Tagged with " 葛根湯加川きゅう辛夷"

市販薬を選ぶときには、効能書きより成分に目を向けよう

 やや高齢の夫婦のお客様が来店し、ご主人が膝の痛みに『サロメチール』を使っていたというため、同じ処方の『トクホンチールOX』を案内した。

 すると、成分による効果の違いに興味を持たれたのでフェルビナク製剤を紹介したところ、そちらの購入を決められ、マッサージしながら塗る方法もあるとお話するとゲルタイプをお買い上げいただいた。


 常連のお客様から『アレジオン』と『アレグラFX』の違いを尋ねられ、どちらも予防薬として使うと効果的なことを説明すると、以前に息子さんが花粉症の鼻づまりに使って効かなかったとのこと。

 訊かなかったのは薬との相性の可能性も考えられるが、他の抗ヒスタミン薬で症状が落ち着いてから改めて使ってみてはとお話した。

 漢方薬の『葛根湯加川きゅう辛夷』『荊芥連翹湯』『辛夷清肺湯』を紹介してみたけれど、息子さんは嫌がるかもしれないというため、『ロートアルガードクイックチュアブル』を案内し、購入を決められた。

 ちなみに紹介した漢方薬の使い分けとしては、鼻づまりと鼻水を行ったり来たりするのなら『葛根湯加川きゅう辛夷』を、鼻づまりが強く寝られないくらいなら『荊芥連翹湯』を、鼻が詰まって鼻汁が喉に落ちてくる場合には『辛夷清肺湯』となる。

 ご主人には以前に、蕁麻疹(じんましん)に『タウロミン錠』を案内してお使いいただき、その時に主成分の『十味敗毒湯』を病院で処方してもらうよう勧めたけれど、仕事が忙しく行けずじまいとのお話だった。

 ご主人の症状に『アレジオン』や『アレグラFX』が使えるか訊かれ、確かに病院では皮膚疾患にも処方されることはあるが、薬理的には痒みへの効果が弱いことをお話し、『ムヒかゆみ止めAZ錠』を勧めて一緒にお買い上げいただいた。

 またアレルギー反応は防衛機能の異常であり、敵味方の識別は腸が担っているため、腸内環境を整える養生法として、お腹周りを温め食べ過ぎないよう勧めた。

 甘い物は好きだというので、それで脳を満足させて食べる総量を減らす方法を提案した。

 お客様の家庭では乳酸菌飲料などを飲んでいるというので、それは良いことですとお話した。

 入浴すると症状が落ち着くとはいうもののカラスの行水だそうなので、ぬるめのお湯に長く入るよう勧めた。


 お客様から喉の痛みと咳の相談を受けトローチを希望されたので、患部を冷やす『龍角散ダイレクトトローチ』と、抗炎症剤の『パブロントローチAZ』を案内すると、前者をお買い上げいただいた。

 使うのはご主人で、喉の炎症が胃にも広がるかもしれないから、消化に良いお食事をとお話したけれど、耳には入らなかったようだ。

 

患者さんと連絡が取れるのならヒアリングさせてほしい

 若いお客様が『ベンザブロックS』を持ってきたさいに咳があるか尋ねたところ、頼まれ物で本人に連絡が取れるというので確認していただいたうえで販売した。

 ただ、症状が咳と鼻炎であるならば、総合の風邪薬よりも咳止めには鼻の症状を面倒見る成分が、鼻炎薬にも喉を潤す成分が入っているから、それらの方が身体への負担は少ないと考えられる。

 本当のところ、電話を代わってもらえた方が患者さん本人に症状をしっかりヒアリングできるのだけど。


 お客様から、慢性鼻炎の薬をとのことで『チクナイン』(辛夷清肺湯)の場所を尋ねられたため、売り場を案内したうえでヒアリングしたところ、鼻汁が喉に落ちてこないようだったため『葛根湯加川きゅう辛夷』『荊芥連翹湯』も紹介した。

 そして鼻づまりにより匂いを感じないということから、『荊芥連翹湯』を勧めてお買い上げいただいた。

 『辛夷清肺湯』が適応するのは胃の機能が低下している場合で、『葛根湯加川きゅう辛夷』は鼻づまりだけでなく鼻水にもなる場合に用いる。

 ところが、お会計をしてから病院で処方された薬があるというお話が出たものの、何を処方されたかは分からなかった。

 担当医からは慢性鼻炎については「様子を見ましょう」と言われて以来行っていないそうだが、比較した三つの漢方薬はいずれも保険の適用薬なので、改めて受診してみるよう勧めた。


 お客様から浣腸の場所を尋ねられ売り場を案内すると、高齢の母親が便秘で、一週間ほどすると腹痛のみならず腰痛も訴えているとのことだった。

 内服薬に『オイルデル』や『サトラックス』なども考えたが、複数の薬を処方されていると分かり、担当医に相談したことが無いというため、服用している薬の副作用の可能性を説明したうえで浣腸をお買い上げいただいた。

 ただ今までも浣腸を使ったさいには、便が硬く浣腸液しか出なかったというため、浣腸した後はしばらく我慢することと、洋式便座では和式便器にまたがるのと同じ姿勢になるよう、足を高く置ける台を使う方法を教えた。

 もしくは、胸が膝につくぐらいに前かがみになるのが良い。

 人間は立っている時には漏れないように弁で腸が塞がれる形になり、腰を曲げると開くので、便座に背筋を伸ばして座ってしまうと排便しにくくなるのだ。

 

処方された薬を飲み切らなければならないか後からでも確認を

 お客様が『新ルルAゴールドS』を購入されたけど、咳があるか尋ねると患者は彼女で、症状は発熱のみであり、家には『イブ』があるというため、まずはそちらを単独で使うよう勧めた。

 もし食欲があっても、体を休めるのは内臓も含めてなので、消化に良い物を量を控えて食べるように伝えた。


 お客様から咳止めの飴をと注文され、『浅田飴』と『南天のど飴』を案内したが、病院で処方された薬があるというので確認すると『葛根湯加川きゅう辛夷』『五虎湯』だった。

 『五虎湯』を優先して使うようお話したうえで、『浅田飴』だと麻黄が重なるため『南天のど飴』の方を勧めて、お買い上げいただいた。

 そしてお客様は『葛根湯加川きゅう辛夷』を一週間ほど服用していて、もう鼻炎は治っているというため、上半身を温める作用から咳の原因になっている可能性をお話した。

 私から直接 、服用の中止を勧めることもできないので、調剤してもらった薬局に相談してみるよう勧めた。

 抗生剤のように処方された薬は飲み切らなければならないケースもあるが、服用し続けることによって副作用が出ることもあるので、病院の担当医か調剤してもらった薬局に相談するのが一番なのに、なぜか相談をしないで薬は飲み続けたまま自分で他に市販薬を買う人が少なくない。

 しかもその時に、店頭で相談もせずに買ってしまう。

 その点からすると今回は最初に声をかけていただいたのは良いことだし、処方された薬があれば分かるのが重要。

 お薬手帳を持たずに、処方薬が分からないなんてことが圧倒的に多い。


 お客様から『バファリンA』と『バファリンプレミアム』の違いを質問され、前者はアスピリンで後者はイブプロフェンとアセトアミノフェンという二つの鎮痛解熱剤が処方されていることを説明した。

 考え方の一つとして、アスピリンは末梢神経の痛みに適しているので歯痛などに向いている。

 お客様の症状はズキズキするタイプの頭痛だというので、胃の不具合と関係することをお話した。

 頭が締め付けられるタイプの緊張性頭痛であれば鎮痛剤よりも、上半身の血行を良くする『葛根湯』の方が適応する。

 他に目薬について尋ねられ、売り場を案内すると種類の多さに驚いている様子だったため、効き目と価格には関係無い事をお話して『スマイル40EX』を基本に、症状に合わせて成分を確認し選ぶ方法を教えた。

 しばらく長考されていたが、本日はお帰りになることに。

 目については疲れ目だということだったので、目の周りを温めることも有効なことを伝えた。


 

 

お客様の考えた薬の候補も教えて下さい

 子供を連れたお客様から、『葛根湯』『麻黄湯』の違いについて質問をされたので、『柴胡桂枝湯』も交えて、症状がハッキリしていない風邪の初期に使うのが『葛根湯』であり、発熱時や関節痛のある中期に適応するのが『麻黄湯』、解熱後の体力の低下を防ぐのに『柴胡桂枝湯』をと説明した。

 置き薬にしたいとのことから、家に置いておくより持ち歩いて早め早めに服用するのが効果的な『葛根湯』を勧めてお買い上げいただいた。

 ただ、いつも喉から風邪になるというので、喉の痛みだけでは風邪とは限らないことと、喉の痛みが強い時には上半身を温める『葛根湯』は向かないので、反対に上半身を冷やす『銀翹散』を紹介した。

 一度売り場を離れた後で、子供だけが『イブA』を買いに来て困ったが、お客様自身はまだ店内にいて一緒に来ている状況なので、そのまま販売した。

 もし本当に子供だけが買いに来ていたら、もちろんヒアリングするのだけれど。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 お客様が『浅田飴こどもせきどめドロップ』を購入されるさいにヒアリングすると、置き薬にするとのこと。

 ただ、『浅田飴こどもせきどめドロップ』の処方内容は、いわゆる『浅田飴』と比べると現代薬寄りで強めの薬なため、のど飴の感覚で舐めさせないように注意喚起した。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 お客様が風邪薬の棚で迷ってる様子だったので声をかけてみたが、案内は断られた。

 そして、『パブロンエースPro』をレジに持ってきたものの、主訴は喉の痛みと鼻づまりで咳は無いというため、起きている症状に狙いを定めてはと提案し、患部を冷やす『龍角散ダイレクト』の効能に鼻づまりは書いていないが、喉と鼻は繋がっているので対応できることを説明したところ変更となった。

 ただ、後になって『葛根湯』はどうかと質問され、同系統では『葛根湯加川きゅう辛夷』が鼻づまりには適応することを紹介しておきながら、上半身を冷やして喉の痛みと鼻づまりの双方に効果が期待できる『銀翹散』を候補にするのを忘れてしまった。

 全くもって言い訳だが、最初に現代薬を選ばれていたから漢方薬を候補から外していたので、『葛根湯』がお客様の候補に入っていると分かっていれば、『龍角散ダイレクト』ではなく『銀翹散』を案内していたのに……(´・ω・`)ショボーン

Screenshot of www.amazon.co.jp

 

 

登録販売者としての迷い、あれこれ

 やや高齢のお客様が膝用サポーターを購入されるさいに、膝痛や腰痛にグルコサミンやコンドロイチンの効果について質問を受け、毒にも薬にもならないことと、目や皮膚などにも使われるため狙ったところには行かないと説明したところ、整形外科の医師からも「役に立たない」と言われ、内科の医師には「気持ち程度には」と言われたそう。

 さもありなん。

 外科医からは手術を勧められているものの、手術をした人の話を聞いて術後の痛みなどが怖く、決心がつかないという。

 術後の治りとリハビリの事を考えると、体力のあるうちの方が良いのではとお話した。

 お客様からは「加齢のせい」と言われたので『牛車腎気丸』と比較しながら『疎経活血湯』を案内してみたが、膝痛に冷えが関係するようだったため『桂枝加朮附湯』を紹介し担当医に相談してみるよう勧めると、外科医は薬を出したがらないと言われて、似た処方の『桂枝加苓朮附湯』を案内したら購入された。

 おくすり手帳に市販薬も記録して担当医に報告するようお願いすると、先生は怖いから嫌と言い、調剤の薬剤師さんは相談しやすいというので、その薬剤師さんにはお話するようにと勧めた。

 患者さんに医師による治療だけを勧めるのもなんか違うし、さりとて安易に他の薬の使用も勧められないし、患者さんを説得する立場でもないし。

 うむぅ、登録販売者の立ち位置は難しい……。


 お客様が『チクナイン』(辛夷清肺湯)をレジに持ってきたさいに使用経験を尋ねると初めてとのことだったので、比較として鼻水と鼻づまりを行ったり来たりする場合の『葛根湯加川きゅう辛夷』と、鼻づまりで夜も寝られないくらいの時に使う『荊芥連翹湯』を紹介したところ、鼻づまりというより鼻の奥で苦い味がするというため、胃の不具合の可能性を伝えたうえで適用すると考えられることを説明し、そのままお買い上げいただいた。

 消化に良い食事を勧め、お客様がタバコ臭かったので咳になった場合の『ダスモック』(清肺湯)も紹介した。

 シャワー派のうえ朝に浴びるというので、皮膚が薄くて太い血管が通っている首筋辺りや背中にシャワーを浴びるよう伝えた。

 登録販売者としては、少なくとも薬を購入されるさいの適応の確認はして、自動販売機にならならずに情報提供はしないとね。


 高齢のお客様から疲れ目に「高いのはどれがイイんだ?」と目薬の説明を求められたため、価格と効き目には直接的な関係は無いことを伝えたうえで、800円~1500円の価格帯の物を紹介し、『スマイル40EXゴールド』をお買い上げいただいた。

 熱いお湯に浸したタオルを目に当て、細い血管を開いて血流を良くすることも大事なことを伝えた。

 自分が貧乏性なもんで、どうも高価格帯の商品を勧めにくい。

 登録「販売者」という職名なれど、自分は商売には向いてませんな。

 

医師によっても知識の幅や方針が異なるから諦めないで

 お客様が『チクナイン』(辛夷清肺湯)をレジに持ってきたけれど、鼻汁が喉に落ちてくるか確認するとそれは無いという。

 『チクナイン』を選んだのは、たまたま目についただけとのことだったし、鼻水と鼻づまりを行ったり来たりすることも無く、鼻づまりだけだというため『荊芥連翹湯』を案内し、お買い上げいただいた。

 鼻水と鼻づまりを行ったり来たりする場合には、『葛根湯加川きゅう辛夷』が適応する。

 どうやらお客様は以前に、蓄膿症の手術を受けたようだ。

 鼻づまりは上半身に不要な熱が篭もっていると考えられ、体内の熱を循環させるために入浴を勧めたがシャワー派だというので、鼻の付け根と首周りを重点的に浴びるよう勧めた。


 お客様から『イブA錠EX』と『イブクイック頭痛薬』の比較を尋ねられ、前者の方がイブプロフェンが濃いと伝えると、「強いということですね」と言われるので、後者には胃の保護のために酸化マグネシウムが入っていて、薬は強ければ良いというものではないことを説明した。

 使うのはご主人で、偏頭痛とそれにともなう吐き気もあるというため『呉茱萸湯』を紹介した。

 というのも、ズキズキするタイプの偏頭痛は胃の不具合と関係するからだ。

 今回は頼まれ物でもあるので、『イブクイック頭痛薬』を購入された。

 ご主人は頭痛外来を受診したことはあるようだが、詳しい説明を受けたかは不明で、医師からは「一生付き合うしかない」と言われたという。

 しかし、医師によっても知識の幅や方針が異なるため、諦めずに他の医師も探してみるよう勧めた。

 それから、痛みを伝達するホルモンと胃を保護するように指示するホルモンは同じことを説明し、痛みを伝達するのを阻止すると胃を保護する機能も止まってしまうため、偏頭痛がしたら食事は消化の良い物に切り替えた方が良いことを伝えた。


 孫らしい小さな子供を連れたお客様から『タイレノール』を求められ、子供に使うのかと思い年齢を尋ねたところ、母親が発熱と腰痛を訴えていて頼まれたという。

 どうして『タイレノール』を指定してるのか分からないが、炎症に対しては弱いことを説明し、他の解熱鎮痛剤では駄目なのか尋ねると分からないようで、成分によって効果が違い体質との相性もあることをお話しすると、『バファリンA』と一緒に購入された。

体としては発熱することで改善しようとしているので、むしろ発熱を助けるために入浴や温かいものを飲んだりか半身に厚着をするよう勧めた。

また消化にエネルギーを取られると回復に時間がかかるので、食欲があっても量を控えて消化に良い食事をするようお話した。




 

 

薬の代わりにサプリメントというのは注意

 お客様から、ご主人が咳と鼻炎を訴えているとのことで相談を受け、病院で処方された咳止めと鼻炎薬を使い切り去痰剤だけが残っているというお話だったが、それぞれの薬の内容は不明。

 処方薬が分からないため漢方薬を提案し、鼻水と鼻づまりをいったりきたりしているようなので『葛根湯加川きゅう辛夷』を、咳には『麦門冬湯』の併用を提案した。

 鼻炎は胃とも関係があり、消化の良い食事をして胃をいたわれば治るかもしれないので、咳とどちらが苦しいか本人に連絡して確認をとっていただいたところ、『麦門冬湯』を使うことに決まった。

 授乳中は漢方薬が良いか尋ねられたので、漢方薬でも種類によることをお話した。

 例えば『葛根湯』は赤ん坊が興奮して寝つかなくなる可能性があるし、『桔梗湯』はお腹を緩くしてしまうことが考えられるため、授乳を済ませてから服用する方が良い。

 服用するタイミングが食後などに縛られる物が少ないという点においては、漢方薬の方が運用しやすいかも。

 子供を連れたお客様が『サンテメディカルガードEX』をレジに持ってきたけれど、結膜炎に使うというので抗菌目薬を提案し、しょっちゅうなる訳ではないとのことから、分包になっている『ロート抗菌目薬i』を勧めてお買い上げいただいた。

 目薬を差した後には上を向いたまま瞬きをするのではなく、目を閉じて下を向き1分ほどそのままにしているのが効果的なことを伝えると、一緒にいた子供が驚いていた。

 子供にも良い機会になったと、勝手に思う。

 高齢のお客様から整腸剤について尋ねられ『ザ・ガードコーワ整腸錠α³+』を案内したうえでヒアリングすると、ガスが溜まるというので『ガスピタン』も紹介した。

 しかし薬には抵抗感があるらしく、詳しくお話を訊くと小柄なわりには1日3食を「ちゃんと」食べているとのこと。

 加齢により内臓の機能が低下していると考えられるため、一回の量を減らして回数を増やす方法を提案した。

 すると、以前に骨粗鬆症と診断されたもののの薬は怖くて処方を断り、代わりにサプリメントの『カルシウムマグ』を飲んでいるという。

 その量も成人の目安量を飲んでいるそうなので、ガスが溜まりやすいのはそれが原因の可能性もあることをお話した。

 また、薬の方は効果が確認できていて量も調節しやすいし、医師の監督下で服用するものだから、サプリメントよりも安全に運用できることを伝えた。

 サプリメントがサプリメントで止まっている理由は様々で、医学的な効能が認められていないからとか、特定の成分の濃度が医薬品の基準より少ない物もあれば、医薬品の基準より濃いためという物もある。

 薬を避けてサプリメントを使いたいという場合でも、医師に相談しながらの方が良い。

 

寝る時に鼻が詰まってしまったら

 お客様から、鼻づまりの相談を受けた。

 中学生の頃から繰り返してるとの『葛根湯加川きゅう辛夷』を勧めたうえで、比較として鼻づまりで寝られないくらいの時の『荊芥連翹湯』と、胃が弱って鼻汁が喉に落ちてくる場合の『辛夷清肺湯』を紹介した。

 本日は相談のみとなり、下半身を温めて上半身に溜まりがちな熱を循環させることと、鼻が詰まった時には首の片側の頚動脈を押さえると、その反対側の鼻は通ることを教えた。

 寝る時に鼻が詰まってしまったら、横を向いて枕を頭ではなく首に当てて頚動脈を押さえるんである。

 お客様から空腹時の胃痛の相談を受け、食欲はあるとのことだったが疲労もしているというため、『大正漢方胃腸薬』と『スクラート胃腸薬S』を案内し、後者をお買い上げいただいた。

 出張続きでホテルではシャワーで過ごしていたというため、帰ったら長めの入浴をするよう勧めた。

 長期間をシャワーで過ごさなければならない時には、シャワーを正面から浴びるのではなく背を向けて首から腰にかけて浴びると、神経が刺激され血流も良くなることにより疲労を軽減できるのでお試しあれ。

 夫婦のお客様から『ヴィックスヴェポラップ』を求められ、お会計をしながらヒアリングすると幼児の鼻づまりに使うとのことだった。

 鼻づまりは体内の熱が上半身に溜まり、循環が上手くいっていないのが原因と考えられるため、下半身を温めるよう勧めた。

 また、寝る時は身体を横向きにして枕を首に当てると、反対側の鼻は通ることを教えた。

 

痒くなくても水虫の場合があります

 お客様から踵(かかと)の乾燥対策に、『メンソレータム』と『オロナインH軟膏』のどちらが良いかを質問され、どちらも油分によって患部を保護するものであり、前者には弱い麻酔薬が入っていて後者には消毒薬が入ってることを説明した。

 用途からすると保水する尿素入りの物も候補になることをお話したうえで、今回は『メンソレータム』をお買い上げいただいた。

 幹部はカサカサしているということだったが、踵水虫の可能性も伝えてみると「痒くないから」と否定された。

 ううん、踵水虫は痒みを感じるほうが珍しいんだけどねぇ。

 高齢のお客様が『コルゲンIB透明カプセルα』のパッケージの切れ端を持ってきて、同じ物をと注文された。

 ちょうど成分表示から外れた部分だったため中の成分が分からず、うちの店には置いていない薬なので似た処方の薬を紹介することもできなくて困った。

 以前に使ったら良く効いたとのことだったが、主訴は鼻づまりと痰で、病院で処方された『葛根湯加川きゅう辛夷』は駄目だったという。

 しかしさらに詳しくヒアリングすると、鼻汁が喉に落ちてくるというため『チクナイン』(辛夷清肺湯)を案内し、試していただくことになった。

 漢方薬で鼻づまりを考える場合、『葛根湯加川きゅう辛夷』が適応するのは鼻づまりと鼻水を行ったり来たりする場合で、鼻づまりにより息苦しく寝るのも大変という時には『荊芥連翹湯』を使い、鼻づまりして喉に鼻汁が落ちてくるという今回のケースでは『辛夷清肺湯』が向いている。

 そして『辛夷清肺湯』の処方は胃薬に近く、鼻汁が喉に落ちてくるというのは胃が弱っている証拠でもある。

 だから、この症状が起きている時には消化に良い食事をすることが大事なのだ。

 また、お客様は入浴はせずシャワーで済ませているというため、鼻の付け根と首の周りにも浴びるよう勧めた。

 もちろん一番良いのは、じっくりと入浴をすることである。

 若いお客様が『龍角散ダイレクトスティック』と『浅田飴』を持ってきたので、前者が喉の炎症を抑えるのに適していて後者は咳止めに向いていることを説明した。

 主訴は喉の痛みで、咳は無いというお話から『龍角散ダイレクトスティック』の他に、口内炎にも適応する『パブロントローチAZ』を案内したところ、後者を購入された。

 

高齢者の『イソジンうがい薬』の使いすぎに注意

 お客様が鼻炎薬を求めて来店したけれど風邪をひいていたそうで、まだ鼻汁に色がついているというため『葛根湯』を提案すると、家にあるものの「風邪の初期に使うもの」だと思って今回は使っていないとのこと。

 そして、より鼻炎向けの『葛根湯加川きゅう辛夷』を紹介したところ、お買い上げいただいた。

 私も普段から、お客様にもこの日記でも『葛根湯』は早め早めに使い、風邪の初期というのは発熱したり症状がハッキリする前と説明しているけれど、上半身を温めれば改善すると考えられる症状には全般的に使えるのである。

 お客様には入浴を勧めたところ、帰りが遅くなりがちでシャワーで済ましてしまうということだったが、体内を温めるのと疲労回復には寝る時間を削ってでも入浴した方が良い事をお話した。

 以前に、ご主人の息苦しい咳に『ストレージH』(半夏厚朴湯)を勧め使っていただいたお客様から、続けて良いか尋ねられた。

 効いているとのことなので、継続して大丈夫なことを伝え、適宜増減での運用方法もあることをお話した。

 つまり症状が軽くなったら、1回量や1日の回数を減らしても良い。

 もっとも、それもこうして相談してもらえた方が最善である。

 高齢のお客様が『イソジンうがい薬』を買いに見えたけれど、現に喉が痛む場合には避けるようお話したところ、朝と夜の2回使っているという。

 家族が風邪をひいているというのでなければ、普段のうがいは水道水で十分なことと、体を守る常在菌まで消毒してしまう可能性をお話して、本日はお帰りになった。

 今回は話の流れから伝えることができなかったけど、お年寄りで『イソジンうがい薬』を使っている人は多く、その目的は風邪の予防というよりは、喉のイガイガ感や乾燥感のためであるようだ。

 しかし、高齢者の喉の乾燥感というのは水分量が減って保水しにくいからなので、上半身に保水する『麦門冬湯』の方が必要だったりする。

 もし高齢の家族が『イソジンうがい薬』を常備しているようだったら、上記の可能性を伝えてもらいたい。

 『イソジンうがい薬』では、余計に喉の粘膜を荒らして保水力を落としてしまうので。

 
ページ:12345678910»