総合風邪薬や総合胃腸薬など、余計な成分が入っていると「便利でお得」にはなりません

 夫婦のお客様が『スクラートG』をレジに持ってきたさいに、同シリーズの無印の『スクラート胃腸薬』と『スクラート胃腸薬S』とでも内容は異なることを伝えると、上手く伝わらなかったようなので胃腸薬の棚にお連れしてヒアリングした。
 患者はご主人で、主訴は胃痛だそうだが『スクラートG』を選んだのは「価格が高い方が効くんじゃないの?」ということだったため、価格と効き目は直接的には関係無いことと、無印とGは普段から元気で食べ過ぎ飲み過ぎた場合に、Sは胃が冷えたり疲労が思い当たる時に向いていると説明したところ、Sに変更となった。
 もっと厳密には、『スクラート胃腸薬』の無印は錠剤には消化酵素が入っていて顆粒には入っていないのだけれど、情報量が多すぎても良くないと思い、今回は説明を省いた。
 代わりに、水とお湯で鑑別する方法を教えると「勉強になった」と言っていただけた。
 水を飲むと気持ち良い場合には、胃が熱を持っているか胃炎を起こしていると考えられ、胃酸の出過ぎを抑える胃薬が適応する。
 反対に、お湯を飲むとジンワリ落ち着くようなら、胃が冷えているか疲労している可能性が高いので、胃の働きを助ける健胃剤が役に立つ。
 総合胃腸薬には両方の成分が入っており、便利でお得と考えがちだが、消化を抑えるのと消化を助けるという相反する成分が入っているため、効き方としては浅くなってしまうから注意が必要である。

 成人の息子さんの鼻水に『パブロン鼻炎カプセルSα』をお買い上げいただいたお客様が再訪し、鼻水は止まったそうだが体がだるく、しかし仕事に行かなければならないというため、身体を支える『柴胡桂枝湯』を勧めるも粉薬が駄目とのことだった。
 栄養ドリンクは中国産の良い物が家にあるそうで、本人は風邪薬を希望してるということから『パブロンSα』を案内して、お買い上げいただいた。
 ただ、できればお守りとして近くに置いておき、使わずに済ませるようにとも伝えた。
 咳が無く、熱も出ていないのに総合風邪薬を使うと、身体の方は使わない成分の処理をしなければならず、余計な仕事にエネルギーを取られて疲労の原因となってしまう。
 本来は体を休めた方が良いので、せめて内臓を休ませる食事をとお話した。

 お客様から『ガスター10』を求められて、薬剤師がいないため置いていないことを伝えたうえでヒアリングすると、主訴は胃痛で、胃液が上がってくる感じがするというので適応はしそうだった。
 同じく胃酸の出過ぎを抑える働きをする成分違いの『ガストール』を紹介し、『半夏瀉心湯』も案内してみたところ後者は他のお店で購入したものの効かなかったという。
 胃壁に絆創膏を貼るように患部を保護する『スクラート胃腸薬』も紹介したけれど、お客様自身が「やっぱり病院に行ってみる」と、お帰りになった。
 人間の体は機械ではないから薬との相性もあるものの、適切に使っていたかどうか分からないと、本当に合わなかったかどうかも判断しづらい。
 そして適切に使っていたかどうかの確認は、お客様を怒らせてしまう可能性もあるから確認しづらい。
 お客様自身が病院に行くことを言われるのは珍しいことなので、それが最良であろう。
 何か気になることがあるのかもしれないし。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート