• タグ別アーカイブ: 治肩背拘急方
  • ストレスと肩こりが関係ありそうなときは上を向こう

     お客様から『ボルタレンローション』は液体かを訊かれたので「そうです」と答えてから詳しくヒアリングすると、肩こりにインテバン製剤の『バンテリン液』を使って効かなかったというので、ジクロフェナクトリウム製剤の『ボルタレン』は鎮痛効果が高いだけでなく、浸透力に優れていることをお話すると購入された。

     また内服薬の選択も考えられるので、同じ肩こりでも上半身を温めて改善する場合の『葛根湯』と、血圧が関係する時に使う『釣藤散』に、ストレス性の肩こりに適応する『コリッシュ』(治肩背拘急方)があることを教えた。

     すると、仕事でパソコンを使っていてストレスが思い当たるというため、溜息をつく時は上を向くと良いということをお話した。

     というのも人間の頭はボーリング玉ほどの重さがあり、下を向いて溜息をつくと片手でボーリング玉を斜めに支えるのと同じ状態になって首に負担がかかり、これが肩こりを引き起こしてしまう。

     しかし上を向いて溜息をつけば、ボーリング玉をまっすぐ支える形になるので首に負担がかからない。

     心理学的にも、下を向くより天井を見上げる方が、気分の落ち込みを防げるとされているのでお試しあれ。

    Screenshot of www.amazon.co.jp

     夫婦のお客様から『ヘパリーゼHiプラス』について二日酔いの効果を質問をされたので、成分からすると疲労回復に適しているため、二日酔いだけに使うのはむしろモッタイナイことを説明したところ、二人分をお買い上げいただいた。

     お客様には、他に使いたい薬がある場合、薬の名前ではなく成分でネット検索してみるよう勧めた。

     また二日酔いの主な原因は脱水症状なので、飲酒前から水分を補給しておくのが有効なことを伝えた。

    Screenshot of www.amazon.co.jp

     高齢のお客様が『リポビタンD』を購入された後に毎日飲んだ方が良いか訊かれ、糖分やカフェインのことを考えるとむしろ「好ましくありません」と答えた。

     それよりは、少し価格が高くても生薬系の『ユンケル黄帝液』などをを、日を空けて飲む方が効果的ですと勧めた。

     それに、タウリンならばイカを美味しく食べた方が良いのではと伝えた。

    Screenshot of www.amazon.co.jp

     

  • 葛根湯を便利に使うキーワードは「温めると良くなる」

     お客様が『葛根湯』の液剤を購入されるさいに、強い喉の痛みや咳と発熱には適応しないことを伝えると、「風邪には葛根湯がイイと聞いた」というので、上半身を冷やして喉の痛む風邪に対応する『銀翹散』との対比を例に、上半身を温めて具合が良くなる症状に用いることを説明した。

     なんでも医師に『葛根湯』の処方を頼んだら、「あまり薬は出さないようにしている」と断られたとのこと。

     お客様が主訴を話してくれないので判断しにくいが、その医師としては『葛根湯』は不要と診断したのだろうか。

     お客様には、落語の『葛根湯医』のお話をして、合わない症状もあることを重ねて説明した。

     『葛根湯医』には様々なバージョンのサゲがあり、私が知っているのは大工が屋根から落ちたと聞いて「よし、葛根湯だ!」というもので、他の人からは、患者を連れてきた付き添いの人にも『葛根湯』を飲ませようとするのもあると聞いた。

     それから、上半身を温める『葛根湯』は液剤よりも持ち歩きやすい顆粒タイプを常に携帯し、出先が寒い時に服用する使い方を教えた。

     漢方薬の棚で肩こりの関係の物を見比べていたお客様がいたので声をかけるか迷っているうちに、他の買い物をするためにレジにいらしたので、お会計をしながらヒアリングしてみた。

     運動して楽になる肩こりには上半身を温める『葛根湯』が適していて、痛みが強ければ『独活葛根湯』も候補となる。

     一方、ストレスや胃の不具合からの肩こりには『コリッシュ』(治肩背拘急方)を使うのが良いことを説明した。

     運動して楽になるのは血行不良と筋肉の硬直が原因となるが、胃に不具合がある場合は前かがみになりやすく、首だけでボウリングのボールほどの重さを支えることになり、それが肩こりの原因ということがあるのだ。

     つまり後者の場合は、血行を良くするよりも胃の不具合を解消する方が優先となる。

     ただお客様は、『葛根湯』は漢方薬だから効くのに時間がかかると思われているようだったので、「風邪には葛根湯」と云われているように、即効性があることをお話した。

     また、『葛根湯』の上半身を温める作用を利用して、思わぬ薄着で出かけて寒かった場合や、夏場にエアコンが効きすぎている場合に活用できることを伝えた。

     お客様が『パブロン SゴールドW』を購入されるさいに、喉の痛み止めには弱いことを伝えると、今回は痛くないとのことでそのまま購入された。

     しかし興味は持たれたので、喉の痛みには抗炎症剤のトラネキサム酸やアズレン、グリチルリチン酸などが入っている物が有効なことをお話したところ、『パブロンエースPro』について訊かれ、イブプロフェンを濃くすることで対応していると考えられることを伝えた。

     それから、風邪の予兆がしたらすぐに使える物として『葛根湯』を紹介し、また上半身を温める性質を利用した活用法をお話したうえで、総合の風邪薬よりも、喉の痛み・咳・鼻炎などの症状別に薬を備える方法もあることをお話した。

     すると「今日はお金が足りないから」と言われて、営業トークになってしまったかとハッとした。

    「薬は不要なのが一番」と返したけれど、話に夢中になって配慮が足りなかったと反省(´・ω・`)

     

  • 上を向いて溜息をつこう

     お客様から『ケラチナミン』と『ケラチナミンW』の違いを尋ねられ、痒みが無ければ前者をとお話したところ、後者を購入された。
     お客様には、ひとつの薬で治そうと思わずに、症状の変化に合わせて乗り換えを検討するようにと伝えた。

     お客様から、疲れ目と肩こりの相談を受け、パソコンを使った仕事をしてるとのことで『サンテPC』と『ロートデジアイ』を案内した。
     両者は似た処方内容であるが、『サンテPC』の方には痒み止めが入っており、お客様も痒みは感じると言うので『サンテPC』をお買い上げいただいた。
     また肩こりについては、温めると楽になるようなので『独活葛根湯』を紹介した。
     そして養生として、長めに入浴することで下半身の血行を良くすることと、タオルをお湯に浸けて目の周囲を温める方法を教えた。
     比較として、ストレスによって起こる肩こりに使う『コリッシュ』(治肩背拘急方)も紹介したところ、ストレスもあるようなので、溜息をつくときは下を向いて息を吐くよりも、上を見上げて吐いた方が首や肩への負担が少なく、心理的にも良いことを伝えた。
     ストレスによる肩こりは胃と関係があり、胃が悪くなって前かがみになると頭を首で支えることになり、それにより肩こりを起こすのだ。
     例えば、ボーリングの玉を真上に持てば長く持ち続けられるが、斜めにして支え続けるのは難しいのと同じである。
     実は同じ理屈で、溜息をつくときも下を向いてため息をつくと首への衝撃がかかり、肩にも負担となる。
     そして心理的にも下を向くのは気分も落ち込みやすいが、上を向いて溜息をつくと首は垂直に支えるため負担が少なく、ちょっと荷物を降ろしたような感覚になっていくらか気分も楽になるはずである。
     お客様からは、医者は細かく言ってくれなかったということで感謝していただいたが、逆に余計なことを言うと具合を悪くする患者さんもいるので、医者がそれを配慮している可能性もあることを伝えた。

     

  • その肩こりは温めて楽になりますか?

     お客様から、奥さんが肩こりで授乳中でも使える薬をと相談されたので、浸透力のあるジクロフェナクトリウム製剤やフェルビナク製剤などを避けるようお話しして、外用薬はサルチル酸系を案内した。
     内服の方は、症状が軽ければ『葛根湯』で充分なことをお話したうえで『独活葛根湯』を紹介した。
     ただ、『葛根湯』は授乳中でも大丈夫とはいえ、子供が興奮して寝付きにくくなる可能性があるため、出来れば授乳した後に服用するようお話しした。
     また、育児によるストレスも原因に考えるから、『コリッシュ』(治肩背拘急方)も紹介し、体を温めると楽になるか調べるよう勧めた。
     患部を温めて楽になるのなら、やはり上半身を温める『葛根湯』系が良いし、温めても変化が無いようであれば、胃を悪くしていることでの肩こりと考えられる。
     すると、お客様から頭痛に鎮痛薬をという話があったが、現代薬ではどれも勧めにくいため、『呉茱萸湯』を紹介したうえで、頭痛にも種類があり、それによって適用する物が変わることを説明した。
     例えば、偏頭痛のようにズキズキしたり吐き気を伴う頭痛のには胃の不具合が関係していると考えられ、『呉茱萸湯』が適応する。
     一方、頭が締め付けられるような感じや重い感覚の頭痛は、血圧が関係していることが多く、『釣藤散』の出番となる。
     いずれにしても、肩こりの状態や頭痛の状態は本人にしか分からないことだから、代理の人からのヒアリングには限界がある。
     とりあえず奥さんに連絡を取っていただき、今回は『サロンパス』をお買い上げいただいた。
     それと、家にある薬を使うか迷った時には、遠慮なくお店にお電話くださいと伝えた。

     お客様が『アリナミンEXプラス』を求めて来店したので、同じ処方内容で価格の安い『新パワーアクトEX』も案内してみた。
     患者はご主人で主訴は肩こりだそうなので、血流が悪い場合にと『キューピーゴールドαプラス』も紹介した。
     それと、肩こりだけで疲労が無いようならばと『独活葛根湯』を紹介したところ、『新パワーアクトEX』と一緒にお買い上げいただいた。

     

  • 店頭での患者さんの確認が大事

     中学生連れのお客様が『キンカン』を持ってきたさいに、虫刺されとしては蚊ぐらいにしか効かないことを説明したところ、『ムヒクール』に変更され、ついでに娘さんが以前に病院から処方された薬で薬疹を起こしたことがあり、安全な鎮痛薬をと相談を受けた。
     しかし、処方された薬を覚えていないそうなので『バファリンシリーズ』を例に、系統による選別が重要なことを説明した。
     例えば『バファリンA』と『バファリンルナi』とでは、同じ銘柄であっても成分は縁もゆかりも無い、赤の他人みたいな関係である。
     また、漢方薬で頭痛と肩こりが連動している場合の『ズッキノン』(釣藤散)を紹介すると、学習塾の冷房が強いという話だったので、上半身を温める『葛根湯』を提案し、勉強によるストレスのケースに『コリッシュ』(治肩背拘急方)も紹介した。
     この時点になって、患者は連れている中学生ではなく上のお子さんの高校生だと分かった。
     ありゃん、思い込みは駄目ですな(^_^;)
     ちゃんと患者さんの確認をしないと。
     詳しくお話を訊くと、お風呂に入っても入っても頭痛や肩こりが楽にならないようなので、上半身を温めるのは適さない可能性が出てきた。
     そこで、適応の簡易鑑別法として、冷たい水と温かいお湯を飲み比べて、症状が軽減するか試してみるよう勧めた。
     温かいお湯を飲んで軽減するのであれば『葛根湯』『呉茱萸湯』が適応するだろうし、冷たい水を飲んで落ち着くようなら『コリッシュ』や『釣藤散』の方が合うだろう。

     常連のご夫婦のお客様が来店し、以前からご主人が咳払いを繰り返していたので『ストレージH』(半夏厚朴湯)を試していただいたのだが、よく効いたとのことで、追加購入された。
     今日は他にも2件のお客様が、『半夏厚朴湯購入』された。
     何か気圧の関係だろうか。
     風邪や花粉症以外でも、特定の症状の患者さんは同じ日に集中したりする。
     だから、天候や気圧の予報をもとに発注しておくこともある。

     

  • 病は気から? 治すための思い込みは大事

     風邪薬を買いに来たお客様の、喉の痛みと発熱という主訴から判断し『ルルアタックEX』を案内したところ、お客様自身は『エスタックイブFT』が目に付いたようだったので、処方による効能の違いを説明した。
     『エスタックイブFT』にも解熱鎮痛剤のイブプロフェンが入っているから悪くないものの、喉の炎症を抑えるトラネキサム酸は欲しいところ。
     すると、実は『ベンザブロックLプラス』を服用し始めたばかりで家に残っており、痰も絡むというお話があったため継続してみるよう提案し、本日のところはお買い上げは無しとなった。

     コレステロールのLDL値が高いということで相談を受けたが、170くらいだそうなので心配はいらないと思われることを伝えた。
     昔とは基準も変わってきているし、LDLが直接的な悪さをしているのではなく、血管の修復をしていることが研究で分かっているので、定期的に情報を調べることが肝要なことを話した。
     まぁ、その情報のアプデートが大変なんですけどね。
     Windows10の自動アップデートは困るけど、知識を手軽にアッフデートする方法は無いものか。
     でもそうすると、時に誤ったアップデートでシステムエラーなんてことになるかも。

     お客様から、外用消炎剤の価格と効き目に関して質問されたので、必ずしも相関関係は無いことと、成分による効能の違いを説明した。
     主訴は、右手の先から肩までの痺れと痛みというお話。
     原因として寝違えが思い当たるようだったから、内服薬として『疎経活血湯』を紹介した。
     また、外用消炎薬については患部の範囲が広く、効果の面から浸透力のあるジクロフェナクの塗り薬を勧めたが、迷っている様子から予算面を考え『トクホンチールOX』を案内すると購入された。
     主成分は『トクホン』や『サロンパス』と変わらない鎮痛作用の弱いサリチル酸メチルだけれど、局所麻酔のdL-カンフルが加わっている点を強調して伝えた。
     上手く暗示にかかってくれれば、効果を感じてくれるかもしれないので。

     『コリッシュ』(治肩背拘急方)を購入されるお客様に使用経験を尋ねてみると初めてというお話だったので、上半身を温めて血行を良くする『葛根湯』と違い、水分代謝を改善して胃の働きを良くすることで肩こりを治すことを説明してお買い上げいただいた。
     この場合も、作用機序を説明することで効果を高めるのが狙い。
     胃が悪くなると俯きがちになり、ボーリングの玉を片手で斜めに持って支えるようになる事により起きる肩こりは、デスクワークの多い現代では少なくないのだ。
     なにしろ、薬を使わずに肩こりを軽減する方法の一つは、意識的に天井を見上げる時間を作ることだと云われてるくらい。

     

  • 「かれをすてこれをとるか これをすてかれをとるか 世界の掟てにそむいてきみは かれもこれもすてた」(吉本隆明)

     成人の息子さんの、花粉症の薬を買いにお客様が来店。
     主訴は鼻水で、花粉症なのは確かという話。
     しかし事前に何か市販薬を使っていたというのだが、銘柄も使ってみての効果も分からないとのこと。
     効果を感じたかどうかは、成分から薬を絞り込むのに大事な情報。
     例えば鎮痛薬だって、効能としては「同じ鎮痛」でも、その作用機序は異なるため、効いた物が分かれば同じ成分か似た化学構造を持った薬を選び、効かなかったなら除外するのが得策。
     眠くなると困るというお話から、『ロートアルガードチュアブル』と『小青竜湯』を案内した。
     そして、『小青竜湯』は病院でも処方してもらえることを伝えたところ、『ロートアルガードチュアブル』を購入された。
     鼻水は内臓が冷えていると考えられるため、本人を風呂に閉じ込めちゃうぐらい入らせて下さいとお話しした。
     のぼせやすい場合は、水で濡らしたタオルを頭に載せるか、風呂場の窓やドアを開け放して入るように。

     中学生の親子連れのお客様が来店し、肩こりに貼るものを希望され、年齢制限のこともあるため『サロンパス』を案内したうえで『葛根湯』の使用を提案した。
     お風呂に入るなど、温めて症状が軽くなるようなら、上半身を温める『葛根湯』は有効だ。
     また、時期的にテストによるストレス性の可能性を伝え、消化に良い食事お勧めた。
     今回は服用に年齢制限があるため紹介しなかったが、『コリッシュ』(治肩背拘急方)は温めても改善しない肩こり、特にストレスが思い当たる場合には有効。
     あと、今回の患者さんはスポーツをしているそうで、筋肉痛の相談を受け、塗り薬の『ラブ』を案内するとともに、内服薬に『疎経活血湯』を紹介した。
     筋肉痛に内服薬というのは考えていなかったらしく、たいそう驚かれた。
     やっぱり、認知度は低いのね。
     そして、マッサージも大事なことを伝え『ラブ』を『サロンパス』と一緒にお買い上げ頂いた。
     この場合のマッサージは、力を入れずに親指の付け根で優しく撫でるだけで良い。
     ギュッギュッと力を入れて揉むマッサージが有効なのは、プロかプロに準じる訓練を受けた人がやってこそ。
     素人がやる場合には、撫でるようなマッサージで充分。

     お客様から、咳と喉の違和感の相談を受けた。
     一週間ほど前に風邪で発熱したそうなので、体内が乾燥してる可能性お話しして『麦門冬湯』を案内した。
     また、痰は喉に引っかかるずに出るというお話だったから『ブロン錠』も紹介した。
     同じ名前と効能のような『ブロン錠エース』は、「痰が引っ掛かる場合」に適応するので違いに注意。
     本日は『麦門冬湯』を試して頂くことになり、発熱して胃を悪くしているのが咳の原因と考えられるため、しばらく消化の良い食事をするよう伝えた。
     ただ、消化の良い食事で候補になりやすいお粥は、うどんなどと比べると消化に悪かったりする。
     栄養価が高く、それでいて消化吸収に体への負担が少ない「溶き卵のスープ」がお勧め。

     風邪薬に鎮痛剤と胃薬などをまとめて購入されるので、お客様に常備薬にするのかを確認したところ、家族で使うぶんを分けているとのお話だった。
     家族とはいえ、性別・年齢・体質が違うことを考えれば、とても良い方法であるということを伝えた。

     

  • 胃薬は種類が多くて難しい

     『スクラート胃腸薬』を購入されるお客様に、お会計をしながら症状を尋ねると、成人の息子さんから「なんでもいいから胃薬を買ってきて」と頼まれたそうな。
     それと、家にあった胃薬を飲んでいて無くなったからというのだけれど、何を飲んでいたのか、それを飲んでみてどうだったのかも不明。
     そして肝心の症状の方はというと、「具合が悪い」としか分らない。
     ううん、せめて胃もたれなのか胃痛なのか、満腹時の不調なのか、空腹時にも苦しいのかだけでも分かれば、案内のしようがあるんだけどねぇ。
     名前の似ている『スクラート胃腸薬S』の方なら、健胃薬が入っていて応用範囲が広いけど、『スクラート胃腸薬』の方は「空腹時の胃痛」というようにグッと狭くなってしまう。
     お客様には、簡易な鑑別方法として、水を飲んで楽になるのか、お湯を飲んで楽になるのかを確かめてみるよう勧めた。
     本当に簡易過ぎるけど、それだけでも水を飲んで楽になるのなら胃炎や胃の亢進(働き過ぎ)、お湯を飲んで楽になるのは胃内停水やストレスによる胃痙攣というように考えられる。
     それに、どうも息子さんは胃薬をしょっちゅう飲んでいるというから、炭酸水素ナトリウムの摂り過ぎによる血管の収縮や、ロートエキスで胃腸の働きが悪くなっているというという可能性もある。
     なんでも摂り過ぎは、良くないんである。
     なによりも、「なんでもいいから」で胃薬を選ぶというのは、風邪薬よりも難しい。
     風邪なら、頭痛・悪寒・発熱・関節痛・咳・鼻・喉といったところだろうか。
     しかも、頭痛と悪寒と発熱と関節痛は繋がってるし、咳・鼻・喉も繋がっているから、ドコかを治せば残りの患部も一緒に治ることが期待できる。
     一方、胃薬はというと、亢進を抑える制酸剤・消化を助ける消化剤・胃を修復する健胃剤・胃酸の出過ぎを抑えるけど作用機序の違うH2ブロッカーとM1ブロッカー・粘膜修復剤・運動調整剤・鎮痛鎮痙攣剤・整腸剤・下痢を止める止瀉剤・便秘薬・痔疾剤と風邪薬よりも多種多様。
     簡単な表を示すと、息子さんは痔もあるとか。
     本日のところは、いったん返品となって、改めて症状を確認してきていただくことに。

     お客様から、肩こりに匂いがあまりしない湿布をと求められ、薬剤の種類によって違うことを説明した。
     いわゆる「湿布臭い」とか「サロンパスの匂い」と云われるのは、サリチル酸グリコールである。
     症状を確かめると、急性で軽い頭痛を伴うそうなので、浸透力のあるフェルビナク製剤を案内したうえで、内服薬に『釣藤散』と『コリッシュ』(治肩背拘急方)を紹介したところ、病院で胃潰瘍の薬が処方されていると分かった。
     おっと、それじゃ『葛根湯』は使えませんね。
     服用している薬は、先に確認するべきでした。
     次の受診が近いというから、『釣藤散』は担当医に相談してみるよう勧めた。
     本日は、『フェルビナク5.0%』をお買い上げ頂いた。

     

  • 売るべきか売らざるべきか、それが問題だ

     『独活葛根湯』と『ドキシン錠』を見比べているお客様に声を掛けてみたところ、ご主人が五十肩に『独活葛根湯』を使っているものの飲みにくいと言っているため、もっと錠剤の小さい物は無いかと探しに来たそう。
     ありゃん、錠剤の大きさとなると分からないなぁ(^-^;
     そして詳しくお話を訊くと、ご主人は精神科を受診していて薬を処方されているそう。
     でも、お薬手帳は持参していないうえ、服用している薬の内容は不明。
     じゃあ『独活葛根湯』はというと、ご主人が自分で選んで買ったらしい。
     あうっ、それは駄目なパターン(;´Д`)
     精神面が胃腸の働きに関係していたら『独活葛根湯』は避けたほうが良いかもしれないし、『ドキシン錠』は筋弛緩剤が入っているから服用している薬との併用がマズイ可能性がある。
     むしろストレスが関係している場合には、『コリッシュ』(治肩背拘急方)のほうが向いているかもしれないので紹介してみると、ご主人は頭痛持ちであり、これまた自分で『イブA』を使って頭痛は治まっても肩の痛みは消えず、『独活葛根湯』にしても効いていないらしい。
     それは、ますます適応していないという事では……。
     仕事で重い物を運んだりしているという話からすると、上昇する熱を下ろす『桃核承気湯』や、上半身を温める『葛根湯』とは違い、熱を冷まして気を巡らせ血流を改善する『疎経活血湯』も候補になりそうなので紹介した。
     そのうえで、精神科の医師には肩の痛みについては伝えていないというから、紹介した漢方薬の使用も含めて相談してみるよう勧めた。
     科目が違っても、症状が関連するかの判断や他の医師を紹介してもらえるかもしれないと思って、とにかく悩んでる症状は全部伝えたほうが良いです。
     あと、お客様自身も頭痛になることがあり、頭が重く感じる頭痛だそうだから寒暖差が影響していると考えられ、『呉茱萸湯』を案内した。
     本日のところは相談のみとなり、漢方薬に詳しい病院を紹介した。

     やや高齢のお客様から、80代の母親が嘔吐していると相談を受けた。
     3日ほど前に吐いて、それからほとんど食事をしていないということで最初は胃腸薬を注文されたんだけど、甲状腺の治療を受けていて薬を処方されているというので調べてみたら、高齢者には副作用が出やすいうえ、他の薬との相互作用を起こしやすい性質のある薬だった。
     しかも、普通に服用していても心臓に負担が掛かる薬である。
     病院に連れて行ってもらいたいところではあるけれど、老々介護で連れて行くのも大変だとという。
     うーんうーん、ドラッグストアーの店頭では手に余るナリよ(´・ω・`)
     処方されている薬の作用機序を調べ直して、今日も吐いたそうだけど下痢は無いというお話から、『半夏瀉心湯』『柴胡桂枝湯』を候補にし、体力の低下を考慮して『柴胡桂枝湯』を試して頂くことになった。
     すると、介護食を一緒に購入されたけど、無理に食べさせないことと、『柴胡桂枝湯』にしても一回の服用量を減らして小分けにするよう勧めた。
     いずれにしても、受診は検討してください。
     あと、お薬手帳に記録して担当医への報告もお忘れなく。
     お会計を済ませて、ヤレヤレと思ったら、実は緑内障もあると告げられた……。
     『柴胡桂枝湯』は問題無いけど、後出しはヤメテーヽ(;´Д`)ノ

     

  • 「自己責任」は「自分勝手」と紙一重

     ご夫婦で来店したお客様から、授乳中に使える肩こりのバップ剤をと求められ、『サロンパス』を勧めてお買い上げ頂いた。
     フェルビナク製剤なんかも完全に駄目な訳ではないけれど、やはり危険は避けておくほうが良いだろう。
     そして、自宅に『葛根湯』があるようであれば、授乳中の肩こりはもちろん風邪の初期にも使えますよと案内すると、家にあるとの事だった。
     それから、子育てにストレスはつきもの。
     ストレスによる肩こりとも考えられるので、『葛根湯』や入浴など温めて症状が緩和しない時には、『コリッシュ』(治肩背拘急方)を試してみてくださいと紹介した。

     鎮痛剤の相談を受けたお客様の買い物カゴを覗くと、『葛根湯』が入っていたので症状を尋ねると、頭の片側がズキンズキンと痛むという。
     上半身を温める『葛根湯』が適応する頭痛は、眼の奥が重いような頭痛や、肩こりと連動した下に引っ張られるような頭痛で、ズキンズキンと拍動するような頭痛ではかえって悪くなる。
     そう説明すると、すでに自宅にあった『葛根湯』を服用し、治らないため鎮痛薬と追加の『葛根湯』を買いに来たそう。
     鎮痛剤を使うのはともかく、どうして効かなかった『葛根湯』を買い足そうと思うのか、その心理が分らない(´・д・`)ゞ
     というか、鎮痛剤の相談をされた段階で、経過を話してくださいな。
     そして詳しくお話を訊くと、鼻水があり、その鼻水は透明でサラサラだという。
     なるほど、その鼻水は内臓の冷えが原因だろうから、それだけなら『葛根湯』で温めるというのは一つの手である。
     しかし、効かなかったということと頭痛の種類からすると、冷えで胃の機能が低下しているのが頭痛の原因のように思える。
     だとすれば、『柴胡桂枝湯』の出番である。
     そのうえで鎮痛剤もとなると、やはり胃への負担を考慮して『バファリンA』か『イブA』だろうと案内したら、『イブA』は家にあるとのこと。
     そして、もともと胃は悪くなりがちだというので、『コリッシュ』(治肩背拘急方)も紹介してみた。
     本日は、『葛根湯』を取りやめて『柴胡桂枝湯』をお買い上げ頂いた。


     やや高齢の二人組のお客様が来店し、一人から『ロキソニン』を注文された。
     しかし取り扱っていないため説明しつつ用途を尋ねると、明日のマラソン大会に参加するのに、足が痛むから鎮痛剤が欲しいという。
     練習での筋肉疲労が思い当たるというから、鎮痛効果だけでなく炎症を抑える『新セデス錠』を案内すると、「治したい訳じゃないのよ」と言われてしまった。
     それは分かるけど、痛みというのは体の異常を知らせている訳で、鎮痛剤でそれを感じなくさせるということは、患部に無理をさせても気づかなくなるということで危ない。
     世の中には、生まれながらに無痛症の人もいて、骨が折れたり出血するほどの怪我を負っても気づかないため、命の危機に毎日されされていたりする。
     そこまで極端でないにしても、鎮痛剤で痛みに対して鈍感にしてしまうのだから、せめて炎症くらいは抑えておいたほうが良い。
     しかし、「痛みさえ感じなければいいの」と本人は言い、一緒に来ている友人らしい人も「たいしたことないから」と言う。
     その「たいしたことない」の根拠を訊きたい(-_-;)
     しかもその人、「炎症してる訳じゃないの。痛いだけだから」とも言い出す。
     炎症じゃなくて足が痛んでるとしたら、もっと大変な病気じゃないのかと。
     そして本人からは、「明日だけしのければいいから」と強く要望され、『ロキソニン』を望まれるのなら『イブプロフェン』も化学構造式が似ていますから、代用になりますよと説明すると購入された。
     途中で、専任のコーチや相談できる医師はいないのか尋ねてみたけど、まぁ無駄だった。
     たとえ病態を悪化させるとしても、「患者さんの希望を第一に」というのが医療に携わる人間が優先しなければならない事だと頭では理解できていても、やはり心情的には納得いかない。
     なによりも、個人的には「自分の体を大切にしない人間にはスポーツをする資格は無い」と思うのだけどどうか。
     本人は「自己責任」のつもりなのかもしれないが、もし大会中に怪我をすれば運営者はもちろん、もし当日に中止になったり今大会が最後なんてことになったら他の参加者にも迷惑が掛かるわけで、それを考えないのは「自分勝手」だとしか思えない。
     せっかく申し込んだ大会だから参加したいとうのであれば、専任のコーチは難しくとも頼る医師くらいは、自分で見つけておくべきだろう。
     そして、当日に向けて体調管理して、練習のペース配分をしたうえで、異常があれば参加を諦める。
     その覚悟が無いレジャー気分なら、それこそ大会になど参加せず自分で走れば良い。
     それなら正に、「自己責任」である。
     結局のところ、参加者の一人としてマラソン大会を担っている一員という自覚が無くて、お客様気分なんだろうな。
     マラソン大会が、どうなろうが知ったこっちゃないという意識。
     まぁ、実のところ私怨みたいなもので、マラソンは公道を使うため、「一番迷惑なスポーツ」と思っていて良い印象がない。
     だから、余計にいい加減な参加が許せなかったりヽ( ´ー`)ノ
     ちなみに、筋肉疲労が内蔵にも負担を掛けて腎臓などの循環器系を悪くしてしまう事もあるから、私としてはかなり本気で止めたかった。