喉の痛みに『桔梗湯』を使う時には、お腹の冷えにご注意を

 お客様から『桔梗湯』を求められ、うちのお店では取り扱っていないことを伝えると、他のお店でも置いていなかったとのことで、「あまり単独で使う物ではない」ことをお話しした。
 お客様は、喉の痛みに以前に使って効いたとのこと。
 患部を冷やしてくれるから喉の痛みに良いのだけれど、単独て使うとお腹まで冷やして下してしまうことがあるため、『葛根湯』『桂枝湯』など、温める漢方薬と組み合わせるのが望ましい。
 もし単独で使うのであれば、お腹を冷やさないようお湯で服用したり、下半身に厚着をしたりといった対策をして下さいな。
 喉の痛みは冷やすだけではなく潤すことも必要なので、そう説明して『龍角散ダイレクト』や『銀翹散』を紹介してみしけれど、お帰りになった。

 次のお客様は『ベンザブロックIP』をレジで持ってきたけれど、主訴は悪寒と関節痛で咳は無いとうため、鎮痛剤を提案しつつ『麻黄湯』も紹介したところ、そちらを購入された。
 また今後の体力低下に備えて『柴胡桂枝湯』を紹介したところ、一緒にお買い上げ頂いたので、疲労を感じるようであれば併用できることを伝えた。
 そして、風邪をひいて体を休めるというのは、内臓も含めてなことをお話しし、うどんやスープなどを勧めた。

「風邪薬の選び方と風邪に似た症状」

 夫婦のお客様から消毒用エタノールを求められ、無印とIPの違いの質問を受けたので、酒税法が関係していることを説明するとウケた。
 要するに、無印は飲めてしまうため酒税がかかってる分だけ少し価格が高く、IPは添加物を加えて飲めなくしたから酒税が外れて安くなる。
 厳密な使用方法を言えば、無印は口に触れる可能性のある身体の消毒に、IPは物の掃除にという事になるけれど、IPだってゴクゴク飲む訳ではないから体に使っても大丈夫。
 ロシアの人たちの中には、靴磨きに含まれてるアルコールのために食べちゃう人もいるそうですが。
 アルコール依存症って怖い(; ̄ω ̄)
 お客様にはIPを購入していただき、インフルエンザ対策には手の触れる場所の拭き掃除を勧めた。
 特に忘れがちなのは、スマホの画面である。
 ただし、アルコールで拭いてはいけない機種もあるので事前に説明書やメーカーのサイトなどの確認を。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート