ステロイド剤の塗り薬は怖くない! 患部を掻いて傷つけてしまうほうが駄目

 お客様から『ラナケインS』と『オイラックスソフト』の比較を尋ねられ、どちらも非ステロイドで炎症には弱く後者には殺菌剤の他に血流を促進する成分が入っており、痒み止めの内容は共通してことを説明した。
 主訴は虫刺されらしく、腹部にポツポツと発疹があるものの痒みは無いというお話だったが、効果の広さを期待して『オイラックスソフト』を試していただくことになった。
 また、痒みは無くても患部が赤く炎症が強い場合は、ステロイド剤を使うよう伝えた。
 ステロイド剤を怖がる人もいるけれど、発端となったのは30年以上も前のイイカゲンな雑誌記事で、20年以上に渡って同じ場所にステロイド剤を使っていたら悪化したという事例。
 20年以上も経過していたのでは、皮膚の状態が悪くなったとしても何が原因だったか分からない。

 お客様が『フェミニーナ軟膏』を購入されるさいに、軟膏は患部の保護に、クリームは患部への浸透を目的としていることを伝えると、「私買ったのどっちだっけ?」と戸惑わせてしまった。
 すいません(´・ω・`)

 若いお客様からアトピー性皮膚炎の塗り薬の相談を受け、他店で購入した『プレバリンα軟膏』は効かなかったとのことだった。
 しかし詳しくお話を訊くと、全く効かないという訳ではなく、病院から処方されてる薬があるというためお薬手帳を拝見させていただいたところ、内服の抗ヒスタミン薬とステロイド剤の中では比較的弱めの塗り薬だった。
 塗り薬の方が無くなってしまうということで、『プレバリンα軟膏』を代わりに使うことを勧め、非ステロイドの物として『トレンタムGクリーム』を案内するとそちらを購入された。
 また、軟膏とクリームでは目的が異なることと、ステロイド剤を怖がっていたので用法用量を守っていれば怖くないことを説明した。
 弱い薬を長く使ったり、患部を掻いて傷つけてしまうよりは、ステロイド剤で症状を抑えたほうが悪化を防ぐのにも皮膚の再生にも良い。
 それから、内服薬として『十味敗毒湯』を紹介した。
 保険の適用薬でもあるから、医師に相談してみるの良いだろう。
 処方された薬が効かないと感じる場合には、フィードバックするために医師に報告することと、言いにくければ薬剤師に伝えるよう勧めたところ、お客様から「お店でこんなに対応されたのは初めてです」と言っていただけた。
 たいして役に立った訳でも無く、担当医や薬剤師との関係を絶やさないようにするようお話しただけなので、なんだか面映い。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート