病院を受診しているお客様、そのサプリメントは医師に相談していますか?

 お客様が『ヘム鉄』のサプリメントを購入されるさいに、胃に何か入れてから飲むように伝えると理由を尋ねられたので、病院では鉄剤に胃薬も処方されるように鉄分は胃に負担がかかることを説明したところ、医師からは「鉄剤を処方できない」と言われているそう。

 実際のところヘム鉄は胃への負担は少ないのだけれど、お客様がどの程度の事を把握しての分からないので他に鉄剤を使っている場合を想定して注意を促す意味でお話してみるのだが、たまにこういう情報を得られることもある。

 撒き餌をして釣りをするというか、カマかけというか。

 本当は、あまり使いたくない手法ではある。

 しかし、何かしら声をかけてみないと事情をお話してもらえない。

 今回の詳細は分からないが、お客様のお話では血液を貯めておくことができない病気だという。

 そして以前に『マスチゲン錠』で気持ち悪くなったため、サプリメントの『ヘム鉄』にしようと思ったのだとか。

 医師がどのように判断したか分からないから、サプリメントを使うにしても担当医に相談してもらった方が良いことをお話した。

 そして、もし貧血が気になるとしても、必ずしも鉄不足が原因とは限らないし、鉄剤が使えないとなれば他の選択も考えられる例として、通常は血流の改善を目的とする『人参養栄湯』を紹介したけれど、後ろに他のお客様が二人も並んでしまったため、お帰りになった。

 しかも、その二人のお客様は薬の購入者ではなかった。

 ううむ、『ヘム鉄』をレジに持ってくる前に相談してもらえれば良かったのだが。

 商品を持ってこられて一旦レジに入ると、他のお客様がレジに並ぶリスクが高くなってしまう。

 とにかく、薬を処方してもらえないからと、担当医に相談しないままサプリメントを使うというのは避けてもらいたいところだし、そもそ今回はお客様の主訴を教えてもらえてない。

 なんとも、尻切れトンボになってしまった( ´Д`)=3

マスチゲン錠

 他のお客様が『ヘム鉄』を購入されるさいに、鉄分の補給が必要と病院で診断されているのか確認すると、特にそういう訳ではないとのことだった。

 貧血や疲労が鉄分の不足とは限らず、また何らかの体調不良が鉄分とは関係の無い他の病気の可能性もあるから、本当に必要かどうか検討した方が良いのではないかとお話をした。

 例えば、貧血や目眩(めまい)があるとして、ストンと落ちる感覚ならば鉄不足の可能性はあるものの血流不足とも考えられ、『人参養栄湯』『十全大補湯』が候補に挙がる。

 天井が回るような感じなら水分代謝の異常が疑われるため、『苓桂朮甘湯』の方が適応する。

 そして一番心配なのは、雲の上をフワフワと歩いているような感覚のときで、高血圧の影響が考えられ『釣藤散』『七物降下湯』を検討しつつ病院の受診を優先するのが良い。


 常連の客様が『カルシウム・マグネシウム』をレジに持ってきたけれど、心臓を患い、現在も血液の薬を服用しているというので担当医に相談するようお話すると、すでに飲んでるというため報告をすることを勧め、今回は取りやめとなった。

 サプリメントが直接体に害を成すとは限らないが、服用している薬の効き目を落としてしまったり、何かの検査を受けたさいに数値だけ良い結果を出して診断を誤らせてしまう可能性があるから、まずは担当医に相談した方が良い。

カルシウム/マグ

以下の記事も読まれています。

LINEで送る
Pocket

 

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。