となってしまうため気をつけたほうが良いが、飲むなら電子レンジで温めたりして温かい物が良い。

     お客様が『ノーシンピュア』をレジに持ってきたさいに、いつも使ってる薬か確認したところ「はい」というお返事だったのだが、気持ちを落ち着ける代わりに眠気を催す鎮静成分が入ってるので車の運転に気をつけるよう伝えると、『バファリンルナi』と間違えてることに気づかれ変更となった。
     似てる……かなぁ(^_^;)?
     全体的に白味が多いところとか?
     なんにしても、確認して良かった。
     薬を当たり前のようにスッとレジに出されると、ついそのままお会計を進めたくなちゃうけど、やはり声かけは大事。
     そして、お客様の主訴は頭痛でズキズキするタイプということから、胃と不具合と関係することをお話したところ、使っても効かないこともあったというため、その頭痛がする時には食事を胃に優しい物に切り替えるよう勧めた。
     また、鎮痛剤にも得意分野があるので、そのつど店員を捕まえて相談するよう伝えた。
     頭痛でいえば、頭を締め付けられるような緊張型の頭痛は肩こりとも関係してることが多く、中枢神経まで抑える必要は無いので末梢神経に効くアスピリン製剤の『バファリンA』が向いているし、上半身を温めて血流を良くする『葛根湯』を使うと、鎮痛剤に頼る機会が減らせる。
     朝方に頭が重くて午後にかけて楽になるとか、気圧と連動しているようなら鎮痛剤を使わずに『釣藤散』『五苓散』を使う方法も考えられる。
     先ほどのズキズキするタイプで漢方薬を使うのなら、やはり水分代謝を改善する『五苓散』『呉茱萸湯』が候補となる。

     お客様がスキンケアの棚を見ていて購入したのが『バファリンルナi』だったので、スキンケアについて何かあるのか尋ねてみたけれど、はぐらかされた。
     なんだろう、患部が言いにくいとかなのかな。
     手荒れであれば、お湯を入れた湯呑みを握って指先の血流を良くする方法と、入浴時には手を湯船に入れるよう伝えた。
     こういう一言を添えることで、そこから相談してもらえることがあるから、とにかく何か一言をといつも考えてるんだけど、疲れてるとつい自動販売機になりたくなる。

     

  • 鎮痛剤にも性格があるように、頭痛にも種類があります

     やや高齢のお客様からマスクや消毒用エタノールを求められたけれど、いずれも品切れのため新型コロナウイルスやインフルエンザなどのエンベロープウイルスの予防方法などをお話したところ、「勉強になったから」とドリンク剤を購入された。
     お客様には、必要なときに必要な物だけお買い求めくださいと伝えた。
     自身が感染しいて拡げないためにはマスクが必要だけど、自身を守るのには手洗いが一番簡単で確実な方法。
     消毒用エタノールに頼らなくても、ウイルスを覆っているエンベロープを破壊すれば良くて、エンベロープは油脂でできているから、油汚れを落とす物ならなんでも良い。
     石鹸だって、食器用洗剤でだって構わない。
     むしろ消毒用エタノールは、自家注射しなければならない持病のある人や介護を必要としている人のために買い控えてほしい。

     マスクの問い合わせに、花粉症の場合には『ワセリン』を鼻の穴の入口に塗る対処法と、新型コロナウイルスの予防には手洗いがの方が大事と説明したところ、『ロキソニン』の有無を尋ねられた。
     頭痛に使うそうで、鎮痛剤にも得意分野があることをお話しすると、朝方に重く午後にかけて楽になるというから、血圧が関係しているかもしれないため適応する物として『奥田脳神経薬』を紹介した。
     現代薬と漢方薬の合剤で、その漢方薬である『釣藤散』も紹介した。
     すると、以前に病院で漢方薬が処方されていたそうだが名前を覚えておらず、医師が遠くへ行ってしまったというため、改めて別な病院の受診を勧め本日はお帰りになった。
     ちなみに、ズキズキするタイプの偏頭痛は胃の不具合と連動していることが多く、痛む日には食事を消化の良い物に切り替えると少し楽になる。
     漢方薬では、水分代謝を改善する『五苓散』『呉茱萸湯』が適応する。
     締め付けられるような緊張型頭痛は肩こりと連動していることが多いため、上半身を温めて血流を良くする『葛根湯』を使う手があり、先ほど挙げた『釣藤散』が適応することもある。
     いずれにせよ鎮痛剤にも性格があり、候補を増やせるかもしれないし養生法も伝えられるから、お気に入りがあったとしても相談してもらえると良いと思います。

     会社で消毒用エタノールを頼まれたとのことで、お客様に品切れをお詫びしたうえで、喉の保湿のために小まめな水分補給と、手洗いを徹底すること、そして手の触れるところを濡れている物で拭き掃除をする方が大事なことをお話した。
     確かに消毒用エタノールは、エンベロープウイルスの膜を破るのを容易にするけれど、容易な方法は手抜きを招いてしまいがちだから、その点では良い方法とは云えない。

     お客様からマスクを求められ、品切れのため花粉症なら『ワセリン』を使う方法が、新型コロナウイルス対策なら手洗いと手の触れるところの拭き掃除に小まめな水分補給をする方法を説明したところ、「来た甲斐があった」と言っていただけた。

     常連のお客様から『手ピカジェル』を求められ、品切れのため上記の三つの対策をお話したところ、成人の息子の通勤が心配だというので、それこそ手を洗う回数を増やすよう勧めた。
     駅の洗面所で手を洗うだけでも、かなり衛生面で有意なはずである。
     なにしろ今まで、そんな手洗いをしている人はいないのだから。
     お客様からは、「他の人は教えてくれなかった」と言われた。

     

  • 薬の購入に口うるさくてゴメンナサイ。この1回しかチャンスが無いかもしれないので

     外国人のお客様から『アクトス錠』なる物を求められ調べてみたら、糖尿病治療薬のピオグリタゾン塩酸塩と分かり、市販されていないことを説明した。
     本人は日本におらず、シンガポールで購入されたという。
     パッケージに日本語が書いてあったので、日本でも入手できると思ったようだ。
     日本の医療用医薬品を、シンガポールの薬局で売ってるってことなのか?

     子供を連れたお客様が『バファリンルナJ』を手にしてから、下痢止めを求められ売り場を案内すると、今度は『セイロガン糖衣A錠』を手にされたので、『正露丸』とは処方が異なることを説明した。
     『セイロガン糖衣A錠』を、単にあの独特の匂いのしない甘い錠剤にしただけと思っている人が多いけれど、消毒作用があって腸の働きも整える木クレオソートを含めて基本は5つの成分で構成されている『正露丸』から、痙攣を抑える成分と炎症を抑える成分を抜いてあるので、シクシクとした腹痛を伴う場合には力不足となる。
     もとより、腸には味覚と嗅覚もあり、匂いが薬効に必要なのだ。
     子供の下痢止めとして備えておきたいとのことで、実は大幸薬品の『正露丸』も『セイロガン糖衣A錠』も、腸の働きを止める成分は入っていないため、下痢を止める目的であればロートエキスの入ったキョクトウなど他社の『正露丸』のほうが適している。
     ただし、そもそも『正露丸』の目的は戦地に赴く兵士の食中りを防ぐための薬で、下痢をピタリと止めるよりも原因となっている悪いモノは早く排泄したほうが良い。
     それを下痢止めを目的に使う人がいるから、他社の『正露丸』にはロートエキスが入っている訳で、同じ名前の薬でも目的によって使い分けの検討が必要なんである。
     あの匂いを子供が嫌がるのは仕方がないから、『エクトールDX』が昔ながらの『赤玉』と同じ処方であることを伝え、他に『小中学生用ストッパ下痢止めEX』も紹介したところ、前者をお買い上げいただいた。
     お客様に、子供を連れて薬を買うのは良い事と伝えたら、苦笑いされてしまった。
     まぁ、余計なお世話ではある。
     でも、大人でさえも相談して薬を買う人は少なく、よく分からないままパッケージやテレビCMなどを根拠に選んだり、相談してもらえても自身の不調を言葉にするというのは案外と難しいから、そのやり取りを子供に見せておくというのは大事なこと。
     今回のように、『正露丸』と『セイロガン糖衣A錠』は別物、同じ名前の『正露丸』でもメーカーが異なると別物、というようなことは、こちらから情報提供しないと質問しようとも思わないだろうから、こういう機会に子供に体験してもらいたいんである。

     お客様が『バファリンA』を持ってきたさいに、末梢神経の痛みに向いてることを伝えると、少し迷われたけれどそのまま購入された。
     用途は頭痛で、ズキズキする偏頭痛タイプだというから、胃の不具合と連動していると考えられるため、その頭痛がした時には食事を消化の良いものに切り替えるよう勧めた。
     漢方薬では水分代謝を改善するものが適応して、『呉茱萸湯』や二日酔いにも使われる『五苓散』を用いる。
     肩こりと連動することが多い締め付けられるような緊張型頭痛には上半身を温めて血流を改善する『葛根湯』が候補となり、朝方に頭が重くて午後になるにつれて楽になるようだと高血圧が疑われるので『釣藤散』の出番となる。

     若いお客様が『第一三共胃腸薬プラス』を購入されるさいに、胃腸が弱っている人向けであることを伝えると、頼まれ物とのことで本人の症状は分からず、いつも使っているというお話だった。
     単純に、『第一三共胃腸薬』に「プラス」と付いてるから「何か得なのだろう」と考えて選ぶ人もいるので、本当は症状を確認したいところ。
     胃の状態を簡易的に鑑別する方法として、お湯と水のどちらを飲むと楽になるか試してみるのを教えた。
     お湯を飲むと楽になるようなら、血流が良くなると改善するということでもあるので胃が冷えているか疲れていると考えられ、胃酸の出過ぎを抑えるついでに胃腸の機能を低下させてしまうロートエキスの入っていない『第一三共胃腸薬プラス』が適応する。
     水を飲んで楽になるようだと、胃が異常に働き過ぎか胃炎を起こしている可能性があるため、ロートエキスの入っている『第一三共胃腸薬』の方が向いている。
     また、胃腸薬は成分の種類が多く、他の薬との飲み合わせや持病についても気をつけなければならないことをお話しすると、お客様からは、本人に「伝えておきます」とのお返事。
     よろしくお願いします。

     

  • 病院から処方された薬が効かなかったら、同じ病院を頼るほうが合理的かつ効率的

    皮膚カウンターの抗生剤を見ている成人の女性の親子が「強い」と言ってる声が聞こえて気になったため、案内を申し出た。

    娘さんのニキビのためにいらしたそうで、やはりネットで「ニキビに抗生剤が効く」というのを見ていたようだったため、ニキビとオデキの違いを説明した。

    確かに病院ではある種の抗生剤を処方することがあるのだけれど、使用期間が決まっていたりするため、あくまで医師の判断に基づいていないと好ましい使う方ではない。

    そして、ニキビの原因は皮膚の窪んだところなどに溜まった皮脂を好むアクネ菌が炎症を起こすのに対して、オデキは食中毒の原因にもある黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌が起こすという違いがある。

    どちらも抗生物質で倒しても良いように思われるかもしれないが、実はアクネ菌は黄色ブドウ球菌の活動を抑制するので、食中毒を防ぐためにはいてくれないと困るのだ。

    また、黄色ブドウ球菌にしても外からくる菌に対しては敵対的に振る舞ってくれるから、用心棒として働いている。

    人間の体は、絶妙な人間関係のような菌同士のバランスで成り立ってるんである。

    そのため、オデキは抗生剤で部分的かつ一時的に通す方法を使うが、ニキビの方は患部でのアクネ菌の活動を抑制して炎症を抑えつつ、新陳代謝を促して皮膚が新しくなるのを手伝うようにするのが一般的な対処法で、ニキビ専用薬の多くはそのような処方内容となっている。

    お客様の患部は額のみで、それを隠すためか前髪を下ろしていたので、それだと髪が触れると皮膚は攻撃を受けてると勘違いして守ろうと、アクネ菌の餌となる皮脂を余計に出してしまうことをお話して、前髪を上げるか『ワセリン』などで保護するよう勧めた。

    そして病院は2軒行ったものの、悪化してから行かなくなったというのだけれど、それぞれの病院にフィードバックしていないという。

    処方された薬を覚えておらず、お薬手帳も持っていなかったため分からないけれど、薬によっては角質化を抑える過程で一時的に肌が荒れたようになる事をお話して、どちらか同じ病院に相談するのが良いと説明した。

    人間の体は機械ではないし、表に現れているのは同じ症状でも原因や起きている過程が同じとは限らないから対処する薬は何種類もあり、医師は処方する際にはそれらの候補から選んでいるので、効かなかったとか副作用が疑われる場合には、同じ医師に再検討してもらったほうが合理的かつ効率的。

    一軒目の病院にフィードパックせずに移ってしまうと、前の状態が分からないまま次の医師も新たに薬を検討するところから始めなければならず、それでまた別な医師のところへ行ってしまっては、今度の医師も今までの状態の変化を知らないまま判断するという事になってしまうからだ。

    また、体質は3年から4年ごとに大きく変わるので、そういうタイミングで生活スタイルに養生法を取り入れる方法もあることを教え、内服薬の『清上防風湯』を紹介すると、本日はお帰りになった。

    その後で、患部の洗い過ぎに気をつけることと、他の漢方薬として『桂枝茯苓丸加料よく苡仁』を紹介し忘れたことに気がついた。

    先にも書いたように、体には様々な菌がいて、それらがバランスを保ちながら身体を守っているうえ、皮脂もバリヤーの役割をしているから、落としすぎてはいけないんである。

    手軽な方法は、洗顔料などを泡立てたら患部にそっと置き、泡に汚れを吸い付かせてから水やお湯で洗い流すだけ。

    泡を乗せた後にこすったら、それはもう洗い過ぎである。

    もしくは、患部のところだけチョンチョンチョンと泡を乗せて、少ししてから全体を洗い流してしまう方法もある。

    つまり、患部だけを限定的に洗うのだ。

    夫婦のお客様が『ネオビタホワイトプラス』を購入されるさいに、奥さんが『ハイチオールCプラス2』と比較して、前者の効能にニキビが書いていないことから変えた方が良いのではと、少し強い口調でご主人に話されていたので、処方内容は大して変わらず、記載する効能は製薬会社の事情でも変わることを説明した。

    効能を取得するには、それだけデータを揃えなければならず、開発費はおのずと商品の価格に乗ってくるから、予想される売れ行きと販売価格との折り合いを図りながら、効能を絞っているという事もあるので。

    もちろん、効能に書いていない薬を特定の症状に積極的に売ることはできないけれど、成分から期待できる効果を検討するのも大事なこと。

    そういう意味では『ハイチオールCプラス2』が、効能に「二日酔い」と入れたのはスゴイなと思う。

    お客様には、ビタミン剤などの効果を高めるには、体温を高く保つ工夫が必要と伝えた。

    積極的に温かい物を飲み、お風呂に入ったり下半身に厚着をすることにより血流が良くなり、腸内環境が整って善玉菌が活発に活動すると日和見菌がさらに助けに加わり、代謝機能が向上する。

    お客様から、ご主人の咳と声枯れの相談を受け、『龍角散ダイレクト』案内したところ、病院から抗生剤とツムラ29番が処方してると分かった。

    ツムラ29番というと、胃を癒やし上半身に保水して咳を治める『麦門冬湯』で、それが効かないというものの、抗生剤の内容は不明だった。

    抗生剤の種類によっては体内を乾燥させて咳の原因となるので、それを防ぐ目的もあって『麦門冬湯』が処方されているとすれば、市販薬で邪魔してしまうのは好ましくない。

    しかし、現代薬の咳止めを求められ、処方内容がシンプルな『パブロンせき止めW』を使っていただくことになった。

    咳止めに拘らずに現代薬であれば、患部を潤す『ストナ去痰カプセル』という手もあるのだが……。

    仕方が無いので、養生法して消化に良い食事をするよう伝えた。

    声嗄れしているのなら、患部である喉を食べ物がこするのは良くないし、胃を癒やすことで咳を治める『麦門冬湯』が処方されていて、普通に食事をしていては駄目なんである。

    お客様が『プレミアムバファリン』を購入されるさいにヒアリングしたところ、ズキズキする頭痛と締め付けられる頭痛の他に、目の奥が重い感じもするというため効果範囲が広く期待できる事をお話した。

    ただ、頭痛の種類によって原因と対策が違うことは説明した。

    ズキズキするタイプの頭痛は胃の不具合と連動していることが多く、食事を消化に良いものに切り替えると軽減し、水分代謝の改善も効果が期待できるので『呉茱萸湯』『五苓散』を使うと鎮痛剤の使用を減らせる。

    締め付けられるタイプは肩こりと連動していると考えられ、こちらは血流を良くするのが得策なため、『葛根湯』を使うと良い。

    目の奥が重く感じる頭痛となると、血圧の高低差が負荷をかけている可能性が高く『釣藤散』が適応する。

    お客様から風邪薬を求められ、ご主人が喉の痛みと体の節々が痛むと訴えてるそうだが、何か市販の現代薬を飲んだとのことで、しかし銘柄を覚えていなかった。

    咳は無いというため、鎮痛剤が家にあれば適応することをお話したうえで『麻黄湯』を案内したところ、家にあると分かったのでお帰りになった。

     

  • 膀胱炎・頭痛に用いる漢方薬の候補が複数あるように、患者さん本人へのヒアリングは欠かせません

     お客様が『腎仙散』をレジに持ってきたけれど、使うのは初めてというためヒアリングしてみると、症状は軽い違和感のみとのお話だった。
     以前に『竜胆瀉肝湯』を使ったものの効いた感じがしなかったと言われ、『猪苓湯』を始めとして『ボーコレン』(五淋散)などとの比較を説明した。
     この中で基本となるのは『猪苓湯』で、漢方薬は生薬の種類が少ない物の方がシャープに効くと考えられる。
     そして、『竜胆瀉肝湯』は排尿時に灼熱感があるといった熱性の症状が現れた場合に適応するため、以前に使って合わなかったのは当然かもしれない。
     反対に疲労などで身体機能が衰えていて起きている可能性がある時には、『五淋散』が候補となる。
     今回の『腎仙散』は漢方薬ではなく、生薬を用いた民間薬であり、生薬の種類が一番多いく、効果範囲が広い代わりに効き方は穏やかになりがち。
     軽い違和感のみであれば適応するとも考えられるが、『猪苓湯』に変更してお買い上げとなった。
     ただ、お客様は以前に自覚症状が無くても膀胱炎と診断されたことがあるそうだから、それを踏まえると『猪苓湯』が良いだろう。
     養生法として、体内を温める工夫をするよう勧めた。
     菌が影響している場合には免疫機能を高めることができるし、体温が高めのほうが血流が良くなって老廃物の回収や栄養の分配に役立つ。
     一番簡単なのはお風呂に入ることであるが、もしシャワーしか無い環境などの事情では、シャワーを太い血管の通っている背中側に浴びるだけでも良い。
     そして、お腹周りは保温しやすい服装をして、何か飲む時には電子レンジで温めるように、温かい物を積極的に飲食する。

     女性のお客様から、当初は絆創膏を求められ売り場を案内したけれど、手荒れに使うそうで、大工仕事をしているとのことから指先には切れた痕もあったため、『ヒビケア』などを勧め、『ヒリギレ軟膏』をお試しいただくことになった。
     そして、皮膚を修復する材料が運ばれやすくなるよう、お湯を入れた湯呑を握ることと、寝るときに綿の手袋をするか『ワセリン』を重ね塗りして布団とこすれないようにする養生法を勧めた。

     夫婦のお客様から『ロキソニン』を求められたけれど、『ロキソニン』でなければならない理由が無ければイブプロフェンで代用してはとお話したところ、奥さんが生理痛に使うとのことで、鎮静成分の入った『イブA』をお使いいただくことになった。
     ただ、痛みで眠れないこともあるというため生理痛専用薬の『エルペインコーワ』も紹介した。
     イブプロフェンに、内臓の機能をわざと落とすことで活発に動く子宮の収縮を抑える薬を加えたものである。
     本当は、奥さんに連絡を取ってもらい本人の意向を確認したかったところ。

     お客様から『バファリンA』を求められ、売り場を案内したうえで末梢神経の痛みの向いてることをお話したところ、頭痛と肩こりに使うというため適応すると考えられることを伝えた。
     また、肩こりと連動した緊張性頭痛には『葛根湯』も使えることと、ズキズキするタイプの偏頭痛は胃が悪くなると起こる事をお話しした。
     胃の関係する頭痛は、『五苓散』『呉茱萸湯』といった水分代謝を改善する漢方薬が候補となる。
     それと、朝方に頭が重くて午後にかけて楽になるケースでは、血圧が関係する可能性が高く、現代薬を使うよりも『釣藤散』『七物降下湯』が適応し、念のため一度は病院を受診しておくのが望ましい。

     

  • 患者本人じゃない人の「大丈夫」は、どこまで信用できる? 頭痛の種類、咳の有無の確認を

     お客様が『イブA』を購入されるさいに、無印と処方が違うことを伝え、眠くなる可能性を伝えると「大丈夫」というお返事だった。
     ただ使うのは成人の息子さんで、主訴は頭痛だという。
     ううむ、患者本人じゃない人の「大丈夫」は、どこまで信用して良いものか迷う。
     車の運転などをしないから大丈夫と言ってるのか、眠くなっても大丈夫な環境なのか、それとも適当に答えているだけなのか。
     それに、薬の副作用でよく言われる「眠気」というのは、必ずしも眠くなることを意味していなくて、「眠くなったことは無い」という人でも「瞬間的な判断力の低下」を起こすことはあるので、油断しないでもらいたい。
     痛みを止めるために気持ちを落ち着ける鎮静成分が不要であれば、無印の『イブ』や『リングルアイビー』とか、『バファリンルナi』などを使ってもらいたいところなのだけれど。
     ただ、鎮静成分が入ってるのが向いている頭痛というものもある。
     頭痛は大きく分けると3つのタイプに分かれ、胃の不具合によって起こるズキズキと拍動するような偏頭痛と、肩こりと連動している緊張型の締め付けるタイプの他に、朝方に頭重感があり午後にかけて楽になってくる血圧が関係するものだ。
     このうち、ズキズキする偏頭痛は安静にすると症状が軽減するため、鎮静剤が入っている方が効果的。
     ただし、鎮静剤の成分は依存性があるので使用する回数を減らしたいので、『呉茱萸湯』『五苓散』などの水分代謝を改善する漢方薬の併用を検討したいし、食事を消化の良い物に切り替えるのが養生法となる。
     一方、肩こりと連動している頭痛は血流を良くするために運動するのが適しており、鎮静剤は不要だし、末梢神経に作用するアスピリン製剤の『バファリンA』の方が向いていて、上半身を温める『葛根湯』を使う方法もある。
     血圧が関係する頭痛は、数字上の血圧の問題ではなく1日の変化のことでもあるので、鎮痛剤を使うよりも、血圧を安定させる『釣藤散』や降下剤としても用いられる『七物降下湯』が候補となる。
     お客様には、どんな痛み方のする頭痛なのか本人に確かめるよう勧めた。

     お客様が『新ルルAゴールドDX』をレジに持ってきたけれどヒアリングしたところ、頭痛と少し咳があり、家に置いてあった『ロキソニン』を飲んだというため去痰剤で充分とお話すると『ストナ去たんカプセル』に変更となったので、併用もできることを伝えた。
     頭痛についてはズキズキするというため、胃と関係することをお話しすると該当するようだったので、食事を消化に良い物にするよう勧めた。
     頭痛で食事を変えようと思う人はあまりいないが、手軽な養生法なのである。

     お客様が『ムヒこどもかぜシロップ』をレジに持ってきたけれど、子供の主訴は鼻水と少し咳がある程度というため、内臓が冷えていることが考えられ、何も使わずとも体を温めるだけでも回復してしまう可能性を伝えたうえで、『ムヒこども鼻炎シロップ』ならば咳の面倒も見てもらえることを説明し変更となった。
     なにしろ喉と鼻はつながっているから、鼻炎薬か咳止めのどちらかを使って片方が軽減すれば、もう片方の症状も緩和する可能性が高い。
     発熱や喉の痛みが無ければ、解熱鎮痛剤は不要だし、でも体の方は使わない成分についても処理しなければならないため、それで余計なエネルギーを消費してしまうから避けてもらいたかった次第。
     本人は元気そうとのことだが、鼻の症状は胃を悪くしている可能性があることを説明すると、鍋にするというので良い事と伝え、でも食べる量は控えさせるようお話した。

     やや高齢のお客様が『パブロンSゴールドW』を購入されたけれど、患者はご主人で、鼻水と喉の痛みが主訴だというから、咳止め成分のリスクを説明し鼻炎薬を提案したとうえで喉の効能もあることを伝えた。
     覚醒剤系の咳止め成分は気管支を拡張して呼吸を楽にする一方、治っていないのに気を大きくして体が元気だと錯覚してしまい、ぶり返す原因ともなる。
     そして一緒に入ってる麻薬系の咳止め成分は、中枢神経を抑えて咳が治まるということは呼吸が浅くなり、心臓の鼓動も弱くなって、胃腸の機能が低下するため消化力が落ち、体内の保水機能も狂うので乾燥し便秘を起こすうえ、咳止めなのに乾燥により咳を誘発する。
     つまり、咳が無いのに咳止め成分の入ってる風邪薬を使うことには、何一つ利点が無い。
     しかし、ご主人が『パブロンSゴールドW』をいつも使ってるとのことで、自身の花粉症用にと『パブロン鼻炎カプセルSα』を一緒に購入された。
     お客様は、「主人が自分で来れば良いのよね」と言っていた。
     まさしくその通りでございます(^ω^;)

     

  • 詳しくヒアリングできると候補になる薬が増えて、身体に優しい提案もできます

     お客様が『イブクイック頭痛薬DX』を購入されるさいに、内臓機能を落とす事を説明すると驚かれた。
     気持ちを落ち着かせる鎮静剤が入っており、いわゆる「眠気を催させる」副作用がある訳だが、それは内臓の働きも抑制するので呼吸が浅くなったり胃腸の働きを悪くしてしまう。
     ただ、お客様の主訴はズキズキするタイプの頭痛で吐き気もするというため、鎮痛剤としては適応することもお話した。
     一応、胃粘膜の保護成分も入っているが、ズキズキする頭痛は胃の不具合が原因であることが多いので、食事に注意するよう伝えた。
     吐き気もする頭痛には、水分代謝を改善する漢方薬が役に立つので、『呉茱萸湯』『五苓散』を併用すれば鎮痛剤を使う機会を減らせるのだけれど、今回は詳しくヒアリングできたなかったため、そこまでは案内できなかった。

     子供を連れたお客様が『ノーシンピュア』と『小中学生用ノーシンピュア』の比較をしていたので声をかけてみたところ、自身が生理痛に使うというため前者を勧めてお買い上げいただいた。
     同じ「ノーシン」の名前が付いていても、前者はイブプロフェン製剤で後者はアセトアミノフェン製剤というように、それぞれ鎮痛成分が異なる。
     アセトアミノフェンは比較的安全性の高い鎮痛成分ではあるけれど、炎症への効果が弱い。
     ただ、どちらも内臓の働きも抑えてしまう鎮静剤が入っているので、服用する時には消化に良い食事をするようお話した。
     そして、余計なことながら子宮筋腫のお話もして、定期的に病院を受診するよう勧めた。
    「生理痛はいつものこと」と慣れてしまうと、子宮筋腫のみならず他の大きな病気も見逃してしまいがち。
     誕生日なら誕生日と決めて、できれば同じ病院で継続的に診てもらいデータを積み重ねていくのが良い。

     お客様から風邪薬を求められたけれど、14歳の子供が鼻水と喉に違和感があるというお話から、喉の痛みの効能もある鼻炎薬を提案した。
     受験生とのことで鼻水はそれほどではないというため、眠くなる鼻炎薬は避け、『ストナ去たんカプセル』を勧めて、お買い上げいただいた。
     それから、風邪を心配されていたので『柴胡桂枝湯』を紹介した。
     体力が落ちるのは胃腸の状態が悪くなってからということが多く、体力が落ちると風邪に対抗できなくなる。
     そして防衛の要は肝臓でもあるので、胃と肝臓を助けてくれる『柴胡桂枝湯』は、風邪の初期から使うと体を支えてくれる。
     風邪の初期には『葛根湯』というイメージがあるが、それは体力がある場合なので注意が必要である。

     

     

     

  • 薬は、強ければお得ではありません、弱いのをダラダラと長く使うのもオススメしません

     お客様がジクロフェナトリウム製剤の『アンメルツNEO』レジに持ってきたけれど、主訴は肩こりということなので強すぎることと考えられることを説明し、鎮痛効果を一段落としてフェルビナク製剤に変更となった。
     『アンメルツヨコヨコ』の主成分はサリチル酸グリコールで、『トクホン』や『サロンパス』のサリチル酸メチルと似ている成分だから、効き目としては一番弱い。
     一方、『アンメルツNEO』は鎮痛効果が二段階くらい高く、成分は血液中にも入っていく。
     パッケージに「肩こり」と入っているので使っても悪くはないものの、同時にパッケージ書いてある言葉は「肩こりの痛み」となっていて、「痛み」の方がメインと考えられる。
     いわば、肩を上げるのも痛くてツライという状況でなければ使うほどではない。
     外用消炎剤は、肩こりのような軽い症状で常用が考えられる場合には、弱い薬を普段使いにして痛みが強くなったら強い薬に乗り換え、弱まればまた戻り、捻挫や打撲といった急性症状には強い薬を最初に使い、痛みが軽くなるのに従って薬も弱い物に落していくステップダウン方式が良い。
     特に気をつけにければならないのは、鎮痛効果が高くて成分が血中にも入っていくタイプは、良く効くからといって連用すること。
     先にも書いたように痛みが弱まったら薬も弱めていくのが体への負担をかけない方法だし、使用をやめると強い痛みが続くようなら病院の受診を検討するべきである。
     今回のお客様は頭痛があるとのことで、締め付けられるタイプのようだから肩こりと連動している可能性をお話し、上半身を温め血行を良くする『葛根湯』の併用を提案した。
     これがズキズキするタイプの偏頭痛の場合は、血行を良くすると痛みを増強してしまい、また胃の不具合と関係している可能性が高いので内服の鎮痛剤は鎮静剤入れの物が適応し、漢方薬は水分代謝を改善する『呉茱萸湯』『五苓散』などが候補となる。
     そしてお客様はシャワー派だそうなので、太い血管と太い神経の通っている背中側に集中的に浴びるよう勧めた。
     太い血管が温まれば血流が良くなるし、太い神経へのシャワーの刺激はマッサージともなってリラックス効果を得られる。

     お客様がインドメタシン製剤の『スキュータムID』をレジに持ってきたさいに、比較的強い鎮痛剤であることを伝えると、弱いと思ったとのことだった。
     しかし使う用途は打ち身だそうだから、最初に強い薬を使うのは良い選択。
     そうお話をしたら、病院を受診した時に内容は不明だが湿布を処方されたそうで、すでに日が経っているとのことから薬も弱い物に乗り変えていくステップダウン方式が良いため、少し落してフェルビナク製剤を案内したところ『ホームパス5.0』を購入された。
     お客様には、「立ってる者は親でも使え」というように、「立ってる店員は遠慮無く使って下さい」と伝えた。
     本当は、やはり処方された湿布の正体は知りたいところ。
     それが分かれば、医師がどの程度の症状と診断したのかの予測がつくので。
     だから、市販薬を買うさいにもお薬手帳は持ってきてもらいたい。

     

     

  • 家にある薬は有効にお使い下さい。適応するか分からなければ相談を

     夫婦のお客様が『イブA』と『パブロン鼻炎カプセルSα』をレジに持ってきたさいに、カフェインが被っているため無印の『イブ』であれば併用できることを伝えると変更となった。
     無印の『イブ』と『イブA』とはパッケージのデザイが似ているため間違いやすいが、無印のほうが鎮痛成分のイブプロフェンのみなのに対して、『イブA』の方には眠気を催す可能性がある鎮静成分と薬効を高めるためのカフェインが入っており、別物と考えたほうが良い。
     患者は奥さんで、『イブ』は頭痛に使うとのことだった。
     朝方に頭が重くて午後に軽くなるというので、血圧が関係してる可能性を説明し『釣藤散』を紹介した。
     また、『葛根湯』が家にあるというので持ち歩くよう勧めた。
     『葛根湯』は上半身を温めて血流を良くするので、朝方に頭が重かったりボウッとしたりするのを改善できる。
     また、肩こりと連動している緊張型頭痛にも適応する。
     そういう意味では、鎮静剤が入っている『イブA』は適応しないだろう。
     『イブA』が向いているのはズキズキするタイプの偏頭痛で、これは胃の不具合とも関係し、血流を良くするより安静にするのが良い。
     漢方薬なら『呉茱萸湯』が候補となるが、置いてるお店は少ないので次点で『五苓散』を使うという手もある。
     いずれにせよ、鎮痛薬にも、それぞれ性格があるから注意されたい。

     夫婦のお客様が『新ビオフェルミンS』をレジに持ってきたけれど、納豆菌が腸で乳酸菌を育ててくれることを話に出したら興味を持たれ、『ザ・ガードコーワ整腸錠α3+』と『ラクサレット』を紹介したところ後者をお買い上げいただいた。
     使うのは奥さんとのことで、乳酸菌が体にとって有益な菌でも、外から来れば初めは敵なため、仲良くなるに一週間はかかると伝えた。
     お気に入りのヨーグルトなどがある場合、目新しい製品に飛びつくよりも、すでに仲良くなってる乳酸菌のほうが良く働いてくれる。
     また、乳酸菌が活躍するためには体温を高く保つ工夫をするよう勧めた。
     積極的に温かい物を飲み、入浴できるならして、お腹周りに厚着をするなどだ。

     お客様から『スクラート胃腸薬』の試供品を胃痛に使ったところ痛みが広がったとのことで相談を受け、胃が疲れている場合に向いている『スクラート胃腸薬S』との比較を説明すると同シリーズにこだわらないというため、下痢をしていないことを確認したうえで内臓の働きを低下させることにより痙攣を抑える『ブスコパン』を勧めると家にあると分かり、お帰りになった。
     同様の症状には、『コムレケア』(芍薬甘草湯)も使えるので紹介しておいた。
     ただ、薬の試供品を使う時には、症状に適応するのかを確認してもらいたいところだし、家にある薬は有効に使ってほしいと思う。