お会計後に薬事相談になって返品・交換になると、会計処理が大変

 若いお客様が『のどスプレー』を3種類比較していたので気にかけていたところ、抗炎症成分と消毒薬を合わせた『パープルショットW』をレジに持ってきた。
 価格が少し高めなので、抗炎症成分だけの物でも良いのではとお話してみると変更になった。
 ちなみに、もう一つの種類が消毒成分のみのスプレーである。
 消毒成分の物を選ぶ人の方が圧倒的に多いのだけれど、消毒成分は刺激物でもあるから、喉が痛む時には避けた方が良いし、身体を守る菌まで消毒してしまい防御力を低下させてしまうため、実は使う機会は限られる。
 お客様には、同じ剤形でも内容が異なるから比較するのは良いことなので、「是非これからも」と伝えた。
 ただ、その時には症状や用途などを相談してもらえるのが一番望ましい。

 やや高齢のお客様が『葛根湯』を購入されるさいに注意事項を伝えたところ、当初は反応されなかったのだが、お会計を終えてから驚かれ、主訴は喉の痛みというので『銀翹散』を案内すると、痛いのとは違うと話が変わり、本当の主訴は朝の口の渇だというため『麦門冬湯』を紹介した。
 上半身を温めて血流を良くする『葛根湯』は炎症を強めてしまい喉の痛みを強め、咳がある場合には体内を乾燥させ激しくなり、発熱してからでは温める必要は無いから、上半身を温めると具合が悪くなる症状には適応しないと覚えてもらうと分かりやすいだろう。
 そのため、反対に上半身を冷やす『銀翹散』を案内した訳だが、上半身を潤す『麦門冬湯』を候補とした。
 このように適応を見極めるためにもヒアリングが大事なので、分からないまま自身で選ぶより、まずは相談してもらいたい。
 お客様には、胃炎によって体内が乾燥してる可能性をお話したところ、すでに胃がんで切除してると分かり、そうであればなおさら体内が乾燥しやすいと考えられる。
 お腹は、食事に気をつけていても下しやすいというため、調剤していた薬局で相談してみることを勧めると、がんの治療をした病院にはもう行っていなくて、現在は何も薬は使っていないとのことだった。
 調剤薬局というと、病院で処方箋をもらわないと行ってはいけないと思っている人が多いが、近所の薬局でも日常の健康相談に応じてもらえることをお話した。
 お客様から、『のどスプレー』はどうか尋ねられ、抗炎症成分のアズレン製剤を案内したところ、お買い上げいただき、『葛根湯』の方は返品処理した。
 この返品処理については、後で経理担当者から注意を受けてしまった。
 個人商店と違い、返品処理をするごとに返金伝票を上げなければならず、その理由の監査もあるから、実に手間なのだ。
 そういう事情もあるので、お会計をする前に相談してもらいたいのだけれど。
 お客様からは、「遠いからちょくちょく来れないけど」とお礼を言われ、近くのお店を頼って下さいということと、お薬手帳の必要性を伝えた。
 お薬手帳は病院に行く日だけではなく普段から持ち歩いていれば、出先で事故に遭った場合に医療者が参考にできるし、大規模災害で避難したさいには特例として医師の診察を受けずとも必要な薬を受け取れる。

 お客様から、ご主人の頭痛と吐き気の相談を受け、『バファリンA』が効かなかったとのことで、もう少し強い薬をと希望されたため、薬は強弱ではなく体の中での効き方が大事なことを説明し、無印の『イブ』を基本に、イブプロフェンとアセトアミノフェンと合わせた『バファリンルナi』と、そこに鎮静成分を足した『バファリンプレミアム』を案内した。
 また、吐き気がある点から考えて、水分代謝を改善する『五苓散』も紹介したのだけれど、漢方薬は想定していなかったらしく、スマホを持ってきておらず、ご主人とも連絡が取れないというので除外となった。
 本日は『バファリンプレミアム』をお買い上げいただき、食欲が無いのは内臓を休めるのに良いこととお話して、無理に食事を摂る必要は無いことを伝えた。
 吐き気だけでなく実際に吐いた場合には心配なので、地元の医療情報センターの電話番号を教えた。
 医療情報センターは、病院に行ったり救急車を呼んだ方が良いかといった相談を、24時間対応で受け付けている。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート