相談第一! 薬を買わなくても構いません

 お客様から、風邪以外に喉が痛くなることがあるのか訊かれたので、外部からの侵入だとウイルスだけでなく花粉でも起こり、喉の奥の場合は胃炎や逆流性食道炎でもなることを説明した。
 すると、主訴は喉の痛みと血痰で、風邪薬を飲んだけど治らなかったとのことだった。
 使った風邪薬の銘柄は不明なものの、意外と総合風邪薬には喉の炎症を抑える成分が入っていないことを伝えた。
 血痰については医師からは「問題無い」と言われたものの、セカンドオピニオンで病院を変えようかと言うので、紹介状を書いてもらうよう勧めた。
 ただ病院を変えるだけだと診療履歴が継続されなくなり、患者が病院を転々としていることを医師が把握できなくなるのは好ましくない。
 お客様は神経質そうな感じもあったため、血管が浅いと切れやすいことをお話した。
 そして『ペラックT』と『駆風解毒湯』を案内したところ、ポリープの話も出たため実際には何もできていないのに喉が締まる感じがする場合の『半夏厚朴湯』も紹介してみた。
 本日は相談のみで、お買い上げは無し。

 お客様から『葛根湯』を求められたが、奥さんが鼻水と喉の痛みを訴え微熱もあるというため、単独では適応しないと考えられるため、『桔梗湯』との併用を提案した。
 しかし、だるさもあると分かったので、疲労で熱が出せないことによる微熱の可能性をお話して、『柴胡桂枝湯』を案内したところ、直前にはお腹を壊しており、以前に購入した物があるという。
 『葛根湯』は胃腸に負担をかけるから、そういう時には使ってはいけない。
 むしろ、すぐにでも連絡して『柴胡桂枝湯』を服用してもらうのが一番と勧めて、本日はお買上げは無しとなった。
 ただ、お帰りになってから喉の痛みにだけ『ペラックT』を案内しても良かったかもしれないと気がついた。

 閉店時間を過ぎてお店を閉めようというタイミングでお客様が来店し、数日前に打撲したとのことで『サロンパス』に興味を持たれたが、以前に使ったことがあるのは『フェイタス』シリーズだったというため、同じ物かインドメタシン製剤を使ってみてはと提案した。
 ただ購入は無く、外に出てからメモをしていたと他の従業員から聞いたので、もしかしたら価格調査だったのかも。

以下の記事も読まれています。

 

2 Comments

  • ドラッグストアさんは、この点をもっとアピールする必要が有りますね。お客様は、薬屋さんというよりは、販売のみを主とした、ディスカウントショップの感覚が強いかと思います。ドラッグストアも健康情報の発信基地です。かかりつけならぬ、かかりつけドラッグストアが有ってもいいですね。便利だけでは、コンビニドラッグストアです。買い物しなくても気軽に相談を、ドラッグストアの薬担当の人と、お友達になりましょうです。

     

  • 北村俊純

     友人からは薬の相談をされるんですが、なかなかお客様とはお友達になりにくいですねぇ。
     まぁ、友達はともかく気軽に相談してもらえるよう工夫はしたいと思います(*´∀`*)

     

Got anything to say? Go ahead and leave a comment!