お客様のプライバシー保護は課題だけど、店頭での相談の様子を知ってもらうのも大事かも

 他のお客様への接客を聞いていたらしいお客様から、下痢の相談を受けることとなった。
 プライバシー保護のために相談専用のカウンターが欲しいと思う事もあるけれど、なかなか相談するという発想に至らずテレビCMやパッケージデザインだの銘柄のイメージで薬が買われる現状では、薬事相談の様子を見てもらうというのも有効なんだなと思ったり。
 患者はご主人で、海外から帰ってきてから2日は経っていて、吐き気は無いとのこと。
 お腹が張っているというお話から胃腸炎の可能性を考えて、『柴胡桂枝湯』を案内し、お買い上げいただいた。
 お客様自身は以前に胃の不具合に『半夏瀉心湯』を使ったというので、使う薬の適応を検討する簡易な鑑別方法を教えた。
 具体的には、水を飲んで楽になるようなら胃炎を起こしている可能性が高く『半夏瀉心湯』のように胃の働きを過ぎを抑える薬が向いていて、お湯を飲んで楽になるようだと冷えているか疲労などで機能低下していると考えられ、『大正漢方胃腸薬』や『ギャクリア』(六君子湯)のように胃の働きを支援する薬が適応する。
 ご主人については、しばらく食事を控えるか具の無いスープをと提案した。
 お粥は実は消化には良くないため、うどんを勧め、味を濃くして脳を騙すよう伝えた。
 薄味でアッサリしてると、かえって食欲が湧いて量を食べたくなってしまう。
 お粥で消化に良いのは、中国粥のようにお米を砕いてから炊く方法である。

 子供を連れたお客様から『ハッカ油』を求められ売り場を案内すると、虫除けに使えるとネットで見たとのことだった。
 スプレータイプも紹介したうえで、水と混ぜるさいには無水エタノールが無くても良いことを説明した。
 ネットのレシピでは無水エタノールと混ぜるように書いてあったりするが、あれは水と油が混ざりにくいから溶液にしやすくするためと、日持ちをさせるのが目的で、その日のうちに使い切るのであれば、よく振れば白く濁るものの効果に違いはない。
 気をつける点があるとすれば、小さい動物や犬猫にとっては、忌諱したり有害だったりするので、ペットを飼っている人は注意。
 お客様には、ゴキブリにも効果があるので、特に殺虫剤を撒きにくい台所に適していることを伝えた。

 お客様から『小児用ジキニンシロップ』を求められ、置いていないと伝えたうえで、自身が使うというため『パブロンせき止めS』を、「かつて」と同じ成分であることを説明したけれど、お帰りになった。
 大人が『小児用ジキニンシロップ』を求めるというのは、やはり麻薬成分が目的なんだろうか。
 だとすれば、とっくの昔に処方内容は変わっていて、そんなの入っていないのだけれど。

新小児ジキニンシロップ

 以前に『ヒストミンゴールド液プラス』を案内した高齢で常連のお客様から、飲んでいて調子が良いとのお話を伺った。
 ただ、相変わらず夜に眠れず、病院から処方された薬を使ったら薬疹が出てしまったそうだ。
 別の薬が処方されたものの効きめをあまり感じられず、起きてしまったらテレビを見ているというので、それは良いことと伝えた。
 眠れない事に悩むよりも、いっそ起きて気持ちを穏やかに過ごす時間を持った方が脳の休息には良い。
 眠るという行為における体の休息は楽な姿勢をしていれば良いので、脳がリラックスできることの方が重要。
 それを「眠れない」と思い悩んでしまっては、脳を疲れさせてしまう。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート