「普通の薬」も「一番良く薬」もありません! ヒアリングはドコまで踏み込むかに迷います

 お客様が『キャベジンコーワα』をレジに持ってきたので、鼻炎薬や血圧の薬などを使っていないか尋ねたところ、血管を拡張するタイプの降圧剤を使っていることが分かり、以前に『大正漢方胃腸薬』を使ったことがあるというためそちらの方が良いことをお話すると、銘柄にこだわりは無いというので、『セルベール』を紹介してみると変更となった。
 当初は「普通の血圧の薬」と言って、使ってる降圧剤の名前は分からないということだったけれど、同じ降圧剤でも血管を拡張するタイプや血液をサラサラにするタイプ、排尿して血圧を下げるタイプがあることを伝えたら、現物を見せられた。
 持ってきてるのなら最初に見せてほしい(^_^;)
 当然胃薬も、「普通の」という物は無くて、「何をするのか」が大事。
 でも、なかなかそうことが伝わらなくて、「一番効くヤツを」と注文されたり、反対に「強い薬は怖い」と特定の薬を避けられたりしてしまう。
 ついでながら、店頭で市販薬を買うときにも、お薬手帳があると処方されている薬の確認ができて良いことをお話すると、アプリ版を入れているとのことだった。
 あうっ、それなになおさら早めに確認させて下さいな(;´Д`)
 ただ、交通事故に遭った時などの緊急時にはスマホにロックが掛かってると確認できないし、大規模災害で避難生活になると電源が確保できない事態も想定される。
 お客様もその点のデメリットはご存知だったので、直近のデータだけでも印刷しておくよう勧めた。
 そして、胃薬は処方構成の複雑な物が多くて他の薬や持病との影響の判断が難しく、実のところ患者さんから相談されたら逃げたくなることを正直にお話したら、「勉強になりました」と言っていただけた。
 せっかくなので、胃薬を選ぶ時の参考として水を飲んで楽になるかお湯を飲んで楽になるかを調べてみる、簡易鑑別法も教えた。
 水を飲んで楽になるようなら胃炎や食道炎などの可能性があり、胃酸の出過ぎを抑える制酸剤や胃粘膜の保護を主体とした薬を選ぶと良い。
 お湯を飲んで楽になるようだと、胃が冷えているか疲れていると考えられ、消化を助ける薬や健胃剤の入っている物が候補となる。

 お客様からリップクリームを求められ、唇が割れているようであれば塗り薬が必要とお話ししたうえで売り場を案内し、唇の乾燥は空気だけのことではなく体内の乾燥も関係していることを伝えた。
 唇で起きていることは胃でも起きている可能性があるから、特に唇が荒れているなと感じる日には、消化に良い食事をするよう勧めると「勉強になりました」と言われた。

 お客様が『パブロン鼻炎カプセルSα』を2箱購入されるので、連用はあり好ましくないことを伝えた。
 すると以前にも私が対応したようで、使っている旦那さんは通院してことがあるのか尋ねてみたけれど、他にも使った薬があるというものの「一番効いたから」という理由で選んでいるそうだった。
 他人ごとながら心配なので、副作用の口渇によって水を飲みすぎ、それが鼻水を起こす可能性を伝えたけれど、不愉快そうだったため深く立ち入れなかった。
 2箱買おうとしたことを咎めたのがいけなかったのか、それとも説明されるのが面倒だと思われたのか。
 頼まれた物を買っていかないと旦那さんの機嫌を損ねるということもあるだろうし、でも濫用の恐れがあるから販売に制限をかけるように厚労省からは通達が出てるしで、対応の難しいケースである。

 幼児を連れたお客様が『イソジンうがい薬』と、アズレン製剤に殺菌成分も加わった『パープルショットW』をレジに持ってきたので、前者は現に喉が痛む時には刺激物なので避けた方が良いと伝えると「大丈夫」とのお返事だった、毎日うがいをしていれば水道水で充分なことと、体を守る菌も倒して無防備になってしまうことをお話したところ驚かれたため、家族が風邪をひいているか職場で風邪が流行っているなどの時に短期集中で使う物と説明をした。
 すると、『パープルショットW』は抗炎症剤が入っているからそのままでも良かったのだけれど、アズレン製剤の単独である『アズリースロート』に変更してお買い上げとなった。
 風邪やインフルエンザの対策として、手洗いと手の触れる場所の拭き掃除を勧め、子供の玩具もウェットティッシュなどで拭いて蓋のあるゴミ箱へ捨てるようにと伝えた。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート