Tagged with " 十味敗毒湯"

錠剤を割ったり砕いて良いかは担当医や調剤した薬剤師に確認を

 お客様から『フェミニーナ軟膏S』の効果について尋ねられ、『デリケアb』があまり効かなかったとのことから、弱い局所麻酔が入っている分だけ効果が期待できることをお話すると購入を決められた。

 アトピーもあり『アレルギール錠』で胃の不具合が起きたというため、『タウロミン錠』を紹介した。

 『タウロミン錠』は漢方の『十味敗毒湯』と現代薬を合わせた処方である。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B075WP7PGY?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B075WP7PGY

 お客様が同じメーカーのパッケージ違いの『猪苓湯』を見比べていたので、声をかけてみたが案内は断られた。

 しかしその後も長考されていたため再び近づくと、やっと違いについて質問されたので同じメーカーの錠剤と顆粒の違いであり、効果は変わらないことを説明したところ、今回は錠剤を購入された。

 また、『猪苓湯』を基本として排尿時に灼熱感がある場合の『竜胆瀉肝湯』、疲労感がある時に使う『ボーコレン』(五淋散)、元々が体質虚弱や加齢による排尿異常に適応する『ユリナールb』(清心蓮子飲)との使い分けを教えた。

 そしてこれらを効果的に使うためには、積極的に温かい物を飲んだり入浴をしたり下半身に厚着して、体内を暖かく保つのが必要なことを伝えた。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00MA6K8UE?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B00MA6K8UE

 やや高齢のお客様から、当初は薬を包むゼリーのような物をと求められ『服薬ゼリー』を案内したが、詳しく用途を尋ねると高齢の母親が服用している血栓を防ぐ薬の錠剤が大きく、訪問看護師から砕いて飲ませてはと言われたとのこと。

 ちょっ、看護師さ~ん(;´Д`)

 割線の無い錠剤を砕くと効果が弱まったり逆に強く出過ぎてしまうから勧められないことを説明すると、他のドラッグストアーの薬剤師からも同様のことを言われたという。

 ちなみに、一見すると割線のように見える線がある錠剤も、実は他の錠剤との区別のために入れてるだけで、割って良い薬とは限らないので注意が必要。

 その薬剤師からは、病院の窓口に電話してはと助言を受けたというため私も賛同し、お客様はお帰りになられた。

 それから、本人は『アクエリアス』が好きだそうなので、薬を砕く許可が得られたら片栗粉でトロミをつけてはとお話したのだが、それも薬剤師から言われたそうだ。

 そこまで説明を受けていて、どうして『服薬ゼリー』のような物を探しに来たのだろうか。

 しかも、私が用途を尋ねなかったら、そのまま買う気でいたみたいだし……。

 思いがけず、セカンドオピニオンのようなことになったのは良かったけど。

 これまたちなみに、「セカンドオピニオン」というのは単に主治医とは違う医者に患者が自由にかかることではなく、主治医からの紹介状と診療データを携えて、主治医の治療方針への見解を求めることである。

 もし主治医とは違う見解が出されたとしても、セカンドオピニオンの医師に治療を代わってもらうということではない。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00EDAHYXO?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B00EDAHYXO

 

 

入浴後に痒くなるという人は入り方をチェック

 お客様から『オロナインH軟膏』を求められたけれど、直前に『メモA』や『ジンマート』といった系統の違う物なども見ていたので、『ジンマート』はあせもの薬と似た処方であることを説明すると、あせもの薬は家にあり、患者さんは息子で痒みを訴えているという。

 となると単なる消毒薬でしかない『オロナインH軟膏』では役に立たないはずで、詳しくお話を訊くと『メンソレータムAD』が効かなかったためだとのことだった。

 患部が赤くなっているそうなので弱いステロイド剤の『ロコイダンクリーム』を案内すると家には、もう少し強めのステロイド剤である『フルコートf』があるというため、先に使ってみるよう勧め、お帰りになった。

 息子さんは入浴後にも痒くなるそうだが、お湯の温度と入浴している時間を確認するようお話した。

 例えば熱いお湯に入ると血管が収縮して、それでいて入浴時間が短いと上がった直後に血管が急に開いて血液が血管の内壁をこすって炎症を起こし、それが痒みの原因になることがあるからだ。

 それを避けるには、ぬるめのお湯に入ってから追い焚きをしてゆったり入るのが良い。

 病院には行く予定というため、飲み薬に『ムヒAZ錠』と『十味敗毒湯』を紹介した。

 それから、家にはある薬を使って良いか迷ったら電話で問い合わせてくださいと伝えた。

 すると帰りぎわになって、息子さんは薬剤師を目指して勉強していると分かり、親の方がナーバスになっているのではないかと思われた。

【第2類医薬品】ムヒAZ錠 12錠 ※セルフメディケーション税制対象商品
参考価格:¥ 1,080
実売価格:¥ 1,029
値引率:5%
Amazon.co.jp

 奥さんから乾燥肌のクリームを頼まれたというお客様が来店したのだけれど、銘柄が不明だった。

 いくつか商品を見せてゆくと『ユースキンS』だと思いだされたものの、今度はポンプ式だったと言われて分からなくなってしまった。

 しかしお客様が手で示されたのは掌で押す動作だったが、実際には指で押すタイプの『ユースキンSローション』だった。

 しかし、乾燥肌に使うので安い物があればと要望されたので、『桃の葉ローション』を案内すると桃の香りがすると思われたらしく、パッケージには無香料と書いていないため迷われたが試していただくことになった。

 それから奥さんは、『ユースキンA』やワセリン製品はベタつくことから嫌がってローションを選んでいるというお話だったが、ベタつくとなると塗りぎている可能性があることを伝えた。

 例えば手の甲の範囲であれば、指ですくったら取りすぎ。

 米粒程度の量で十分なんである。

薬用ユースキンS ローション 150ml (敏感肌用 保湿ローション) 【医薬部外品】
参考価格:¥ 1,382
実売価格:¥ 718
値引率:48%
Amazon.co.jp

 

ニキビとオデキ、水虫と湿疹、皮膚疾患は見分けが大事

 お客様が『ペアアクネクリームW』を購入するさいにヒアリングすると、以前にも使ったことがあるとのことだったが、念のため白ニキビに向いていることを説明すると、顎の下に白ニキビができていたので適応しそう。

 ニキビとオデキを勘違いしてるケースもあるから、初めからニキビの薬を目的に買いに来たお客様にも、こうして確認しておかなければならない。

 お客様は髪が当たってしまうのも原因かもと言っていたが、それ以上に患部が気になって、つい触ってしまう可能性もお話して、手が肩より上に上がったら意識して下ろすようにとお話した。

 また、洗顔をしすぎると皮膚を守る常在菌も倒してしまうし、ニキビの原因であるアクネ菌は食中毒を防ぐ役割を担っているので、洗い過ぎに気をつけるよう伝えた。

 具体的には、洗顔フォームや石鹸をよく泡立てて、顔に泡をつけたらそのまま擦らずに洗い流すだけで充分。

 他に内服薬として『十味敗毒湯』を紹介したかったものの、次のお客様がレジに並んでしまったためできなかった。

 赤ニキビなら、『清上防風湯』『黄連解毒湯』が適応する。

 『ペアアクネクリームW』をレジに持って来る前にニキビの相談をしてもらえていれば、内服薬も候補に挙げられたのだけれど。

 やや高齢のお客様が、ご主人から水虫の薬を頼まれたとのことだったけれど、病院を受診したことはないというため、湿疹と間違えて水虫の薬を使ってしまうと良くない場合があることをお話したうえで、『ラミシールATクリーム』をお買い上げいただいた。

 水虫かどうか判断する方法の一つに、家族も感染しているかというのがあるのだが、お風呂の足拭きマットは家族で使い分けているとのことだった。

 足拭きマットを使い分けてるというのは、もちろん良いこと。

 なれど素人目には水虫と湿疹の区別は難しいので、一度は受診しておくよう勧めた。

 やや高齢のお客様から、外反母趾のサポートグッズを求められたが、うちのお店では取り扱っていないことをお話して、また受診したことが無いというため、病院に行ってみるよう勧めた。

 

頭痛にも種類があり原因と対処法が変わる

 お客様が『ロキソニン』を求めて来店したけれど、特別な理由は無いそうなのでイブプロフェン製剤が親戚関係であることを説明し『バファリンプレミアム』を試していただくことになった。

 また、主訴は頭痛というため、頭痛にも種類があり原因と対処法が変わることを伝えた。

 一番分かりやすいのはズキズキしたり目の奥が重くなる頭痛で、これは胃を悪くすると発症することが多く、消化の良い食事をして体を休めるのが対策の一つとなり、漢方薬では『呉茱萸湯』『五苓散』が候補である。

 そして頭が締め付けられる頭痛は緊張性頭痛と呼ばれ肩こりに連動することが多く、運動したり『葛根湯』を服用して血流を良くすることで軽減できる。

 あと、朝方に頭が重くなるような頭痛は血圧と関係している可能性が高く、数値的に高血圧でなくても1日の中での血圧の高低に影響され、やはり軽い運動をするか『釣藤散』『七物降下湯』などにより改善が期待できる。

 夫婦のお客様が来店し、『柴胡桂枝湯』をレジに持ってきて軟便に適応するか尋ねられ、胃腸炎が思い当たれば使えることを説明して、お買い上げいただいた。

 患者はご主人で、焼酎を好まれるというため蒸留酒は腸への刺激が強く、また善玉菌をいわば殺菌してしまうことになり、それが軟便や下痢の原因となってしまうことを伝えた。

 高齢のお客様が来店し、家族の蕁麻疹に眠くなりにくい飲み薬をとのことだったので『十味敗毒湯』と、『十味敗毒湯』に現代薬を合わせた『タウロミン』を案内した。

 また、ご自身の更年期障害についても相談され、汗を多くかくとのことで『桂枝茯苓丸』を考えたが、動かなくても出るというお話と筋肉が柔らかそうな感じだったため『防已黄耆湯』を案内してみた。

 『十味敗毒湯』『防已黄耆湯』も保険の適用薬であることを伝えると、ご主人は何か病院で薬が処方されているようなので『防已黄耆湯』のみを勧めて購入していただいた。

 そしてお客様には、市販薬を買うさいにも、お薬手帳を持参した方が良いことを伝えた。

 

薬を水以外の何で飲む?

 お客様から頭皮の痒みに対して内服の痒み止め薬を求められ、詳しくお話を聞いたところ病院から外用のステロイド剤と保湿クリームの他に、やはり何か内服薬を処方されているという。
 その内服薬が何なのか分からないと担当医の診断も予想ができず、『レスタミン錠』と『アレルギール錠』、そして『十味敗毒湯』と現代薬を組み合わせた『タウロミン錠』を案内したものの、お勧めはできないことをお話した。
 しかし本日は『アレルギール錠』を購入されると言うので、成分表示をお薬手帳に貼り、担当医に報告するようお願いした。
 どうも、病院が混み合っていることからと足が遠のいているようだ。
 そうであれば、なおさらお薬手帳持ち歩いて市販薬を買う時には気をつけてもらいたいところ。

 やや高齢のお客様が目薬を求めて来店し棚を案内したところ、つい汚れた手で目を触ってしまうとのお話だった。
 『ロート抗菌目薬EX』を勧めると、他のドラッグストアーで以前に分包になっている『抗菌アイリス』を買って今回も使ったそうなので、同じ物でも良いと思うことを伝えた。
 すると、朝方に目ヤニで目が開けられないこともあるというため、『ロート新緑水』も提案したうえで、今回は『ロート抗菌目薬EX』をお買上げいただいた。

 お客様が『プレコール持続性せき止めカプセル』を指名で購入されたが、カフェインの入った物と一緒に飲まないよう伝えたところ「コーヒーもダメ?」と訊かれた。
 デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物が鎮静させるものの、興奮作用のあるdl-メチルエフェドリン塩酸塩も入っており、そこへカフェインが加わると眠りが浅くなる可能性を説明した。
 ただ、この説明の仕方は下手過ぎたかもしれない。
 薬を服用してコーヒーを飲むとは想像していなかったため、 ビックリして咄嗟に適切な説明が思い浮かばなかった。
 でも、お茶で薬を飲む人もいるものね(^_^;)

 

素直に買われると不安になる

 やや高齢の夫婦のお客様から、大幸薬品とイヅミ薬品の『正露丸』の違いを尋ねられ、そもそもの『正露丸』が食中り向けの「飲む消毒薬」だとすれば、本来は悪いモノを早く排泄するのが重要で下痢を止めてはいけないものの、 市場のニーズとして下痢止めるために使いたいということがあるため、下痢止めのロートエキスを足してあるのがイヅミ薬品の『正露丸』だと説明した。
 そういう意味では、大幸薬品の『正露丸』とは別に、『ストッパEX』などの下痢止めを用意しておいて使い分けた方が良い事をお話しした。
 また、『正露丸』の糖衣錠は単に甘味を付けた物ではなく、抗炎症の生薬を二つ抜いてあるので、シクシクするような腹痛には弱いと考えられることも伝えた。
 ただ、今回は旅行に持っていくというので、下痢止めも兼ねられるイヅミ製の『正露丸』を勧めた。
 それから、胃腸炎と風邪の両方に対応できる『柴胡桂枝湯』を紹介したところ、白髪の相談も受けたため腎を養う『牛車腎気丸』を案内すると、両方とも購入された。
 買っていただけるのは有り難いのだけれど、普段は「いつも使ってるから」とか「ポイントが付くから」という理由で提案した薬を退けられるから、紹介した物を全て買われると逆に不安になってしまう(^_^;)

 お客様から、家族の蕁麻疹(じんましん)について相談を受けた。
 1ヶ月前くらいからとのことで飲み薬を希望されたことから、『レスタミン錠』と『アレルギール錠』に加え、現代薬と漢方薬の『十味敗毒湯』を合わせた『タウロミン錠』を案内した。
 また、上半身が虫刺されみたいに赤く腫れてるという話もあったため、患部の赤味と熱を取り除く『黄連解毒湯』も紹介した。
 しかし、予算と合わなかったようで値段の高さに驚かれたため、いずれも主成分の薬は病院で処方してもらえることを伝え、本日はお帰りになった。

 解熱鎮痛剤の店で迷っている様子のお客様がいらしたので声をかけてみたが、案内は断られた。
 やがて、『セデス・ハイ』のキャンペーン品をレジに持ってきて、『セデスファースト』があるか尋ねられた。
 『新セデス錠』が『セデスファースト』と同じ内容であることを説明したところ、『新セデス錠』は家に残ってるとのことだった。
「先に聞けばよかった」とお客様に言われ、症状をヒアリングをすると頭痛とのことで、締め付けられるような感じというお話から肩こりを指摘すると思い当たるようだった。
 そこで『葛根湯』を提案してみたけれど、以前に『葛根湯』は気持ち悪くなったというので、『釣藤散』が適用するかもと紹介した。
 今回は、『セデス・ハイ』を通常パッケージ品に変更してお買い上げとなった。

 

検査目的の受診は薬が処方されないことも

 やや高齢のお客様が、『黄連解毒湯』を求めて来店し案内したのだけれど、以前に私が皮膚炎にと紹介したお客様で、保険が適用される薬であることを伝えていたところ、大学病院で保険は使えないと言われたとのこと。
 しかし詳しくお話を訊くと、医師には漢方薬と言っただけで『黄連解毒湯』のことを伝えたわけではないようだ。
 そもそも、保険の適用外だというのはどういう判断なのかよく分からない。
 大学病院となると検査目的での受診だったり、症状の改善が治療目的でないと処方される薬に保険が適用されない事はあるものの、漢方薬だからという理由は無いはず。
 改めて近くの皮膚科で相談してみるという事になり、本日はお買い上げはナシ。
 ただ、『黄連解毒湯』の他にも『十味敗毒湯』『当帰飲子』なども候補になるため、指定するのではなく相談してみるよう伝えた。

 常連のお客様が、ご主人の風邪薬を求めて来店したが、主訴は頭痛と微熱で、鼻炎や咳などは無いと言うので、解熱鎮痛剤のイブプロフェン製剤単独を勧めたところ、無印の『イブ』が家にあるということから、本日はお買い上げはナシとなった。
 ただ、無印の『イブ』には胃の保護成分が入っていないし、風邪だとすれば消化にエネルギーが取られると、風邪を治すエネルギーが不足して回復に時間がかかる可能性があるため、今日のところは食事を控えるか、消化の良い物にするよう勧めた。
 すでに食欲が落ちているようなら、頭痛と微熱には『柴胡桂枝湯』を使うという手もある。

 

持ち上げられると照れます

 やや高齢のお客様が『太田胃散』を買いにいらして売り場を案内したのだけれど、特に症状が無くても常用してるというお話だったので、『大正漢方胃腸薬』を紹介したところ、試してみると購入された。
 胃薬の中には『太田胃散』のように、ナトリウムといったミネラルが入っている物があり、それは病院でも処方されるのだけれど、高齢者はミネラルの排泄機能も衰えるため、塩分の摂り過ぎで血圧に影響したり、ミネラルの摂りすぎによる弊害も想定されるので、常用には注意が必要。
 身近で、やたら胃薬を飲んでいるお年寄りがいたら、成分を確かめて、気をつけてあげてくださいな(・o・)

 お客様から、子供のアトピー性皮膚炎に『NOV』の石鹸を希望されたが、取り扱っていないことを伝えたうえで、石鹸を使わずにお湯だけで洗う方法もあることをお話すると、興味を持たれた。
 アトピー性皮膚炎の場合、石鹸で洗いすぎると体を守っている菌や皮脂まで洗い流してしまい、抵抗力が落ちた反動として外敵と戦おうとする免疫力が暴走してしまう ことが原因の一つと考えられるのだ。
 漢方薬にも興味を示され、『十味敗毒湯』を案内し、漢方薬に詳しい近くの病院を2軒紹介した。
  漢方薬に興味を持っていただけたのは良かったが、漢方薬には瞑眩(めんげん)と呼ばれる「治る過程において一時的に症状が悪化する現象」があり、それは副作用との区別がつきにくいため、必ず医師の監督下での治療が必要なことを伝えた。
 また、医師も方針の違いなどがあり、一番苦しい症状をまず押さえてから 根治治療に入ることを勧める医師もいれば、対症療法から始めても症状を繰り返すことを懸念して初めから根治治療を目指すという医師もいるので、最終的にどの方針を選ぶかは患者自身である。
 というようなお話をしたのだけれど、何をお話ししてもお客様から「すごい!」を連発されて戸惑ってしまった(u_u*)ポッ

 

同じ名前の付ついたシリーズ商品の薬に注意

 『口内炎パッチ大正A』をレジにも持ってきたお客様に、治りかけや症状が軽い場合に向いてるとこを伝えたうえで症状を尋ねると、「いつもこれを使っている」とのことだった。
 しかし、念のため『口内炎パッチ大正クイックケア』を見せてみると、どちらを使っていたか見分けがつかないようだった。
 市販薬の名前はブランド名で、メーカー側はブランド名を浸透させたくて同じ名前を付けてシリーズ化しているが、同じ名前でも、いや同じ名前だからこそ成分を変えており、その効果は違うので注意が必要だ。
 今回のお客様は、すでに日が経っているものの、痛みが強いというお話だったので、ステロイド剤の入っている『口内炎パッチ大正クイックケア』の方をお買い上げいただいた。
 また、口内炎を繰り返してるというお話だったため、歯が当たっていないか調べることと、胃炎の可能性を伝えて『半夏瀉心湯』も紹介した。

 『パンセダン』を求めて来店したお客様だったが、うちのお店には置いていないことと、特定の市販薬を足で探すのは難しいと思われるため、ネット通販を勧めたうえで、『パンセダン』を漢方薬の一種と思わているようだったので、『ナイトミン』(酸棗仁湯)を紹介してみたが、急いでるとのことでお帰りになった。
 『パンセダン』自体は特別な薬ではないものの、薬に限らず市販品はメーカー側の営業戦略として、ドラッグストアーには卸すけどスーパーには卸さないとか、ドラッグストアーでも特定の系列にしか流通させないというケースもあるため、特定の薬をお店を回って探すというのは無駄足になりがち。
 あと、使ったことが無くて試してみたいと探しているのであれば、他の候補もさぐった方が良いだろう。
 その薬が合うかどうか分からないのだから。

 『十味敗毒湯』を購入されるお客様に使用経験を尋ねたところ、初めてとのことだったので念のため症状を確認すると、現在の湿疹に適応すると考えられるので、そう伝えてそのままお買い上げいただいた。
 そして、湿疹が発症してる間はトマトやキュウリなどの夏野菜を避けるようにお話 した。
 今回の湿疹の原因は分からないが炎症の一種であり、体としては何か炎症を起こして体を治したいという意図があるので、体を冷やす野菜を食べると体の方は「もっと頑張って炎症しなければ」とハリキッてしまうから、それを避けるためである。

 

情報の提供の仕方が難しい

 お客様から『テオドラントホワイトL』と『アセモア』の比較を尋ねられ、前者の方が痒み止めの効果は高いと考えられるものの、常備薬に考えているというので、患部の状態によって薬を乗り換える運用の方が適切なことを説明した。
 そのうえで弱い薬を長く使うより、早い段階で強めの薬で痒みを抑えた方が、痒みに対する神経の反応が過敏にならずに済むことを伝えた。
 人間の体には、痒みを感じる神経は無く、痛覚神経が弱い痛みを痒みと認識する。
 そして、痛覚神経は身体の異常を知らせる警報装置である。
 そのため痒い部分を掻いていると、体の方は警戒値を下げて、もっと弱い痒みでも脳に知らせなければならないと認識してしまい、どんどん弱い痒みに体が反応してしまうようになるのだ。
 本日は、『テオドラントホワイトL』をお買い上げいただいた。

 皮膚炎の棚を見ていたお客様に声を掛けてみたが、案内は断られた。
 そして、『ジンマート』をレジに持ってこられた際に、今までになったことがあるのか尋ねると、蕁麻疹になったのは初めてとのことだったので、食べた物や触れた物を思い出してみると何が原因か分かるかもしれないと話したところ、「食べ物でなるの!?」と 驚かれてしまった。
 あまりにも驚かれたので、ストレスなどでも起きることをお話できなかった(汗)
 余計なことを話して、そのストレスで蕁麻疹が悪化しても困るから。
 内服薬に、『十味敗毒湯』なんかも紹介したいところなんだけどね。

 
ページ:12345678»