『葛根湯』は万能の漢方薬ではありません

 お客様が『葛根湯』をレジに持ってきたけれど、喉の痛みや咳がある場合、そして発熱してからは使えないことを伝えると、まさに主訴は喉の痛みで、他に何があるのか尋ねられたので『銀翹散』を紹介したところ、両方を購入された。
 『葛根湯』は上半身を温めて症状を改善するので、「温めると具合の悪くなる症状」には適応しない。
 つまり、喉の痛みは余計にヒリヒリするし、体内が乾燥して咳は酷くなるし、熱が出ている状態ではもはや温める必要も無いということ。
 反対に上半身を冷すのが『銀翹散』で、鼻水が出ている場合には内臓が冷えていると考えられるから、そこは注意が必要。
 鼻水が出て喉が痛む場合に迷うが、そういう時には我慢できない方に合わせるか、『葛根湯』に加え喉の薬として『桔梗湯』や『龍角散ダイレクト』を併用する方法がある。
 そう説明すると、お客様は発熱してから使う『麻黄湯』はご存知だったので、発熱後の体力の消耗に対応する『』も紹介した。
 胃薬もも何か漢方薬を使っていたようだけれど、名前は覚えていなかった。
 『葛根湯』については、持ち歩いて出先が寒い時にも体を温めるのに使えることをお話すると喜ばれた。

 お客様から『葛根湯』の液剤を尋ねられ、売り場を案内したものの1日分の価格が顆粒や錠剤に較べて高いので勧めにくいことをお話ししたところ、人から妊婦でも飲めると教えられたそうで、今まで使ったことは無いという。
 確かにその人の言っていたことに間違いは無いが、それは医師の監督下であったり、薬剤師や私たちが相談を受けたうえでのことを説明した。
 ただ、『葛根湯』は胃に負担がかかるのと同様に、内臓に影響が無い訳ではないから、必ず妊娠時に使えるというものでも無いから油断は禁物。
 しかもヒアリングしてみたら、主訴は主訴は喉の違和感というため、症状に合わないことを説明し、『パブロントローチAZ』を勧めてお買い上げいただいた。
「妊婦でも飲める」だけ記憶に残って、症状に適応するかを確認するのを忘れられるのは困る(^_^;)
 教える人も、教えるなら教えるで、ちゃんと教えてもらいたいもの。
 いや、一番教えておいてあげてほしいのは、「でも、お店で相談したほうが良いよ」の一言である。
 お客様は、発熱時には悪寒の段階では解熱剤は使わない方が良いと知っていたので、その理由の補足として、「ジャンプしようとしゃがんだところを蹴り倒すようなもの」と説明したらウケた。
 検診に行ってる病院はあるそうなので、次回に『葛根湯』を使って良いのはどんな場合か、医師に相談するよう勧めた。
 また、市内の医療情報センターの電話番号を教えた。
 24時間体勢で、病院に行こうか迷ったときの相談に応じてもらえ、深夜や休日でも診療可能な病院を教えてもらえる。

 この間、声枯れに『龍角散ダイレクト』お買い上げいただいたお客様が、今日は幼児を連れて喉スプレーを見比べていて消毒系をレジに持って来られたため、消毒系は刺激物でもあるため患部が治ろうとするのを邪魔してしまうことを説明し、抗炎症剤のアズレン製のスプレーに変更となった。
 前回の声枯れの時に、患部を刺激しないよう柔らかい食事にする養生法を伝え忘れてしまったことをお詫びした。
 それにつけても、1回2回案内したくらいでは相談してもらえないのだから、なかなかに厳しい修行の道である。

 若いお客様が『龍角散ダイレクト』と『ヴィックスドロップ』の両方を購入されるので、前者があれば後者は自分の唾で潤すだけなので他の飴でも充分かもと伝えた。
 アナウンサーを目指していて学校に通っているというので、声を使う仕事には欠かせない『響声破笛丸』を紹介した。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート