ストレスと肩こりが関係ありそうなときは上を向こう

 お客様から『ボルタレンローション』は液体かを訊かれたので「そうです」と答えてから詳しくヒアリングすると、肩こりにインテバン製剤の『バンテリン液』を使って効かなかったというので、ジクロフェナクトリウム製剤の『ボルタレン』 …
続きを読む ストレスと肩こりが関係ありそうなときは上を向こう

 

葛根湯を便利に使うキーワードは「温めると良くなる」

 お客様が『葛根湯』の液剤を購入されるさいに、強い喉の痛みや咳と発熱には適応しないことを伝えると、「風邪には葛根湯がイイと聞いた」というので、上半身を冷やして喉の痛む風邪に対応する『銀翹散』との対比を例に、上半身を温めて …
続きを読む 葛根湯を便利に使うキーワードは「温めると良くなる」

 

上を向いて溜息をつこう

 お客様から『ケラチナミン』と『ケラチナミンW』の違いを尋ねられ、痒みが無ければ前者をとお話したところ、後者を購入された。 お客様には、ひとつの薬で治そうと思わずに、症状の変化に合わせて乗り換えを検討するようにと伝えた。 …
続きを読む 上を向いて溜息をつこう

 

その肩こりは温めて楽になりますか?

 お客様から、奥さんが肩こりで授乳中でも使える薬をと相談されたので、浸透力のあるジクロフェナクトリウム製剤やフェルビナク製剤などを避けるようお話しして、外用薬はサルチル酸系を案内した。 内服の方は、症状が軽ければ『葛根湯 …
続きを読む その肩こりは温めて楽になりますか?

 

店頭での患者さんの確認が大事

 中学生連れのお客様が『キンカン』を持ってきたさいに、虫刺されとしては蚊ぐらいにしか効かないことを説明したところ、『ムヒクール』に変更され、ついでに娘さんが以前に病院から処方された薬で薬疹を起こしたことがあり、安全な鎮痛 …
続きを読む 店頭での患者さんの確認が大事

 

病は気から? 治すための思い込みは大事

 風邪薬を買いに来たお客様の、喉の痛みと発熱という主訴から判断し『ルルアタックEX』を案内したところ、お客様自身は『エスタックイブFT』が目に付いたようだったので、処方による効能の違いを説明した。  『エスタックイブFT …
続きを読む 病は気から? 治すための思い込みは大事

 

「かれをすてこれをとるか これをすてかれをとるか 世界の掟てにそむいてきみは かれもこれもすてた」(吉本隆明)

 成人の息子さんの、花粉症の薬を買いにお客様が来店。 主訴は鼻水で、花粉症なのは確かという話。 しかし事前に何か市販薬を使っていたというのだが、銘柄も使ってみての効果も分からないとのこと。 効果を感じたかどうかは、成分か …
続きを読む 「かれをすてこれをとるか これをすてかれをとるか 世界の掟てにそむいてきみは かれもこれもすてた」(吉本隆明)

 

胃薬は種類が多くて難しい

 『スクラート胃腸薬』を購入されるお客様に、お会計をしながら症状を尋ねると、成人の息子さんから「なんでもいいから胃薬を買ってきて」と頼まれたそうな。 それと、家にあった胃薬を飲んでいて無くなったからというのだけれど、何を …
続きを読む 胃薬は種類が多くて難しい

 

売るべきか売らざるべきか、それが問題だ

 『独活葛根湯』と『ドキシン錠』を見比べているお客様に声を掛けてみたところ、ご主人が五十肩に『独活葛根湯』を使っているものの飲みにくいと言っているため、もっと錠剤の小さい物は無いかと探しに来たそう。 ありゃん、錠剤の大き …
続きを読む 売るべきか売らざるべきか、それが問題だ

 

「自己責任」は「自分勝手」と紙一重

 ご夫婦で来店したお客様から、授乳中に使える肩こりのバップ剤をと求められ、『サロンパス』を勧めてお買い上げ頂いた。 フェルビナク製剤なんかも完全に駄目な訳ではないけれど、やはり危険は避けておくほうが良いだろう。 そして、 …
続きを読む 「自己責任」は「自分勝手」と紙一重