「全部入り」の総合風邪薬は、副作用もテンコ盛り

 お客様が『ルルアタックNX』をレジに持ってきたけれど、主訴は鼻づまりで喉の痛みは少しというため鼻炎薬を提案したところ、応じていただけたので主訴に合わせて『アネトンアルメディ鼻炎錠』を勧めて変更となった。
 『ルルアタックNX』のように「鼻風邪」を謳っていても総合風邪薬には、漏れなく咳止め成分が付いてきてしまう。
 咳止め成分は、覚醒剤系ならば喉を開くのと同時に血管を収縮させ、それが鼻炎を一時的に軽減させるものの、今度は血管の収縮により患部の血流が悪くなって炎症を起こし鼻づまりの原因になってしまう。
 麻薬系の咳止め成分も、中枢神経を抑えて咳を止める代わりに、身体機能を落として胃の働きを悪くしてしまうので、胃が冷えて鼻水を招くこととなってしまう。
 正直、鎮痛剤・鼻炎薬・咳止めが混合されている総合風邪薬というのは、副作用もまた混じってしまうから使い勝手が悪い。
 そして、現代薬は鼻水を止めるのは穴をキュッと絞めれば良いから得意でも、炎症による熱を奪うのが苦手なため、鼻の奥の血管が炎症して起こる鼻づまりは不得意なため、患部を冷やす生薬の入った薬のほうが適応する。
 現代薬に拘らなければ、漢方薬には鼻づまりと鼻水が行ったり来たりする場合の『葛根湯加川きゅう辛夷』と、鼻が詰まる一方のときに適応する『荊芥連翹湯』の他に、詰まった鼻汁が喉に落ちてくるのに用いる『辛夷清肺湯』がある。


  
 お客様から咳に『アネトンせき止め錠』と『プレコール持続性せき止めカプセル』の違いを質問され、後者の方が体への負担が少ないと考えられることを説明した。
 咳は特に夜に出て、一週間くらい続いてるというため喉を潤す『ストナ去たんカプセル』と、上半身に保水して乾燥を防ぐ『麦門冬湯』を案内しつつ、胃炎を起こしている可能性を説明した。
 お客様は「胃は大丈夫」と言われたけれど、内臓には痛覚神経が無く、異常に気づきにくいことをお話した。
 もし内蔵に神経があったら、物を食べると激痛が走ってしまう。
 胃痛を起こしてるときというのは、胃の近くの神経が異常を報せているからで、その段階では相当に悪くなっるということでもある。
 そして胃炎を起こしていると、胃に覆いかぶさっている肺が乾燥し咳を誘発する。
 それこそ『麦門冬湯』を構成している生薬は、咳を止めるというより胃を癒す内容なので、特に乾燥性の咳は漢方的には胃を治すと咳も止まると考えるのだ。
 お客様は以前に喘息との診断を受け、しかし自覚症状は無いというから、内臓疾患というものは「そういうものです」と答えた。
 今回は現代薬を希望され、『プレコール持続性せき止めカプセル』をお買い上げいただいた。
 『アネトンせき止め錠』の方にはカフェインが入っているため、夜にゆっくり眠るのには向かない。
 家の可能性がないすると喘息の診断を受けた者の自覚症状はないと言うためそういうものですとも伝えた。
 それから、シャワー派だそうだけれど、入ろうと思えばお風呂に入れるというため、シャワーならば太い血管の通っている背中側に浴びるのが養生法になることを教え、体には患部を治すのに血行を良くしたり免疫機能を活性化しようと、炎症したい理由があるので体を温めるのが大事とお話した。

 お客様が『パブロン鼻炎カプセルSα』を購入されるさいにヒアリングしてると、花粉症というため腸の働きを整えるのが症状の軽減となることをお話した。
 腸は「第二の脳」とも呼ばれていて、脳と同じ神経細胞で構成されている。
 そして、外部からの侵入を受けると敵味方を自動的に識別し、ウイルスなどの敵には攻撃をし、花粉など外の無い物は無視するはずが、敵と誤認し攻撃してしまうのが花粉症。
 ヨーグルトが花粉症に良いとされているのも、ヨーグルトが直接的に花粉症に効くというのではなく、腸の働きが正常化すると敵味方の識別も適切に行われるようになるのだ。
 また、生活環境が昔より清潔になって免疫機能が戦い方を学ぶ機会が減り、ヨーグルトに含まれる乳酸菌などの体に良いとされてる菌が、免疫機能に模擬戦を教えてくれるという説もある。
 いずれにせよ、腸内環境を良くして腸が働きやすいようにするのが花粉症の軽減につながるから、食事は消化しやすい物を心がけ、入浴したり下半身に厚着をし、温かい物を積極的に飲食し、内臓を保温する工夫を重ねることが大事。
 お客様からは、「勉強になりました」と言っていただけた。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート