決まった銘柄の市販薬を習慣的に使っている人も店頭での確認を

 高齢のお客様から『太田胃散』を求められ、他に何か使ってる薬は無いか尋ねると、血圧の薬があるというのだけれど内容は不明だった。
 逆流性食道炎と診断されていて、担当医からは『太田胃散』を使って良いと言われているとのことだった。
 とはいえ患者さんは自分に都合のいいように解釈してしまいがちだし、ミネラル成分を処理する腎機能は加齢とともに衰えてくるので、調剤している薬剤師にも確認するよう勧めたうで、『ギャクリア』(六君子湯)を紹介してたら興味を持たれ、みぞおちから少しズレた右横に指を入れてもらうと痛むというため、『半夏瀉心湯』も紹介したら購入された。
 しまった、紹介すると買われるパターンか(^_^;)
 決まった銘柄の市販薬を、習慣的に購入される人に注意を促すのと他の選択肢もあることを知ってもらうために、紹介するだけのつもりだったのに……。
 さっきの『太田胃散』にしても、医師の監督下だからでのことだから良いのであって、自己判断で市販薬の使用は気をつけるようにとお話したけれど。
 それから、調剤してもらってる薬局をもっと頼るようにも勧めて、お薬手帳を持ち歩くようお願いした。
 お薬手帳を病院に行くとき以外は家に置いてある人が多いけれど、出先で事故に遭って気を失っている場合、処置を早く始められるかどうかは、お薬手帳の有無が関わってくる。
 また、大規模災害で出先から家に帰れず避難所に入った場合には、継続している薬を医師の診察を受けずに受け取ることが可能となるので。

 お客様が『スットノーズα』を購入されるさいに、鼻の痒みやクシャミに効果的なことをお話したところ、主訴は鼻づまりだというので、ステロイド剤も候補になることを伝えた。
 鼻水と鼻づまりは、どちらも「」というくくりだけれど、発症のプロセスは異なって、鼻水は内臓の冷えが原因となり、鼻づまりは鼻の奥の血管が炎症して膨らむことによって起こる。
 『スットノーズα』を始めとしたステロイドの入っていない点鼻薬には血管収縮剤が入っていることが多く、これにより鼻水を分泌する鼻を塞ぐとともに、血流が悪くことにより炎症が弱まる。
 そのため、あまり連用しすぎると血流が悪いのが常態化してしまい栄養が行き渡らず、かえって症状を悪化させてしまうし、炎症を抑える効果は弱いので鼻づまりには向かない。
 炎症を抑えるのなら、やはりステロイド剤の方が効果を期待できる。
 ただし、ステロイド剤の点鼻薬は本格的に効いてくるまでに日数を要するので、早い段階で使ったほうが良く、またステロイド剤の副作用として免疫機能を落とし細胞の再生を邪魔するため、連用は避けたいところ。
 そこで鼻づまりの養生法としては、上へと昇りやすい熱が上半身に篭もって患部の炎症を強めてしまわないよう、熱を循環させるために血流を良くする入浴が有効。
 するとお客様はシャワー派だというので、太い血管が通っている背中側に重点的に浴びるよう勧めた。
 それこそ、髪や体を洗っている間は、シャワーに背中を向けておくのが良い。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート