事情があるのだろうけれど、患者本人が来店されないと薬の選別は難しいです

 やや高齢のお客様から『ノーシン』が偏頭痛に良いか質問されヒアリングしてみると、成人の娘さんが頭の後ろがズキズキと痛み、体を休めていると良くなるとのことだった。

 そういう頭痛は胃の不具合と関係する可能性を説明して、胃に優しい『ノーシン』は良い選択と伝えて、お買い上げいただき、痛む日には消化に良い食事をするよう勧めた。

 病院の検査では異常無しだったそうだが、人間の体は機械ではないため異常の検知を誤ることがあり、痛む場所が悪いとは限らないことをお話した。

 これ言い方を間違えると、「頭痛がするからといって頭が悪いとは限らない」という、ビミョーな反応を招くことになるから気をつけてます( ̄ω ̄; )

ノーシン錠

 子供を連れたお客様から『ロキソニン』を求められ、うちの店には薬剤師がいなくて置いていないため、化学構造式の似ているイブプロフェン製剤を提案したうえで、薬は強弱よりも相性もまた影響することを説明した。

 患者はご主人で腰痛に使っており、家にある『カロナール』は試してないというため、使えるかもしれないとお話したところ「また来ます」と、お帰りになった。

 ところが、お客様がお帰りになってから『ルミフェン錠』を紹介し忘れたことを思い出した。

 主成分のアルミノプロフェンは、関節の間にある滑液に溜まるという データがあり、直接的に患部に効く可能性があるのだ。

 私がウッカリしてたのが悪いんだけど、最初から薬を指名されていると他の選択を忘れがち。

ルミフェン

 お客様が『ボルタレンEXテープ』を持ってレジに来たけれど、患者はご主人で腱鞘炎だというため、患部が動くところでもあるから塗る物を提案すると、薬が乾く事を心配された。

 主成分のジクロフェナクトリウムは血液中にも浸透することを説明したところ、同成分の『アンメルツNEO』に変更となった。

 そして、頼まれ物の薬は飲食物と違って症状を把握している本人でなければ選ぶのは大変なので、やはり本人の来店が一番とお話した。

 そして、「立ってる者は親でも使え」という言葉があるように、立ってる店員は遠慮無く使って下さいと伝えた。

アンメルツNEO

 『ニューアンメルツヨコヨコA』を手にしたお客様から、匂わない物をと注文されたけれど、主成分のサリチル酸グリコールは比較的匂いが弱いものの、本当に匂っているのは配合されているメントールであることを説明し、多くの商品に入ってしまっている事をお話したところ、「赤ん坊に良くない」というため詳しくヒアリングしてみると、患者は成人の娘さんで授乳中とのお話だった。

 メントールは冷感の刺激が痛みを和らげるのと、あの匂にリラックス効果があり、入ってる濃度からすれば、 赤ん坊に直接的に嗅がせる訳ではないから、問題は無いと考えられることを説明した。

 ちなみに冷感が痛みを和らげるというのは、人間の体が痛みよりも先に冷感を感じる仕組みになっているから。

 おそらく、痛みよりも寒冷によって死んでしまう可能性が高いからだろう。

 そして、虫に刺されて痒いところを叩くと、患部が痺れて痒みが気にならなくなるのと同じ効果でもある。

 今回の場合、授乳中という事を考えると、メントールの入っていない無臭の『ボルタレンローション』があるが、ジクロフェナクトリウムのような血液中にまで浸透していく物は念のため避けた方が良いかもしれない。

 また、ご本人は風邪気味とのことで、鼻炎や軽い咳にもメントールは有効と伝えたところ、メントール入りの塗り薬は家にあるとのことで、お帰りになった。

ニューアンメルツヨコヨコA

以下の記事も読まれています。

LINEで送る
Pocket

 

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。