同じジャンルの薬でも処方内容ごとに効き方が違うといった情報も売ってます

 若いお客様から鼻づまりの相談を受け、現代薬は鼻水を止めるのは得意でも、鼻づまりを治すのは苦手なことを説明し、現代薬と生薬を合わせた『アネトンアルメディ鼻炎錠』と漢方薬の『葛根湯加川きゅう辛夷』を案内したところ、興味を持たれたので『アレジオン』や『アレグラFX』などとの違いも説明した。

 第2世代抗ヒスタミン薬である『アレジオン』や『アレグラFX』は、眠気が起こりにくいのが特徴としてしか知らない人が多いけれど、そもそも第1世代の『パブロ鼻炎薬Sα』とか『新コンタック600プラス』が「発症してから使う」のに対して、第2世代は「症状が起きないようにする」予防薬として使うのが効果的。

 だから、特に花粉症の季節は毎日欠かさずに服用しないと意味が無いし、症状が激しく出ている状態で使っても効いてくるまで一週間前後かかることが多い。

 また、『アレジオン』の成分はエピナスチンで、『アレグラFX』はフェキソフェナジンなのだが、前者のほうが鼻づまりに優位に効くというデータが有ったり、同じく第2世代の『ストナリニZ』のセチリジンは鼻づまりへの効果が弱いと記している文献があったりするため、1日の服用回数とか宣伝の印象などで選んでしまうのは好ましくない。

 今回は、鼻水になることもあるという点から『葛根湯加川きゅう辛夷』をお買い上げいただいた。

 放っておくと鼻水が垂れてくる場合には『小青竜湯』が選択肢となるし、鼻が詰まる一方なら『荊芥連翹湯』を用いて、詰まった鼻汁が喉に落ちてくる場合には『辛夷清肺湯』というように適応する漢方薬が変わってくるので、やはりまずは相談してもらいたい。

 お客様は、アレルギーかもとの事だったので、腸のお話をして入浴を勧めたうえで、普段はシャワーで過ごしているというためシャワーの浴び方を教えた。

 アレルギー性鼻炎は、花粉や埃などの異物を身体を害するウイルスなどと間違えて過剰に排除しようとして起きる症状であり、その防衛反応のセンサーを担っているのが第二の脳と呼ばれる腸なのだ。

 そのため、お腹を冷やしてしまったり食べ過ぎなどで腸が忙しくなったりすると、判断を誤って発症してしまう。

 つまり腸が正常に働きやすい環境を整えてあげるのが養生法となり、下半身に厚着をすることと入浴が一番簡単なのだけれど、環境的に入浴が難しければ太い血管の通っている背中側に集中的にシャワーを浴びるのが良い。


 夫婦のお客様が来店し『アデロンゴールド』をレジに持ってきたけれど、患者である奥さんの主訴は喉の痛みで咳は無いというため鎮痛剤を提案したところ、家に『ロキソニン』があるというため、適応することを教えた。

 他に、単独あるいは併用できる物として『ペラックT』や『龍角散ダイレクト』に、『パブロントローチAZ』と『マードレトローチ』なども紹介したところ、『パブロントローチAZ』をお買い上げ頂いた。

 風邪ではないかと気になれていたため『銀翹散』を紹介し、痛むのは喉の奥というため、胃炎の可能性をお話した。

 そして、風邪の場合も胃炎の場合も、患部を刺激しないよう噛まない食事をすることを勧めた。


 お客様が風邪薬の棚を見ていたところに、声をかけてみると痰と咳の他に鼻水があり、発熱はせず症状が一週間くらい経っているとのことだった。

 その間に薬は使っていなかったというため、『パブロンせき止めS』が鼻の面倒も見てくれることを説明し、お買い上げいただいた。

 胃を悪くしてる可能性を話しすると「大丈夫」との返事だったが、内臓に痛覚神経は無いので、状況は分からないことを説明した。

 どうして胃痛などが起こるのかといえば、近くの神経が以上を代わりに知らせているだけで、感じるようになったら症状は進んでいると考えたほうが良い。

 また、健康な人でも1日に50回くらいは食道に胃炎が逆流しているとされており、健康な人はすぐに修復されるけれど、疲れていたり食べ過ぎたりしていれば喉の痛みとして感じる可能性がある。

 そして、鼻から喉を通して胃に繋がっているので、やはり喉が痛ければ消化に良い食事に切り替えるのが最善となる。

パブロンせき止めS

以下の記事も読まれています。

LINEで送る
Pocket

 

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。